« 新車心象風景:日産・セレナ(仕様追加) | トップページ | クルマ散策:九州、小ドライブ »

新車心象風景:トヨタ・オーリス

Photo

 でたらめなブレイドが1世代で消えたのは想定内だったけれど、オーリスがこういう変身をするのは予想外だった。

 欧州でのコンパクトハッチは、トヨタもそれなりに長い歴史を持っているけれど、いよいよゴルフに本気で挑戦だと公言していた先代オーリスは、結局その役を全うするに至らなかったみたいだ。

 それは、プレミアム方向に邁進する仮想敵を相手に、相変わらず「案外安いですよ」な雰囲気を発散させる商品の立ち位置がやっぱり中途半端だったんじゃないかと。フライング何とかという飛び道具の大仰なコンソールも不評だったらしいし。

 それにしても、全高を下げてスポーティにというコンセプトはいいとして、まさかこういうスタイルになるとは。僕なんか単純だから、ゴルフの全高を下げたら、まあAクラスとか1シリーズだよなあ、なんて発想をしてしまったんだけど。

 今後のトヨタ車の表情となる「キーンルック」と名付けられたグリルの端から、一気にリアまで引かれた低めのキャラクターラインで結ばれるボディは、いわゆるハッチバックでもなければワゴンでもない。トヨタ自身はスポーツハッチと表現するけれど、インプレッサのそれとも違うし、先のようにドイツ勢とも違う。だったらよほど個性的なんだろうと思うわけだけど、ところがそうじゃないところがミソだ。

 キーンなヘッドランプは凝った形状だし、リアランプはさらに複雑な形状でリアエンドを装飾する。ディフューザー部分も実に入り組んだラインで、モデラーさんも相当頑張った感じだ。まあ、フロントグリルバーがヘッドランプに続くのは、対マツダ的にマズイんじゃないかとは思うけど。

 ただ、そうやって凝った「部分」を持ってはいるけれど、いかんせん全体のフォルムが凡庸で、新鮮味や面白味が圧倒的に欠けてしまっている。それはたぶんサイドグラフィックの影響もありそうだけど、新時代のスポーツハッチというより、単なるミニ・ウイッシュというか、あるいはかつてバンの雰囲気を振り切れなかった時代の5ドアハッチを連想させる。

 前後の凝った形状は、この全体の退屈さにより残念ながらほとんど意味をなしていない。TVでは「お尻」をテーマにした大胆な広告を展開しているけれど、逆にそんなところしかアピールできなかったんじゃないのか? 最近ではカローラやポルテも結構残念だったけれど、いやいやオーリスも決して負けてはいない。カタログでは映えるけれど、実物は?という最近に多いパターンだ。

 インテリアも質感の高さを謳っているけれど、どこか不安定で細身なデザインも含め、やっぱり「案外豪華ですよ」の範疇から外れておらず、結局中途半端に見えてしまう。質感を云々するなら、クラスを考えても、もっと素材自体で正面勝負すればいいのに。

 身もフタもない言い方だけど、これだけ個性が感じられないと、このクルマの存在意義すら疑ってしまう。こんなの作るなら、全長4200ミリのプリウスβでいいんじゃないか? そっちの方がライバルに対して明快な付加価値もあるし、オリジナリティもある。どうせ欧州版にはHVも設定するっていうしね。いずれにしても、HVがなければ他に動力源で何の新しい提案がないのはどうなんだろう?

 安定したゴルフはもとより、先のAクラスの劇的変化や、アウディA1の成功、あるいはシトロエンDS3の評判、そして急成長中の韓国勢など。市場には同じクラスだけでも様々な実績やヒントで満ち溢れている。

 そんな中でオーリスのような商品を作るというのは、よっぽど商品企画のコントロールがきいていないか、他に何か深遠な事情があるとしか思えないんである。

|

« 新車心象風景:日産・セレナ(仕様追加) | トップページ | クルマ散策:九州、小ドライブ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

先週末にアムラックスで実車を見かけた感想でも・・・。

先代のオーリスが、ヴィッツをうまく成長させたような出で立ちでなかなか悪くない格好だったのに、
先代MC後しかり今回のモデルしかり、こんなに崩しちゃってどうすんの?・・・なんて思いました。

インテリアについては、先代の妙ちくりんなアーチ型を止めたのは賢明だと思いましたが、全体的に
やたらと凡庸な感じにしか見えませんね。

で・・・エンジンのラインナップが相変わらず1.5Lか1.8Lのガソリンで、最も得意とするハイブリッドや
ヨーロッパで用意しているディーゼルを今回も用意しておらず・・・

どこにこの車を出す意義があるんだろう?と考えこんでしまいましたgawk

そんな体たらくならば、いっそのこと先代(GH型)インプレッサをほぼそのままOEMする形で今回の
オーリスにした方が全然良い物が出来たんじゃないかとすら思えてなりませぬ。

ちなみに・・・今のやつはCMも相当ヘンテコリンで脱力してしまうこと請け合いです。
http://www.youtube.com/watch?v=zVwJrAr7GkY

投稿: ぽち | 2012年8月29日 (水) 22時12分

まぁアクアの尻切れとんぼよりはずっといいプロポーションだし、キーンルックなフロントフェイスもそれなりにいい。
まるでVWが買収してしまったイタルデザインがやったのか?と思わせるほどかっちりしている。
残念なのは、アクア同様テールエンドの処理。う~ん…テールだけは、イタリアン、もっと言えばジュリエッタもどき。
全体がイタリアンルックだったら救いようがあったのに。もどきでもうまければいいけど、微妙に下手ってのが。
ヨーロッパ向けを中心に今後のトヨタ車のデザインを示唆しているようなので、これから出るクルマを見ないとなんとも
言えませんが。
それにしてもハイブリッドも用意せず、ヨーロッパ向けの商品にしては国内市場限ってはこれと言ってメカニズムに目玉
がないのもイマイチですね。だからCMでセクシーな殿方が尻を振って振り向きざまにトップレスにしなきゃいけなかった
んでしょうかね?いつの日か、BMWのディーゼルくらい載せて国内でも出してほしいものですが…
そういえば日産からノート出ましたが、エンジニアリング的にかなり真っ当なものを出してきましたが、こちらも商品企画
の最後の詰めがイマイチですね。やっぱりメダリストにティーダの役目を負わすのはいかがなものか?
次回ノート、よろしくお願いします!

投稿: アクシオム | 2012年8月29日 (水) 23時03分

第一印象は結構イイ感じですね。トヨタがデザインに力を入れているのは伝わるんですがやっぱり全体の完成度がイマイチ。サイドビューが多分一番の問題ですね。凡庸すぎる・・。テールは最近のヒュンダイにも似ていますが以前のトヨタ車よりはやる気が感じられます。トヨタのデザインが日本人の車のデザインの基準になるので今回のオーリスの流れは歓迎すべきことだと思うし期待したいです。ただマイチェンしたマークXを見ると不安要素もそれなりにありそうですが。

投稿: RY | 2012年8月31日 (金) 00時52分

すぎもとさんは、カローラ、ポルテ兄弟と昨今のトヨタの発表会に参加されて、そのお粗末さを指摘されてましたけど、オーリスの発表会はどうだったんでしょうね?

というのも、WEBメディアの記事を見ると、でっかいことを言っている割に現物はビミョ~というか、空回りしてる感を感じたもので。

「直感性能」とか「欧州車をしのぐ」とか言っているけど、これで?って感じですし

「『もっといいクルマ』づくりには、デザインの改善が欠かせない」と、また『もっといいクルマ』って言葉が出てきてるし。

何をもって「よりよいクルマなのか」という指標を明確にしないと、デザインはもとより車そのものの作り込みも迷走すると思うのですが、トヨタはいつまで不明瞭な「いいクルマ」を連呼するのでしょうか?

「このクルマからトヨタの顔を変えていきたい。キーンルックは、今後グローバルに展開するクルマに順次、採用していく」とのことですが、顔を揃えるだけで、強固なブランドアイデンティティができるとでも思ってるんですかね。

実際、このオーリスも既視感あふれるパーツの寄せ集めで、全体の魅力インパクトの薄いこと。カタチに関しては、先代UKシビックHBの方が、よっぽど「直感」に響くものがありましたよ。FMCしてそれも消え失せましたけど・・・

投稿: KATSU | 2012年8月31日 (金) 18時52分

深淵な事情は、無駄に規模が大きいが故に不人気車でも気が付いたら後継車を作る計画が通ってしまう事だけなのでは? 生産台数が多いと、なぜか雑な製品企画でも通ってしまうのは、今まで自動車生産台数世界一がGMだったことからもお察しくださいwobbly・・・

と、いう訳で、メデタク2代目に進化したオーリスですが、先代の面影をほぼ残してないのが流石トヨタ(最近は日本車が全体的に先代の形から大きく変更されるのが気になりますが)。これでは先代に乗っている方々は何か古いものに乗っちゃってる感が半端ないでしょう。でも、中身はあまり変わってないようで安心ですね。

スタイリングはすぎもとさんも先に書かれたみなさんも、かなり共通な認識のようですね。 私は、ホンダっぽいと思いました。前後の縦幅の薄いランプ形状はここ数年来のホンダ車のアイコンですし、お尻の丸さなんかも、デザイン優先の頃のホンダ的に見えます。
上でも書かれているように、何故か既視感ありまくりです。

出入りのわからない線の引きかたも、いつものお約束!ただし、これは、最近のメルセデス・ベンツやBMWにも言えるのでトレンドなのかもと思っています。(笑) しかし、ショルダーラインは、ヘッドライトの場所まで引きましょう。これは、国産車が陥っている悪いセオリーですね。 

内装のあの変な形状も何か考えがあってデザインしたと思ったら、あっさり止めるところを見ると、深い考えがあったのではなく、単に「劣化ボルボのパクリ」程度のものでしたか~(困)

しかし、続けてトヨタ車を見てきても、全く統一感が無く、これから変わる、これから変わるの繰り返しで、本当にどういうクルマを作りたいのかますます解らなくなってきましたよ。86で異様なこだわりを見せたかと思うと、ポルテや、オーリス、カローラにマークXとやっつけ仕事を連発。「変わる」の着地点はこのクルマって出来ているのでしょうか?それとも、永遠に終わりのない「次こそ頑張る」と言う空手形なのでしょうか?
そろそろ、ちゃんと、車種と、動力・駆動方式の整理をやる頃ではないですかねェ
そして、86くらいの執念を他の車にも分けてあげた方がいいですよ。crying

投稿: ぷじお | 2012年9月 1日 (土) 23時03分

これを凡庸すぎるというなら凡庸じゃないのはジュークぐらいしか無くなってしまう様な気がしますがね。

最近のサイドに変なものが少ないのは良い。謎すぎる新グリルはどうかと思うけど、フロントマスクは許せる範囲。

しかしボンネットの真ん中のもっこりがシャープな雰囲気を破壊している。助手席に引っ張られた様なインパネが気持ち悪い。
テールレンズとリアウインドーの間のパネルが安っぽく見えてしまう。テールレンズとリアウインドーの形状の相性が悪く見える。

>安定したゴルフはもとより、先のAクラスの劇的変化や、アウディA1の成功、あるいはシトロエンDS3の評判、
そして急成長中の韓国勢など。市場には同じクラスだけでも様々な実績やヒントで満ち溢れている。

トヨタのデザインはプロポーションはまだしも、灯火類には明らかに一貫性が無い。
ゴルフの安定感はある程度の一貫性と、「コンサバ」という世間の声を踏み倒す勇気があってこそ。
ゴルフみたいなことをするのはかなりの覚悟が必要。

Aクラスは方向自体が今までと全く違うわけで、Aクラスを比較対象にするのはおかしいでしょう。
デザイン自体も、サイドのプレスには最近のホンダ以上にしょうもない線が入っていますし、
真後ろから見たらインプレッサにしか見えないし、全く参考材料にならないと思いますが。

DS3に対してはあまりいい印象を持たれていなかった様ですが、気分が変わったんですか?

最近のヒュンダイは明らかにマツダの亜流だと思いますが、
マツダ以上に捻くり回しているのに破綻が少ないというか、嫌味にはギリギリなっていないと思います。
エラントラがプリウスみたいだという方が多くおりますが、あの方たちは眼病でも患っていらっしゃるんでしょうか?
あれを模倣というなら日本車の7割は模倣という事になってしまいそうですが。
プジョーやオペルみたいだというなら分からなくもないですが。
キアは寧ろシュライヤーが来てからより日本車欧州車コンプレックスが強くなった様な気がします。
オプティマ・ソウル以外はあまり良いとは思えない。

最近の欧州車は端的に言って、諸手を挙げて絶賛したくなるデザインが少ない。
ダッグテールもしくはBangle-buttは横幅一杯の方がすっきりな筈なのにジュリエッタは何故か中途半端。
個人的に同クラスで言うとA3・フォーカス・メガーヌは好きだけど。

投稿: llll | 2012年9月 2日 (日) 01時37分

いつまで‘ヨーロッパのクルマ’を目指すのか?
何故いつまでたってもゴルフやポルシェやBMWが仮想敵なのか?

アメリカでは成功できるのに、ヨーロッパでは不評なのは何故なのか?日本のメーカーは、きっと、答えはわかっているのにその答えをなかなか出そうとしないのは、やはり怖いからでしょうか。
トヨタの場合は、その答えの一端が、オーリスのようなクルマが出来てしまう体質に現れています。

ルーティーンで、フルモデルチェンジをしただけで、お客のことを置き去りにしたメーカーの都合だけのクルマは、機械的に新鮮味もなく、スタイリングも時間的耐久性が無い雑なエクステリアにつまらないインテリア・・・
ヨーロッパの比較的長年乗る習慣からは受け入れられないでしょうし、HVでも、ディーゼルでもあちらでは飛びつくお客は多くないはずです。(と、言っても、ヨーロッパのメーカーも近頃怪しいですが)

これは、長く、GMが生産台数世界一だったことからもわかるように、生産台数世界一くらいの規模になると一台一台のクルマがコンセプト不明瞭で作られてもわからなくなってしまっているのではないかと思います。
世界一のGMのクルマが、世界一良かったと言う記憶がある方はないのでは(笑) この辺の抑えが効かなくなっている気がします。
変にモデルチェンジのルーティーンだけ守って、安直に作っていると、「イイ車」を作るといってもその「イイ」ってなんなのよ、って話になっちゃいますよね。
トヨタのみならず、他のメーカーも、ただラインナップを埋めることだけを考えず、このクルマにはどういう存在のコンセプトがあるのか考え、車種・動力・駆動方式の整理統合して欲しいですね。

オーリスは、何故、出てきてしまったのか・・・もっと煮詰めてから出して欲しかったです。適当に作ったクルマでは、ヨーロッパでは勝負できないなんて、メーカーが一番わかっているはずです。そして、ヨーロッパ・コンプレックスもそろそろやめて、これぞ日本のイイ車ってのを見せてくれてもいい頃じゃないですか~smile

投稿: ぷじお | 2012年9月 2日 (日) 23時16分

ぽちさん

そうですね。ポルテもそうでしたが、まだ前の方がよかったですね。しかしインプレッサを・・・とは面白い考えですね。CMはもう最低です。

アクシオムさん

イタルっていうのは褒めすぎですよ(笑) イタリアンを目指したのはわかりますけれど、だったら全体のフォルムから頑張って欲しかったです。欧州はHVを用意するようですが、今のトヨタはHV以外に魅力的なエンジンがないのが痛いですね。まあ、その分努力を怠ってきただけなのですが。

RYさん

同感です。前後は色々やっているのにサイドビューがまったくいけない。前後だけ化粧を厚くすればいいや、という発想が不思議です。

KATSUさん

発表会はサラリーマンの仕事で行けなかったんです。なのでディーラーで見て来ました。ただ、行った方の話によると、やっぱり最近のイメージのものだったらしいです。「いいクルマ」というのは様々ですが、トヨタの考える「いいクルマ」をしっかり打ち出せばいいと思いますけどね。まあ、それで86とか言われても困りますけど。

ぷじおさん

インテリア、理解ができませんね。「トヨタが変わる」っていうのは、つまり86やG'sみたいなものと量産コンパクト車などは、まったく別のものと考えているということなんでしょうね。べつに妙な統一感は出さなくてもいいと思いますが、それぞれに魅力がなくては意味がないです。

llllさん

凡庸です。とにかく全体のシルエットに何の魅力もない。前後であれこれやっているので評価はできません。もちろん、ある種のヤル気のようなものは感じますけど。欧州各車はそれ自体が皆いいというのではなく、このクラスのHBを作る際の種々のヒントがあるということです。変化を望むのであれば、発想のきっかけになることが一杯あると。個別のクルマで僕がいいと思えるのはアウディだけですね。


投稿: すぎもとたかよし | 2012年9月 7日 (金) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/46866590

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・オーリス:

« 新車心象風景:日産・セレナ(仕様追加) | トップページ | クルマ散策:九州、小ドライブ »