« 新車心象風景:スズキ・ワゴンR | トップページ | 新車心象風景:プジョー・208 »

新車心象風景:BMW・320d(仕様追加)

Bmw

 まさかBMWが先陣を切るとは、と思ったんである。

 クリーン・ディーゼルの本格普及は、当然のこと量販モデルへの搭載が不可欠だし、近道でもある。メルセデス・ベンツならCクラスだし、BMWなら3なわけで、まあ、ここはEクラスセダンで実績を作っていたメルセデスが先行するのかな、なんて思っていたところだった。

 実際、メルセデス陣営の販売店は「聞いてないヨ!」状態だったみたいだし、どうもBMW陣営自身ですら似たようなものらしい。けれども、週末のディーラーは結構な繁盛ぶりなようで、欧州車オーナーのディーゼルに対する理解や期待度はそれなりに高かったみたいだ。

 そこで露呈するのが、またしても日本勢の遅れぶりなんである。

 日産や三菱はSUVで導入していたとはいえ、先のとおり量販車へ搭載しての本格普及はまだ見えていない。マツダは唯一ニューモデルに搭載し、地元広島の補助金制度も後押ししてか、7~8割がディーゼルという本気度を見せている。けれども、そのマツダにしたって、本格普及はアテンザはもちろん、アクセラやデミオまでカバーしてのことだと思う。

 いや、今回はクリーン・ディーゼルだけが正義という話じゃあない。

 たとえば、VWやアウディが今後日本市場にディーゼルを導入するか否かはわからないけれど、少なくともいまはTSIをコンパクトクラスまで本格普及させている。それはそれでひとつの回答だ。もちろん、先の日産が、コンパクトカーの場合はスーパーチャージャーでカバーするというならそれもアリだろう。

 要は、カタログ燃費至上主義の非力な省エネ・エンジンでやり過ごすのではなく、パワーと効率をしっかり両立する、新世代の魅力的な動力源をどこまで本気でラインナップするのかどうかだ。

 もし、トヨタやホンダがHVですべてを取り揃えるというなら、もちろんそれだってありだ。けれども、トヨタはBMWからディーゼルを調達なんて話もあるし、ホンダも欧州向けディーゼルを国内にも、なんて聞く。そもそも、トヨタはHVだって載せたり載せなかったりと、その徹底ぶりがいまいち不明だ。スバルもまたHVをなんて言いつつ、水平対向ディーゼルもと言ってるし。

 つまり、最初からウチはディーゼルはやりませんというならいいんだけど、やるんだったらその動きは遅すぎるんである。もういい加減、都知事のパフォーマンスを理由にするでもないだろうし。

 そうやって考えると、売れ筋の3で早々に仕掛けたBMWはやっぱり大したもんだと思う。しかも、いつの間にやらメンテナンス・フリーだっていうし。

 まあ、結局いつも同じような話になってしまうんだけど、そこそこラインナップが増えてきたとはいえ、車種ごとにかける開発の手間暇も違うし、出来上がった商品の作り込みも違う。開発の瞬発力こそ日本の方が早いかもしれないけれど、おかしな寄り道をしないだけ着実に成果を出してくる。

 そういう欧州メーカーの大人な姿勢に対し、AKBの選挙やじゃんけん大会くらいクダらない低価格・低燃費競争に明け暮れる我が日本の子どもなクルマ作りは、一体いつになったら追いつけるんだろうか。

 え、AKBは立派な日本の文化だって? それじゃあ、仕方ないか。

|

« 新車心象風景:スズキ・ワゴンR | トップページ | 新車心象風景:プジョー・208 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

320良いですね、エンジンだけでなく足回りが良いと聞くのでいつもあちこちの試乗記事は読んでます。国産ディーゼルは石原さんではなくメーカーがいい加減だっただけなので多くの人に試乗して貰わないとユーザーは増えないかな?と思います。3シリーズは同格の国産車と修理パーツ代はあまり変わらないとの話なので320は1600ガソリンターボで出たほうが前が軽くなって面白いのにと思います。

投稿: スズキの社員じゃないけど本社の近所 | 2012年9月23日 (日) 21時32分

「新車情報」の三本さんが20年ほど前からずっとディーゼルの良さを言っていたので、クルマ好きの方々には何を今更でしょうね。
しかし、あの某都知事の「黒煙撒き」パフォーマンスは決定的で、多くのドライバーもあのイメージが強烈に脳裏に残っているのではないでしょうか?本当に迷惑千万な方です。
3シリーズで展開するのはとても良いですね。既に発売しているアクティブ・ハイブリッドは簡単に買える金額では無いですし、パワーアシスト系のHVですから。 HVは結局普及しているのは北米の都会と日本だけで、やっぱり過渡的な技術でしょうからトヨタと提携したBMWは自分たちでの独自の開発はしないかもしれないですよ。余計なお金を使わず賢いやり方です。
ディーゼルもですが、もう少し全体の作り込みを日本車には考えて欲しい。だって、今ではプジョーですら内装の質が格段に良くなってますもの。アウディやBMWは更に上。 内装は良かったはずのトヨタですら今は3~400万円の価格帯のクルマでさえチープな出来で頭にきます(ヴェルファイア・アルファードを見れば同価格帯のコンパクトよりも質感が劣っています!あんなに高いのに!!他社はそれ以下ですが・・・)。
BMWもメルセデス・ベンツもデザインはちょっとおかしい感じなのでキャッチアップは今がチャンスだと思うのですが、性能面ではかつての技術力はどこへやら完全に水を開けられてしまっていますね。

そういえば、トヨタは14年までに小排気量+過給器エンジンを出すんですよね。遅い遅すぎるwobbly。ミッションのアップデートもアイシンがあるのに生かしてないし、お客が求めてないんじゃ仕方ないか~

私は、ディーゼルエンジンを熱烈に応援します!いろいろ選べるのが健全な市場だと思いますので。

投稿: ぷじお | 2012年9月24日 (月) 18時11分

BMW、本日X3にもディーゼルを載せてきたし、BMWはかなりラインナップを広げてきましたね。これでX1や1あたりまで広げてくると面白いですね。
BMWもユーロ6対応であれば日本市場にディーゼルを持ってきても、ガソリン車からそれほど高くしなくても売れると判断したんでしょうね。23万円高って国産ディーゼルに比べればリーズナブル。まぁガソリンモデルがそもそも高いって話がありますが…
排ガス規制の緩い地方に行けばまだまだディーゼル車って乗用車でも現役で活躍していることを考えると、それなりに潜在的需要はあるのに。
あとアルファロメオのジュリエッタあたりもデュアルクラッチのTCTと組み合わせたモデルを正規で持ってくると、もっと面白いのに…

http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/09/nt12_0911.pdf
本日トヨタさんが、技術発表をしていましたね。HV一本やりでなく、パワーユニットをより多様化させるみたいですが、国内でのディーゼル展開は???みたいですね。

ちなみに8月に納車されたCX-5、結構いいです。それは徹底的に静かなこと。パワーパフォーマンスは…燃費計が気になってロクにアクセルを踏み込めません。
ただし、新東名で思いっきり飛ばすとやっぱりそれほど燃費は伸びませんね。トルクフルでも流すくらいじゃないとJC08の額面的な燃費は期待できませんね。
CX-5やBMWを見ていると、やっぱり走行距離が多くて、それなりに走れるクルマじゃないとディーゼルのパフォーマンスって生かせませんね。次期アテンザはMTも設定されるようですから、マツダの欧州化はさらに進みますね。日産あたりもエルグランドやジュークあたりに設定すれば面白いし、ライバルにはないアドバンテージになるはずです。

投稿: アクシオム | 2012年9月24日 (月) 19時06分

スズキの社員・・・さん

BMWのダウンサイジングは1.5リッターターボという話ですね。なかなか面白そうです。

ぷじおさん

新しい208のインテリアは相当作り込んでそうですね。同じコンパクトカーなのに・・・。トヨタは1.4のディーゼルという話ですが、同排気量のディーゼル自体は持っていたので、本当に対応が遅いです。そもそも「いすゞ」はどうするんでしょう?

アクシオムさん

3の値段は驚くべき戦略価格ですね。選ばない理由がないです。CX-5はそんなに静かですか。いいですね。ディーゼルはたしかに欧州の長距離使用で有利という前提はありますが、トルクフルな性能は日本の街中でも十分魅力的です。やはりディーゼルターボは「お得」というより、優れた動力源と考えるべきかと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年9月26日 (水) 16時13分

最近このサイトを読ましてもらいました。いろんな新車やメーカーの姿勢や車作りを根本なとこから見てるんだなぁと思います。 日本車の未来…暗いなぁ。デザイン、車の基本走る止まる曲がるは今の車でダメなのはないでしょうが、上には上がいるし、安易にCVTとエンジン改良でカタログ燃費を上げてきたツケが、この体たらく…。まあユーザーもそれで疑問無しな人が大半だし…。エンジニアやテストドライバーに革新的アウトローな、会社に迎合しない人今のままじゃダメだ!とゆう人頑張ってください。かな… 多くの自動車関係マスコミ、ジャーナリストは今は機能してないとゆうか、ジャーナリズム自体無きに等しいと感じるなぁ…。

投稿: さね | 2012年9月28日 (金) 18時00分

BMWのディーゼル日本導入は嬉しいニュースなのですが...

http://bzsupport.blog.so-net.ne.jp/2012-07-20
こちらの記事にあるように、将来的に世界市場ではHVが大幅にシェアを伸ばす見込みで
HV開発で遅れたメーカーという評価を受けていたためにトヨタとの提携を選んだBMWと比べて
日本勢が遅れているという意見は少々無理があるように感じました。

なおコメント欄に
>HVは結局普及しているのは北米の都会と日本だけで、やっぱり過渡的な技術でしょうから
>トヨタと提携したBMWは自分たちでの独自の開発はしないかもしれないですよ。
>余計なお金を使わず賢いやり方です。
という書き込みがありますが、BMWのディーゼルも独自の開発ではなく
マグナ・シュタイアー社との共同開発なのですが
これも余計なお金を使わず賢いやり方でしょうか?

投稿: せりこ | 2012年10月 2日 (火) 22時58分

BMWは、ご存知のようにガソリンエンジンでも、PSAと共同開発したり、現実的な提携だと思います。 いまさら、パラレルハイブリッドを一から開発するのは割に合わないので様子見ではないでしょうか? 今後、ハイブリッドが普及するとの予想ですが、現在の日本のようなHV以外でもHVは発電だけエンジンで行うなど色々あるので広い意味で「ハイブリッド」は増えるのでしょう。
今後、北米などでは、例の「シェールガス」が安いのでガス車が普及するかもしれませんし、柔軟な対応が必要だと思います。パラレルハイブリッドは日本に一日の長は確かにありますが、(ちなみに、トヨタのシステムはアイシンのものです!)一球入魂過ぎるのが危ないです。これから、小排気量化・ディーゼルの開発をやるのはやはり、周りを見てからの判断と捉えられるのは仕方ないと考えます。
私は、現在の日本車で、デザイン・性能・価格の良い塩梅な欲しいクルマが皆無ですので、元・日本車党としてもっとしっかりしろと言いたいのです。愛です。  すぎもとさんのブログですみませんm(_ _)m

投稿: ぷじお | 2012年10月 5日 (金) 17時35分

さねさん

べつにクルマだけの話じゃないですけど、いろいろなものについて「本物」が少なくなった、
あるいは軽視されている気がします。もちろん、全マスコミあげてそういう運動をしてきた
からなんですけど・・・。

せりこさん

ディーゼルが進んでいて、HVが遅れているという話はしていませんよ。もちろん、日本の
メーカーがディーゼルを作れないということなら話は別ですが・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年10月 6日 (土) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/47185513

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:BMW・320d(仕様追加):

« 新車心象風景:スズキ・ワゴンR | トップページ | 新車心象風景:プジョー・208 »