« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

新車心象風景:トヨタ・オーリス

Photo

 でたらめなブレイドが1世代で消えたのは想定内だったけれど、オーリスがこういう変身をするのは予想外だった。

 欧州でのコンパクトハッチは、トヨタもそれなりに長い歴史を持っているけれど、いよいよゴルフに本気で挑戦だと公言していた先代オーリスは、結局その役を全うするに至らなかったみたいだ。

 それは、プレミアム方向に邁進する仮想敵を相手に、相変わらず「案外安いですよ」な雰囲気を発散させる商品の立ち位置がやっぱり中途半端だったんじゃないかと。フライング何とかという飛び道具の大仰なコンソールも不評だったらしいし。

 それにしても、全高を下げてスポーティにというコンセプトはいいとして、まさかこういうスタイルになるとは。僕なんか単純だから、ゴルフの全高を下げたら、まあAクラスとか1シリーズだよなあ、なんて発想をしてしまったんだけど。

 今後のトヨタ車の表情となる「キーンルック」と名付けられたグリルの端から、一気にリアまで引かれた低めのキャラクターラインで結ばれるボディは、いわゆるハッチバックでもなければワゴンでもない。トヨタ自身はスポーツハッチと表現するけれど、インプレッサのそれとも違うし、先のようにドイツ勢とも違う。だったらよほど個性的なんだろうと思うわけだけど、ところがそうじゃないところがミソだ。

 キーンなヘッドランプは凝った形状だし、リアランプはさらに複雑な形状でリアエンドを装飾する。ディフューザー部分も実に入り組んだラインで、モデラーさんも相当頑張った感じだ。まあ、フロントグリルバーがヘッドランプに続くのは、対マツダ的にマズイんじゃないかとは思うけど。

 ただ、そうやって凝った「部分」を持ってはいるけれど、いかんせん全体のフォルムが凡庸で、新鮮味や面白味が圧倒的に欠けてしまっている。それはたぶんサイドグラフィックの影響もありそうだけど、新時代のスポーツハッチというより、単なるミニ・ウイッシュというか、あるいはかつてバンの雰囲気を振り切れなかった時代の5ドアハッチを連想させる。

 前後の凝った形状は、この全体の退屈さにより残念ながらほとんど意味をなしていない。TVでは「お尻」をテーマにした大胆な広告を展開しているけれど、逆にそんなところしかアピールできなかったんじゃないのか? 最近ではカローラやポルテも結構残念だったけれど、いやいやオーリスも決して負けてはいない。カタログでは映えるけれど、実物は?という最近に多いパターンだ。

 インテリアも質感の高さを謳っているけれど、どこか不安定で細身なデザインも含め、やっぱり「案外豪華ですよ」の範疇から外れておらず、結局中途半端に見えてしまう。質感を云々するなら、クラスを考えても、もっと素材自体で正面勝負すればいいのに。

 身もフタもない言い方だけど、これだけ個性が感じられないと、このクルマの存在意義すら疑ってしまう。こんなの作るなら、全長4200ミリのプリウスβでいいんじゃないか? そっちの方がライバルに対して明快な付加価値もあるし、オリジナリティもある。どうせ欧州版にはHVも設定するっていうしね。いずれにしても、HVがなければ他に動力源で何の新しい提案がないのはどうなんだろう?

 安定したゴルフはもとより、先のAクラスの劇的変化や、アウディA1の成功、あるいはシトロエンDS3の評判、そして急成長中の韓国勢など。市場には同じクラスだけでも様々な実績やヒントで満ち溢れている。

 そんな中でオーリスのような商品を作るというのは、よっぽど商品企画のコントロールがきいていないか、他に何か深遠な事情があるとしか思えないんである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

新車心象風景:日産・セレナ(仕様追加)

Photo

 トヨタのマイルド・ハイブリッドですら「なんちゃって」感があったので、もはやこのS-HYBRIDをインチキでは?と疑ってしまっても仕方がないかもしれない。

 けれども、商品企画として冷静に見てみれば実によく考えられているんじゃないかと思ったりする。

 まず、サブバッテリーを追加して単に回生エネルギー量を増やしただけとはいえ、やっぱりそれはそれでひとつの新技術だということだ。新しいノートでデビューするという小排気量過給エンジンも注目されているけど、それら日産の新技術群のひとつとしておそらく戦略的に開発されたものであって、インチキっぽくても商品技術として他メーカーに先駆けたのは事実でしょ。

 実際、このシステムでもしっかり免税になっているから面白い。いわゆる新世代エコカーの大幅普及を目標に掲げている国土交通省や経済産業省にとっては、第3のエコカーはもちろん、これだって十分アリ、Welcomeなわけで。

 そして、ほとんどのユーザーにとって肝心なのは、「ハイブリッド」という事実・名前であって、その仕組みや効果の詳細じゃあない。エコカーにもいろいろあるけれど、やっぱりハイブリッドのわかりやすさは絶大なんである。

 事実、セレナの燃費はJC08モードでリッター1キロ程度しか向上していない。けれども、そもそもがクラス・ナンバーワンの売れ行き商品なんだから、”この程度”の後押しで十分追加効果があることを、日産はよく承知しているんだろう。

 何でもかんでもエコカーという国内市場はどうかしているけれど、そこに文字どおり国内専用商品で超簡易システムを持ち込んだ日産は、だからなかなか商売上手だ。ハイブリッド後発組としては、こういう展開があったのかと思わせるじゃないか。

 ただし、その国内市場全体を見渡せば、売れてる商品がさらに売れるだけはいまの日産は立ちゆかないようにも感じられる。粗悪な作りでコケたマーチや、マイナーで失速したキューブ、壊滅状態のセダン群など、以前ほど大きくない国内ラインナップ内での低打率者がまだまだ多いし。

 その点、商品自体の魅力とそれに見合ったイメージの発信、そして今回のような付加価値の追加など、1台のクルマを作って売り出す際に、セレナのような各要素の“一致”はとても重要だ。

 で、ティーダと統合と言われる新型ノート以降、新技術だけじゃなく、日産はメーカー内の市場食い合い抑止と、商品開発の高効率化を目指した車種の統合を進めるみたいで、そこに一抹の不安が垣間見られたりする。

 統合がグローバルな単位で行われること自体はいいけれど、たとえば、いくら法人需要が多いとはいえ、カローラ並みに退屈そうな中国版サニーをラティオにするとか、セレナで見た”一致”を無視したことをやっていると、結局はよくわからないラインナップが今後も続いちゃうと思うので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クルマ散策:夏休みの日記

Kafe_2

 先日、出張先の京都・今出川で見つけた珈琲店「FACTORY KAFE工船」は、華奢ながらも手作り感覚溢れるインテリアが気持ちいいだけでなく、一杯30グラムもの豆を丁寧にネルで淹れるストレートコーヒーも素晴らしい味だった。

 おそらく僕よりひと回りは年下の若いオーナーは、これまでの経験から独自の味の引き出し方を研究し、いまでも毎日が試行錯誤だと話してくれた。珈琲通がうなる”スペシャルティコーヒー”を謳うこともなく、流行のカフェスタイルに同調することもない姿勢には、年齢とは関係のないある種の「本物」を感じた。

 いまガンダムやヤマトなど、アニメ世代を築いた代表的作品のリメイクが流行だ。

 ファースト・ガンダムの正当な続編と言われる「UC(ユニコーン)」は、実写映画で残念な作品が続く福井晴敏氏の書き下ろしという一抹の不安材料があったものの、安彦氏のキャラクターデザインと相まって、ファーストと絡むかのような展開を、的確なテンポと抑制のきいた演出で独自の世界観を持つことに成功している。古橋一浩監督は大きくメディアで取り上げられる機会こそないけれど、作品によって押さえるべきツボを把握できる「能力」を持っているみたいだ。

 一方、キムタクの実写版と異なり、設定はもちろん、シナリオまでほぼオリジナルと同じとし、畏怖の念をもってこれを最新映像で表現するとした「ヤマト2199」は、抑えのきかない安易なアレンジと全体を俯瞰できない細部へのこだわりが先行し、信じ難いまでの駄作になっている。自身のメカニックデザインがなければ映画「パトレイバー」の成功はなかったなどと、頓珍漢な批判を押井守氏に向けたこの出渕裕監督は、史上もっとも有名な作品に手を付けることで「能力」のなさを露わにしてしまった。

 オリンピック中継の直後に流れる通常のニュースに興ざめするのは、単にもっと有名選手やその競技を観ていたいということもあるだろうけれど、世界を相手にする「超一流」の技と比べ、たとえばいつまでたっても政局報道に終始するメディアや、加速する政治家自身の「三流」、「四流」ぶりに、あまりの落差を感じるからかもしれない。

 ところで、現在・過去を問わず、クルマには名車と呼ばれるものもあれば、駄作とされるものもある。仮に名車が「一流」で駄作が「三流」だとしたら、その差は何の「能力」の違いによるのだろう? 開発主査の統括力か、デザイナーの腕か? あるいは営業や役員の余計な横槍か? 数多くの人間が、しかも4年も5年もかけて作るプロダクトに、何でそんな差が出てくるのだろうか。

 そして、オリンピックの「一流」の技に沸く視聴者=僕らユーザーは、なぜクルマでは平気で「三流」を選択してしまうのか。「無気力試合」を批判しながら、何で無気力なクルマにお金を支払ってしまうのだろう? 実は、本当のところ「一流」の技を見ているのではなく、例によってイベントものに弱い日本人のいつものクセなのか?

 人気のB級グルメじゃないけれど、すべてがいいもの、全部が「一流」では面白くないという言葉をよく聞く。何となく言いたいことはわかる。けれども、そのB級グルメにもランキングが付くように、結局はいいものとそうでないものに厳然として分けられるんである。

 「一流」という言葉が滑稽でいやらしいのなら、単に「いいもの」でも同じだろう。やっぱり僕は「いいクルマ」を期待するし、そういうクルマを見たい。だから、いいものを作る「能力」や、その力が大いに認められる環境を期待すると同時に、それを見定める審美眼も持っていたいと思う。

 え、何を言っているんだかわからない? まあ、夏休みということで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑誌記事:「XaCAR」9月号発売です

Photo

 『Xa CAR』、9月号が発売になりました。

 前澤義雄氏によるデザイン診断、第2回目はスズキ・スイフトスポーツです。

 先代から大きく変わらなかった現行スイフトですが、その現行をベースとするスポーツのデザインはどうなのか? 今回も全体的な視点から細部に至るまで、語っていただきました。

 よろしければ、書店にてお手に取りください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »