« 雑誌記事:『Xa CAR』 1月号発売です | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー 『トヨタ・クラウン』 »

クルマ散策:EV戦略は転換?

Photo

 日産が、2016年までにHV車を15車種発売すると発表した。いやあ実はこの辺、もうチョットいろいろ考えていると思ったんだけどね。

 たしかに2、3年前の各モーターショーではEV花盛りだったけれど、それが一部を除いて企業イメージもしくは技術のアドバルーンであったことは明白だったし、そういう意味での横並びだったことも、まあ日経方面のニュースソース以外としては認識されていたんだと思う。

 そもそも、航続距離が極端に短いうえに、長い充電時間を要するいまのEVが本格普及する理由は最初からない。いくら今後数年間での充電インフラ整備を謳っても、それは結局GSの次元じゃないし。

 これは、いま売り出し中のPHVだって同じ話だ。EV走行が長くなるといっても、そもそも自宅で充電できる環境が整っているユーザーはそう多くはないわけで、だったらふつうのHVでいいやとなるでしょう。

 もちろん、EVの可能性は否定しないまでも、まあそれはようやくかたちになりつつある超小型モビリティあたりが現実的だよなあ、というのがユーザーの体温、体感だというのは、そう深く考えなくたって分かりそうな話だ。

 いや、純粋EVを、しかも5名乗りの「ふつうの」ハッチバックとして売るという手法は、ある種のインパクトがあったのは確かだ。それはHVで先行するライバルに対し、一瞬の目くらましとするには十分な内容だった。

 ただ、それは文字通り一瞬しか効果がないわけだから、周到な準備で応戦体制を整えているんだろうと思うじゃないか。それがクリーンディーゼルであってもダウンサイジングエンジンであってもいいし、もちろんライバル同様のHVでもいいと。

 けれども、それらがまだまだラインナップのごく一部に搭載されたばかりのいま、遅ればせながら向こう4年間でHVを15車種というアナウンスは、いささか残念な感じだ。

 経済紙はこれを「大幅な方向転換」と書くのかもしれないけれど、一般に専門誌より数年遅れた論調の新聞メディアにそんなことを書かれる時点で、相当な敗北感が漂う。え、いまさらそんな発表するの?って。

 もちろん、「HV以外はクルマにあらず」の異様な様相を呈しているのはこのニッポンだけだから、まあトータルな市場としてはそれほど大きな影響はないと踏んでいるんだろう。いまから体制を整えれば、マツダやスバルあたりと同じようなスタートになるだろうと。ただ、いち市場のこととはいえ、わざわざ軌道修正を表するのはそれ自体がマイナスなんである。

 それとも、ルノー・日産連合という、リアルにグローバル化を果たしている企業故のこととして、もしかしたらこれはプラスに捉えるのが正解なんだろうか?

 あ、そうそう。スズキはレンジエクステンダー式のスイフトを来年あたりに出すそうだけど、あれもユーザーの体温ということではどうかなあと思う。いくら省燃費ブームとはいえ、ユーザーはどうしても電気で走りたいワケじゃないし。こっちもまた、ふつうのHVを出した方がいいと思うけどな。

|

« 雑誌記事:『Xa CAR』 1月号発売です | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー 『トヨタ・クラウン』 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

う~ん…まぁ一般紙はこんなもんでしょ。転換ってよりは、ハイブリッドの増強なんでしょ。
でも小型モビリティって所詮、用途が限られているし、やっぱり4人は乗れる乗用車じゃないと。i-MIVEよりもリーフが売れていることが物語ってますから。でもここへきて、日産が積極的に急速充電スタンドを整備してきたし、リーフのマイナーチェンジはGT-R並みにかなりきっちりやってましたよ。
セレナで追加された究極のなんちゃってハイブリッドである「S-HYBRID」。ボクは意外とこれで勝負するんじゃないかな。来年からFF用のストロングハイブリッドを出してくるけど、所詮Dセグメント以上じゃないと値段的にトヨタには歯が立たないだろうし。でも、S-HYBRIDもあんな子供だましな鉛バッテリーで、アイドリングストップ用のモーターでごまかすくらいなら、容量は小さくなるけどバッテリーはリチウムイオンにするとかして、少しでも回生エネルギーを利用するようにしておけばよかったのに。S-HYBRIDならノートあたりにも採用でき、エコスーパーチャージャーとの相乗効果ができるかもしれませんね。
あとクリーンディーゼルだって、エルグランドやジュークあたりで出せば結構いけるのに。トヨタやホンダはやっていなんですし。いくら国内市場はダメと言っても、やりようはあるのに、日産の国内営業の戦略性のなさにはあきれますね。ライバルを出し抜くことをしない。だから新型ノートのデザインは、日産フィットと揶揄されるんだと。ティーダの替りにメダリストっていうのも、ちょいちょい感丸出しだし…

投稿: アクシオム | 2012年12月17日 (月) 22時00分

ここに来て、ヨーロッパ勢もいろいろなタイプのハイブリッドを出してきて「いよいよHVの時代か!」、なんてお思いの方も多いかと思いますが、正直どうなるかは私にはわかりません。
世界では低燃費技術を、日本のように燃費のためなら命懸けと言うより、どうやってクルマ本来の楽しさや、使い勝手を犠牲にしないでいつまでもいられるかのためのエクスキューズに使っているように思います。 ヨーロッパは特にその傾向が強そうで、HV・EVだからの特殊性はあまり興味をそそられず、あったとしても、モア・パワーのための+要素の一つ位に捉えているんじゃないでしょうか?
また、アメリカはミーハーと田舎者が混在する変わった国ですので、都市部ではHVの普及要素はありますが、その他大部分の地域ではそれほど普及しないでは。アリゾナの砂漠にHVはノーサンキューでしょう。
結局、HV・EVはしばらく普及はしそうですが、それが今後のスタンダードとなるかは甚だ疑問です。第一、アメリカは2030年代には「産油国」になる予定で、今までの考えとはその時点から変わってしまったからです。 これからはアメリカのスーパーパワーは中国に取って代わられると踏んでいたものが、現時点ではわからなくなってしまいました。アメリカが石油に困らなくなれば当然アメリカ人は燃費を気にしません(ただし、現在の価格が採算ラインだとは言ってますが)し、TPPの交渉次第では、日本の車のあらゆる部分が「輸入障壁」と捉えられルールが変わってしまうこともあるかもしれませんし・・・ そのうち「燃費偏重」タイプの日本型HVは無くなっていくのではないでしょうか? 中国・東南アジア・インド、これは本当にわかりません。が、バッテリーが大量に必要なモノが普及するとは到底思えませんけどね。
正直なところ、いくらリサイクル出来るとはいえ、重金属の大量生産はどうなのよと、思っていますので、猫も杓子もHV・EVは勘弁願いたいです。pout

投稿: ぷじお | 2012年12月17日 (月) 23時30分

こんばんは。自民党圧勝かぁ…投票率低いじゃそりゃ自民党勝ちますよね。正教分離公明…怖いから書かないでおこ。TVでも誰もゆわないのが不思議だ。ジャーナリズムはこんなものでしょ。自民でもキチンとかつてとは違う、アメリカ傀儡政権じゃねー!ぐらいやってくるたらいいです。維新や未来も議席増やしたし、いい法案が通るのは良いことだし野党も頑張ってほしい投票は無駄じゃない!民主主義で決まったんだし、自民てだけでアレルギーみたいに非難ありますが早くも、これからの行動で決まる訳で。話は日産ですがジャーナリズムがああだと大変だなぁ~これからの行動で企業姿勢を見せてほしい。 リーフはあまりに普通の自動車の感じ丸出しで、好事家にはいいですが普通の人が気楽に内燃機関車のように乗る車にはなってないのが痛い。エアコンの問題もあるしマンション住まいには無理、とかゆってると電気自動車はいつまでも普及しない!とゆう電気自動車推進派にお叱りうけますが。 ただでさえ経済苦しいのにセカンドカーにしかなりえないお高い車は買わない人がほとんどだと思うし… 次世代車ね第一歩を量産したのは偉いかなiミーブと共に。日産自体の他はコストダウンで本当に安っぽい車を売るメーカーだし、HVもいいですがやるならアウトランダーPWEVぐらい面白そうでないと。ただCO2排出量少ないじゃつまらない。デザインも意図的だと思いますが。HVにしても最近めっきりやる気満々のホンダに苦戦だろなぁ。どーしたのホンダ!Nシリーズから凄い勢いですね。いいことだ、軽自動車企画の是非は別としても。TPP議論に関係してくるだろうなあ… ノラリクラリかわしてください(笑) また話変わるんですが(笑) 買い替え候補は今の時代にそぐわないですが、低燃費、つまらないはもう十分興味なし。SUVで4駆にするつもりですが、4駆の知識0だったので基礎知識から調べまくり、ネットで人のblogやYouTube見て研究したり、でもわからないから三菱ランダーSーAWCのASCオフだと機能するかメーカーに聞いたら教えてくれない…安全に係わるからでしょうが教えてくれない、冷たい対応。ディーラーも分からりません!自社製品なのに!? スバルは対応優しいハッキリ言わないが調べ事分かったナイス。これじゃ売れないよ三菱4WDは走破性能関係すんだし説明してよ!企業姿勢だな正に。日産も儲からないからラティオ、ティーダ統合じゃ…雇用守るだけか…

投稿: さね | 2012年12月18日 (火) 19時39分

ハイブリッドを増強することによって、リチウムイオンのコスト下げようと言う意図もある様に思えますね。
こないだ日産レンタカーでリーフを借りて丸一日運転しましたが、やはりいいですよ。
感動すると言ってもいいでしょう。
航続距離と充電スタンドの増強次第で大きく販売は伸びると考えてます。
しかし、何というか、昔から電気自動車に対して足を引っ張る勢力がある様に思えるのは気のせいでしょうか?
マスコミに妙なネガティブな情報ばかり流されるように気がして仕方がありません。
石油業界かトヨタの陰謀でしょうかね?

投稿: acrimo | 2012年12月18日 (火) 21時22分

アクシオムさん

S-HYBRID、あれこそ国内用の「戦略商品」なのでしょうから、仰るようにもっと積極的に使うべきですね。ノートのメダリストは、最近になってまるで新規グレードように宣伝しているのがおかしいです。本当に日本市場は最低限の労力しか使わないってことでしょうか?

ぷじおさん

欧米の場合、どうしてもリッター25キロ走らないとダメ、なんて基準じゃないでしょうから、日本的なHV市場にはならないでしょうね。そもそも燃費測定からしてかなり実質的なんですから、数字ばかり追うようなことはないでしょうし。もちろん、いまの時代モーターを使わない手はないですから、あくまでもひとつの選択としてのHVですね。

さねさん

低投票率に、これだけ政党が分裂すれば小選挙区では自然に自民・公明が勝ちますね。今回はそれを学ぶための選挙だったのかもしれないですね。三菱は・・・また改めて書きます。

acrimoさん

僕はどちらかというと自動車メディア関係がEVに興味がないように見えます。逆にTVの経済担当などは安易に飛びつく気がしますね。石油業界にはもっとディーゼル(軽油)普及に頑張ってもらいたいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年12月22日 (土) 15時24分

ベンツAクラスのボディはサンドイッチ構造と呼ばれ
EV化を見越して床下に電池を収納するスペースが存在したはずだ。
活用されないまま、終焉を迎えたのか。

EVがHVに負けたのではなく
リーフがほかの低燃費車に負けた、というのが正しいように思う。
妙にでかく運転しにくそうな、高価な車、リーフ。
ほかの形状やサイズでEVを出していれば、もう少し善戦したかも。

ボディに太陽電池を埋め込んで、外部からのエネルギー注入不要の
ソーラー腕時計のような車を作ってくれればいいのに。
石油業界(特にガソリンスタンド)は崩壊するだろうが。

EVの普及はガソリンスタンドつぶしに等しい。
音楽の配信がCDショップつぶし、電子書籍の普及が本屋つぶしにつながるように。
大きくいえば社会システムの大転換につながる。

投稿: 優 路 | 2012年12月26日 (水) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/48354798

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:EV戦略は転換?:

« 雑誌記事:『Xa CAR』 1月号発売です | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー 『トヨタ・クラウン』 »