« 雑誌記事:XaCAR 12月号発売 | トップページ | 新車心象風景:日産・ラティオ »

雑誌記事:デザイナース・インタビュー「スバル・フォレスター」

Photo

 デザイナーズ・インタビュー。今回はスバルのフォレスターです。

 発表会は火曜日でした。比較的大きなホールを使って、結構大々的な演出のものでした。白い布に覆われたボディにプロジェクターの映像を映し込む手法は、最近の東京駅のお披露目によく似ていましたね。

 前回にも書きましたが、実車のお披露目が始まると、評論家諸氏は比較的早々に引き揚げてしまいます。そもそも、雑誌で見かけるような有名諸氏はそれ程多くないし。

 今回も、自分が20分程のインタビューを終えると、ほとんど誰もいなくなっていました。やっぱり、評論家氏にとっては試乗会こそが本番なんでしょうね。まあ、僕は呼ばれませんけど。

 ただ、今回驚いたのは、スバルの広報の方に名刺を渡したところ、「ああ、お名前はよく存じております」との返答があったことです。え、何で自分なんかのことを? 社交辞令? 本当に知られていたら逆にチョット怖いな、なんて・・・。

 それでは、今回も下記ニフティサイトからお願いします。

 (ニフティ・自動車サイト)

http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

|

« 雑誌記事:XaCAR 12月号発売 | トップページ | 新車心象風景:日産・ラティオ »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

新型フォレスター、基本的なフォルムはそう変化がないように思いますね。ベースのインプレッサに準じてアップデートしたようなデザインですね。
でも全高がかなり高くなっていて、エクストレイルとそう変わらなくなっている。だとしたら、クロスオーバーよりもトラディショナルなクロカンに近いSUVフォルムにしても良かった気がしますね。サイドウィンドウリアのデザインも、キックアップさせるよりも四角くプレーンにした方が良かった気がします。ちょっとくどいかな…
またテールランプをはじめとするディテールのぎこちなさは、インプレッサやXVから引き継いじゃってますね。そこに来てDITモデルの厳ついバンパーデザインは、高性能を誇示しているとはいえ、ちょっときつすぎますね。アクティブな方向はカジュアルなXVに任せてもうちょっとシンプルというか、道具に徹したデザインにしても良かった気がしますね。
どうもトヨタ資本が入ってから、妙にディテールに小細工が入りすぎている気がします。先代レガシィの前期型のようなかっちりしていてシンプルなフォルムとディテールが素晴らしく見えます。

投稿: アクシオム | 2012年11月15日 (木) 23時51分

顔が大きくなりましたねcoldsweats02。 現行レガシィから始まった顔の大型化がこれで一回りですか。
そして、インプレッサあたりからのカクカクデザインで、現行デザインは揃い、BRZだけ浮いていると。
しかし、なんとも線が多いですね~胸焼けがするほど、トヨタ車並みの線の多さ。すっきりしているのがフォレスターの良さでもあったと思うのですが、随分田舎臭いデザインで、80年代を思い起こさせるのはユーザーの好みなのでしょうか? フロントのポジショニングランプは、DSかと思わせる意匠でちょっとですし、本当にクレイモデルでデザイン検討しているのならかなり、盛っては削りを繰り返さないとあそこまで入り組んだ造形にはならないのではないでしょうか?「盛る」ではなく「削ぐ」デザインが出てこないもんですかねぇ。 スバル車をデザインで語るのは間違っているのでしょうが、やはり、あぁ~と声が出てしまいます。
前澤さんがお気に入りのR1も「カタマリ」としては良くできていると思うのですが、実車はキモチワルイので売れなかったのだと思います。私は、R1も三菱のiも、どーもデザインが古く感じるんですよね。60年代に考えた21世紀みたいな・・・なんて言うと怒られそうですねsmile

投稿: ぷじお | 2012年11月16日 (金) 01時14分

少なくとも私はスバルには最初からルックスを期待していない方で、スバル車にときめいたのはSVXが最後。

ただでさえ私のスバルデザイン観はこんな感じで、
西暦が変わってからはスバルは他メーカーの部品を付けただけの様にしか思えず、
このフォレスターもそう見えてしまうのです。
かといって私は特に嫌悪感は感じません。無駄な線も最近の車の割には少ない方だと思いますよ。
フォルムと灯火類とウインドウの相性も良いと思いますし。まあ可も無く不可も無く。

スバルのデザイン上の痛い所って実はこれといったアイデンティティが無い事だと思う今日この頃。

>四角くプレーンにした方が良かった

そっちの方が今までのスバルからかけ離れそうな気がします。

>R1も三菱のiも、どーもデザインが古く感じる

ブーレイさんって優秀な人とは到底思えないんですよね。
iとコルトとグランディスは評価が難しいけど、基本的に彼の仕事には非常に違和感を感じる。

投稿: llll | 2012年11月17日 (土) 19時37分

こんばんは。最初のスクープ画像の印象は…なんじゃこりゃ? 前のフォレスターはまあそこそこ日本車のなかでスリークで硬質な面でショルダーのハイライトがくっきりして、フロントの顔もグリルやライトもバランスよく、リヤもスッキリ。スバルブランドを差し引いても(失礼<(_ _)>)秀策と思ってたのにSUVらしくないのも含めて…。 うーん特にターボ車のパンパーは斬新とゆうかゴツっ!顔でか!と思ってましたが、実物見たり映像でみたら前のSHを逞しくしたみたいで、思ってたよりはまともでした。ドアをつきぬける二つの線のショルダーラインやリヤピラーまでのハイライト、段差も思ってたよりは硬質な感じ、リヤの造形まで含めて写真よりまとも…まあ変わった形ですけど。同時期のアウトランダーの方が段違いにカッコイイ…逞しくなったなぁSJフォレスター。 けど縦置き水平対向eg縦置き変速機シンメトリカルAWDと特殊なパッケージメカニズム、何といっても5大大陸10万キロ走破!とゆう壮大なアドベンチャーをすると聞くと、ウーンなんだか格好良く見えてきた(笑) スバルデザイン普通に見たらカッコ悪いですが、視界や斬新なパッケージ制約からくるダサカッコイイみたいな。人間でもいますよね?見てくれでなく人間性や男くささや、背中で語る渋い人。トヨタやホンダ、日産みたいにハイ!近頃はこんなんがカッコイイんでしょ!とは正反対な世界。計算すぐなのか?こんな自動車インダストリアルデザインも世界に一社ぐらいありかなぁ…。ランダー、フォレで真剣に悩む…。話変わりますがランダー、フォレ、ジェットスキーぐらいの牽引OKだろか?デリカD5はMC後はコストダウン?CVTのオイルクーラー省いて×とか何とか? CVTて脆いよーな?つまらないよーな…まあ5大大陸10万キロ走破! 漢のロマン、大丈夫だな。

投稿: さね | 2012年11月18日 (日) 00時29分

アクシオムさん

レガシィ、インプレッサと、よく言えば統一したイメージになりましたね。ただ、前者がそうであるように、とても大雑把なカタチです。もしかしたら、北米のような風景の中では丁度いいのかもしれませんけど。いずれにしても、スタイルでスバルを選ぶことはなくなってきましたね。

ぷじおさん

やっぱり、いろいろな箇所を部分でとらえている気がします。もちろん、プロですから全体を見ながらやっているんでしょうけど、その中でもここの線はとか、ここの面はとか、どうしてもやってしまう。先代はそれを感じさせなかったんですけどね。

llllさん

初代インプレッサ、歴代のレガシィと、いいデザインは少なくないですよ。ただ、小さいメーカーの割には方向性がブレ過ぎているんです。そしていつの間にかマーケットインのデザインになってしまったと。僕はブーレイの2代目レガシィ結構好きですよ。セダンも。

さねさん

5大陸10万キロは、初代レガシィの戦略を思い出しますね。本当に真面目なメーカーなんでしょう。エンジンや駆動系など、メカニズムに動かぬ自信があるなら、デザインは外注に徹してもいいとは思うんですけどね。もはやイタルには頼めませんが・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年11月18日 (日) 16時57分

度々書き込みスミマセン<(_ _)> スバルフォレスターはアウトランダーと並び買い換え候補の一台なので。話は関係ない手相アプリで弟とふざけ半分鑑定したら…芸術センス皆無!(=_=) そんな自分ですが、アウトランダーが素直にカッコイイと思ってくれる人が他にもいたので嬉しかった! がアウトランダーは候補から外れ、カッコ悪いフォレスターにするでしょう多分。理由はメカニズムパッケージと細部のこだわりです。アウトランダーは、実は自分大嫌いなんですCVTが。基本へぼい変速機なのでジェットスキーを牽引できるかメーカーに問い合わせたら想定外です=するな? 北海道にも行く事多くなるので、ワイパー氷溶かす熱線やヘッドライトウオッシャーもアウトランダー設定なし。HIDは熱くならないから必要性あるかと雪国だけでなくとも一応SUVだし。外車は昔からワイパーついてたりしてましたよね?普通乗用車にも。本物感ですね、CVTでも(限度はありますスピードやら重さ、でもチェーン式使ったりトルク容量も凄い、牽引出きるはず!?との答え)ライトはまあ拭きゃいいんですけどねぇ。冬ワイパーにすりゃいいし、でもそのこだわりがカッコイイんだよなぁ何故? 最近映画で1920年代のプジョーを見ました、カッコ良かった!馬車から始まった自動車の歴史を感じるフォルムに装飾っぽいけど実は機能的なデザイン。今の自動車にも通じる所もあり、自動車の歴史を感じました今現在でもカッコイイと思えます。 古いプジョーをカッコイイと思うのはノスタルジーもあるかも? 新型車いっぱい出てますが、こと日本車の中だとフォレスターの方が魅力的に映る。センス無(笑) 元祖現代FFミニ、初代パンダにシルバさん?ゴルフにインテグラーレ、ジウジアーロ作品。ヴァンキッシュ最近ではランチャ?イプシロン皆カッコイイ。天才ピニンファリーナ作品は置いといて、各年代の乗用車は今みると似てる…スバルデザインはパッケージから違う独自の機能追求デザイン。変な装飾は×だけど… 横置きFF、FRベースは革新的パッケージにしないと名車を超えるの難しいかも? アウトランダーは惜しいメカパッケージ魅力的、CVTと細部機能が×PHEVが本命か? かの911は機能追求美で始めはダサキュートカッコイイだったかも。元のビートルもカブトムシだし。スバルデザイン独自の唯一無二のメカ本物感で救われてるかと。ラティオ…だから売れ始めたのかな?スバル

投稿: さね | 2012年11月20日 (火) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/47832786

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:デザイナース・インタビュー「スバル・フォレスター」:

« 雑誌記事:XaCAR 12月号発売 | トップページ | 新車心象風景:日産・ラティオ »