« 雑誌記事:XaCAR、2月号発売! | トップページ | クルマ散策:デトロイトショー雑感 »

新車心象風景:トヨタ・クラウン

Photo

 クラウンはトヨタの象徴だから、文字どおりいまのトヨタを映しているんだと思う。

 べつに言葉尻をとらえてどうこうってワケじゃないけど、たった2世代前に「ゼロ」にリセットしたばかりだというのに、早くもRe BORNだというのにまず相当無理があるんじゃないかと。

 いや、そうは言っても実際にRe BORNしているんだったらそりゃあ大したもんなんだけど、じゃあ何が生まれ変わったのかと改めて新型を眺めてみても、残念ながらそういうものは見当たらないんである。

 たとえばエンジンの排気量を一部小さくしたり、本格的なHVを設定したりはあるけれど、べつに思い切って1.4リッターとかにしたわけじゃないし、HVはカムリからの流用と、それは特段Re BORNと言えるような話じゃない。

 デザイナーが頑張ったという例の巨大なグリルがそうなのかと言えば、あんな恥ずかしいカタチを顔に貼り付けて生まれ変わりもあったもんじゃないし、社長が「市販する」と公言したショッキング・ピンクのボディに至っては、それこそが「生まれ変わって欲しい」ところだ。

 じゃあ、トヨタが訴えるRe BORNって何なのかと言えば、まあそんなような”空気”のことなんだと思う。

 たとえば、ジャン・レノやたけし、ドラえもんファミリーを使っての一連の広告展開がそうだ。大々的で、何か新しいことが始まりそうな雰囲気に溢れているけれど、べつに具体的なメッセージがあるワケじゃない。

 最近の発表会がまさにその流れだろう。ヴィッツの発表会では、イケメン俳優を連れて来てどうでもいいインタビューを続けたり、パッソでは鳩のお父さんと子役の寸劇を見せたり、およそ大メーカーの公式発表会とは思えない稚拙な進行を見せてくれる。

Photo_3

 少し前、トヨタのマーケティングを行う関連会社が「女子消費力」をテーマにした本を出したけれど、クルマにおいて女子の感性に期待する僕でさえ、「何をいまさら」な市場調査を綴った内容に一抹の不安を抱えたものだけど、どうもそれが現実になっている、というのが僕の感想だ。

 国際ショーのブースをドラえもんで埋めちゃうのも、発表会で社長が子供っぽいスピーチを繰り返すのも、すべてはこのマーケティング会社と自社広報の頓珍漢な仕掛けが原因なんだろうし、そうやって醸し出される意味不明な元気印の雰囲気が、いまのトヨタそのものを表現していると。

 どんなに「僕が欲しいクルマを作る!」と社長が訴えても、オーリス程度のデザインに満足し、いわんや新しいパッソやヴィッツ、カローラといった壊滅連合を出してしまうのは、つまりその雰囲気に何ら実体がないからなんじゃ?

 ギザギザのグリルはデザイナーのチャレンジだと大いに自慢し、ピンクのボディを発売するのは役員の「変化」だと自信満々にアピールするクラウンは、だからやっぱりいまのトヨタそのものだと僕は思っている。「ゼロ」で見せたクラウンの本気の変化が、今回同じ開発主査でありながら、結局2世代分を足踏みさせてしまったように。

 ただ、それでもその”雰囲気”や”空気”にもっとも弱い日本のユーザーは、それなりの若年層も含んでこの醜い顔を買うんじゃないだろうか。当然、ピンクのボディもあちこちに現れて、ただでさえ壊れている日本の街の風景にトドメを刺すんじゃ?

 結局、おなかしなマーケティングは、もっとおかしな市場で評価され、その点でトヨタは成功するんだろうし、仮に今度はロイヤルもアスリートも中国メインだというのであれば、世界一を奪還したトヨタはもう盤石なんである。

|

« 雑誌記事:XaCAR、2月号発売! | トップページ | クルマ散策:デトロイトショー雑感 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

只でさえ酷いと思える造形(特に顔)なのに、あの悪趣味の極みとも言えるピンク色まで市販するとは、その判断に呆れるのを通り越して感心してしまいます。
ノーマルでどの痛車よりも凄いと思う。

メインの商品自体(車)に自信がないからなのかと思ってしまうようなCMを連発していますね。
あれは明らかに車は脇役で、メインはタレントや鳩、訳の分からんフレーズでしょう。

ゼロクランやプリウスPHVのCMなら、まだ車(の特色)を目立たせようとしているのが分かるが、今のクラウンのCM(Re BORN)は車自体はどうでもいいという感じがする。別の意味で前例がないくらい目立っているけどね。

投稿: dezimac | 2013年1月21日 (月) 22時43分

石坂浩二の声で「いつかは、ピンク(ク)ラウン」…。
ありえないな。トヨタ車的ヒエラルキーの頂点が
フラミンゴ色のクラウンか。
狂ってないか。ボンボン(社長のこと=関西では
お坊ちゃんのことを「ボンボン」と呼ぶ)は。
自爆テロ解散をしたどじょう前首相とボンボンは双璧では。
どじょうは政治的自爆テロ ボンボンは経済(経営)的自爆テロ。

だがそれでもトヨタ車は売れる。「現場が頑張っている」から。
かつての松下のように「販売力」があるから。
でも売れているのはアクアやヴィッツなのでは。
アクアに乗っている人で、まともな運転をする人をいまだに
見つけられないでいる。まやかしが好きなのか日本人。
眼力落ちた? いやもともとないのか。
ピンクラウン売る人がかわいそう。俺なら3日で辞めている。

投稿: 優 路 | 2013年1月21日 (月) 23時18分

新型クラウン、ホントに変革する意思があるのなら、顔に見合うようプロポーションからパッケージまできちんと変えないと…サイドウィンドウが旧態然としているから、余計顔だけが不気味に目立つ。まぁ慣れれば何ともなくなることでしょうが。
結局クラウンってグローバルな商品じゃない。いくら巨大市場である中国で売れるクルマであっても、中国という市場はやたら売れるけど所詮ローカルな市場。
クラウンはローカルでいい。さらに「権力より愛」なんてほざかないで、世代交代阻止とか言い張って若者なんかには乗らせないとか言った方が逆にインパクトがある。
なんで高級車を無理してまで若返りをさせようとするのか?そんなことをするなら、高齢化社会に合わせたかっこいいジジイクルマにするとか、役割を終えたのなら潔く引退する方がよっぽどいい。
あと、高級車のスポーツ路線はどこもかしこもやりつくしたので、クラウンくらい日本らしい凛とした落ち着きのある高級車であってほしかったですが…別にヨーロッパやアメリカで売るクルマじゃないんだし、それこそレクサスと被っている。
なんだか今のトヨタの頓珍漢さは、政権を取っていたころの民主党を彷彿させますね。章男社長にデザインをきちんと分別させる器量なんかないんだから、ホントはちゃんとした番頭や目利きがいないといけないのに、残念ながらいざという時の抑止力がないんでしょうね。
まぁトヨタが転ぶと、日本も転ぶので、そろそろ自民党のようにトヨタを取り戻す人とクルマが必要なのかも…いくら個別のクルマでいいクルマがあっても、トヨタ全体で統制がなければいかんでしょう。

投稿: アクシオム | 2013年1月22日 (火) 00時53分

個人的にクラウンはゼロクラウンが完成形の気がしています。

あれを超えるのはなかなか難しいかと。

今回のクラウンを気に入っておられる方には申し訳ないですが、
デザイン全体の組み合わせがちぐはぐで、
特異な顔だけが異様に存在感を主張しており、
塊感というか、まとまりがない気がします。

同じく顔が主張している新型レクサスLSはまだまとまっている感じがしますが、
これはどうかなと…稲妻グリルって…

投稿: とあるイラストレーター | 2013年1月22日 (火) 22時38分

クラウンを始めとしたトヨタ車のデザインは何だかなぁと思うけれど
「トヨタ叩いときゃ飯が食える」的な一部の自動車評論にも何だかなぁという感想を抱きます。
こんなモノを作る奴も乗る奴もバカだ、とでも言いたげな言説が溢れかえっているのを見ると
そりゃあ自動車雑誌は苦境に陥るわけだ、と思う今日この頃です。

投稿: 自動車ユーザー | 2013年1月22日 (火) 23時25分

ピンクのクラウンは「どこでもドアの色」からとったのだとか。。
あんまりにも恥ずかしいので、現場が後付けの理由付けたような気がしますが。
ピンクは限定車なので街なかにあふれることはないでしょう。
現場の良心のおかげと考えたいところです。

投稿: ネコ | 2013年1月23日 (水) 00時46分

クラウン歴史や伝統あるし、生き延びてほしいですね。なんか最後のロウソクが消える前なのかな… まあ日本ユーザーの人達も年老いてきたし、若いユーザーは一部のヤンキー?(日本人なのに不届きだ呼び方)VIPカー好き?な人達だし、このクラウン買い得かも。個人的にはスタイル嫌いじゃないです。さりげなくデザインかなり変えてるのにクラウンだし。中華人民共和国で売れて日本ではさっぱりなら、カローラみたいな運命かもなぁ。否定的なのは分かるし欧米車に匹敵する性能やデザインを持つのも、ひとつの方向ですが、クラウンですから(笑) 柔らかい乗り心地にゴテゴテの内装、昭和の香りに演歌の慕情がするTHE・日本クラウン。グリルの指摘は多いですが、未熟とはいえかなりの冒険だしすぐ変えられる場所だし実験的な物でしょ多分。いやならベンツやらレクサスにすればいいし。後思うのはHVもいいですがセコい! V8やらV12無理やり積んでもスーパーエコぐらいしてくれないと。 カローラみたいになるのかな?だから批判もいいけど買わない人は自分も含め応援しましょうよ暖かく。カッコ悪いの連発じゃ社長さんや、御老体の方が一番いいやつ持ってこいにならない。あくまで憧れでなくちゃ。まあそう作れないのがトヨタの問題なんだろなぁ。根は深いなぁ…

投稿: さね | 2013年1月23日 (水) 13時28分

クラウン本体は、「発表」の時点でいろいろ書いてしまったので・・・あれが全てです。wobbly生理的に嫌な物はどうしようもないので。

しかし、トヨタ車がバカ売れするのは逆に現代だからとも感じていますし、トヨタと広告代理店はわかっていてやっているのでしょう。いわゆる、「情強」「情弱」問題と高齢化が日本市場の2極化を招いていると思います。 「情強」「情弱」といっても情報量の多い「情強」の方が正しい判断をしているかと思えば、ネットの情報のみですとこれがまた偏ってしまうのも面白いところ。 また、高齢化するとまず多くの情報はテレビ等の大手マスメディア発信のものがかなりの割合を占めています。一般高齢者は大スポンサー様であるメーカーの悪口をほとんど耳にすることはありません。さらに、何故かNHKまでもが「プリウス」「ハイブリッドカー」が売れてますとやっていましたので、かなりの広告になったでしょう。
高齢者は「情弱」であるが自分では自覚しておらず、逆に情報量が多ければ思考を停止し、広告でやっている、もしくは、昔から知っている物を選んでしまうのです。先の選挙が如実にそれを表していました。 そしてお金を持っているのも高齢者であり、その高齢者には既にベビーブーマーという大票田が含まれているのです。今のトヨタ大躍進には2種類の「情弱」、高齢者と車に興味のない層が大いに関係あると思いますし、広告のターゲットはそこに絞り込んでいるのでしょう。

数年前にトヨタは「まだ乗れるけどwobbly燃費のいい車に変えたよ!」なんてCMを平気で流していた程度の会社です。これが、役員の会議を通ってしまう会社なのです。(社長も今のバカボンになってからです。) このような姿勢の会社はどんなに売れる商品を作っていようが尊敬を得るに足る会社ではないと思います。 業界最大のメーカーだからこそ自覚を持ってもらいたいものです。

2極化が進む中、そこそこの良い物が欲しい層は、業界3位のメーカーに取られてはいないですかね?私もそちらをお勧めします。私が知る限りトヨタ車はお金を払うだけの価値はありません。

投稿: ぷじお | 2013年1月23日 (水) 21時34分

dezimacさん

何だかトヨタは変わったといういことを言いたいんでしょうけど、イメージ先行というか、イメージだけなんですね。まあ、こういうCMでも売れるわけですが。

優路さん

眼力は・・・見事にメディアに誘導された選挙結果を見れば、もともとないのでは? まあ、ボンボン首相でも現場(官僚)がやってくれるし。

アクシオムさん

ユーザーの高齢化は、それこそ高齢化社会を迎えるんだからイイと思うんですけど、単純に販売が落ちたら困る、というだけの話なんじゃ? ゼロ路線で丁寧に作っていればよかったのに。

とあるイラストレーターさん

そうですね、僕もゼロはいいと思います。先代はそれをうまく引き継げなかったと反省していながら、何で新型がこうなるのか?

自動車ユーザーさん

トヨタに文句を言ってる自動車評論は・・・いまや皆無ですよ。かつてはたしかにありましたけどね。

ネコさん

広告用に作ったのは良かったとして、市販することに開発現場の方々はどう思っているんでしょうね? 一度聞いてみたいです。

さねさん

心配しなくても、新型はちゃんと売れると思いますよ。この国のユーザーやメディアはピンクで動くんですよ、幸か不幸か。

ぷじおさん

フィットのようにいいものを作ればヒットするんですよね。アテンザもこのセダン不況下でいいスタートを切っています。スイフトだってもう少しエンジンバリエーションを考えればもっと売れるでしょうし。2台に1台がトヨタなのは、他メーカーの自滅と言える部分が大きいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2013年1月26日 (土) 13時25分

あ、そうですか。
森慶太氏とか沢村慎太郎氏とか西川淳氏とか両角岳彦氏などの主張は
「トヨタ車なんて作るやつも乗るやつもバカだ」という風に思えるんですが…
アクアやプリウスや86等々、ボロクソに貶しておられますが
実際に乗るとそうでもない、というレベルじゃあないかと。
まあ価値観や感性は人それぞれということですかね。

投稿: 自動車ユーザー | 2013年1月27日 (日) 00時35分

またまた書き込みスミマセン<(_ _)> 売れるのかクラウン。安心しました高額車が法人やら会社関係で売れるならそれはそれでいいですが、企業も儲けないと、国益や経済とも関係しますし、ばしばし買ってください金ある人や会社は…安心と同時にユーザーもしょうがないから国産車もしょうがないのかもなぁ…と思いました。くっだらない出来損ないコストダウン燃費命なのを買うからな自分も含め。愛国心も大切だから国産車と思ってましたが、多くの人が外車買った方が国内メーカーにはよいかも。クラウンはあれでよいですが個人的には、対面など考えずにクラウン買う金あれば外車買えるでしょう。クラウン売れるのはいいけど変わらないんだなぁ… 複雑だ。

投稿: さね | 2013年1月28日 (月) 09時06分

トヨタの場合は、前にも書かせていただいたように、10数年前までのグループ一括採用が影響していると思いますよ。

入社してから、自動車なのか、ホームなのかボートなのかみたいに進路が決まるので、自動車に興味がない人も配属されてます。 大企業病とかではなく、「好き」の加減が他社と違うのはそこから来ていると思います。 マツダはクルマ馬鹿happy01(いい意味で)の方が多いので温度差はすごく感じますね。

投稿: ぷじお | 2013年1月29日 (火) 01時20分

自動車メーカーや自動車メディアに文句を言うのが大好きみたいですが、いくらそれっぽく言っても所詮素人ですね。そんなんじゃ誰も真面目には聞いてくれません。

あなたは、デトロイトに行ったのですか?行ってもないのにエラそうなことをつらつら述べるのは、あなたが大嫌いな評論家たちと一緒ではないですか。

所詮、あなただってメディアを通して情報を得ているのではないですか。それが「日本の自動車評論を切る」などちゃんちゃらおかしいですね。

ちなみに、新型クラウンはカムリHVの流用ではないですよ。

投稿: 編集部 | 2013年2月12日 (火) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/48872116

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・クラウン:

« 雑誌記事:XaCAR、2月号発売! | トップページ | クルマ散策:デトロイトショー雑感 »