« 新車心象風景:日産・ノート | トップページ | 新車心象風景:BMW・320d(仕様追加) »

新車心象風景:スズキ・ワゴンR

R

 軽自動車はいま、こっち方面を向いていていいのか?ってことかと思う。

 新型が1年前倒しでデビューしたという話が本当なら、それは真っただ中の省燃費競争で、いまなら一番がとれるという判断だったのかと。

 ダイハツのイース・テクノロジーに対抗したアルト・エコは、まあ言ってみれば「つなぎ」的なもので、この最新の回生システムこそスズキの本気だとブチ上げられる。この後はマツダがすぐにやって来そうだし、タイミングとしてはとにかくいまなんだ、ということで。

 しかし、どうなんだろう、それは。

 まず、モデルチェンジのテーマとして、その大半が省燃費っていうのはいかがなものかと。プレス・リリースを読むとビックリするけど、回生システムはもちろん、省燃費のためのアイドリングストップ時間延長、省燃費のための各部軽量化、省燃費のためのエンジン・ミッションの低フリクション化、省燃費のための足回り抵抗軽減、省燃費のためのタイヤ等々。いくらいま市場が燃費競争に飲み込まれているからといって、内外装の作りのよさ、走りや安全性の向上など、クルマとして基本部分の新提案がほとんど見当たらないんである。そんなモデルチェンジってちょっと異常なんじゃ?

 もちろん、全面改良にともなって技術的なアップデートは間違いなくあるんだろう。少なくともいちばん新しいスズキのクルマとして、押さえるべきところはおさえていると。Cピラーを中心に骨太感を出したスタイルもそのひとつなのかもしれない。けれども、そうした要素の積み上げ自体が基本テーマになっていない、マーケット的にアピールすらしないっていうのはちょっとねえ。

 そして、ここで何度も書いている軽規格の話だ。

 もういまさら細かいことは書かないけれど、そんなに燃費をよくしたいなら排気量を大きくすればいい。発電だの回生だのゴチャゴチャやって、アルトよりリッター1キロよくなったとか言ってないで、800でも900ccにでも。しかも、その燃費基準も相変わらず甘いJC08モードの話だし。

 そういう軽の規格や燃費基準を根本的に見直そうとすることなく、快適性を犠牲にしてまで軽くしたり、走行性まで落として高圧タイヤをつけたり、何かこう、クルマの進化として基本的に間違っているんじゃないのか?

 ノートでも書いたように、コンパクトカーがクオリティを放棄しても燃費だとする一方、軽自動車もまた少ない開発費をそっちに回す。非合理な規格内とはいえ、ある時期までモデルチェンジの度に大幅なクオリティの向上を見てきた軽が、ここに来て一体何をやっているんだろう?

 クルマの白物家電化と言われて久しいけれど、この家電化は「どれも似たようで退屈なクルマ」という意味だったかと思う。ところが、ここに来て本当の意味で家電になってきてしまったみたいだ。だって、リッターあたり何キロばかりが注目されるのは、冷蔵庫やエアコンが省電力達成率何%とカタログに書き立てるのとほとんど同じじゃないか。あらゆるものが「エコ」で商売され、「死んでも節電」と言わんばかりの風潮が、ついにクルマを包囲してしまったように見えて仕方がない。

 ワゴンRは軽のパッケージングを変えたパイオニアだというのに、いまやこういうモデルチェンジになるというのは、それ自体が軽あるいは軽規格の行き詰まりを感じさせる。日本車のガラパゴス化が語られるいま、さらに追い討ちをかけるような自虐行為だ。

 まあ、何でも280馬力、何でも四駆、何でもミニバンなど、基本的にブームで構成されてきた日本市場だから、これもまたそのひとつと言ってしまえばそれまでなんだけど。

|

« 新車心象風景:日産・ノート | トップページ | 新車心象風景:BMW・320d(仕様追加) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

エコカー減税&補助金に、3.11、原発稼働ゼロ…この国のクルマの白物家電化は救いようがないところまで来ましたね。いっそのこと、クルマを乗ることもやめるか。昨晩、LRT(現代版路面電車)のニュースを見ていると、これもアリかと思ったけど、結局この国のインフラ整備はあまりにも金がかかりすぎる。結局金、コストなんだと…やっぱり軽自動車は白物家電以上に、地方都市じゃひとつのインフラになっていると思いますね。
これから例の超小型車が出て軽自動車もどうなるかわかりませんが、もしまだ日本のクルマ会社がクルマ屋さんの意地を見せるなら、クルマらしいクルマを作ってもらいたいものです。VWからはいよいよ日本のクルマ屋さんがお手本にしたいUP!が本日日本でも発売になりましたね。
それと某トラックメーカーで、2t車のデザインアンケートをやっていますが、その中の設問で、「燃費がよさそうなデザイン」それって?なんなんでしょうね。参考までにご覧ください。
http://www.i-hakobu.jp/enquete/vol1/
今度のワゴンRって燃費よさげなデザインなんですかね?

投稿: アクシオム | 2012年9月18日 (火) 16時10分

オルタネーターをほとんど使用しなくて電力を賄えるとか?
まぁ燃費オンリーの市場に邁進していますので、この流行が行き着くところまで行かないと燃費競争は終わらないですよ。
同じ車でガソリンエンジン車と、ハイブリッドシステムを積んでいる車があるとハイブリッド車の方が高価だったりする場合、ガソリンでその差額の分を取り返すのって大変ですがwobbly(フリードなんて50万の差何年で回収できるの( ゚д゚)ポカーン)全車標準装備ならいたしかたないかもしれません。

ただし、ワゴンRがプリウスみたいに燃費の亡者になってしまうのはちょっと違うと思います、が、今の市場ですからね~なるべくお客の取りこぼしを無くす方へ振られてしまうのは仕方ないかもしれません。

なので、ワゴンRは派生のソリオ(ダメなクルマですが・・・)や、懐かしのワゴンR+のような5ナンバーサイズのを作りサイズはミニマム、室内は広くエンジンは1リッターか、700・800ccの過給器付きなどを一緒に開発して発売してくれればベストですね。スイフトの1.2でもいいです。 私も軽の規格は現在の重くなってしまった車重に対して660ccのエンジンと、非常に非効率で許せん、と、思っています。でも、田舎では軽は必要に迫られて乗っていることも多く、「軽は燃費が良い」「軽は安い」と思い込んでいる人がほとんどです。その方たちの意識が本当の車の性能には向かない事が一番の原因なんですよね。
そういった環境下で、あのワゴンRですら燃費競争に進んでしまうのは商売上しょうがないですね。 
面白くないかもしれませんが、今回は一番の稼ぎ頭にあえての冒険はさせられなかったのはわかります。

デザインは、ワゴンRだとわかれば全て完結するデザインですので、フロントグリル下・ヘッドライト下・Cピラーの韻の踏み方がトピックの全てで、可もなく不可もなくただ、「ワゴンR」です。 キテレツな線がないだけココ最近のオーリスやノートよりましですが。

それにしても、60年余、基幹産業としてクルマを作ってきたのに見る目が進歩どころか退化してきているのは皮肉です。世界でこんなに低燃費車ばかりの国はないですよ。日本独自の世界だけで満足していると、メーカーの怠慢を生み足元見られますけどね。最近のクルマの低品質かはお客が多大に加担していると思います。

投稿: ぷじお | 2012年9月18日 (火) 19時05分

3年ぐらい前までは私も660ccは小さすぎて重量に見合っていないと思っていました。
しかし今やモンデオですら3気筒1ℓ過給を積む時代です。もはや660cc批判は無意味。
今どきの軽で1トン物体を走らせるのに660ccじゃ足らないというのはCVT・ATが悪いか、
MTならドライバーがそもそも変速機の正しい使い方を分かっていない。
皆さん排気量ダウンサイジング+過給を絶賛していらっしゃったのに?

投稿: llll | 2012年9月21日 (金) 19時43分

「1・5~2・0cc相当の出力」を目指したダウンサイジングなどと、「ただの小排気量エンジン」の違いです。
現状の660ccで十分に出力と低燃費が実現できているのであれば、それを更にダウンサイジングして、500とか、300cc+吸排気システムのエンジンを作るべきです! 現実として660にターボで出力は何とかなっていますが低燃費は全く実現できていません。この辺に手を入れない限り両手放しに現状のエンジンをこのままで良いとは思えないのです。
既に昨年のアメリカのエンジニアが優れたエンジニアリングに対して与える賞のエンジン部門で日本は何も受賞できませんでした。(最優秀はフィアットのツインエア)私にはエンジン開発に手を抜いているように見えます。

投稿: ぷじお | 2012年9月22日 (土) 11時53分

十分じゃないですか?
当家では必要に応じて妻の軽と私の普通車を使い分けてます。
少しの坂でも軽は2人乗ると上りません、ドア4枚も要りません(笑)
妻の軽は他社ですが、旧型のワゴンRと同じ重量なので820kと思います。
新しいマテリアルを使わず軽いなら2人以上乗ってもさかのぼるじゃない
期待するのはセレナのマイルドハイブリッドを付けてくれないかな?
のぼり坂を3分位でもアシストしてくれたらいいな、スズキなら3ヶ月でも
マイナーできるよね二輪の頃はやってたから。

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2012年9月22日 (土) 12時03分

アクシオムさん

「燃費が良さそうなデザイン」。んー、この会社からこういう発言はして欲しくなかったなあ(笑)。しかし、売り手も買い手もそういうことが不思議に思わない状況になっているということでしょうね。何て簡単な国民性。

ぷじおさん

燃費がいいのに越したことはないですが、「そればかり」になってしまうのがこの国のいけないところです。こっちの方がリッター1キロ数字がいいからいいクルマ、という。政治家はその国の民度以上にはならないと言いますが、クルマも同じみたいですね。

llllさん

ぷじおさんも書いていますが、最近のいわゆるダウンサイジング・ターボと、現行の軽のターボはまったく別のものですよね。

スズキの社員・・・・・さん

坂は上らないより上った方がいいですよね。その回答がHVでもいいですが、改革は必要でしょう。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年9月23日 (日) 16時09分

すぎもと様
私にもコメントありがとうございます
今回、コラムで気になり初めてコメントしたわけですが。
改革というメッセージに対して実際に軽を買う側と試乗されるだけ方(違ったら御免なさい)の意識と差かなと思いまして・・・
田舎なので車は一人一台は必要になります、一家に車4台など普通の事です
軽は安くて、維持費も安い、ぶつけても修理部品が安い事が重要な部分だと思います。ここで大多数の方がアルトでもokなはずだが多少の見栄と標準装備の差で一つ上のランクのワゴンRを買うのだと思います、他社も同じようだと思う、メーカーも一番多く売る必要があるので装備が値段のわりに良いどこに問題が?
ただ、一年前妻がワゴンRを試乗したのに買わなかったのは単純に外装色の少なさと内装の暗い色が嫌だっただけなのですが男にはわからないですね
改革といえば100万位で電気自動車の軽を出して欲しい、バッテリーは国買い上げの無料支給品ならいいな片道10k位のところしか行かないからね

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2012年9月23日 (日) 20時59分

軽自動車のあり方を本当に考え直す時期ですよね。軽自動車に乗っていて不満に思うのは、横幅制限による走行安定性の頼りなさと動力性能不足の2点。幅や長さでなく「専有面積」で規格を決めれば、もっと自由な車作りできるはず。あとは、重量と燃費性能を規制するぐらいでどうでしょう。トヨタのiQのような車は軽自動車扱いにできるでしょうし、本当に夢広がりますね~。

投稿: ネコ | 2012年9月24日 (月) 01時48分

満天の星のごとくあるクルマの中で、軽自動車をなぜ買うか。
まあ都会の人には分からないだろう(ここで思考停止)
なぜ軽? 田舎で売れているようだが危なくないか(ここで思考停止)
立場の違い、といえばそうなのだが。
もう少し突き詰めて考えてみれば。表面に出てるものだけを追い過ぎ。

投稿: 優 路 | 2012年9月25日 (火) 15時50分

ぷじお様に指摘されましたが、確かに現状では660㏄過給はあまり大きなメリットを生み出せていません。
しかし、理論的に小排気量過給が間違っていないのなら660cc過給も机上では間違っていない筈ですが。

日本人はカタログスペック至上主義過ぎるので、
エコ運転のプロしか出せない様な数値を記載するから実燃費との乖離が目立ってしまうわけです。
実燃費では10年前比では小排気量過給欧州車は確実に日本車との距離を縮めていますが、完璧に追い越してはいません。

ネコ様、横幅制限によって走行安定性の頼りなさがあると仰いますが、
日本の軽メーカーや商用車メーカーの狭いトレッドでも辻褄を合わせるノウハウはある意味驚異的だと思いますよ。
それが良いか悪いかは別にして。

投稿: llll | 2012年10月 6日 (土) 19時27分

いやー物凄い遅れて書くコメントですが申し訳ないです、軽自動車企画その物に触れていたので。デザインは前にも書いたように雑誌では、あの前澤さんの点数低かったですが自分的には歴代ワゴンRで一番に変わりないです!まあ同じスズキのMRワゴンの方がナイスですけど。MRがワゴンRでもいいよーな?スティングレイなんてのもデザイン要素で考えるからいけない!まあ根本から考えたらパッケージ中身一緒だしな… Nワンが人気で、デザイン評価高いのはパッケージを犠牲にせず新しい車体をリバイバルの皮で上手く包んでるからですよね。中身から湧き出る魅力?Nボも凄い広いセンタータンクレイアウトを上手く包んだスッキリデザインだからだと思ってます。ホンダの軽自動車は最新設計で素直に凄い。パッケージでユニバーサルにまで踏み込んでますから小さい中で、ユーザーもバカじゃないし。結局スズキが落ち目でダイハツがなんとか素晴らしいデザインパッケージだった先代ムーヴの遺産、技術とパッケージでNo.1を保ってても、中身は全部同じ…。 結局低燃費競争はいいですが、肝心のパッケージやメカニズムが変わらないきゃ…意味なし。ホンダ軽が売れてるのを見るとわずかな燃料の差で競っても魅力ないのが分かって嬉しい。ホンダはフィット起原の天下の宝刀センタータンクを出したからまだ今の軽企画でいいですけど、他社や世界の市場を考えたら、もっと自由度があるパッケージなりデザイン、世界に通用する安全性を保てる軽自動車企画にするべきだと思います。VWupのように。日本の軽自動車は凄いので出来るはず。 まあ何の感情も湧かない三菱ミラージュやもっと酷い日産マーチみたいになるならちょっと困りものですが… 総CO2排出量で決めるとか、議論すべきだと思います。サイズ排気量決めた方が実力でるのかな日本技術者は?軽自動車メーカーにも理想像があるはず。今は背高いか低いかの違いなだけなだけで…。限られた小さな中で頑張ってるのは素直に凄いと思います。だからこそ世界へ羽ばたいて欲しい。必要とする人もいるだろうし、日本車のブランドイメージ地盤固めにもなるはず…かな?

投稿: さね | 2012年11月12日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/47110109

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・ワゴンR:

« 新車心象風景:日産・ノート | トップページ | 新車心象風景:BMW・320d(仕様追加) »