« 雑誌記事:『XaCAR』11月号発売です | トップページ | Drive My Car:信州温泉ツーリング »

新車心象風景:VW・UP!

Up

 UP!の登場は、日本のメディアやユーザーをそれなりに試すことになるんだと思う。

 その雑誌メディアはとりあえず絶賛モードだ。シンプルだけど新しいスタイル、丁寧に仕上げたインテリア、静かなエンジンに卓越した高速性能、手抜きのない安全装備に戦略的な価格設定。

 黒船襲来といった表現も珍しくなく、どの媒体もほとんど諸手を挙げた状態なんである。中には「何という走行性能か!」なんて感嘆を表現する評論家氏もいて、なかなかホットな状況だったりする。

 けれどもだ、ここで「らしい」のは、同時に新しいワゴンRも絶賛だし、ノートだって大評判、ミラージュもいいネ、というところなんである。それどころか、雑誌によってはこちらの方が誌面を広く割いていたりするくらいに。

 まあ、表現とおりに考えれば、本当に「黒船襲来」だったらワゴンRもノートも撃沈なわけだ。何たってクロフネだから。けれども、「UP!に比べてあまりに安っぽいノート」とか、「ワゴンRは高速性能で足下にも及ばない」なんてことはほとんど書かれない。感嘆したって書かない。

 ま、言うまでもなく、これはこれ、それはそれ、ということなんだろう。UP!は素直にすごいと書くけれど、ノートやミラージュの場合は一転日本車モードで書き、ワゴンRは軽モードで書くと。それを本気で比較したり、本気で語ることは絶対にない。あくまでも”緩く、温く”であって、結局「黒船」が来ても日本のメディアは変わらないと。

 一方、ユーザー側はどうだろう。

 先日、前澤義雄氏と連載記事の取材をしているときに、「UP!が日本で売れたら革命になる」と氏は語っていたけれど、省燃費・低価格が蔓延するこの市場で、僕ら日本のユーザーはUP!に相応の価値を見出すことはできるのだろうか?

 いや、180万円出すならアクアを選ぶことに何の不思議もない。パワーウィンドウがまとめて操作できなかったり、リアの窓が下がらなかったり、あるいは自動MTがギクシャクしたりなんてわかりやすい弱点も少なくない。

 けれども、その中のたとえば2割のユーザーがUP!に興味を持つのかどうか、だ。月に5000人のユーザーが「黒船」の存在に気づき、それがなぜクロフネなのかを理解するのか?

 ま、ポロの成功という前例があるのだから、きっとある程度の成功は見込めるんだと思う。ただ、それがこのコンパクトカー王国で大ヒットにつながるのかはまだわからない。もちろん、クロスやGTといったバリエーションが揃うことも重要な条件だろうし。

 ボディも走りも安全装備も、基本をしっかり作り磨き込んだ、少々不便なクルマ。基本や安全装備はそれなりだけど、飲み物やティッシュや買い物袋が巧いこと収まり、何でも自動で便利なクルマ。

 原発にはノーと言いつつ、次は安倍首相確定とか維新の会分裂なんてTV報道に容易に流されるデタラメな国民性だ。そうして省燃費という「風」にコロリといったユーザーに、どちらがいいクルマかなんていう選択は酷なのだろうか。

 いやいや、そもそもそんな安易な正否は語れないという独特の空気や、あるいは「選択肢は多い方がいい」というありがちな肯定論がまだあるとすれば、それこそがいちばん問題なのかもしれないとも思う。

|

« 雑誌記事:『XaCAR』11月号発売です | トップページ | Drive My Car:信州温泉ツーリング »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

up!に試乗した評論家の方は「ATが気にならなければ、いい車だと思います」と言っていました。明らかに日本の道路環境に適していないATを載せておいて「いい車」になるはずがないと思うのですが。ヨーロッパのように渋滞が少なく、郊外路の整備された国ならば、ダイレクト感や燃費の良さが生きるかもしれません。でも、残念ならが日本はそうじゃない。日本メーカーは手持ちのディーゼルがなければ、ヨーロッパ販売分については他社から購入して載せています。VWはATについてなぜそれをしないのでしょう。ヨーロッパのジャーナリストは日本車に対して「日本では小型車にディーゼル普及していないから、ヨーロッパで販売しないのはしょうがない」と言うでしょうか。自動車ジャーナリストが「好き者」だけを相手にしているならば、価格や明らかな欠点を無視することもいいでしょう。しかし、この価格帯の自動車は「普通の人が買う消費財」という一面を無視して語ることはできないはず。up!の4ドアは168万円で、ほぼ同じ装備のスズキのスプラッシュは128万円。小型車にとっては小さくない40万円を納得させる何かがあるのか、その視点が少なすぎると思っています。自動車ジャーナリストは、さして車に興味のない人にその価格差を納得させることができるのでしょうか。「商品としての自動車」に対する「厳しい目線」があるからこそ「文化・趣味としての自動車」が生きると思うのです。あらためて三本和彦さんは偉大だったなぁと。

投稿: ネコ | 2012年10月14日 (日) 23時38分

先日カングーを車検に出して、国産の「NV200」なるものを代車にあてがわれた。
乗りたくはなかったが、しかたなく運転してみた。
なかなかいい、とはお世辞にも言えない。一言で言えば「非人間的」だ。
給油口は下の方にあり、中腰で給油しなければならない。
よく言えば「足腰の鍛錬」になり、普通に言えば「疲れる」。
運転席や助手席のレイアウトは窓寄り。運転してると肘がドアに当たる。
ハンドルはアシストがよく効いているのだろう、力を入れなくてもくるくる回る。
運転がうまそうに思えないおばさん(とその予備軍)やじいさん(とその予備軍)たちが妙に「鋭角」に車を動かすのは、このような軽過ぎるステアリングの「おかげ」かもしれない。
返すときに、感想を一言だけディーラーの人に言った。
「なんでこんなものがNYのタクシーに選ばれたのか、分からない」
まだまだカングーに乗り続けなければ、と思った。
2010年越えの国産でも、2005年のフランスに及ばない。
サッカー以上に、実力差がありそうだ。
(ただし安グルマ同士の比較)

投稿: 優 路 | 2012年10月15日 (月) 03時48分

プジョー208の時にもふれましたが、AMTでは日本では不安だな… プジョー208はもっと趣味的要素満載なので少なからずコアな車好きな人が買ってくれると思うし、それでいいと思います。一般的にクラス的にはもうちょい下で安いプライスの黒船になるやも知れないVWupには安い4ATでもいいんで、機械的に可能ならラインナップにいれて欲しかったなぁ。VWupの魅力が多少歪んでも。車ギクシャクするとかきしみや、エンジンやタイヤノイズなど音に異常に過敏な、世界でもかなり運転下手な我が国の日本人だけに。ダイレクト感覚大好き運転上手な人用にAMTやMTは選べて、一般向けには可能なら4ATなり多段ATを選べるようにしとけば、10万円ぐらい高くても買いやすくまさしく黒船になってくれるだろうに…残念。車自体は国産車とは別次元なんでしょうきっと。燃費が2、3キロ落ちても十分燃費いいんだし。今からでもラインナップにいれてくれたら日本車も変わるだろうなぁ。そうなると、ついでに軽自動車の企画も変わるかも? マスメディアの問題は過剰なまでの燃費よくなきゃ車じゃない報道なり、世論誘導がこの国の詐欺燃費表示や車作りに多大な損害を与えてると思います。ゆわれるとうり提灯記事にも問題あり。でも生活かかってるからな…なんてゆう人はジャーナリスト辞めて違う人生を歩めばよいし、本当に誉めてるならジャーナリズム終焉かな? 自動車関係だけでなく、記者クラブなるものが存在して政治家と仲良し倶楽部があるのもなんだかなぁ。YouTubeで東日本大震災の時に、大手の記者達が隠し取りされてるのを知らず福島原発の取材の合間に、待機室で笑って爆発したりして~アハハと笑ってました。 もう終わってるな少なくとも新聞、TVは。厳しい意見でしょうがこれが一般的な日本人のジャーナリズムに対する見方です。 にしてもup惜しい!今からアイシンなりジャトコと交渉して真の黒船になってほしい。きっとこれからですねVWupは。

投稿: さね | 2012年10月15日 (月) 05時56分

評論家が無責任に全部ほめちゃうから、結局買う時には選ばない人は付き合いの有るセールスのお勧め車なんでしょうね。
選ぶ人は値段とサイズが合う車を試乗して自分で選ぶし。

UP!は今此れ乗るのがオシャレとか、賢いとか定番に成らなきゃ売れないでしょ。
ブームが起きなきゃミニに負けるんじゃないかと、だってスプラッシュよりバッソ、ブーンやマーチの方が沢山走ってる国なんだし。
スイフトもそんなに大量に走ってないし。

投稿: B.Y | 2012年10月15日 (月) 09時07分

う~ん、結局黒船来襲と宣伝したところで、実のところ売れるタマが限られていることに行きつくのですが…価格は確かにいいところ付いてますが、結局タマが揃って台数が売れなきゃ国産車の販売に影響を及ぼすことはできないのですから。
あと、おなじコンパクトサイズだからといって、国産の同じサイズの車と同列に比較するのも結構違うような気がします。
そもそもヨーロッパの市場環境と日本の市場環境は違うし、up!が適合する市場はヨーロッパや途上国であって、ゴルフやポロほどあっているとは思えませんね。
意外とフィアット500のツインエアみたいな乗り味で、結構エンス―っぽいクルマで、それが面白いというのであれば乗って損なし、お買い得となりますが…
AMTはそれほどぎくしゃくしてませんが、それ以外の部分は快適性に慣れた国産車ユーザーにとっては違和感を感じるはずです。
そこら辺まで突き詰めて評価したのであればいいのですが、安易な国産車との比較は適切じゃないですね。そもそも日本の市場環境自体、輸入車と比較するうえでフェアの市場環境とは思えませんが…
ちなみに今頼んでも来年だそうです。

投稿: アクシオム | 2012年10月15日 (月) 11時10分

日本の消費者は難しい。昔から言われていますね。
流行り物に弱いかと思えば意外と保守的だったり、横並びが好きな割にその中での小さな差異に妙にこだわったり。 現在の売れているモノは「お得感」と「安心感」があるものではないでしょうか? その点、up!は「安心感」は大丈夫そうですが、「お得感」は弱点でしょう。

しかし、広報の仕方次第でどうにかなるかもしれません。弱点をドイツの合理性や、「エコ」なんですよなんて一言付けるだけで「ま~わかってらしゃる」的な解釈をしてくれるかもしれませんし(笑)。
それと、未だに輸入車メーカー全体に言えることですが、上から目線(お客が望んでいるのも一因)をどこまで下ろせるかだと思います。CMに、久保田利伸・チャラを起用したのも「日本風」を少し意識したのだと思って見ています。

確かに、up!が日本で売れれば日本車は変わるかもしれないポテンシャルを持っているかもしれませんが、すぎもとさんが以前からおっしゃっている「こう言う車って日本が造る可能性があった」訳ですよね。スバル360や、シビック、軽自動車全体は、最初はこのup!みたいな発想から出来ていたはず、それが今は、肥大化・安グルマ・燃費偏重と、小さなクルマはいびつな形で現在に至ってしまったのは確かに残念です。 それと、デザインもおざなりにされていてティシューBOXを凹ませたようなデザインばかりに・・・。

先進国で日本ほどマスコミの信用度が高い国は無いと調査結果がありますが、AKBや、話題の本、プリウスの売れ方を見ていると本当なんだなと情けなく思います。 自分で思考することをやめてしまった人間が今の市場を動かしている日本市場は、結局、うまく騙した者勝ちなんですよ。

悲しいことに、本質はどうでもよくて付属品や装飾に価値を見出しているお客に総選挙やハイブリッドは相性抜群のようです。up!はアップルのように広告戦略で売れるか売れないかが決まると思います。今後どのような展開をするのか楽しみですね。

投稿: ぷじお | 2012年10月15日 (月) 16時19分

ユーザーもそんなに馬鹿じゃないと思います。
おかしいのはあまりにもジャーナリスト側が、メーカー寄りだからですよね、××自動車は不安定で危ないなど書いたら次の日から仕事ありませんよね、ユーザー側もわかってるから車雑買いません。
UDONに出ていたマーチの可愛かったこと、現マーチは売れてないですよね、ユーザーの目もしっかり開いてますよ。
話はup!ですが、VWは日本を見てないのでは?BMWと違いVWは、VWに合わせろと言ってるような感じがしていやです。

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2012年10月15日 (月) 21時10分

東北の片田舎在住ですが、近辺ではゴルフやポロがそこそこ走っているので
発売直後にUP!もすぐに路上で見かけるようになるだろう、と思っていたのですが意外や未だ見ません。
それではもうしばらくすると見かける台数が増えるだろうか..と考えてみても
案外そうなりそうには思えません。
寧ろこれから国内導入されるであろうニューゴルフのほうとたくさんすれ違うことになりそうな予感がします。

投稿: knock | 2012年10月15日 (月) 22時01分

UP!は燃費至上主義の日本車市場に風穴を開けて欲しいと車好きとしては強く願わずにはいられない。
もうほんとに日本のコンパクトカーがつまらなくてしょうがないし情けない。スイフト、スプラッシュぐらいしか走行性能含みで張り合えないんじゃないか?

投稿: RY | 2012年10月16日 (火) 01時41分

文章の使い回し失礼。

up!ってそれほどいいとは思えませんが。フロントバンパーは泥棒髭のよう、3ドアはサイドウインドウに余計な意匠が入っている。
リアゲートはボルボC30あるいはトヨタアイゴ/シトロエンC1/プジョー107の模倣。
前はシュコダ、後ろはセアトの姉妹車の方が余計なものが無くて良いのではないか。
安全性も装備が充実しているのは良いが、衝突安全性が抜きん出て良いわけでもないのはeuroncapのHP見れば分かる。

一方軽自動車は・・・ダイハツはシャーシーもボディも欧州車と互角にしっかりしている。
しかしイーステクノロジー以降はイーステクノロジーとしっかりしている部分がケンカしている様な印象が無くはない。
一方でブーンの様なトヨタが口を挟んだと思しきやつはどういうわけかどれもこれもひどい。
ホンダはフィットの土台はコーナーではまるでよじれるような感じなのに、何故か軽にはそれが無いどころか旋回性能優秀すぎ。
三菱はリソースが無い、あるいはマネーが無い中で必死にできる限りの事やっている印象。スズキは車種によってばらつきどころか差がかなりある。
スバルはメカニズム的には一番有利な筈なのに何故かそれを生かせていないというか車種によってばらつきが・・・と思っていたら撤退かあ。。。
日本の軽メーカーや商用車メーカーの狭いトレッドでも辻褄を合わせるノウハウはある意味驚異的だと思いますよ。それが良いか悪いかは別にして。

日本人はカタログスペック至上主義過ぎるので、エコ運転のプロしか出せない様な数値を記載するから実燃費との乖離が目立ってしまうわけです。
実燃費では10年前比では小排気量過給欧州車は確実に日本車との距離を縮めていますが、完璧に追い越してはいません。

投稿: llll | 2012年10月16日 (火) 23時19分

この車3ドアを後から無理やり5ドアにしたからおかしな車になったのですね

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2012年10月19日 (金) 20時34分

>そうして省燃費という「風」にコロリといったユーザーに、どちらがいいクルマかなんていう選択は酷なのだろうか。

選択はしているでしょう。
「どちらがいいクルマ」を決める基準が違うだけの話ですが、自動車評論家はそれに上下をつけて語らなければならないのでしょうね。
高速性能などより省燃費や便利なのが「いいクルマ」なだけです。
そりゃクルマに限らず国民はブログ主さんの思い通りには動きませんよ。

投稿: abcd | 2012年10月20日 (土) 18時50分

ネコさん

仰るとおり、評論家諸氏はそういうことが書けるのか? それを今回のコラムです。もちろん、ミッションがダメだからこのクルマはダメだ、ということならそう書けばいいんですよ。

優路さん

安いクルマこそ考え方の差が大きく見えてくるのかもしれないですね。しかし、商用車が使いにくいのでは致命的ですけど、ユーザー調査はしていると思うんですが、どうなんでしょう?

さねさん

ミッションについて想定内で出したと思いますけど、ディーラーからの声をどれだけ早く拾うかですね。少なくともMTは一緒に入れるべきでしたが、MTのないポロの好調に多少油断した部分は否定できないですね。
日本の大手マスコミが終わっていることは、事故なり事件なり、当事者にならない限り多くの日本人は理解できないと思います。

BYさん

月に何台売れればヒットとするかにもよりますけど、苦戦のマーチは3000台程度のことも多いですから、この辺になってきたら外国車として大ヒットだと僕は考えています。

アクシオムさん

日本市場ほど外国メーカーにとってアンフェアな国はないでしょうね。だからこそ、こういうクルマが出てきたときにどう扱うのかが重要になってくると思います。「違う種類」のクルマをどう評価するのか?

ぷじおさん

そうなんです。パワーウィンドウも自在で、カップホルダーも付いていて、快適なCVTが載ったup!を作れた筈なんですよね。黒船とか言ってないで・・・。

鈴木の社員・・・さん

VWが日本を見ていないとしたら、なんでこんなにシェアが高いんでしょうね。安いクルマがあるから? 誰でも知ってるゴルフのおかげ? 5ドアは同時開発なんじゃないでしょうか。

knockさん

そうですか。どうしてでしょう?

RYさん

販売上の風穴を開けるところまではなかなか難しいとは思いますが、何でこのクルマ(外国車)がそれなりに売れているんだろう? という話が出てくれば面白いですね。

llllさん

僕はエクステリアはいいと思っています。
仰るとおり、時代錯誤の軽規格ですら日本の技術力はそれなりのものを作り出します。だからこそ、規格を見直せばもっといいものが作れる筈なんですよね。それこそup!なんて足元にも及ばない。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年10月20日 (土) 21時18分

abcdさん

書かれていることは理解できます。が、それで何を仰りたいのかは?ですが・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年10月20日 (土) 21時25分

シェアが高いのは 始めにヤナセ、次にトヨタによる品質UP、VW努力したくわけでは無い、ただ長く日本で販売してるわりに日本の事情に合わせないのは
以前より不思議だなと思っていたので・・・
車について言えば運転はしたこと無いですが、同僚がゴルフⅠディーゼル、その後ゴルフⅡのガソリンと乗り換え、乗せていただいた事ありますので良い車なのは理解するのですがね。up!に関しては5ドアを後から無理やり作ったとしか思えない、5ドアの粗部分が3ドアならあまり問題ないし、IQより良い
*3ドアのup!は7月後半頃と思いますが赤が走っていた、違和感もなく良かった。

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2012年10月21日 (日) 12時47分

日本市場のどこらへんが外国メーカーにとってアンフェアなんですか?輸入車への関税はゼロですよ。
3ナンバー車が走りにくい交通インフラですか?国産車志向が強い国民性ですか?

投稿: llll | 2012年10月21日 (日) 18時55分

交通事情や嗜好の問題にフェアもアンフェアもありませんし、自動車評論家は日本市場を前提としない評価をすれば良いだけの話ですね。

市場の評価なら、単純に言えば売れるか売れないかしかありませんから、市場を離れてどう評価するも何もありませんな。

投稿: abcd | 2012年10月26日 (金) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/47452107

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:VW・UP!:

« 雑誌記事:『XaCAR』11月号発売です | トップページ | Drive My Car:信州温泉ツーリング »