« 新車心象風景:日産・ラティオ | トップページ | Drive My Car:長野ツーリング@軽 »

新車心象風景:ホンダ・N-ONE

None

 頑張ってまとめたなあ、と思う。

 自社の名車をリバイバルするにしても、ホンダ・Zのように相当適当なやり方をすれば自ずと消滅してしまう。今回はその轍を踏まないようにしたのかな、なんて。

 そのZと大きく違うのは、N360のキュートなイメージを再現させるべく、デザインから入ったと自ら公言しているところかと思う。エクステリアにしろインテリアにしろ、まずカタチや色から入った。で、そのまとめ方がなかなか巧かったのが、まずは成功のきっかけかと。

 もちろん、一気加勢のNシリーズとして、本気で軽市場を「取りに来た」タイミングだったのも成功の前提だろう。時間も手間も、もしかして資金もそれなりに使える幸運があったのかもしれない。N BOXが徹底した機能性なら、こっちは徹底した感性勝負というように。

 けれどもだ、先代ムーヴがそうだったように、よくできていればいるほど、軽規格に収まっていることの「足かせ」感が拭えないのは、これまでのここでの話と一緒なんである。

 高速巡航可能なターボをカスタム(プレミアム)だけに限定しなかったのは見識だけど、しかしそのターボが1.3クラスからの「ダウンサイジング」というふれ込みは結構苦しい話だ。より低回転から作動するセッティングはいいとしても、それはいわゆるダウンサイジングとはまったく違う。燃費数値だってNAより低いしね。

 もちろんNAにも特別な魔法が掛かっているわけじゃなくて、N BOXと同じロングホイールベースの安定感は事実としても、やっぱり軽以外の何物でもなんである。

 いや、ちょっと悪趣味なプレミアムのインテリアを除けばデザインも作りも文句はないんだから、このまま大きなエンジンを積んだ「リミテッド」シリーズを展開してくれればいいんだと思う。

 ホンダは海外ショーで1リッター・ターボエンジンを展示したけれど、もし直噴化された”本当の”ダウンサイジングエンジンを載せてくれれば、それこそファーストカーになり得る動力性能を持つだろうし、もしかしたら燃費だって軽ターボを凌ぐかもしれないでしょう?

 もちろん、サイドエアバッグの標準化や自動ブレーキシステムなど、上級車としてさらなる装備の充実も並行すればより商品性は上がると。当然価格はそれなりにアップするわけだけど、そもそもそういう高付加価値商品として耐え得る資質をこのNーONEには持たせたわけだからさ。

 維持費を筆頭に、基本は軽規格を望むユーザーがメインになるんだろうとは思う。それはそれでいいじゃないか。けれども、どうせ輸出ということになれば似たようなことになるんだろうから、国内にも軽規格を越えた展開が欲しいと思う。

 ほら、日産パイクカーの中でいちばんの長生きであるフィガロだって、丁寧な作りはもちろんのこと、1リッター・ターボという「現実的な」心臓を持っていたのが商品性の維持を支えたとも言えるでしょう。そうすれば、20年経っても人気の刑事ドラマで使えたりするわけだし。

 取りあえず軽でナンバーワンを目指すホンダの計画は順調だ。けれども、商品によってはこの規格だけに収めるのはやっぱりどうかと思う。N BOXとN-ONEには明快なコンセプトの違いがあるけれど、そういう高付加価値を持つクルマとしては新たな市場を失うような気がするんである。

 もちろん、これは今後予定されるビート後継車にもきっと同じことが言えるんじゃないかと思うけれど。

|

« 新車心象風景:日産・ラティオ | トップページ | Drive My Car:長野ツーリング@軽 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

N-ONEは見事に売れているみたいですね。一度試そうかと試乗に向かいましたが仕事が入って乗れませんでした。
660のターボが1.3リッタークラスのダウンサイジング…それを言うのであれば、排気量的にはフィアットの0.9リッター2気筒のツインエアくらいないと微妙かなとも思いますが、VWのUP!の3気筒エンジンの音質、振動面を考えればよっぽど660ターボの方がマシかもしれませんよ。(もちろんツインエアの方がもっと騒がしいですが…)
それこそ、軽の規格がなければ真っ当なダウンサイジングになったことでしょう。
軽の乗用車系をNシリーズでデザイン、商品力的に刷新したのなら、できれば営農用のアクティシリーズも同じ手法で刷新してくれれば仕事だって少しは面白くなるのに。耕運機にガスボンベを使うホンダですから、やればできるのに。
ちなみに「相棒」のフィガロ、英国趣味の右京さんからするとホントなら「刑事貴族2&3」で本城刑事が乗っていたバンテンプラ・プリンセスノ方が似合いますが、まぁ新車発売時に英国でも中古車が売られていたということでヨシ!としましょう。

投稿: アクシオム | 2012年11月25日 (日) 20時18分

こんばんは。最近寒くなってきましたが、ホンダは熱いですねHV専用?みたいですがDCT作ったみたいだし。NワンクラスにもDCTにして、ホンダさん。新たにCVT作って投資、回収は企業の理屈…たまには少数意見きいてよ!熱くなり失礼。カワかっこいいスタイル、機能も犠牲にしないパッケージ…売れる訳だなぁ。でも自分としてはNワンにそんなに凄い興味もてないのは、お決まりのCVTに軽自動車規格の是非はおいといても、新世代ホンダの軽自動車車体、エンジン。けど結局、他社製品と同じホンダ軽自動車バリエーションの一つ…。すぎもとさんのおっしゃるとうり、ダウンサイジングターボで凄い燃費と高トルク両立してるわけでもなく、せめてDCTでだしたなら興味持ったかもな他軽とは明らかに違う車になっただろうし… すると最後は軽自動車規格議論になっちゃうんだよなぁ。そりゃ税金など考えたら軽自動車にしといた方が売れると思います。自動車って高いし、維持費大変だし。でもNワンが軽規格に縛られず理想的な技術者の描く車作りなら、世界の人々が、これだよこれ!望んでた小型車は!になってたら初代Nッコロ?もよくやった二代目だお前は…てことに。なんないか?(笑) 日本専売軽自動車で他とほんのちょい新しいスタイル、パッケージ凄いで売れるだけじゃ興味薄いなぁどーしても… 最近軽自動車の燃費表示争いもそうですが、井の中の蛙とゆうか、運転の仕方で変わるぐらいの差なら楽しく走れるDCTとか新世代多段ATにしないと、まあCVTでも楽しいならOKですよ。軽自動車だけの問題でないですけど、普通車も燃費基準や減税達成の為海外仕様車とエンジンバリエーションから違い、装備は省かれコストダウン?… 少しの数値上の低燃費が車の存在意義みたいな日本仕様や日本専売車。乗って楽しく着いて何をするか?海外では純正ヒッチメンバーあるのに設定無いとか…エアロとかもういいです。牽引してマリンスポーツ、キャンプとかメーカーが追求しないと、特にSUVは。低燃費は当たり前で+αがないと自転車にリヤカーでしょ最後は…。 新技術のぶつからない車技術の前に、フロントワイパー熱線とヘッドライトウオッシャーはスバル車以外は、日本じゃあまりにも設定なし…視界確保がまず最優先でしょ!なんだかなぁ…Nワンはまあ軽じゃ頑張ってますねぇ。日本仕様車種もう日本じゃ売れないからCセグ以上は…高くしていいから海外仕様と同じでよろしく!

投稿: さね | 2012年11月26日 (月) 03時10分

このN-ONE、久々に所有欲を満たしてくれる存在かもしれない!

これが、サイズ・排気量の縛りがなければ、日本の「MINI」になる素材だったのではないかと思うたび、軽規格か悔やまれます。プレミアムな軽を目指すのは良いのですが、プレミアムな小型車自体存在しない日本車では、「MINI」まではいかなくても丁寧な作りの内装・外観の作り込み、豊富なエンジンラインナップで、アクアやプリウスを駆逐するコンパクトカーができたように思うし、N-ONEはそうなる資格があると思います。

他社がなかなか日本車の過去の遺産をうまくリメイクできない中、ホンダはこの車でやってのけた。 これは素直に嬉しいことです。
「MINI」が無様な姿でBMWからやってきたのとは違い、こちらは正当な後継者であることも嬉しいところ。 ブクブクに太った「MINI」に比べこちらには「素」の良さがある。ぜひ、企画の方、もう一仕事お願いしますよthink、これを海外でただのシティコミューター的に売るのはもったいない。クルマは出た時がゴールではありません。久しぶりに日本車もいいでしょ、と、思える一台に育ててくれると嬉しいなぁ。

投稿: ぷじお | 2012年11月26日 (月) 22時42分

またまた度々すみません。Nワンを見て言いたかったことがあるんです。あの個人的意見なんで、気にしないでください。フィアット500やザ・ビートル、BMWミニなどリバイバル物?Nワンもそうですが…メーカーが企画してリバイバルデザイン?は、ファンもいっぱいいますし言いにくいですが、勿論魅力的ですよ。でもこんなんがカッコイイんだろ、欲しかったんだろ!みたいな車はどうも受け付けないんです。BMWミニにしても走りから性能、全てオリジナルより優れ物なのはわかりますが、オリジナルはどれも当時画期的なパッケージ、メカニズムで構成された最先端な車でカッコイイ車だったはず。今のNワンにしても、BMWミニにしても、ビートルもカッコイイですけどね。別に好きな人は買って幸せならいいんです。街に走ってくれるほうが、プリウスだらけよりいいです。でも自分的には…興味どーしても湧かないし買わない。画期的メカニズム、パッケージに凄すぎな超モダンデザイン解釈でデザインぱっと見違って名前同じでもよく見たらデザイン正当な後継者じゃん!なら考えますが。あとメーカーが若者向けに受ける車作りました~こんなんがいいんだろ若者は!みたいなのも、その時点で駄目なんです何故だろ?押し付けがましいし、そんなの望みじゃねえよ!と言いたくなる。例えばbBとか…例えそれが物凄いいい車でも。 天の邪鬼なのかな? だったらまだシトロエンのDSシリーズのほうが万人に受けようが受けまいがメカニズムは普通でも、モダンデザインで当時DS作った人ならきっと、現代ならこうデザインだ!とゆう方が心惹かれます。あくまで趣味の問題なので、Nワンとかを否定してる訳ではないので。ところで軽自動車にもヘッドライトウオッシャーやフロントワイパー熱線付けるべきだ。 視界、ちゃんと装着できるシートベルトこそ安全の基本。シートベルトアンカーない車は売るな!と思うんですが、ハイしつこいですね(笑) でもチャンスあれば言います。日本は四季があり今日も雪国で視界が悪く踏み切りに突っ込んだ事故報道ありました。海も山もレジャーもそうですが最近の日本人、自然を舐めすぎかなぁ。関係ない話で終わりますが、そう思う今日この頃です。そうゆう意味では、スバルだけは真面目に安全を考えてるなあ、デザインは?だけど個性的メカ事態安全に貢献なのも凄い、(OEM除く)国産車の中では。まあ世界には安全、走りも上には上いるからな…。

投稿: さね | 2012年11月27日 (火) 19時26分

アクシオムさん

ダウンサイジングは「ダウン」ですからね。勝手に1.3を想定して・・・って言っても軽は660ですから(笑) まあ、メーカーのプレスを鵜呑みにしてそう書いてしまう雑誌もだらしないですけどね。
フィガロは輸出先の英国で評判だったので・・・という起用らしいですよ。

さねさん

押し付けがましいのと「主張」は紙一重かもしれませんね。N-ONEはモチーフがあって非常に明快な商品企画を行ったわけですけど、問題は本来すべてのラインナップがこのくらい明快な企画に基づくべきということだと思います。そうじゃないなら作らない。そういう意味でこのクルマが浮いて見えるのかもしれないですね。

ぷじおさん

そうですね。本文にも書きましたが、メインは軽でいいと思うんですけど、展開をお願いしたいですね。インテリアも独自にすれば一定数は売れると思いますよ。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年11月28日 (水) 09時35分

本当は、一番体力がある会社こそやるべき事だと思いますが・・・

趣味性の高いクルマを作るとスポーツカー!?になってしまう感性ですからねぇ。 どことは言いませんが。考えが古臭いです。
ホンダには、N-ONEのホットバージョンも作って欲しい、もちろん軽ではなくちゃんとした体格で、happy01ですけど。

投稿: ぷじお | 2012年11月29日 (木) 21時39分

田舎で軽は実用車。都会的感覚とはちょっと違う。
で、趣味生の高い軽、というのは家族の少ない若者の足か、
ミニバンをメーンに使う家族の2台目、ということになる。
この僻地ではN-BOXはよく見るが、N-ONEにはお目にかかったことがない。
懐古趣味がそんなにいいかな。N360を覚えてる人はなつかしいだろうけどさ。
ジャンボーグナイン仕様とか、出してくれないか(車種が違う?)

ステップバン再来のステップワゴンから20年ぐらい?
ちゃんとドジョウの2匹目がいたのは、慶賀すべきことだ。
ついでにシティの再来も出してくれないか。ぜひとも、ターボで。
にちもさっちもどうにも、名前は「ブルドッグ」で決まり。

投稿: 優 路 | 2012年12月 3日 (月) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/47972935

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・N-ONE:

« 新車心象風景:日産・ラティオ | トップページ | Drive My Car:長野ツーリング@軽 »