« 新車心象風景:トヨタ・オーリス | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』10月号発売です! »

クルマ散策:九州、小ドライブ

Photo

 博多への出張ついでに1泊で遅い夏休みを取り、温泉ドライブをしてきました。

 出張パックで予約した「指定不可」のレンタカーは、博多駅前の日産レンタカー。安いパックだし、もしかして軽?と思っていたら、意外にも新型マーチでした。

 目的地は、以前訪れてすっかり気に入った阿蘇小国の「わいた温泉郷」。朝9時に都市高速へ入り、太宰府インターを経由して九州道へ。熊本で評判のラーメン店「こむらさき」で少々早い昼食をとり、お城を眺めつつ阿蘇へ向かいます。

Photo_2

 阿蘇ではもちろん「やまなみハイウェイ」を目指したのですが、最初の山越えを含めた結構な範囲が、先日の九州豪雨の影響で通行止めに。新聞などでは「阿蘇はもう大丈夫です」と観光協会が広告を掲出していましたが、あの大きな災害、いまだ法面崩落というのも当然かもしれません。

 大きく迂回してちょっぴり「やまなみ」を走り、有名な黒川温泉からさらに北西に30分ほど走ると、わいた温泉郷へ到着です。ここはいくつかの源泉が集まった広い地域ですが、今回向かった「はげの湯」は集落のいたるところから蒸気が吹き出しているという、温泉好きには夢のようなところです。

Photo_3

 旅館「たけの蔵」はネットでの評判とおり、宿もお湯も食事も素晴らしかったです。ここで仕事の疲れ?を癒し、翌日は朝から地元で評判のパン工房「そらいろのたね」や、黒川温泉外れの隠れ家的なカフェ「Cafe Ciel」などをゆっくり散策し、午後には大分道で再び博多へ。夕方の新幹線で帰京という予定です。

 さて、新型マーチはいまのクルマらしく、使い勝手には何の不満もないというか、まあ比較が我がジェミニなので、あまりの便利さに感銘すらしました。この圧倒的な安心感と簡易性は新しいクルマの証ですね。

Photo_4

 そして燃費のいいこと! アイドリング・ストップ付きの1.2リッターエンジンは、返却時走行約380キロで給油は20リッターを切りました。いやあ、いまどきはこんなことになっているんですね。

 でも、じゃあ欲しいかといえばそんなことはないです。これは少し前から感じていることですが、最近のクルマ、とくに廉価なコンパクトカーは、それこそ安いコンパクト・オーディオやラジカセを連想させるんですね。

 モジュール化で部品点数を減らしたCDなどの駆動系や、高集積チップによる超多機能に、デジタル化されたアンプ部など。これらの機器が安っぽい一体成型のプラスチックケースに収まった様は、高効率エンジンやアイドリング・ストップ機能など、先進の機器を実に安っぽい内外装で包み込む昨今の「省燃費で安い」クルマそっくりなんです。

Photo_6

 そのせいか、ボディ自体は頑丈なんでしょうけど、走行中ずっと”ゴアン”と鳴り響く車内は遮音を感じないというか、ああ鉄のボディに安いプラスティックが張ってあるだけなのね、なんて思わせます。トルクバンドを有効に使う最新CVTがあっても、ちょっと登りになると一人乗車ですら減速し、ガサツな音を上げるエンジンで結構残念な感じですし。

 キーがポケットに入っていれば、エンジンは掛かるしドアも開く。マーチとの2日間は、とても便利だけどコレっぽちも愛着が持てない、いまどきの「商品」というものをしっかり見せつけてくれました。

|

« 新車心象風景:トヨタ・オーリス | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』10月号発売です! »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

>いまどきの「商品」というものをしっかり見せつけてくれました

それ言っちゃったら国産の現行車種のほとんどに当てはまっちゃいません?(苦笑)

投稿: knock | 2012年9月 6日 (木) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/46965803

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:九州、小ドライブ:

« 新車心象風景:トヨタ・オーリス | トップページ | 雑誌記事:『XaCAR』10月号発売です! »