« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

新車心象風景:BMW・320d(仕様追加)

Bmw

 まさかBMWが先陣を切るとは、と思ったんである。

 クリーン・ディーゼルの本格普及は、当然のこと量販モデルへの搭載が不可欠だし、近道でもある。メルセデス・ベンツならCクラスだし、BMWなら3なわけで、まあ、ここはEクラスセダンで実績を作っていたメルセデスが先行するのかな、なんて思っていたところだった。

 実際、メルセデス陣営の販売店は「聞いてないヨ!」状態だったみたいだし、どうもBMW陣営自身ですら似たようなものらしい。けれども、週末のディーラーは結構な繁盛ぶりなようで、欧州車オーナーのディーゼルに対する理解や期待度はそれなりに高かったみたいだ。

 そこで露呈するのが、またしても日本勢の遅れぶりなんである。

 日産や三菱はSUVで導入していたとはいえ、先のとおり量販車へ搭載しての本格普及はまだ見えていない。マツダは唯一ニューモデルに搭載し、地元広島の補助金制度も後押ししてか、7~8割がディーゼルという本気度を見せている。けれども、そのマツダにしたって、本格普及はアテンザはもちろん、アクセラやデミオまでカバーしてのことだと思う。

 いや、今回はクリーン・ディーゼルだけが正義という話じゃあない。

 たとえば、VWやアウディが今後日本市場にディーゼルを導入するか否かはわからないけれど、少なくともいまはTSIをコンパクトクラスまで本格普及させている。それはそれでひとつの回答だ。もちろん、先の日産が、コンパクトカーの場合はスーパーチャージャーでカバーするというならそれもアリだろう。

 要は、カタログ燃費至上主義の非力な省エネ・エンジンでやり過ごすのではなく、パワーと効率をしっかり両立する、新世代の魅力的な動力源をどこまで本気でラインナップするのかどうかだ。

 もし、トヨタやホンダがHVですべてを取り揃えるというなら、もちろんそれだってありだ。けれども、トヨタはBMWからディーゼルを調達なんて話もあるし、ホンダも欧州向けディーゼルを国内にも、なんて聞く。そもそも、トヨタはHVだって載せたり載せなかったりと、その徹底ぶりがいまいち不明だ。スバルもまたHVをなんて言いつつ、水平対向ディーゼルもと言ってるし。

 つまり、最初からウチはディーゼルはやりませんというならいいんだけど、やるんだったらその動きは遅すぎるんである。もういい加減、都知事のパフォーマンスを理由にするでもないだろうし。

 そうやって考えると、売れ筋の3で早々に仕掛けたBMWはやっぱり大したもんだと思う。しかも、いつの間にやらメンテナンス・フリーだっていうし。

 まあ、結局いつも同じような話になってしまうんだけど、そこそこラインナップが増えてきたとはいえ、車種ごとにかける開発の手間暇も違うし、出来上がった商品の作り込みも違う。開発の瞬発力こそ日本の方が早いかもしれないけれど、おかしな寄り道をしないだけ着実に成果を出してくる。

 そういう欧州メーカーの大人な姿勢に対し、AKBの選挙やじゃんけん大会くらいクダらない低価格・低燃費競争に明け暮れる我が日本の子どもなクルマ作りは、一体いつになったら追いつけるんだろうか。

 え、AKBは立派な日本の文化だって? それじゃあ、仕方ないか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

新車心象風景:スズキ・ワゴンR

R

 軽自動車はいま、こっち方面を向いていていいのか?ってことかと思う。

 新型が1年前倒しでデビューしたという話が本当なら、それは真っただ中の省燃費競争で、いまなら一番がとれるという判断だったのかと。

 ダイハツのイース・テクノロジーに対抗したアルト・エコは、まあ言ってみれば「つなぎ」的なもので、この最新の回生システムこそスズキの本気だとブチ上げられる。この後はマツダがすぐにやって来そうだし、タイミングとしてはとにかくいまなんだ、ということで。

 しかし、どうなんだろう、それは。

 まず、モデルチェンジのテーマとして、その大半が省燃費っていうのはいかがなものかと。プレス・リリースを読むとビックリするけど、回生システムはもちろん、省燃費のためのアイドリングストップ時間延長、省燃費のための各部軽量化、省燃費のためのエンジン・ミッションの低フリクション化、省燃費のための足回り抵抗軽減、省燃費のためのタイヤ等々。いくらいま市場が燃費競争に飲み込まれているからといって、内外装の作りのよさ、走りや安全性の向上など、クルマとして基本部分の新提案がほとんど見当たらないんである。そんなモデルチェンジってちょっと異常なんじゃ?

 もちろん、全面改良にともなって技術的なアップデートは間違いなくあるんだろう。少なくともいちばん新しいスズキのクルマとして、押さえるべきところはおさえていると。Cピラーを中心に骨太感を出したスタイルもそのひとつなのかもしれない。けれども、そうした要素の積み上げ自体が基本テーマになっていない、マーケット的にアピールすらしないっていうのはちょっとねえ。

 そして、ここで何度も書いている軽規格の話だ。

 もういまさら細かいことは書かないけれど、そんなに燃費をよくしたいなら排気量を大きくすればいい。発電だの回生だのゴチャゴチャやって、アルトよりリッター1キロよくなったとか言ってないで、800でも900ccにでも。しかも、その燃費基準も相変わらず甘いJC08モードの話だし。

 そういう軽の規格や燃費基準を根本的に見直そうとすることなく、快適性を犠牲にしてまで軽くしたり、走行性まで落として高圧タイヤをつけたり、何かこう、クルマの進化として基本的に間違っているんじゃないのか?

 ノートでも書いたように、コンパクトカーがクオリティを放棄しても燃費だとする一方、軽自動車もまた少ない開発費をそっちに回す。非合理な規格内とはいえ、ある時期までモデルチェンジの度に大幅なクオリティの向上を見てきた軽が、ここに来て一体何をやっているんだろう?

 クルマの白物家電化と言われて久しいけれど、この家電化は「どれも似たようで退屈なクルマ」という意味だったかと思う。ところが、ここに来て本当の意味で家電になってきてしまったみたいだ。だって、リッターあたり何キロばかりが注目されるのは、冷蔵庫やエアコンが省電力達成率何%とカタログに書き立てるのとほとんど同じじゃないか。あらゆるものが「エコ」で商売され、「死んでも節電」と言わんばかりの風潮が、ついにクルマを包囲してしまったように見えて仕方がない。

 ワゴンRは軽のパッケージングを変えたパイオニアだというのに、いまやこういうモデルチェンジになるというのは、それ自体が軽あるいは軽規格の行き詰まりを感じさせる。日本車のガラパゴス化が語られるいま、さらに追い討ちをかけるような自虐行為だ。

 まあ、何でも280馬力、何でも四駆、何でもミニバンなど、基本的にブームで構成されてきた日本市場だから、これもまたそのひとつと言ってしまえばそれまでなんだけど。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

新車心象風景:日産・ノート

Photo

 新しいノートについて思うのは、とにかく「安普請問題」なんである。

 まず、スタイルが安っぽい。

 大きく湾曲したリアランプから伸びる自慢の「スカッシュライン」は、何となく好評ジュークの延長上でトライしているように見えるけれど、結果としてそれは成功していると思えない。

 だって、ジュークの場合、クーペとSUVを無理矢理上下に合体させるという「芸当」の中に、リアランプをはじめとした特徴的なラインが生まれることになったけれど、ノートの場合は、実に単調なボディに線を「描いた」だけだ。たしかに、リアランプ付近こそ多少彫りが深いけれど、ボディの構成自体に直接関係しているとは言い難いんである。

 こういう場合、マツダのプレマシーがそうだったように、カタログ写真では完璧な陰影の演出ができても、実車をみるとほんとんどその効果がわからない。光線によってはクルマの前に立っても気付かず、顔を近づけ、手で触れて「ああ、なるほどね」って感じだ。

 まあ、こういのは日本車だけじゃなく、たとえば新しいプジョーなんかでも見られるけれど、仮にスカッシュ・ボールの軌跡をどうしても表現したいというのなら、やっぱりそれをボディ全体のテーマにしなくちゃいけない。イヤイヤ、そんな複雑なことはできないヨというのなら、当然最初からやらない方がいいでしょ。

 それと、フロントグリル。槍型のヘッドランプと一体にする案はいいとしても、樹脂のグリルはテスト用の試作車かと思うくらい安っぽい。これもカタログ写真と実車で大きく違ってくるところだと思う。

 そして、インテリアが安っぽい。

 ほぼマーチのレイアウトを踏襲しているインパネの安普請ぶりは、生産が国内外という問題じゃなく、要は作り込みの”見切り”だということを見事に証明している。

 自慢はピアノブラックの操作パネルだというけれど、なるほど、それ以外の大半のスペースを占める一体成型の樹脂部分は安いラジカセレベルの酷さなんである。しかも、上級グレード以外はそのピアノブラックもなくなるから、もう救いようがない。

 この度、国内ではせっかく築き上げたティーダ・ブランドをあっさり統合するにあたって、日産はわざわざメダリストなんて懐かしいグレードを復活させた。発売前はそういうやり方もありかなあ・・・なんて思っていたけれど、そのメダリストですらボディカラー以外の作りは同じというからいただけない。

 唯一、シートが合皮なのは特別だけど、内装色が全車同じブラックということもあって、特別感はほとんどない。もはや、明るく丁寧な作り込みを持ったあのティーダの世界は微塵も残っていない。自らラグジュアリーを謳った商品の顧客をこんなんで引き込むっていうのは、相当な厚顔無恥ぶりじゃないか。

 一体いつからなのか、何で過去のモデルより平気で質感を落とすようなことになっちゃったんだろう? しかも、その劣化具合が半端じゃない。いや、これはもちろんノートやマーチだけじゃなくて、トヨタもパッソやヴィッツ、ポルテなんかがそうだ。何かこう、このクラスはこんなもんだと開き直っているようにすら思える。

 本来のティーダは、3ナンバーになって欧米を中心に展開されるらしい。そういう市場や商品展開上の戦略、コスト管理、利益率の確保なんて理由が背景にあるにせよ、それはマツダやスバルだって基本的には同じ筈だし、外国車メーカーだってそうだろう。

 新興国向け商品をパッと持ってきて超廉価車として売ろう、なんて話ならともかく、継続生産するブランドでこれをやっちゃうのは、本当に残念な話だ。九州ドライブのときにも書いたけれど、最新の技術を用意しながら、それを載せる器がこの安普請っていうアンバランスさは、本当にどうにかならないのだろうか?

 実際、スーパーチャージャー付き小排気量直噴エンジンは僕も相当興味があるけれど、それがノートやマーチっていうんじゃあ、これっぽちも欲しいとは思わないものね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

雑誌記事:『XaCAR』10月号発売です!

10

 『XaCAR』の10月号が発売になりました。

 前澤義雄氏とのデザイン記事、今月号はスポーツカー直球ど真ん中の日産・GT-Rです。

 前澤氏は以前からGT-Rはクルマではないというのが持論でしたが、その理由はどこにあるのか? じっくりお話を伺いました。

 今回、カタログなどを準備していて気付いたのですが、GT-Rはバンパーのフィンだけでなく、グリルの形などが少しずつ変更されているんですね。もう、比べないと分からない程度ですが。

 エクステリアは大きく変えられるようなスタイルじゃないのかもしれませんが、それよりもインテリアを何とかしたいですね。メルセデス・ベンツや、あるいはレクサスなど、マイナーチェンジで内装を一新・・・ということは決して少なくはないので、GT-Rもチャレンジしてはどうかと思いますね。

 それでは、お時間がありましたら、書店にてお手に取りください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クルマ散策:九州、小ドライブ

Photo

 博多への出張ついでに1泊で遅い夏休みを取り、温泉ドライブをしてきました。

 出張パックで予約した「指定不可」のレンタカーは、博多駅前の日産レンタカー。安いパックだし、もしかして軽?と思っていたら、意外にも新型マーチでした。

 目的地は、以前訪れてすっかり気に入った阿蘇小国の「わいた温泉郷」。朝9時に都市高速へ入り、太宰府インターを経由して九州道へ。熊本で評判のラーメン店「こむらさき」で少々早い昼食をとり、お城を眺めつつ阿蘇へ向かいます。

Photo_2

 阿蘇ではもちろん「やまなみハイウェイ」を目指したのですが、最初の山越えを含めた結構な範囲が、先日の九州豪雨の影響で通行止めに。新聞などでは「阿蘇はもう大丈夫です」と観光協会が広告を掲出していましたが、あの大きな災害、いまだ法面崩落というのも当然かもしれません。

 大きく迂回してちょっぴり「やまなみ」を走り、有名な黒川温泉からさらに北西に30分ほど走ると、わいた温泉郷へ到着です。ここはいくつかの源泉が集まった広い地域ですが、今回向かった「はげの湯」は集落のいたるところから蒸気が吹き出しているという、温泉好きには夢のようなところです。

Photo_3

 旅館「たけの蔵」はネットでの評判とおり、宿もお湯も食事も素晴らしかったです。ここで仕事の疲れ?を癒し、翌日は朝から地元で評判のパン工房「そらいろのたね」や、黒川温泉外れの隠れ家的なカフェ「Cafe Ciel」などをゆっくり散策し、午後には大分道で再び博多へ。夕方の新幹線で帰京という予定です。

 さて、新型マーチはいまのクルマらしく、使い勝手には何の不満もないというか、まあ比較が我がジェミニなので、あまりの便利さに感銘すらしました。この圧倒的な安心感と簡易性は新しいクルマの証ですね。

Photo_4

 そして燃費のいいこと! アイドリング・ストップ付きの1.2リッターエンジンは、返却時走行約380キロで給油は20リッターを切りました。いやあ、いまどきはこんなことになっているんですね。

 でも、じゃあ欲しいかといえばそんなことはないです。これは少し前から感じていることですが、最近のクルマ、とくに廉価なコンパクトカーは、それこそ安いコンパクト・オーディオやラジカセを連想させるんですね。

 モジュール化で部品点数を減らしたCDなどの駆動系や、高集積チップによる超多機能に、デジタル化されたアンプ部など。これらの機器が安っぽい一体成型のプラスチックケースに収まった様は、高効率エンジンやアイドリング・ストップ機能など、先進の機器を実に安っぽい内外装で包み込む昨今の「省燃費で安い」クルマそっくりなんです。

Photo_6

 そのせいか、ボディ自体は頑丈なんでしょうけど、走行中ずっと”ゴアン”と鳴り響く車内は遮音を感じないというか、ああ鉄のボディに安いプラスティックが張ってあるだけなのね、なんて思わせます。トルクバンドを有効に使う最新CVTがあっても、ちょっと登りになると一人乗車ですら減速し、ガサツな音を上げるエンジンで結構残念な感じですし。

 キーがポケットに入っていれば、エンジンは掛かるしドアも開く。マーチとの2日間は、とても便利だけどコレっぽちも愛着が持てない、いまどきの「商品」というものをしっかり見せつけてくれました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »