« クルマ散策:夏休みの日記 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・オーリス »

新車心象風景:日産・セレナ(仕様追加)

Photo

 トヨタのマイルド・ハイブリッドですら「なんちゃって」感があったので、もはやこのS-HYBRIDをインチキでは?と疑ってしまっても仕方がないかもしれない。

 けれども、商品企画として冷静に見てみれば実によく考えられているんじゃないかと思ったりする。

 まず、サブバッテリーを追加して単に回生エネルギー量を増やしただけとはいえ、やっぱりそれはそれでひとつの新技術だということだ。新しいノートでデビューするという小排気量過給エンジンも注目されているけど、それら日産の新技術群のひとつとしておそらく戦略的に開発されたものであって、インチキっぽくても商品技術として他メーカーに先駆けたのは事実でしょ。

 実際、このシステムでもしっかり免税になっているから面白い。いわゆる新世代エコカーの大幅普及を目標に掲げている国土交通省や経済産業省にとっては、第3のエコカーはもちろん、これだって十分アリ、Welcomeなわけで。

 そして、ほとんどのユーザーにとって肝心なのは、「ハイブリッド」という事実・名前であって、その仕組みや効果の詳細じゃあない。エコカーにもいろいろあるけれど、やっぱりハイブリッドのわかりやすさは絶大なんである。

 事実、セレナの燃費はJC08モードでリッター1キロ程度しか向上していない。けれども、そもそもがクラス・ナンバーワンの売れ行き商品なんだから、”この程度”の後押しで十分追加効果があることを、日産はよく承知しているんだろう。

 何でもかんでもエコカーという国内市場はどうかしているけれど、そこに文字どおり国内専用商品で超簡易システムを持ち込んだ日産は、だからなかなか商売上手だ。ハイブリッド後発組としては、こういう展開があったのかと思わせるじゃないか。

 ただし、その国内市場全体を見渡せば、売れてる商品がさらに売れるだけはいまの日産は立ちゆかないようにも感じられる。粗悪な作りでコケたマーチや、マイナーで失速したキューブ、壊滅状態のセダン群など、以前ほど大きくない国内ラインナップ内での低打率者がまだまだ多いし。

 その点、商品自体の魅力とそれに見合ったイメージの発信、そして今回のような付加価値の追加など、1台のクルマを作って売り出す際に、セレナのような各要素の“一致”はとても重要だ。

 で、ティーダと統合と言われる新型ノート以降、新技術だけじゃなく、日産はメーカー内の市場食い合い抑止と、商品開発の高効率化を目指した車種の統合を進めるみたいで、そこに一抹の不安が垣間見られたりする。

 統合がグローバルな単位で行われること自体はいいけれど、たとえば、いくら法人需要が多いとはいえ、カローラ並みに退屈そうな中国版サニーをラティオにするとか、セレナで見た”一致”を無視したことをやっていると、結局はよくわからないラインナップが今後も続いちゃうと思うので。

|

« クルマ散策:夏休みの日記 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・オーリス »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

やっぱりなんちゃって…ですよね。実質的な燃費は、ユーザーの使用状況いかんによって変動するんですから性能うんぬんよりも、税制面で販売的に有利な手法を取るのもひとつでしょうね。
でも残念ながら、バッテリーが鉛だなんて…スズキが次期ワゴンRで出そうとしている回生エネルギー用のバッテリーは日産が得意とするリチウムイオンなのに。まぁセレナのシステム自体、本格的なハイブリッドじゃなく、補助的なシステムだから仕方ないですが、これをもう少し進化させてEV走行はさせなくても回生エネルギーを使用するシステムにできるといいですね。
この手を使うんだったら、年末に出るシルフィなんかにもやればいいんですよね。ちょうどシルフィクラスのセダンにトヨタじゃハイブリッド車はないし…
いまの国内市場における日産はかなり駄目ですね。ホンダのフィットのように大量販できるモデルとしてノートを育てたいようですが、ティーダの役目をメダリストに追わせて市場での食い合いを防ぎたいようですが、末期で3000台も売れているティーダのボリュームは無視できないし、だったらティーダで標榜したプレミアムコンパクトって何だったのか…
国内市場にはトヨタが手を出していない隙間がまだまだあるのに、日産はやろうとしない。海外で好調な販売戦略をもちながら、日産は国内市場において無策というか、放置に近いものを感じますね。

投稿: アクシオム | 2012年8月21日 (火) 10時59分

ハイブリッドって名前だけですよね~だけど、購入者には素晴らしいシステムに感じるのでしょうか? トヨタもですが、最近は日産も相当お客をなめている気がひしひしと伝わってきて寂しいです。

「ハイブリッド」にするため、一応、モーターを付けているようですが、はたしてモーターが必要なのか理解できません。これなら、マイルドハイブリッドや、ミニの回生ブレーキシステムのようなシステムではいけないのか悩みます・・・。 もし、売らんがための「モーターとりあえず付けときました!」や、「制御は、コンピュータでちょいちょい」的発想でこのシステムになったとしたらお客も馬鹿にされたものです。angry

しかし、なんでもハイブリッドや、エコって名前が付けば買ってしまう方にもかなりの問題があるとも思っています。 バッテリーを多く積むクルマは、製造され、お客の手元に届くまでどれだけの環境負荷をかけているのか考えていただきたい。というと、環境保護の人みたいですが、逆で、私は、余計なことをやるよりシンプルが一番のエコだと考えています。
よって、なるべく高効率の内燃機関が、よりベターでハイブリッドは先代のプリウスぐらいの台数ならしょうがないと思いますが、現在の台数は返って環境負荷が問題になるレベルだと思ってヒヤヒヤして現状を見ています。

やっぱり、メカニカルな部分でもう少し新しいモノがあればいいのですが、バッテリーの容量や進歩がクルマの進歩だとなるとなんだかさみしいですね。
そして、日産のラインナップの明日はどっちだ!!!

投稿: ぷじお | 2012年8月22日 (水) 21時15分

今の日産はアメリカ・チャイナ・インド・タイでルノーが稼ぐ為の単なる駒なのは今更言うまでもないことですよね?
今の日本は投資回収効率が悪過ぎなんですよ。ルノーと被る日産車はとにかく断絶。
ガス抜きはとりあえずGTR・ジュークみたいな派手なデザイン・インフィニティ系で。
この人形劇に日産ファンや国粋主義方面の方は嘆いて居られるようですが、内部的にはこのままの方が良いようで。

投稿: llll | 2012年8月24日 (金) 19時46分

アクシオムさん

シルフィへの搭載はいい考えですね。とにかくエコ的機能が何かないと売れない状況ですし。たしかアテンザも
回生装置搭載ですよね。
ティーダはサニーからの脱皮が成功したブランドなのに、あっけなく放棄なんですね。その分ノートを月販1万台
見込んでいるそうですが、ティーダはラグジュアリーを体現した落ち着いた内外装がヒットの理由ですから、ちょ
っとキツそうですね。

ぷじおさん

クルマだけでなく昨今の異様な節電モードもそうですが、私たち日本人は「エコのためなら死んでもイイ」という気
質ですからね。こんなにコントロールしやすい国民も珍しいかも。HV車の製造にかかるエネルギーは、原発がで
きるまで排出される二酸化炭素と同様、そういうことは考えないんですよね、日本人は。

llllさん

回収効率が低いのであれば、なおさら回収できる商品を入れないといけませんよね。不人気車など言語道断。
ただ、やってることはそうとも思えない。だったら大々的にラインナップを減らす方がいいかもしれないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年8月25日 (土) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/46767838

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・セレナ(仕様追加):

« クルマ散策:夏休みの日記 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・オーリス »