« 雑誌記事:デザイナース・インタビュー「スバル・フォレスター」 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・N-ONE »

新車心象風景:日産・ラティオ

Photo

 何て言うか、とても無力感に襲われるクルマなんである。

 お金がないなりにも、デザインの工夫と丁寧な作りで成功した初代。ハッチバックメインの欧州市場には3ナンバーの正当な後継車が投入され、国内はノートの”メダリスト”に統合なんて具合になった。

 一方、ラティオの正当な後継はどうも見当たらず、ハッチ同様3ナンバーということなら、次期シルフィあたりが欧州市場でその役を担うのかもしれない。で、とりあえず国内は中国版サニーをラティオとして持ってきたと。

 マーチ同様新興国中心の世界戦略車で、基本同一の貧相なインテリアがそれを示している。「コンパクト・ミーツ・ラグジュアリー」というコピーは少々恥ずかしかったけれど、しかしまあこれだったらいいんじゃない?と思わせた初代のセンスやこだわりは、もはや微塵も残っていないんである。

 毎度親切な日本の雑誌メディアでさえ、ほとんど「ついで感」が拭えない扱いだから、日産セダン特有の滑らかなルーフラインがアメリカや新興国で人気などと言われても、おかしなグラフィックや中途半端なキャラクターラインで、すべては台無しにしか見えないんである。

 けれども、そんなことは当の日産がいちばん理解しているわけだ。だから、異常な円高による海外への生産移管や、慢性的不況の中で、日本市場はコスト最優先の戦略車で十分だろうし、そういう経済・経営事情を前にして初代がどうのこうの言ってる場合じゃないという主張も、それはそれで十分理解できる。

 しかも、ラティオについては法人需要が多くを占めるとかで、作りだのセンスだのは尚更不要という感じみたいだ。それだったら中国版サニーでも、ビジネスグレードとしてはもう十分過ぎるくらい、なんてね。

 いやいや、そんなことでいいのか? そんな日本市場軽視はけしからん! と言いたいところだけど、しかし実際ノートは目標販売数の3倍に達する勢いで、もう絶好調なんである。ティーダからの乗り替えがどの程度かは分からないけれど、日産コンパクト久々のクリーンヒットになりそうな気配だ。

 これで、スーパーチャージャー版を除いた1.2リッターエンジンに特化するラティオが営業車として従来とおりに売れれば、実質後継車をなくした日産としては作戦成功なわけだし、ユーザーもまた満足なのかと。

 まあ、そういうことなあんである。民度以上の政治家は生まれないことを実感するいま、民度以上の商品も生まれないと。いや、日産はしっかり計算してのことだから、こっちの場合は偶然じゃないんだけど。

 日産V字回復を担った一連の良品として、新しいデザイン感覚と丁寧な作りで独自の魅力を作り出したティーダとラティオ。ついこの前まであったその貴重な実績が、国内市場ではいとも簡単にリセットされたからといって、特段支障はない。メーカーにとっては大した財産じゃなかったし、ユーザーにとっても見る目を育てるものじゃなかった。

 原発にはノーと言ったのに、次は自民安倍政権確定という報道に流される国民=ユーザーが、ティーダがノートになったと言われれば「なるほど」と納得してしまっても、まあそんなもんかと。もちろん、ついで感全開の中でさえ、「確実に質感が上がった」などと言ってのける雑誌メディアも相変わらず、だ。

 そういう巨大な底割れ方向に、途方もない無力感が襲ってくる。

 直接的には日産が売り出した商品の話とはいえ、しかしメーカーだけが一方的におかしいんじゃない。だからこそ問題は根深いんだろうと。

|

« 雑誌記事:デザイナース・インタビュー「スバル・フォレスター」 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・N-ONE »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

まあなんていったらいいのか…全然興味も湧かない車。実は旧、新型ノートも全く興味ありません。なんか日産とゆうメーカーには、親父は思い入れがある車はあったみたいですが現在は…今は純日本メーカーと思ってませんし。ルノー日産なんだしいっそ日本名ルーテシアをOEMとか、トゥインゴを4ドアバージョン、セダンバージョンとかを日本で生産し作って売ったほうが開発費も少なくいいんじゃないでしょうか? 日本のサプライヤーの為に日本の部品を使って。 商売になるかどうか分かりませんけど、少なくとも日本の自動車事情には+になりそう。 ルノーならカッコイイとか思いませんが、日産が開発した安い車軍団よりマシな気がしますし、ホンダにはフィットにトヨタにはビィッツあるし、ちょっと見てくれ変えて同じよーな車よりナイスアイデアなよーな? まあまず有り得ないですけど…。ユーザーもあまりの長いデフレに自動車その物に興味なくしてますし、ここは外国人リーダーゴーン様々でフランスブランドを全面に出してルノー日産で新風を起こしてほしいかなぁ。真面目な話ルノー日産なんだし似たようなセグメントの車なら、わざわざ作りわけてしょーもないのより、少なくともこだわりを感じるルノーの車を共用して安く日産の販売店で売ってほしい。他の軽OEMと同じく日産マークやちょいデザイン変えてとか。日産ブランドでしょぼい車をわざわざ作り開発費かける意味がわかりません。日本車メーカーだ!てゆうプライドか? プライドあるならラティオこんなにならないよなぁ。一応営業車だけでも儲かる車なのか!? コスト激安、金だけかこの車は… 所得が少ない新興国の人にもこれ売るにしても、デザインなんだかなぁ… 新興国の人はカッコイイと思うのだろうか?

投稿: さね | 2012年11月18日 (日) 20時49分

新型ラティオ、あのリタイアした夫婦が旅に適したクルマとしての宣伝…どうみても地方の観光地のレンタカーとして活躍するための宣伝としか思えませんね。
またひとつ安価な営業車&レンタカーが増えたと。買うクルマじゃなく、借りるクルマなんだと。営業車としてもリースで需要を掘り起こすクルマだから、この程度のモノでいいんでしょうね。いっそのこと営業車専門の認定プロショップで売ればいいんでしょうね。現に日産の国内市場で注力しているのは、軽自動車とNV200&350の営業車。そのうち、ノートだって、新型フィットが来年登場した後、ちゃんと一部改良やマイナーチェンジでフォローしていくかはわかりませんよ。
後席は掛け置なしに足が組めるスペースがありますが、シートの出来は不動産屋で店から物件のある場所までのレベルかもしれませんね、
最近の日産は、自分たちの都合で車種の整理統合をしておいて、その言い訳に「ティーダのお客さんと、ノートのお客さんは結構バッティングしているので…」なんて言い始めている。そんなにお客さんを都合よく神様にするのもいい加減にしてほしいものですね。
ノートの代替客層を分析すると、やっぱり日産車多く、他メーカーからの新規需要はあまり見込めてないようですね。
あとは12月発表のシルフィ。こいつくらいS-HYBRIDで出さなきゃどうしょうもないだろうに…数撃ってもそれほどでもなかった2012年の日産でしたね。

投稿: アクシオム | 2012年11月19日 (月) 00時00分

「捨てグルマ」、ただ、ラインナップを埋めるためだけに存在する車。
エコロジーだのサスティナビリティだの言いながら資源を無駄遣いしてるのはなんなんでしょうangry

こんなドンガラだけ変えたり、どこかの市場のついでに作ったモノを売ろうなんて、普通は「そんなもの買わない」となるところ、「日産だから」と買う人がいる。 どう考えてもバカにされているのに気がついていないのは本人だけだ。 日本は他国が一業種・一代理店と広告をするにあたってのルールを作っているのを”真似しない”稀有な国ですが、全く広告代理店にとって都合の良い国民だと思います。テレビ・新聞がまだまだ大きな影響力をを持ち、ニュースや広告に疑いをも持たないで信じてしまうその初心さは、10歳程度の少年のよう。

スズキや、三菱の軽もコマーシャルで「日産の軽」と言われれば、「日産が軽を出したんだ~」と納得。新興国向けの車も、新型と付けば新型ラティオと納得。 これは、ラティオの問題ではなく、受け取る側の人間に問題があるのです。 なんでも、すぐ解った気になるのは止めよう、わかり易さの裏には何かあるぞと考えなければ簡単に風に流されてしまうのです。
ラティオはその車自体より、何も思考しない日本人を想起させ不愉快にさせるクルマなのです。

投稿: ぷじお | 2012年11月20日 (火) 00時37分

日本での販売台数ではラティオはハッチバックの陰に隠れていましたからね、日本ではプライオリティを下げざるをえないのかもしれません。
でもやはり先代が創りあげたものを破壊している様にしか思えないのです。
ヴァーサ=ティーダ北米仕様が北米日産では最下級扱いで発売された時点で、これは始まってしまっていたのでしょう。

発展途上国ならこれで良いのかもしれないけど、日本の個人では日産との付き合いが相当深いおじさん以外誰が買うのでしょう。
アジアではともかく、この程度で北米で朝鮮車を潰せるとは思えず。

>スズキや、三菱の軽もコマーシャルで「日産の軽」と言われれば、「日産が軽を出したんだ~」と納得。
あからさまに「日産」を強調しているのがイヤラシイですね。
海外メーカーはOEM車をどうゆう感じで広告しているんでしょうね。

投稿: llll | 2012年11月20日 (火) 20時31分

雑誌編集者の大変さが分かる車ですね、ゴーン体制で持ち直した日産もここまでなのかな?
最近元気になってきたホンダに負けちゃうよ

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2012年11月23日 (金) 19時04分

後席を広くしたいのは分かるんですがそれにしても酷いフォルムだ。タイヤが異常に小さく見えるのと後ろが長すぎて遠近感が狂う。顔は精悍なのにナマズのようなボディ、もうどうすればこのデザインに行き着くのか分からない。先代はきらいじゃなかったのに。

投稿: RY | 2012年11月23日 (金) 23時06分

さねさん

「技術の日産」の頃は熱心なファンが多かったんでしょうね。それはいまだってニスモやオーテックのファンに引き継がれていますよね。技術とセンスがようやく噛み合う・・・と思ったらこれです。

アクシオムさん

ゴーンさんを筆頭に海外市場の「読み」が巧いんでしょうね。中国で成功したのもそうでしょうし。でも、それによってつまらない商品が出てきてしまっては本末転倒です。GT-Rがあればいいってもんじゃないし。しかしシルフィにSハイブリッドは仰るとおりですねー。

ぷじおさん

そうなんです、ユーザーの問題。全然第三じゃないのに「第三極」なんて報道に流されたりするんですからもう・・・。それにしても主要マスコミの自民圧勝報道は凄まじいですね。よっぽどいいことがあるんでしょうね。

llllさん

コンパクトセダンの市場がまったくないかは?ですよね。来年カローラにHVが載ったらどうなるか? 要はいい商品を作るという基本を貫くしかないんですけどね。

スズキの社員さん

いや、実際発表された新しいHVがフィット以外にも展開されたら、日産はマズイんじゃないでしょうか? もちろん、海外での儲けが大事なんでしょうけど。

RYさん

新興国など、何らかの市場調査によって生まれてくるんでしょうね。立派な顔とか、広い室内、アクセントの強いサイドボディとか、そんなのを全部集めたんじゃないでしょうか? 日本は「ついで」だからOKということで。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年11月25日 (日) 16時21分

永年の日産ファンで、現在はスカイラインV36セダンに乗っています。
皆さんがおっしゃるように、(ティーダ)ラティオは悲惨なデザインです!こんな形の製品を販売するならば、マイナーチェンジでティーダ・ラティオを磨き上げた方が遙かにましでしょう。初期のプリメーラのようなデザインセンスはどこへ行ったのか?
日産の経営者が、またおかしくなってきた現れとも感じています。どこへ行くつもりなのか・・・・・日産は!

投稿: ひげさん | 2012年12月 2日 (日) 22時30分

  新しいラティオのデザインは悲惨です。
  知人が5年経ったティーダを買い替えたいと言っていますが、間違えてもこれは勧められません。なぜ、折角つかんだ客を大事にしないのでしょうか。
  ラティオの前のモデルは、太いCピラーに違和感を抱いていましたが、今となっては、前のほうがずっと良かったと思えます。

投稿: 旅好き406 | 2013年1月24日 (木) 00時08分

ぶっちゃけラティオがまだ売ってた(しかもモデルチェンジまでして)というのに今日はじめて気がついた
俺ってカーマニアのはずだったのに…

投稿: CRF450R | 2014年5月 2日 (金) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/47885213

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・ラティオ:

« 雑誌記事:デザイナース・インタビュー「スバル・フォレスター」 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・N-ONE »