« 新車心象風景:トヨタ・クラウン | トップページ | 雑誌ナナメ読み:興味はクルマだけ? »

クルマ散策:デトロイトショー雑感

Photo

 今回、やたらデザインがいいと評判の日本車勢を、自分もサクッと眺めてみようと思う。

 誰もカローラとは思っていなかったらしいトヨタのフーリアコンセプトは、「日本のカローラもこうなって欲しい!」と絶賛なんである。

 オーリスから謳われた「キーンルック」なフロントにシャープなリアは、まさにオーリスセダンといった趣なんだけれど、ここに同じくトヨタが推し進めるエッジを効かせたバンパーが加わって、まさに現在のトヨタ流満開な感じだ。

 じゃあ、これがそんなにいいのかと言えば僕は?だ。デザインがいいというより、何となくカッコいいと思わせるカタチ、とでも言えばいいのか? チョット絵の巧いデザイナーが、いまのトヨタ素材を取り入れてササッと描いたような分かり易さ。こういうのを見て、簡単に「カッコいい」なんて書いちゃう雑誌はどうかと思うけど。

Is

 新型のレクサスISは、「あー、こっち行っちゃったか」な感じだ。L-フィネスな造形表現はそれなりの可能性を持っていると思うけれど、問題はそれがボディの細部に止まってしまうか、それとも全体を貫くテーマになり得るかだと思っていた。

 で、ISはやっぱり細部止まりかと。フロントのランプ周りも、サイドからリアに向けて持ち上がるラインも、ごくふつうなセダンボディの表面に後からあれこれ描き足したようにしか見えない。怖いスピンドルグリルもそうだけど、ちょっと遠目に見るとこのクルマの平凡さがよく分かるし、だったら端正な先代の方がまとまりはよかったと思う。

 インフィニティQ50=スカイラインは、ある意味ちゃんとコンセプトカーのイメージを取り入れている。日産で好印象なのは、○○グリルとか、○○デザインとか、そういう言葉優先みたいなことを大声で言わないで、あくまでも現物で見せているところだ。

Q50_2

 ただ、流麗の極みなエッセンスの要素を市販車に取り込むのは、それなりに難しいとは思う。それはつまみ出したようなキャラクターラインも掟破りな凹型グリルも同じで、制約されたサイズの中では消化できない危険を伴う。実際、Q50も結構ギリギリな感じだし。

 レゾナンスは、次期ムラーノとか単なるデザインスタディとか諸説あるけれど、いずれにしても日産ブランドはどうもこっち方面なのかと。ジュークの奇抜さというよりは、ノートのライン構成を発展させた感じだろうか。

 たしかにフロントグリルと一体になったボディ前半の塊りと、ブラックを多用したシャープなリアの組み合わせは結構まとまりがいいと思う。けれども、日産は本当にこういうエモーショナル方向に邁進してしまうのかという点には一抹の不安がある。

Photo_2

 それは、欧州フォードや韓国勢など、同様の流れがいまや他にも溢れていることで、なぜいま日産がこっちなのかがどうしても分からないからだ。で、こっち方面をやるんだったらもう徹底的に攻めるしかないんだけど、たとえば、次期デュアリス?なんて言われている、昨年のジュネーブショーに出品されたハイクロスコンセプトみたいな中途半端なことになる危険性もあると。

 アキュラブランドのNSXコンセプトも大いに盛り上がっているけれど、これもカローラ同様何となくカッコいいイメージスケッチそのままな感じで、明確な個性が感じられないのが残念だ。いや、たとえば同じホンダでもEVーSTARの方がよっぽどオリジナリティがあるでしょう。

Nsx

 たしかにエアインテークらしき”吹き抜け”は、大きな口を開けていながらキャラクターラインも連続するという巧妙な技を使っているけれど、そういう部分的なところをアテにしてしまうのは危険じゃないかと。

 フィットベースと言われるホンダのアーバンSUVコンセプトも、そのNSXと同じテーマを使っているのが同社らしい。最近のホンダは、同じショーに出すコンセプトカーが、たいてい同一のテーマで意識的にまとめられているのが特徴なんである。

 けれども、リアから流れるそのテーマがコンパクトSUVとして新しい提案になっているかと言えば僕としては?だ。単純に、今回のテーマという話を別にすれば、なぜこういうラインになるのかがサッパリ分からない。フィットベースなら、フィットのシンプルさをもっと生かした方がいいんじゃないのかな?

Suv

 雑誌などで「今回の日本車勢はデザインがいい!」と書かれているのは、まあ決して分からない話じゃない。少なくとも、エクステリアに勢いを感じるコンセプトカーは多いと思うからだ。

 それ自体はもちろん悪いことじゃないけれど、じゃあどれもがいいデザインなのかと言えば、それはあまりに安易な記事(話)だろう。シャープで流麗なラインの「カッコよさそう」なデザインは、社内デザイナーはもとより、デザイナー志望の学生にだって描き易い方向なんである。

 だから本来は、単に「カッコいい」じゃなくて、もうひとつ次元の高いところの話をしなくちゃいけない。プロの評論家が書いている専門雑誌であれば、ね。

|

« 新車心象風景:トヨタ・クラウン | トップページ | 雑誌ナナメ読み:興味はクルマだけ? »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

3社とも、高級ブランドと一般ブランドを有するトップ3ですよね。でも高級ブランドを有していても、そこに一般ブランドとの違いや、付加価値がいかほどあるのかと言えば、ここデトロイトでは残念ながら見いだせてませんね。インフィニティがいままでコンセプトカーで提案してきたことを、ようやく最量販車Q50で具現化してきたことは評価できますが…
インフィニティが日産から距離を置き、本社を香港に置き始めましたが、ホントに独立したブランドにするのなら、日本じゃなくてそれこそ香港でデザインや商品企画をするようになることでしょうね。アウディからヘッドハンティングしてきたインフィニティの役員さんは相当ちゃぶ台をひっくり返すのが得意?なようなので、やるかもしれませんね。と同時に、Q50のデザインを見ていると、もう日本でスカイラインとして売るのは限界だし、少なくとも日産ブランドでバッチ違いで売るのはブランド戦略上無理が出てくることでしょう。
あと、色々とインターネットで情報が出てくるのですが、やっぱりデザインは実車を見ないとホントのところ実像がつかめませんね。特にISとQ50の真正面からの画像は、どちらも悪いですから…

デトロイトショウは逃しましたが、ジュネーブは行けそうです。密かに旅の手配は取りましたので、プレスデーは無理ですが、一般公開初日から見てきます。何かありましたら、なんなりと…

投稿: アクシオム | 2013年1月28日 (月) 23時49分

デトロイトではないですけど、カナダのモントリオールのモーターショーでホンダが出品した「GEAR concept」素晴らしかったですね。80年代のホンダ・シビックやトゥデイをうまく取り入れたデザインで、カリフォルニアスタジオの仕事だそうです。「日本本国よりアメリカ人のほうがホンダをリスペクトしてる」ってことにちょっとクラクラしました。
「俺達の好きなホンダ」はヨーロッパの強固な伝統に縛られた「紳士靴」のような車じゃなく、大胆な造形・色で機能的な「スニーカー」みたいな車だったんだよなと。少なくともデトロイトで発表されたホンダの車は「通勤にも使えるスニーカー紳士靴」みたいなものでどっちつかずなんですよね。サイドの無意味な造形は「反ホンダ的」じゃないのかな~と。

投稿: ネコ | 2013年1月29日 (火) 00時43分

ありゃー!!!!! 評判いいんですか? コンセプトカーはまあいいとしても、市販車の2台はちょっと・・・ですね。 ヨーロッパメーカーも2大ブランドがデザイン絶賛崩壊中なのにビックリ!Eクラスの下品さ、4シリーズの獅子舞顔・・・ 特に、3シリーズクーペは好きだったのでショックです。

市販されるトヨタと日産の2台。日産はコンセプトカーからかなり真剣にデザインを落とし込んだのは理解できますが、それが実車になったら良い結果を生むのか否かとは考えなかったのでしょうか?捉えどころの無いふにゃふにゃデザインは「自動車」としてどうなの?と、思います。エッジの立っていないふにゃふにゃデザインは既にバブル期のマツダの十八番とするところでしたが、マツダデザインが未だに新鮮さを失わずに見ることができるのに、Q50は既に古臭い。有機的なデザインってもう時代遅れなんじゃないかと気付かせてくれる車です。そして、当時のマツダデザインがいかに神懸っていたか考えてしまいます。

デザインを落とし込んだ、と、言うよりコンセプトカーほぼそのままのISはもうお手上げです。これはデザインではなく「ドレスアップ」ですね。買った車に「羽」やら「スポイラー」やらを付けるのと同じ。 トヨタ車に圧倒的に欠けているのはデザイン力ではなくて、デザインと「飾り」を区別できていない所なんじゃないですか? デザインを分かっている人本当にいるんですか? デザイン部門を辞めて、バイクのデザインをされた方がいますが、「これ、金田のバイクじゃん」と、思いましたpout。全く新しいデザインはデキナイノ? かっこいい車なんて言うの10年、20年早いよ。

投稿: ぷじお | 2013年1月29日 (火) 02時24分

フーリア これは良い。オーリスより断然こっち。トヨタというよりはシボレーかダッジっぽい。アンダーグリルはもう少し大人しい方が良い。日本ではたぶん売らない。

Q50 好きなタイプではあるけど、出尽くし感ありありの様に見える。スカイラインらしさをもっと前面に押し出した方が良いのかもしれない。スカイラインの名が消える噂もあるけど。

IS 良い悪いはともかく、灯火類の造形は面白いと思う。これ位しないと欧州車のパクリだと言われる。テールライトは156やCL7アコードの亜流でしかない様にも見える。F SPORTはやりすぎ。

NSXコンセプト パッと見ではNSXデザインを継承しているように見えるが、よく見るとi8+R8+アストン。

ホンダのアーバンSUVコンセプト これは他のクロスオーバーと似たり寄ったりで面白味が無いくせに落ち着かない。HR-V(ヘッドライトは嫌い)の方が好きだな。

>ごくふつうなセダンボディの表面

セダンボディをこれ以上「ごくふつうじゃない」様にしたら、CLSみたいな見切りが悪い車か、後席が幼児専用かと思う程狭い昔の日本のハードトップみたいな車しかできません。
それともコンフォートや初代プリウスみたいなフォルムが良いですか。

投稿: llll | 2013年1月29日 (火) 21時08分

アクシオムさん

一部ではインフィニティ撤退?なんて報道もありましたが、とにかくこれからブランディングとしてしっかり差別化を図るのであれば、仰るとおりスカイラインやフーガなどとして売るのは難しいでしょうね。しかし、だからといって他に作り分けする余裕もないでしょうし、ここはシルフィやティアナなどをうまく使いたいところです。

ネコさん

スニーカーを作っていた会社が大きくなって、融通がきかなくなってしまったということでしょうか。その反省の一環が軽自動車戦略だとしたら、スタートはうまくいったところですね。これでコンパクトより上もしっかり練って欲しいと思いますが。

ぷじおさん

マツダの「ときめきのデザイン」と、いま流行のエモーショナル路線は次元が違う発想ですね。トヨタもそうですが、BMWなんかもそろそろちゃんと次の方向性を出さないのか?と思います。

llllさん

レクサスがCLSやCLAみたいな方向を打ち出すならそれもいいと思いますよ。「ごくふつう」なフォルムだったら、それはそれでちゃんとまとめるべきだということでしょうか。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年2月 2日 (土) 12時20分

こんにちは。うーん…カローラは日本のよりいいかな。しかしデザインもそうですが、ぱっとみ日本車勢は華やかじゃないなぁ。デザイン云々の前になにもかもが普通とゆうか、無難とゆうか、平凡とゆうか…NSXでも。平凡が悪いとは思いませんけど数売りたいんだろうし。 エコは大切ですが、そればっかりに集中しまくってたせいなのか? ワクワク感ないですよね。まあ真面目に内燃機関車のメカニズムは使い回し改良ばっだからしょーがないか。金ないのか?次世代車研究、実用化ばかりで既存の自動車はつなぎだから金かけないじゃあ国内はボロボロになるのは必然だし、デザイナーは力量が落ちるんでしょうね。プロ意識には欠けてますけど… 今はエコだけシンドローム時代と名ずけます勝手に(笑)

投稿: さね | 2013年2月 3日 (日) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/49011306

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:デトロイトショー雑感:

« 新車心象風景:トヨタ・クラウン | トップページ | 雑誌ナナメ読み:興味はクルマだけ? »