« Drive My Car:長野ツーリング@軽 | トップページ | クルマ散策:EV戦略は転換? »

雑誌記事:『Xa CAR』 1月号発売です

01

 『Xa CAR』、1月号が発売になりました。

 前澤義雄氏とのデザイン連載、今回はアルファロメオ・ジュリエッタです。

 外国車だからということではないでしょうが、ジュリエッタについて前澤氏の評価が高いのはいくつかの雑誌等で書かれていたことです。実はほぼ全面的に肯定的な内容はこれまでの連載ではなかったので、そこがどうなるのかが楽しみでした。

 ところで、アルファはミトの成功でミドルハッチもそちらに舵を切ったのですが、今後北米も意識したセダンなどはどうなるのでしょう? いや、もちろん同様の方向になるのでしょうけど、どうまとめるのかなと。まさか、いきなりまんまクライスラーっぽくなったりして?

 それでは、今月号も是非よろしくお願いします。

|

« Drive My Car:長野ツーリング@軽 | トップページ | クルマ散策:EV戦略は転換? »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

リアはデザインのゴミ捨て場…まさに言いえて妙!確かに。
ジュリエッタでもそれは言えていて、テールランプのデザインがちょっとねぇ…全体のまとまりはいいし、フロントフェイスもミトより格上としてはちゃんとしているのに、日産フーガ同様LEDの配置でしくじってますね。あと、パッケージ的にルーフ後端の下がる位置とリアシートの座ってちょうど頭が来る位置で悪いですね。
5ドアでリアシートに人を座らせる割にヘッドクリアランスに余裕がない。あとリアシートは尻から膝までの長さが足りないから、ホント惜しいことしてますね。リアシートの座面長とヘッドクリアランスさえよければ、デザイン性とパッケージの良さを見事両立させて、フィアットGr新規のプラットフォームを初採用したクルマとして凄い評価を得ていたと思うと残念ですね。
ミトオーナーとしては、ジュリエッタの登場はデザイン的にみると、ミトを買って後悔することなく、逆にミトのやりすぎとも言われたデザインの方が潔く感じます。特に丸型テールランプが砲弾のようにリアフェンダーに連なっている部分が何とも言えませんね。
すぎもとさんはミトのデザインに対してあまり芳しくなかったように思いますが、ボディカラーの選択さえしくじらなければ飽きも来ないし、逆に味わいも出てきますよ。(ちなみに我がミトはグラフェイティグレーにレッド/ブラックのツートンファブリックで一番売れなかった廃版オーダーです)
それはジュリエッタにも言えることで、前澤センセイの言うとおりメタリック系のボディカラーがいいと思います。よく売れるアルファレッドやアイスホワイトよりも、アンスラサイトグレーかアルファシルバーを選ぶとぐっと来ますね。エトナブラックも、もっと赤みがきいていればかなりエロいボディカラーなんですが。
あと本国で設定されているボディカラーは、暗めのグレーとブルーがあり、メタリックレッドとめちゃくちゃ高価なパール系のレッドがあります。パール系のレッドは、8Cにも使われたやつでジュリエッタ導入記念にあったQVの限定車にありましたが、いかんせん20万円超のオプションなのでなかなか入らないでしょう。
今後、フィアット500みたいに限定車乱発で、ボディカラーの追加をするのもひとつの手かも…買う方にとってはいい迷惑?かもしれませんが。

投稿: アクシオム | 2012年12月10日 (月) 21時38分

まだ雑誌買ってないけど(笑) 買います。アルファとゆうだけでもうカッコイイ。手相アプリで芸術センス0と出た自分がゆっても説得力0ですが… 前澤大先生がゆうから好き嫌いはあるでしょがデザイン素晴らしいはず。 ジュリエッタて名前までカッコイイ。昔のもカッコイイ。エンブレムもカッコイイ。イタリアはなんかサッカーのプレイスタイル(異論はあるでしょうがこれは流石に)から服やら靴までカッコイイ。なんでだ? 小さい時見たカクカクのアルファ155見たとき衝撃的だったなぁー なんだ!この車は!リヤが分厚いけどなんかカッコイイ~!こんな形した車は日本車には無い!?これが自動車なんだぁと思ってたら、PSのゲームでグランツーリスモに155のレーシングカーのがあり、乗ってました速かったなぁ(笑) あれがどうゆう評価だったかは知る由もないですが…現在のジュリエッタよりカッコイイと思ってます。自動車に興味をもった原点だから。アルファは全部カッコイイ。ついでにランチャインテグラーレもカクカクだったマセラティ、もう一つ四つ目のジャガーもイギリスだけど。シトロエンの昔のDSもオリジナルミニもカッコイイなぁ…こうゆう特別カッコイイは日本車は…トヨタ800があった!後Z33、初代プリメーラ、R32スカイライン&GTR、初代シルビアS13、510ブル、ハコスカ、セリカ全般、スバル1000、B310サニー、GTO、結構あるな…デザインより伝説かも? 今のままでいいのかぁ日本車(=_=) まあ、とにかくデザイン、走り、メカニズム大切ですよね。尚且つチビっ子を振り向かせるデザインでないと。 と考えると独創的なメカニズムを内包したり走りの伝説やパッケージが必要だから、前澤さんがスバルのデザイン総監督に…御本人がイヤだろな会社に縛られるのは。今は日本車でブランドだけでカッコイイとなれるのスバルぐらいな気がするから(好きなメーカーですがスバリスト…死語?じゃありません、暴論ですが他メーカーはもう中身エンジンだけ違って似たような物ばかりだし…)かといってデザインと走りで凄い訳でもなく、低燃費だけ(日産GTRとランエボXはデザインがもう少し洗練されてたら…惜しい!)。ピニンファリーナと手を結ぶとかしてほしい。そういやピニンファリーナ時代のプジョー恰好よかったなぁ。プリウスにしろ、リーフなど次世代車iミーブ意外かっこよくないのは何故?低燃費伝説なのに?不思議だ。

投稿: さね | 2012年12月11日 (火) 18時56分

度々すみません 追記:最後のプリメーラあれだけは最近?の日本車の中でデザインが恰好よかったです。ジュリエッタと同じくらいかな自分の中では。ワゴンRより売れなかった先代ムーヴも…思い出したら凄い恰好いいな最後のプリメーラ…。 売れなかったから止めるとは…結局ほどほどデザイン、低燃費、広さだけになったのか日本車。売れなかったら意味ないですもんね。難しいなぁ… ジュリエッタや最後のプリメーラみたいなのは期待しても日本車からはでないとゆうことですね。それともやはり自分の美的センスがズレてるのか…? まあいいですけど。長文失礼しました。アルファと聞いてついデザインについて考えさせられまして(笑)

投稿: さね | 2012年12月11日 (火) 19時24分

記事を読ませていただきました。
前澤さんジュリエッタを絶賛ですね。 アルファがいかにもスポーティでミチっと引き締まったボディになったのは、156・147あたりからですか。最近は、8Cから派生していったように見えるデザインでうまくラインナップしていますね。
しかし、個人的には「アルファGT」以外あまり好きではないのが本音です。(アルファGTは、購入対象で考えたことがありますsmile

そうは言っても、デザインに揺ぎがない、隙がないのは事実で他のメーカーにはできないデザインなのは納得です。話の中にもあったように、オーリスのリアデザインがアルファっぽいというのは、ジュリエッタを指して言っていると思うのですが、似ているというよりパクリですよね~。 それもうまくパクれば良いのですが、サイドに引っ張り出したようなリアコンビランプ、貧弱なサイドからのリアへの流れ、最近のトヨタ流の下方に切り立ったバンパーの処理はジュリエッタのそれとは全く逆の処理で笑ってしまいます!

アルファまでとは贅沢を言わないですが、もうちょっとクルマのデザインを真剣に考えたほうが良いのでは? 近頃のKIAの車を見ていると内装の質、エクステリアデザインは日本車を超えていると感じます。 日本車好きの人は輸入車を見栄で乗っている、高いお金を出してバカじゃないの日本車が最高なのに、と、考えているかもしれませんが、ハイブリッドなどの飛び道具以外のデザインでは、馬鹿にしているであろう輸入車に軍配が上がっている事実を受け止めないと進歩がないのではないでしょうか? 先にも述べたように、韓国・中国も格段にデザイン良くなっていますよ。
P.S.私が心底惚れている「プジョー406クーペ」って前澤さん的にどういう評価なのか聞いてみたいような、聞いてみたくないような。私は今のではなく、おとなしいピニンファリーナが好みなのでhappy01、なかなか最近は食指が動くデザインのクルマがないんですよねぇ。

投稿: ぷじお | 2012年12月16日 (日) 17時28分

アクシオムさん

前澤さんはジュリエッタ絶賛でしたが、リアの話を進めているうちに「?」となってきた感じでした。ミト・・・そんなに悪いとは思ってないですよ(笑) ジュリエッタより遙かにまとまりがいいのはサイズのせいでしょうね。個人的にはこの路線でのセダンを見てみたいです。単に156に戻っちゃうことはないと思いますが・・・。

さねさん

アルファファンなんですね(笑) 155はイデアだったかと思いますが、アルファデザインの転換点だったように思います。スバルは・・・外注でいいんじゃないかと思いますが、実際には過去最多ペースで売れてますからねえ。最後のプリメーラは現行デュアリスの外国人デザイナーかと思いましたが、自分でも「やりすぎた」と言っていたそうですよ。

ぷじおさん

トヨタは最近の発表会で役員自ら「これからはデザイン」と言ってますけどね。しかし、そんなこと言わなかった時代のトヨタ車の方が説得力があったのは面白いところです。前澤さんはピニンファリーナ時代のプジョーは基本的に評価しているようですよ。韓国キアに続き、中国メーカーのデザイナーのヘッドハンティングが始まりましたね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年12月22日 (土) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/48244491

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:『Xa CAR』 1月号発売です:

« Drive My Car:長野ツーリング@軽 | トップページ | クルマ散策:EV戦略は転換? »