« 雑誌記事:デザイン記事始めました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ポルテ&スペイド »

雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー「トヨタ・ポルテ&スペイド」

Photo

 ニフティ自動車サイトでのデザイナーズ・インタビュー。今回は昨日発表されたトヨタ・ポルテ&スペイドです。

 発表会はお台場メガ・ウェブで行われたのですが、これがなかなか厳しいものでした。

 すべての会に行っているわけではないので、完全な決め付けはできないのですが、現行ヴィッツあたりから、どうもトヨタの発表会はおかしくなっている気がします。

 元気な女性社員が司会を務める会は、主査やデザイナーなど開発責任者を檀上に並べて行われるのですが、その演出がチョット。

 台本、動きともすべて決まっているようで、後のスクリーンの内容に沿いながら、各責任者は自分の番が来ると俳優のように中央に出てきて「セリフ」を語ります。もちろん、彼らは素人ですからそのセリフは拙いですし、そもそも決められた短い台本だけしか話さないので、詳細な開発内容はよくわかりません。

 極めつけは、今回のTVCMに登場する頭がハトのお父さんと子役が、派手な演出でサプライズな登場をしたことでしょうか。

 どうやらハトの鳴き声の「ポ」と、ポルテの「ポ」を引っ掛けるという宣伝企画らしいんですけど、スーツを着た大のオトナが席を埋める発表会場で、「ポ」だの「ポー」しか発しないお父さんと、幼い子どもの寸劇を見せつけるというその発想と神経はどんなものなんでしょう?

 僕はいたたまれなくなって早々に離席しましたが、個人的には今回仕切ったトヨタマーケティングジャパンという会社が前面に立つようになってから、「この手」の催しになった印象があります。彼ら彼女らは、この会を本当に真面目に企画し、さらに実際にこの会を開いてみて満足しているんでしょうか? だとしたら、相当マズイです。

 だいたい、マーケティング会社(部門)が会を運営し、ことさら宣伝企画だの広報展開だのばかりを紹介するのは、基本的なところで主旨を間違えているんじゃないでしょうか?

 もちろん、これが若者のクルマ離れ対策として、小学校か中学校の講堂で「上演」されるならまだ納得できますけど、何たって新車発表会ですからねー。

 さて、インタビュー記事ですが、いつものとおり下記サイトになります。

(ニフティ自動車サイト)

http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

|

« 雑誌記事:デザイン記事始めました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ポルテ&スペイド »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

こういう宣伝こそ、手段を目的化しているってことなんでしょうね。ようは宣伝の自己満足。やっぱりトヨタの広報改革は、改悪になっているようですね。
そもそもトヨタの場合、社長さんからしてプレゼン下手ですよね。部下まで下手でも困りますが…
広報として伝えたいことをもうちょっとストレートにすっきりやればいいのに、何が何だかわからないまま、新しい試みだけしている気がしてなりませんね。
ちなみに、社長が発表会に出席すると勝手に段取りすっ飛ばしてやりたい放題やって、もっとめちゃめちゃになるって言われてますが…如何に?

投稿: アクシオム | 2012年7月24日 (火) 20時36分

子育て中の家族や、乗り降りに不自由する高齢者にはホントいい車だと思うんですけど。そこをストレートに表現するだけじゃダメなんですかね。

従来のトヨタは垢抜けてないけど、ユーザーに対してある種の誠実さがあったと思うんですよね。やっぱトヨタは無理しちゃダメなんだと再認識しました。(お父さん鳥コワイw子供泣くよ)

投稿: ネコ | 2012年7月24日 (火) 23時15分

最近の「りんご病」はタチが悪いですねwobbly

カリスマ性のあるジョブスだからカッコイイ!プレゼンになるということを勘違いしているのが最近の大企業に蔓延する「りんご病」で、見ている方が恥ずかしいですよね・・・ サラリーマンの課長・部長なんかにジョブスを求めるなって。

ポルテは先代のデザインはトヨタだけでなく他社のものに比べてもデザイン結構好きなクルマでした。 今回も全体のシルエットは先代のようにギュッと詰まった形で良いなと思わせるのですが、いかんせん、線がめちゃくちゃに引いてあり台無しにしているように感じます。
先代が持っていた、複雑に曲がった面を、しら~っと合わせたいい塩梅が主張の強い線でぶち壊されてしまい、非常に残念です。

そして、お手軽改造車種を増やして、全く進歩が見られないのも残念です。今のトヨタだったら、そこは、ハイブリッドだろ~?という気がしますが、気概も何もない車種増に怒りすら覚えます。 何をやっているのか・・・はぁ・・・(脱力)

投稿: ぷじお | 2012年7月25日 (水) 23時02分

私もクルマ好きでいろんな雑誌を読んでいますが、どうもそれがいけないような
気がします。
女性のように感覚だけでクルマを見たほうが本当のことがわかるんじゃないかと
思うときがあります

私みたいな素人はメーカーの説明はそのクルマが気になってから少しだけ聞き
最初は自分の感覚で注意深くクルマに接し、変な情報を入れないほうが
いいんじゃないかと思っています

投稿: 菅原 | 2012年7月27日 (金) 20時28分

良い意味で笑えるPRなら幾らでも捻り回していただいて結構ですが、
つまらないプロモーションしか思いつかないならシンプルに行くべきですよね。
高齢者や障碍者にアピールする商品なら尚更分かりやすく。
技術さんにまで羞恥プレイに近い事やらせるなんて。

ポルテはスライドドアが広い点は良いのですが、
高齢者障碍者が後席に乗り込む際はドアからシートの距離が
若干遠いのでかえって乗り込みにくい様な気もします。
なぜ横から大荷物を入れる必要があるんでしょう?
当たり前にバックドアから入れる方が積載効率は良いですよね。

旧型は稚拙さを感じる後ろ以外はキュート。和田智さんも褒めていました。
新型は一見すると纏まりは良いんですが、横に余計な「溝」が多いですね。
顔は最近のプジョーみたいなデカ口で台無しです。
カスタムショップの顔面スワップより酷いあの兄弟車は一体?

投稿: llll | 2012年7月28日 (土) 13時09分

アクシオムさん

改悪・・・トヨタマーケティングにも色々あるのでしょうが、ここは女性消費の意見を重視する傾向があるようです。僕はクルマにおける女性視点に可能性を感じていますが、残念ながら同社ではその悪い面が先に出てきているように思います。社長の頓珍漢な話もここの演出?

ネコさん

ここのところ、トヨタのTVCMは有名人を使ったイメージものばかりでした。その方が売れる場合が多いということなんでしょうけど、クルマに自信がないんでしょうかね?

ぷじおさん

先代のカチッとしたまとまりはよかったですね。パッソ、ヴィッツ、カローラと、このところすべて改悪傾向です。海外でプリウス名のアクアは頑張ってますけど。

菅原さん

上にも書きましたけど、ある時期僕は女性のクルマに対する感性に可能性を感じていました。もちろん、いまでも少なからず感じていますが、しかしメーカー自らその感性のレベルを下げて示すような言動にガッカリしています。そうじゃないだろ、と。トヨタ社内にそういう声はないのでしょうか??

llllさん

この演出はちょっとマズイんじゃない?・・・という声がないのが不思議なくらい酷い発表会でした。演出した部署は満足しているのかもしれないですが。
先にも書きましたが、先代は明快なデザインでした。しかし、今回は「雑貨」だそうですから・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年7月29日 (日) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/46446802

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー「トヨタ・ポルテ&スペイド」:

« 雑誌記事:デザイン記事始めました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・ポルテ&スペイド »