« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

新車心象風景:ホンダ・N-ONE

None

 頑張ってまとめたなあ、と思う。

 自社の名車をリバイバルするにしても、ホンダ・Zのように相当適当なやり方をすれば自ずと消滅してしまう。今回はその轍を踏まないようにしたのかな、なんて。

 そのZと大きく違うのは、N360のキュートなイメージを再現させるべく、デザインから入ったと自ら公言しているところかと思う。エクステリアにしろインテリアにしろ、まずカタチや色から入った。で、そのまとめ方がなかなか巧かったのが、まずは成功のきっかけかと。

 もちろん、一気加勢のNシリーズとして、本気で軽市場を「取りに来た」タイミングだったのも成功の前提だろう。時間も手間も、もしかして資金もそれなりに使える幸運があったのかもしれない。N BOXが徹底した機能性なら、こっちは徹底した感性勝負というように。

 けれどもだ、先代ムーヴがそうだったように、よくできていればいるほど、軽規格に収まっていることの「足かせ」感が拭えないのは、これまでのここでの話と一緒なんである。

 高速巡航可能なターボをカスタム(プレミアム)だけに限定しなかったのは見識だけど、しかしそのターボが1.3クラスからの「ダウンサイジング」というふれ込みは結構苦しい話だ。より低回転から作動するセッティングはいいとしても、それはいわゆるダウンサイジングとはまったく違う。燃費数値だってNAより低いしね。

 もちろんNAにも特別な魔法が掛かっているわけじゃなくて、N BOXと同じロングホイールベースの安定感は事実としても、やっぱり軽以外の何物でもなんである。

 いや、ちょっと悪趣味なプレミアムのインテリアを除けばデザインも作りも文句はないんだから、このまま大きなエンジンを積んだ「リミテッド」シリーズを展開してくれればいいんだと思う。

 ホンダは海外ショーで1リッター・ターボエンジンを展示したけれど、もし直噴化された”本当の”ダウンサイジングエンジンを載せてくれれば、それこそファーストカーになり得る動力性能を持つだろうし、もしかしたら燃費だって軽ターボを凌ぐかもしれないでしょう?

 もちろん、サイドエアバッグの標準化や自動ブレーキシステムなど、上級車としてさらなる装備の充実も並行すればより商品性は上がると。当然価格はそれなりにアップするわけだけど、そもそもそういう高付加価値商品として耐え得る資質をこのNーONEには持たせたわけだからさ。

 維持費を筆頭に、基本は軽規格を望むユーザーがメインになるんだろうとは思う。それはそれでいいじゃないか。けれども、どうせ輸出ということになれば似たようなことになるんだろうから、国内にも軽規格を越えた展開が欲しいと思う。

 ほら、日産パイクカーの中でいちばんの長生きであるフィガロだって、丁寧な作りはもちろんのこと、1リッター・ターボという「現実的な」心臓を持っていたのが商品性の維持を支えたとも言えるでしょう。そうすれば、20年経っても人気の刑事ドラマで使えたりするわけだし。

 取りあえず軽でナンバーワンを目指すホンダの計画は順調だ。けれども、商品によってはこの規格だけに収めるのはやっぱりどうかと思う。N BOXとN-ONEには明快なコンセプトの違いがあるけれど、そういう高付加価値を持つクルマとしては新たな市場を失うような気がするんである。

 もちろん、これは今後予定されるビート後継車にもきっと同じことが言えるんじゃないかと思うけれど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新車心象風景:日産・ラティオ

Photo

 何て言うか、とても無力感に襲われるクルマなんである。

 お金がないなりにも、デザインの工夫と丁寧な作りで成功した初代。ハッチバックメインの欧州市場には3ナンバーの正当な後継車が投入され、国内はノートの”メダリスト”に統合なんて具合になった。

 一方、ラティオの正当な後継はどうも見当たらず、ハッチ同様3ナンバーということなら、次期シルフィあたりが欧州市場でその役を担うのかもしれない。で、とりあえず国内は中国版サニーをラティオとして持ってきたと。

 マーチ同様新興国中心の世界戦略車で、基本同一の貧相なインテリアがそれを示している。「コンパクト・ミーツ・ラグジュアリー」というコピーは少々恥ずかしかったけれど、しかしまあこれだったらいいんじゃない?と思わせた初代のセンスやこだわりは、もはや微塵も残っていないんである。

 毎度親切な日本の雑誌メディアでさえ、ほとんど「ついで感」が拭えない扱いだから、日産セダン特有の滑らかなルーフラインがアメリカや新興国で人気などと言われても、おかしなグラフィックや中途半端なキャラクターラインで、すべては台無しにしか見えないんである。

 けれども、そんなことは当の日産がいちばん理解しているわけだ。だから、異常な円高による海外への生産移管や、慢性的不況の中で、日本市場はコスト最優先の戦略車で十分だろうし、そういう経済・経営事情を前にして初代がどうのこうの言ってる場合じゃないという主張も、それはそれで十分理解できる。

 しかも、ラティオについては法人需要が多くを占めるとかで、作りだのセンスだのは尚更不要という感じみたいだ。それだったら中国版サニーでも、ビジネスグレードとしてはもう十分過ぎるくらい、なんてね。

 いやいや、そんなことでいいのか? そんな日本市場軽視はけしからん! と言いたいところだけど、しかし実際ノートは目標販売数の3倍に達する勢いで、もう絶好調なんである。ティーダからの乗り替えがどの程度かは分からないけれど、日産コンパクト久々のクリーンヒットになりそうな気配だ。

 これで、スーパーチャージャー版を除いた1.2リッターエンジンに特化するラティオが営業車として従来とおりに売れれば、実質後継車をなくした日産としては作戦成功なわけだし、ユーザーもまた満足なのかと。

 まあ、そういうことなあんである。民度以上の政治家は生まれないことを実感するいま、民度以上の商品も生まれないと。いや、日産はしっかり計算してのことだから、こっちの場合は偶然じゃないんだけど。

 日産V字回復を担った一連の良品として、新しいデザイン感覚と丁寧な作りで独自の魅力を作り出したティーダとラティオ。ついこの前まであったその貴重な実績が、国内市場ではいとも簡単にリセットされたからといって、特段支障はない。メーカーにとっては大した財産じゃなかったし、ユーザーにとっても見る目を育てるものじゃなかった。

 原発にはノーと言ったのに、次は自民安倍政権確定という報道に流される国民=ユーザーが、ティーダがノートになったと言われれば「なるほど」と納得してしまっても、まあそんなもんかと。もちろん、ついで感全開の中でさえ、「確実に質感が上がった」などと言ってのける雑誌メディアも相変わらず、だ。

 そういう巨大な底割れ方向に、途方もない無力感が襲ってくる。

 直接的には日産が売り出した商品の話とはいえ、しかしメーカーだけが一方的におかしいんじゃない。だからこそ問題は根深いんだろうと。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイナース・インタビュー「スバル・フォレスター」

Photo

 デザイナーズ・インタビュー。今回はスバルのフォレスターです。

 発表会は火曜日でした。比較的大きなホールを使って、結構大々的な演出のものでした。白い布に覆われたボディにプロジェクターの映像を映し込む手法は、最近の東京駅のお披露目によく似ていましたね。

 前回にも書きましたが、実車のお披露目が始まると、評論家諸氏は比較的早々に引き揚げてしまいます。そもそも、雑誌で見かけるような有名諸氏はそれ程多くないし。

 今回も、自分が20分程のインタビューを終えると、ほとんど誰もいなくなっていました。やっぱり、評論家氏にとっては試乗会こそが本番なんでしょうね。まあ、僕は呼ばれませんけど。

 ただ、今回驚いたのは、スバルの広報の方に名刺を渡したところ、「ああ、お名前はよく存じております」との返答があったことです。え、何で自分なんかのことを? 社交辞令? 本当に知られていたら逆にチョット怖いな、なんて・・・。

 それでは、今回も下記ニフティサイトからお願いします。

 (ニフティ・自動車サイト)

http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雑誌記事:XaCAR 12月号発売

12

 『XaCAR』、12月号が発売になりました。

 今月号のデザイン連載のお題はトヨタのオーリスです。

 新しいトヨタの顔と、アルファなヒップをウリにするオーリスには、「今度はなかなかいいじゃん」という声が結構聞かれます。この巷の評価はどうなのか? 今月号もしっかり前澤氏に語ってもらいました。

 お時間がありましたら、書店にてお手に取りください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(ホンダ・N-ONE)

Photo

 発表会上でのデザイナーズ・インタビュー。久々の今回はホンダ・N-ONEです

 もう先週になりますが、今回の発表会はいつもの青山ではなく、六本木ヒルズのアリーナで大々的に行われました。何しろ、かつての名車N360のヘリテッジを公言するホンダ渾身の新型車、発表会にも力が入ろうってものです

 なんですけど、開発担当者からの解説15分、質疑応答15分と、室内での解説は実にあっけなく、あとの時間は屋外での派手な実車発表セレモニーに費やされました。

 発表会は毎回行っているわけではないので、たまに行くととても新鮮な気持ちになります。今回も、質疑応答時間に、隣に座っていた有名評論家のM氏から「軽の安全装備充実と、軽規格の見直しは?」という質問がありました。

Photo_2

 新鮮だったのは、ホンダの司会進行から「いつもながら鋭い質問ありがとうございます」という返答があったことです。安全装備やら規格の話はそれ程珍しい内容ではないと思うのですが、「いつも」ということですから、会場での氏はそういう怖い”役回り”になっているんでしょうね。もちろん、それはそれで必要な役柄だと思いますけど。

 その他は大手新聞の、いかにも経済面的な質問がほとんどで、まあこれが今晩のTVと翌日の新聞に載るんだろうなという内容です。つまり、新車発表会ではクルマ自体についての専門的な質疑、やり取りはほとんどないんですね。まあ、そういうのは別途個別、あるいは試乗会で・・・ってことなんでしょうか? 

 それでは、インタビューは下記ニフティ・サイトにてご覧いただければと思います

(ニフティ自動車サイト)

http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »