« 雑誌記事:『XaCAR』10月号発売です! | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ワゴンR »

新車心象風景:日産・ノート

Photo

 新しいノートについて思うのは、とにかく「安普請問題」なんである。

 まず、スタイルが安っぽい。

 大きく湾曲したリアランプから伸びる自慢の「スカッシュライン」は、何となく好評ジュークの延長上でトライしているように見えるけれど、結果としてそれは成功していると思えない。

 だって、ジュークの場合、クーペとSUVを無理矢理上下に合体させるという「芸当」の中に、リアランプをはじめとした特徴的なラインが生まれることになったけれど、ノートの場合は、実に単調なボディに線を「描いた」だけだ。たしかに、リアランプ付近こそ多少彫りが深いけれど、ボディの構成自体に直接関係しているとは言い難いんである。

 こういう場合、マツダのプレマシーがそうだったように、カタログ写真では完璧な陰影の演出ができても、実車をみるとほんとんどその効果がわからない。光線によってはクルマの前に立っても気付かず、顔を近づけ、手で触れて「ああ、なるほどね」って感じだ。

 まあ、こういのは日本車だけじゃなく、たとえば新しいプジョーなんかでも見られるけれど、仮にスカッシュ・ボールの軌跡をどうしても表現したいというのなら、やっぱりそれをボディ全体のテーマにしなくちゃいけない。イヤイヤ、そんな複雑なことはできないヨというのなら、当然最初からやらない方がいいでしょ。

 それと、フロントグリル。槍型のヘッドランプと一体にする案はいいとしても、樹脂のグリルはテスト用の試作車かと思うくらい安っぽい。これもカタログ写真と実車で大きく違ってくるところだと思う。

 そして、インテリアが安っぽい。

 ほぼマーチのレイアウトを踏襲しているインパネの安普請ぶりは、生産が国内外という問題じゃなく、要は作り込みの”見切り”だということを見事に証明している。

 自慢はピアノブラックの操作パネルだというけれど、なるほど、それ以外の大半のスペースを占める一体成型の樹脂部分は安いラジカセレベルの酷さなんである。しかも、上級グレード以外はそのピアノブラックもなくなるから、もう救いようがない。

 この度、国内ではせっかく築き上げたティーダ・ブランドをあっさり統合するにあたって、日産はわざわざメダリストなんて懐かしいグレードを復活させた。発売前はそういうやり方もありかなあ・・・なんて思っていたけれど、そのメダリストですらボディカラー以外の作りは同じというからいただけない。

 唯一、シートが合皮なのは特別だけど、内装色が全車同じブラックということもあって、特別感はほとんどない。もはや、明るく丁寧な作り込みを持ったあのティーダの世界は微塵も残っていない。自らラグジュアリーを謳った商品の顧客をこんなんで引き込むっていうのは、相当な厚顔無恥ぶりじゃないか。

 一体いつからなのか、何で過去のモデルより平気で質感を落とすようなことになっちゃったんだろう? しかも、その劣化具合が半端じゃない。いや、これはもちろんノートやマーチだけじゃなくて、トヨタもパッソやヴィッツ、ポルテなんかがそうだ。何かこう、このクラスはこんなもんだと開き直っているようにすら思える。

 本来のティーダは、3ナンバーになって欧米を中心に展開されるらしい。そういう市場や商品展開上の戦略、コスト管理、利益率の確保なんて理由が背景にあるにせよ、それはマツダやスバルだって基本的には同じ筈だし、外国車メーカーだってそうだろう。

 新興国向け商品をパッと持ってきて超廉価車として売ろう、なんて話ならともかく、継続生産するブランドでこれをやっちゃうのは、本当に残念な話だ。九州ドライブのときにも書いたけれど、最新の技術を用意しながら、それを載せる器がこの安普請っていうアンバランスさは、本当にどうにかならないのだろうか?

 実際、スーパーチャージャー付き小排気量直噴エンジンは僕も相当興味があるけれど、それがノートやマーチっていうんじゃあ、これっぽちも欲しいとは思わないものね。

|

« 雑誌記事:『XaCAR』10月号発売です! | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ワゴンR »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

クオリティコンパクトとは如何に!と思って、ティーダとゴルフⅤを乗り比べたことがあります。「クオリティ」という言葉をシート調節レバーの動作感とか、インパネボタンの感触にまで広く捉えるなら、比較するのが失礼なくらいゴルフのほうが優れていました。ただ、ティーダは室内のデザインセンスの面で圧倒的に優れていましたし、インパネの色使い、小径ハンドルの形状・感触などはどの車にもないものでした。常に触れる部分にはコストをかけ、それ以外の部品にはかなり目をつぶっていたのではないかと思います。部品一つ一つは安普請でも、時間と知恵をかけてゴルフ以上にずっと乗っていたい車に仕上げていましたね。
「考える時間までカット」した車に誰が乗りたいと思うんでしょうか。マーケティングも大事でしょうが「俺達の乗りたい車はこれだ」という気持ちの見えない車に乗るつもりありません。それが残念でならないのです。

投稿: ネコ | 2012年9月14日 (金) 21時56分

ゴ―ン・ナカムラ体制後の日産デザインも、初期のフォーマット初期化を経て、売れるデザインにフォーカスしてきたんでしょうね。マーケティングを重視し、無駄な設定はしない。とにかく売れるものだけを用意して、いかにして効率よく売るか。確かに2001年から2004年ごろは色々なアイデアがあって面白かった。その中でもっとも売れていたのが、先代マーチとキューブ、そしてティーダだった。
新型ノートは、僕の目から見ると外観はそんなに安普請とは感じません。意外とフロントのボンネットやヘッドライトの処理は複雑な造形ながら処理はされているし、全体のレベルも悪くはない。だけど、特徴がなく、ここでも感じるのがマーケティングの影響か、このクラスで一番売れているクルマに近いデザインをしている。正直な話、日産版フィットなんですよね。しかも特徴となっているはずのスカッシュラインやテールランプの周辺にフィットのエッセンスが滲み出ている。まるでフィットに似すぎて、それを打ち消さんとするためにスカッシュラインや妙な造形のテールランプが採用されたんじゃないだろうか?と。
内装はほぼ同意。悲しいかな、ダッシュボードのシボが、我がミトの安っぽいシボにそっくり。まぁ海外からの部品調達と、海外生産を考えるとこの程度のレベルで落ち着けるしかないんでしょうね。
あと商品企画上、ノートが揃えてきたグレードが実に不可解。売れ筋になるはずのDIG-S Sってグレードにボディカラーがたった3色しかない。しかもこのグレードだけ15インチホイールを履いているのに燃費が一番いい。燃費狙いのグレード設定なんでしょうが、売れ筋にしよういう意図がない。
そしてメダリストは…いくら装備が豪華でもティーダの後継にはなっていない。ティーダの良さは装備じゃなくて、クルマの仕上げとかパッケージがコンパクトカーにしては少々上質であったこと。商品企画をした人は、3ナンバー化したティーダが国内市場じゃ販売が見込めないと読んだのでしょうが、それだったらライバルをインプレッサやアクセラにしてジュークの1.6Lターボを低燃費仕様にしてやればいいのに…
なんか最近の日産の商品企画って芸がないし、それに引きずられてデザインもパッとしなくなりましたね。売れ筋だけを出すんじゃなく、売れるように努力や工夫するってことをしないとね。

投稿: アクシオム | 2012年9月15日 (土) 11時33分

メガーヌⅡやアヴァンタイムの頃と比べるとルノー日産全体のデザインが日和っているのは明らかですね。
でも日産は日和るだけでなくて変なものを入れてしまっている。ルノーは変なものを入れていないだけマシ。

投稿: llll | 2012年9月15日 (土) 19時19分

道路で見かけるようになりましたが、ずいぶんと地味~な感じで驚いております。
あれだったらミライースのほうがずっとカッコイイですよ。(←走っている姿はなかなかいい)

投稿: knock | 2012年9月15日 (土) 22時44分

ネコさん

本当に仰るとおりですね。高級素材を使わなくても、組合せや色使いをしっかり吟味してまとめれば、ある種の高級に対抗できる。これはコンパクトカーとして非常に大きな収穫だったと思いますが、それを自ら勝手にユーザーから(選択の機会を)奪ってしまうのですからねー。

アクシオムさん

まんまフィット対抗はもう初代からですよね。マーチやキューブじゃカバーできないのでパッと作った。でも、ライバルが堅実な作りで進化し大ヒットしている中、この出来でOKが出るというのはチョット信じがたいですね。まあ、月販1万台が目標だそうなので、相当な自信があるみたいですけど。たしかに、あのヴィッツがバカ売れですから、こんなんでいいヤと思っちゃうんでしょうね。先代マーチとキューブ、ティーダ、ティアナ、Z。本当に苦しいときの底力が出た・・・ということだったんでしょうか?

llllさん

日産ブランドはエモーショナル路線で行く、ということ自体はいいと思うんですよ。それならそれで「いいもの」を作ってほしいですね。

knockさん

やっぱり写真との落差が大きいんですよね。しかも、フロントグリルが寂しいのでパッと見地味なんじゃないでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2012年9月16日 (日) 15時19分

もともとのノートがデザインで勝負していたクルマじゃないですが、特徴となっているのは、リアのコンビランプの辺りで、あれはちょっと面白かったのです。顔は「目が大きな魚」風でショルダーラインから伸びる線はライトからあさっての方向へ向かっている今の日本車丸出しデザインで落ち着かないことこの上ない残念デザインでしたが。

しかし、今度は、これも最近の日本車よろしくデザインを全く変えてきてしまいましたね。同じなのは、ハッチバックという所だけで、リアのランプも先代からの面影が全くなくなり、もう瞬発力だけでデザインしているかバレバレですよ。wobbly 日産に限ったことではないですが、もう少し経年に耐えるデザインを考えないのでしょうか? 服のようにシーズン毎に買い換えるお客さんはいないでしょうに・・・ほんと、クルマのデザインに安物感が漂ってきてこの形にお金を払う価値があるのか疑問です。

そこにきて、製品自体も安普請なのが見えてしまっているとは、それを気にしないお客がいるからって事なんですよね。
日本は、経済も下り坂ですが、作っている製品ですらこんなもので我慢しろと言われているようで購入者は我慢できますか?私はできません。 もっと良いものを用意しろ!!と言わなければますます安物に蹂躙されてしまいます。 でも、プリウスの品質で構わない人たちがこんなにもいるし、高品質を謳うレクサスもヘッドライトカバーが黄色く変色しても気にしない人がいる事実、クルマは日本人にとってどーでもいいものになってしまっているのは本当ですね。crying

私は、これ、ホンダの新車だと思いました。正直、これを選ばなくてはならない理由を教えて欲しいです。凡庸なデザインに心底この車のために考えられたとは思えないエンジン(専用にチューニングはしないですよねェ)そして、「メダリスト」なんて、何故ローレルのグレード!?何が売りなのか全くわからないまま発射して大丈夫なのか?

これこそ資源のムダ!作らないことが一番のエコかと存じます。

投稿: ぷじお | 2012年9月17日 (月) 00時46分

全体的に可愛さがなくなったのが残念。顔はCR-Vに似ているけど向こうの方がうまくまとまってる感じ、とりあえず変な顔だ。それとメダリストのせいで立ち位置が曖昧になっている気がしてならない。プレミアムコンパクトという言葉はそんなに簡単に使って欲しくない。どうせならティーダを残してノートはコンパクトツアラーにでもしてしまえば面白いのに。ビュンビュン系の楽しい車を作ってくれ日産。

投稿: RY | 2012年9月17日 (月) 17時34分

ぷじおさん

まあ、マーチの販売がイマイチなのを見ると、安普請でもまったく大丈夫ではなさそうですが、しかしヴィッツやパッソは売れているし、どうもその線引きは理解できないですね。今度のミラージュがどうなるのか?

RYさん

ノートをコンパクトツアラーっていうのは面白いですね。新しいティーダは大きくなってしまいましたが、もういい加減に5だの3ナンバーなんて制度を止めれば結構売れるんじゃないかと思うんですけどね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年9月19日 (水) 16時22分

トヨタと日産の差ですね(笑) 売れているモノだけ更に売れる世の中ですので。
ミラージュも売れないでしょう残念ながら。しかし、あのコマーシャルはどうしたのでしょう?売る気あるのでしょうか。コンセプトは良かったのに随分つまらないクルマになって残念です。

残念ばかり言い過ぎて良くないですね。でも、up!なんて見ると、本当に残念で悔しいです。 クルマ好きは輸入車をどうぞって感じになってしまってつまらないですね。

投稿: ぷじお | 2012年9月20日 (木) 02時13分

up!ってそれほどいいとは思えませんが。
フロントバンパーは泥棒髭の様、3ドアはサイドウインドウに余計な意匠が入っている。
リアゲートはボルボC30あるいはトヨタアイゴ/シトロエンC1/プジョー107の模倣。
前はシュコダ、後ろはセアトの姉妹車の方が余計なものが無くて良いのではないか。
安全性も装備が充実しているのは良いが、衝突安全性が抜きん出て良いわけでもないのはeuroncapのHP見れば分かる。

投稿: llll | 2012年9月21日 (金) 19時57分

自分も先日、横浜のグローバル本社ショールームで見てきましたが・・・

今回のモデルにてティーダとノートのユーザーを取り込もうって腹づもりで
あれば、もうちょっとインテリアをしっかり作りこんでくれればと思いました。

で、最上級グレードたるメダリストでも内装色が黒しかないってのも驚きを
通り越して呆れてしまいましたwobbly

ホンダの現行フィットがデビューから5年経っても、魅力にさほど陰りを覚え
させないのに比べ、この車には最初から魅力が感じられないのは何故?
っちゅう感じです(;´Д`)

投稿: ぽち | 2012年10月15日 (月) 22時57分

こんにちは、日産党のじじいです、箱スカとS30Zを所有しています、最近の日産車のダサさには驚きます
ま、今は売れてナンボの世界なのかな、でもね、じじいは納得いかないんだよ、昔みたいな出来損ない感が
感じられない、全体的に出来すぎてるんだ、だからどの車を見ても同じ車にしか見えないんだよ、新型スカイライン?だれが買うかあんなの、、もっと考えろ!簡単だろ、サーフライン入れてテールランプをマルクして
フェイスはいかっつい半目、ラジオやナビはオプション、6速MT(シーケンシャルシフト)
エンジンは2Lノンターボのストレート6、ヂュアルマフラー(オプション)ついでにパワーステもオプションにしろ
機械式LSD標準、グレードはGTおよびGTX、遅い車で良いんだよ、何が最速だ、目が付いていかないわ!
ばばあ用、ママさん用、若者用、じじい用、そして、マニア用を作れ、車はただの道具じゃない
将来は車が蓄電池になるとは思うが、今後期待する。

投稿: 原口 勝之 | 2014年7月16日 (水) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/47073261

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・ノート:

« 雑誌記事:『XaCAR』10月号発売です! | トップページ | 新車心象風景:スズキ・ワゴンR »