« 新車心象風景:BMW・320d(仕様追加) | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』11月号発売です »

新車心象風景:プジョー・208

208

 1台のクルマにしてはいろいろなことを考えさせてくれるのが、今度の新しい208なんである。

 まず、ボディやエンジンのダウンサイジングは、昨今の欧州車の肥大化傾向を考えると賢明な判断だと思う。大きくなった先代207の発売後に、なんと206を一部復活販売するという掟破りに出た、その市場の反応に対応したんじゃないかと。

 もちろん、日本の5ナンバーにあたるVWポロの評判や、世界イヤーカーを受賞したUP!など、ライバルのダウンサイジング傾向が後押しになった面も十分想像できるけど。いずれにしても、高効率なパッケージングが欧州車の眼目と思っていた僕ら205な世代には、まあ納得の方向なんである。

 そして、内外装の質感の高さでは、またしてもクルマ作りの姿勢の違いを見せつけられた格好だ。とくにクラスレスな作り込みが素晴らしいインテリアは、昨今、ひたすらコスト重視で安物化に邁進する日本のコンパクトカーとはあまりに対照的で、日本て自動車新興国だったっけ?なんて思わせる。

 この辺、90年代には一時期追いつき追い越したと思わせただけに、こうした圧倒的な違いは相当残念な感じだ。歴史・文化・環境の違い、なんて話はもはや80年代に語り尽くされた。日本勢は、この2012年になっても「外国車は高価だから」という言い訳に終始するのかな?

 もうひとつ、エクステリアについては、もちろん作りそのものはいいんだけど、スタイリングそれ自体に関してはチョット?なのが208の面白いところだ。ノートのようにボールの軌跡を描いたワケじゃないだろうけど、アクセントとしておかれたボディサイドのキャラクターラインは「あ、いまやプジョーもこういう小細工やるんだ」という意外性を感じさせるんである。

 これは、ランプやグリルなどの細部にエッジをきかせる、新しいプジョーデザインの延長上に引かれたラインであることは理解できる。リアランプの凹形と、あたかも対称なイメージになっているのは偶然じゃなさそうだし。それでも、ここまでやってしまうのは「らしくない」と思わせるじゃないか。

 プジョー・シトロエン・ルノーと、フランス車を十把一絡げにするつもりはないけれど、ここ数年はどことなくとらえどころがないような気がしていた。「顔」は独自路線であっても、クルマ全体として何をしたいのかがどうもよくわからない感じ。

 それがここに来て、それぞれのメーカーが急激に仕切り直しを始めたように思える。効率的な機能を繊細でエレガントなボディで包み込む新しいプジョーの意図も、一連のコンセプトカーで十分理解はできた。最新モードを使っていながら、どこかよき時代のエッセンスを取り込んだ演出だ。パリでお披露目のGTIもその一環かと。

 けれども、コンセプトカーに比べてエレガントさがいまひとつ足りなかった508に続き、ちょっと表面に走り過ぎてしまった208と、どうもあともう一歩なところが惜しいんである。

|

« 新車心象風景:BMW・320d(仕様追加) | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』11月号発売です »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

○○6シリーズから○○7シリーズに変わるタイミングで内装は格段に質が上がりました。 208も内装はシンプルでクリーンなところに好感が持てます。別に凝りまくっている訳ではないですが最新の国産車が余りにも手を抜いているので良い物に感じてしまうんですよ。
輸入車は全体的にスイッチ類をいかに少なくするかに重点を置いているのではないですかね。 12年モノの406はオーディオを除けばエアコンのスイッチ位しかありません・・・coldsweats01。一時期ゴチャゴチャしていたドイツ勢も気がつけばスイッチを少なくしてきています。逆に日本車は未だにスイッチやインフォメーションが多い方が高級!?なのか、ちょっと過剰過ぎます。私は、3008の内装も良いと思いますよ。

それに比べてエクステリアデザインはかなり雑で、線が多すぎて装飾過多になっています。 3年ほど前のデザインスタディから要素をたくさん落とし込んでいるのですが、サイズが小さいクルマには要素が多すぎます。おそらく、数年で飽きが来るでしょう。プジョーはもうちょっと外観のデザインに凝るべきです!これではスキモノしか買いません。
ただし、走りの方に気持ちが帰ってきているようなので、ぜひ、もっと煮詰めて(現行は志半ば)エクステリアと同時にマイナーチェンジで頑張って欲しいですね。
フランス車は、スモールカーでも本当に質感の向上は目に見張るものがあります。シトロエンやルノーも同様です。値段は、日本車でももう同じくらいですので、購入される方も色眼鏡をかけずに輸入車を見て比較しても良いと思います。あ、あと、壊れもしません(笑)し、維持費も安い!!

投稿: ぷじお | 2012年10月 2日 (火) 23時47分

唐突ですが、今朝パリサロンから帰ってきました。
そこで見た208は…もう日本で発売もされたし、先日御殿場で開かれたCGフェスタでも見てしまったので改めて驚きはないですが、プジョーもシトロエンのDS路線をやりたかったのかな。GTIよりもXYなるスペシャルモデルを見ているとそれを感じますね。ただし、あくまでも208シリーズの上級グレードであり、シトロエンのC3に対するDS3とは違うんですよね。
ダウンサイジングは今のトレンドだから当然の抑えですが、ボディサイズに関してもやりだしたことは評価できても、こと日本においては1740㎜前後の全幅は微妙なところで、これ以上大きくなっても困るし、小さくもできないんでしょうね。
サイズのダウンサイジングに少々突っ込んだところは、軽量化と安全性を両立しながらチャレンジした部分は評価してもいいのですが、装飾過多になっているのはどうもGTIやXYといったプレミアムモデルを成立させることも考えたうえで色々な要素が多くなってしまったんでしょうね。
乗った印象で気になるのは、独立したメーターの位置が高く、そこへ来てステアリングの位置が低くて、どうにもステアリングポジションが合わずメーターが見にくいこと。
センターコンソールは、多機能化するインフォメーションに対応すべくモニターが標準装備されていましたが、パリで乗車したタクシーのほとんどが運転席側にポータブルナビをつけていることを考えると、果たしてヨーロッパ市場でモニターの標準を前提にしたセンターコンソールのデザインなんかしちゃっていいのかな?と思いましたね。
昨年のフランクフルト同様、パリでも新車は結構見ますが、その多くはタクシーかカンパニーカーであること。意外とヨーロッパって個人が新車を購入するってことが少なく、販社の営業いかんで法人需要で新車が売れてしまっているんじゃないでしょうか?そう考えると、日本よりクルマに趣向性なんて求められていないんでしょうね。ディーゼル車に乗るとほとんど同じ音質で、低速からトルクがでるフィーリングも各車それほど変わらないし…
でも日本で舶来品としてあがめられている欧州車たちが、平然としてタクシーで活躍している光景を見ていると、クラウンやセドリック一色のタクシー事情に比べその光景は面白いものです。パリの街中でバスやトラムが動き回る中色々なクルマを見ているだけでも、楽しかった。しかも由緒ある建造物を背景に走っているのですから、なおさらです。
ちなみに日本で一番売れているプリウスは、タクシーでしか見ませんでした。それも日本以上にタクシーで活躍しています。プリウスαもしかり。タクシーじゃないと需要がないのかと思うくらい…

投稿: アクシオム | 2012年10月 3日 (水) 21時21分

追伸:オペルからアダムが出ましたが、ヨーロッパではプレミアムコンパクトがトレンドなんでしょうね。
アダムのデザインはオペルらしかなぬ面白いものですが、やはりミニや500がやっているお約束をアダムもきちんとやっているところがまた笑えます。
プジョー308、アダムも含め、youtubeに動画を上げましたのでご覧ください。おまけ→ベンツミュージアム&ポルシェミュージアム
http://www.youtube.com/user/zxs178?feature=mhee

投稿: アクシオム | 2012年10月 3日 (水) 22時12分

208、まだ触っていないけど内装の材質は良さそうです。
しかし、どこかで見覚えあるような気がするデザインがなんとなく不安定感あるような。
ダッシュボードとステアリングポストの隙間が気になってしょうがない車は私の知る限りでは史上初です。
メーターパネルは枠が四角だったらもはやPS Vitaの後継機でも埋め込んだ様にしか見えない。もしかして取り外し可能ですか?

ボディサイドのキャラクターライン。3ドアのCピラーに何故か飛び出ているメッキ。BMW E60を真似たのか知らないけど、ヘッドライトの妙な「まつ毛」。

投稿: llll | 2012年10月 6日 (土) 19時42分

ぷじおさん

内装はプジョーがすごくいいのではなく、日本のコンパクトが酷すぎるだけですね。プジョーは普通に年数分だけ進化しているだけとも言えます。いろいろ制約のある中で「改革」をしようとしているのでしょうけど、エクステリアを筆頭にいまひとつ詰めが甘いです。508だってもっと「できた」と思うのに。

アクシオムさん

また行かれたんですか? 羨ましいなあ。欧州はたしかに日本ほど新車、とくに高級車は見ませんね。趣味性については難しいところで、過多な趣味性はなくても、基本の底が高いとは言えそうです。そういうものを買って長く乗る。それに耐えられないものは買われない。プリウスは街中のタクシーにはよくても、高速を使う自家用車には向いていないのかも? アダムは面白いですが、歴史がないのが特徴ですね。それで売れればもうけもの?

llllさん

不安定に見えるのはグラフィックライン下端が曲線だからかもしれません。コンパクトなのでとくにそう見えてしまいますね。205のよき時代に戻りたいなら、もっと素直にやればいいと思いますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年10月 7日 (日) 17時08分

確かに細部は?ですが全体でみれば今の日本車より、見ても乗ってもいませんが同じように媒体から見た感じだとどっかの日本メーカーがだしたなら、物凄くいい物感タップリだなぁ。ユーロ圏沈没中?なのに凄いなフランス、プジョー。なにより2ペダルは頑なにCVTを安易に遣わず4AT素晴らしい。ローコスト運転感覚的哲学?VWupも個人的にAMTもしくはMTでもいいですけど4ATなり6ATにしとけばなぁ日本では…。ドイツも一時的CVTにいったけど今はいかない。 本物感覚てこーゆう所ですよね。機械工学的に効率悪い、人間感覚に合わないなら使わない、もしくは使わなくなる。表示燃費の数字は気になるだろうけど信念を曲げない。 話はプジョーの小さい奴ですが、日本メーカー真摯に見習う所満載だと思います、素直にカッコイイです。国産車だったら買うな!金あれば…。 この車を見て残念なのはスバル。4WDには哲学さえあるのにCVTパイオニアを自負するのは分かりますが、全車種CVT化って…5、4ATでいいのに。もしかしたら これも哲学がありCVTが単体効率がMT並みやらダイレクト感など素晴らしくなるのかな? ともかくプジョー208素晴らしい。VWupよりこっちかな個人的に。乗ってもないけど…

投稿: さね | 2012年10月14日 (日) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/47287710

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:プジョー・208:

« 新車心象風景:BMW・320d(仕様追加) | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』11月号発売です »