« クルマ散策:蔦屋書店・代官山に寄る | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事始めました »

クルマ散策:坂口善英著 『日産ラシーンのデザイン開発』

Photo

 ラシーン本は、以前シリーズもののひとつとしても出ていたけれど、これはチーフデザイナー自身による、昨年刊行の新しいものだ。

 日産による一連のパイクカーの締めくくりとされた同車は、パイクカーとしてはもちろん、量産車を含め、その5年間におよぶ開発手法がきわめて特殊であったことを強く訴える内容。

 著者の坂口氏によれば、その特殊性はクルマというプロダクトを企画・デザインするうえで、本来あるべきであろうプロセスを数多く含んだものであって、今後の日本車の企画に大いに反映させるべき内容であるとも語っている。

 その著者自ら、ラシーン開発の肝を「アナログ手法による感性品質強化」「アイデアの熟成時間」「異分野の知」とまとめている。

 「アナログ手法」はまったくもってそのとおりだと思う。というか、クルマに限らず、プロダクトデザイン全般について、近年の若手のデジタルツール依存傾向を耳にしたことがあるのだけど、やっぱり現場はそうなのかと。

 もちろん、それは若いスタッフや学生自身が怠けているのではなく、手描きによる表現を疎かにする技術的な環境を、どこかで肯定してしまういまの教育現場に問題があるのかもしれないとは思う。

 一方で「熟成時間」については、新しい発想のクルマはこれほど長期間による複雑な過程を経ないと完成しないのか、なんて素朴な疑問もある。

 まあ、このプロジェクトは途中プロデューサーが2回も変わるという不運もあったというけれど、しかし、それにしても企画の練り直しや試作モデルの数は結構なものだし、企画合宿などスタッフのコミュニケーション育成等々を含めた5年間という過程は並外れている。

 いや、そこにはプロジェクト後半、採用されたキースケッチが出されると、これが結構サクサクと進んだようにも見えて、果たしてそれまで多くを費やした膨大な企画検討は必要だったのか?と思わせるところがあったりするんである。

 優れたプロダクトについて、かかった時間や手間を考えることに意味があるのかは難しいところだけど、仮に最初のキーワードが決まった直後になぜこの採用案は出なかったのか? やっぱり相応の熟成期間を持たないと無理だったのか、と。

 たとえば、坂口氏が敬愛するというジウジアーロ氏による初代のパンダやゴルフはどうだったんだろう。きっと、このキースケッチを考えたデザイナーがそうであるように、要は才能のある人間による、明快でブレのない発想と閃きこそが肝心なのではないか。

 だとすれば、氏がもうひとつ謳う「異文化の知」は建築やファッションなど、文字通りの異分野でなく、もしかしたら「外部カロッツェリア」という単純な話でいいのかもしれない。

 僕はサラリーマンの仕事で頻繁に展示見本市に出掛けるんだけど、岐阜県が出資し、県内の木工や陶器、プロダクトなどを取りまとめる「オリベ・デザインセンター」なる財団がよく出展していて、毎回そのセンスの良さに目を引かれていた。

 何で岐阜県で?なんて思っていたら、実は同センターは坂口氏がプロデュースしていたことを、偶然にも本書の奥付で知ることになったんである。

 つまり、氏は間違いなくいいモノを見抜き、あるいは引き出す才能に長けたまさに名プロデューサーなんだと思う。その彼が率いるチームが、長年の試行錯誤によってラシーンという名車を生んだとするのが本書だと。

 それは決して間違いではないだろうと思いつつ、しかし同時に別の見方もできてしまうのが、恐らくはクルマというプロダクトの面白さであるのかもしれない。

|

« クルマ散策:蔦屋書店・代官山に寄る | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事始めました »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

ラシーンってそんなにデザインを考えたクルマだったのですか!?

初代ラパンみたいな企画物だとばかり・・・ 所ジョージさんが感想を聞かれたとか言ってましたよね。「うん、いいんじゃないの」と言ったら、実車が所さんの考えていたサイズよりすごく小さくてガッカリしたとか。(jeep位の大きさを考えていたのでしょうか?)

私は、同じ日産のパイクカーでも、Be-1・パオ・フィガロあたりは許せるのですが、ラシーンはちょっと本能的に合いません。デザイン不毛の時代の日産の遺物だと思っています。
逆にそれだけ考えて出来たデザインということは、考えすぎてしまったのでは?過ぎたるは及ばざるの如し ~考えるな~感じろ~(byブルース・リー)

投稿: ぷじお | 2012年7月 8日 (日) 16時02分

この書籍、拝見しましたが…試作品の数々にはアーバンコンバットというBNR32GT-Rベースにガラクタのハリボテのせた
ような理解不能なものも・・・。外部にわざわざやらせた結果がコレ?って思いました。

ただ、クリエイティブな作業って「コレだ!」ってものに出会うまでの道のりが意外と長かったりすることがあるのは事実ですよ。

>ジウジアーロ氏による初代のパンダやゴルフはどうだったんだろう
今月号のCG、カーデザイン特集のジウジアーロ氏インタビューにエモーショナル至上主義から機能性やパッケージングまでを意識するようになった過程がさらっと述べられてましたよ。

投稿: KATSU | 2012年7月 8日 (日) 21時54分

この本、買いましたね。企画はクリエイティブであっても、ベースとなるクルマが…日産自体、業績も開発も何もかも悪い時代にもがいたクルマですから。
ホントは、技術面やパッケージ面でもきちんとしたものを提案して欲しかったですね。
しかし、今の日産はCGでも特集に出ているナカムラさんが来てから「デザインの日産」なんて言われている割に、デザイン側からのクリエイティブな商品提案がなくなりましたね。
いまの日産は、昨年なんて震災に救われた感があるように、まったく日産本体の新車を出さなかったし、今年出た新車はホントちょちょいのちょいで出たクルマばかり。シーマだってどうがんばってもフーガストレッチだし、NV350キャラバンはトヨタからハイエースをOEMして来ましたと言われても「あぁそうですか」と済まされそうなくらい、似ているよりも、そのまんま感ありありのものだし…いまの日産デザインにポリシーはあるのか?

そういえば先月同じ岐阜は岐阜でも、飛騨高山の飛騨産業さんに行ってきましたが、やっぱり岐阜って産業的に面白いものがありますね。この飛騨産業さんのように、完全受注生産の家具屋さんだったら、件のプロデューサー氏のような方の活躍の場ってありますよね。そろそろエコカーばかりの押し着せ大量生産車から、少しは脱却して欲しいものですね。

投稿: アクシオム | 2012年7月 8日 (日) 22時42分

ぷじおさん

フィガロもいまもって高値がついてますね。ラシーンは仰るとおり、一見「サニー・カルフォルニアの変形?」
なんて思わせてしまうところは、完全に損をしているかと思います。それでも根強いファンがあるのは間違い
ないのですけど。

KATSUさん

CGはジウジアーロインタビューみたいですね。これから読んでみます。長い時間・・・KATSUさんは何かそ
ちらの方面なんでしょうか?

アクシオムさん

マーチ、ティーダ、シルフィ、ティアナ、フーガ、Z・・・と、V字回復時にパッと出た佳作達の次作が非常にマ
ズイことになっていますね。この継続性のなさは一体どういうことなんでしょう? 飛騨産業さんも有名です
が、自分はオークヴィレッジさんとお付き合いがありました。岐阜はエネルギーの地産地消計画といい、色
々チャレンジングですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年7月 9日 (月) 11時49分

初めて見たときのラシーンは、子供のラクガキかと思ったくらいのヘンテコデザインとして映りました。
今でも好きになれないのですが、好みは別として、今もって書籍で改めて語れるほどの耐久性のあるデザインであったということでしょう。

投稿: abcd | 2012年7月12日 (木) 00時28分

専門店がいくつもあり、海外からの引き合いもある車なのに,
デザイン不毛の時代の日産の遺物と仰る方がいられることに少々吃驚です。
まあ確かに雰囲気「だけ」の車ですけど。

何もかもが四角なのにヘッドライトの端が何故か楕円なのが惜しい。
4WDオンリーだった意味が分からない。

投稿: llll | 2012年7月12日 (木) 21時06分

ラシーン、嫌いな人はほんと嫌いみたいですねえ。
僕は大好き(お尻のとこなんでほんと愛らしい・・・)なんですが。

まあ、好みはいろいろでしょうから、特徴有る車と言う事でデザイン性としては成功した車なんじゃないかと。
今出回ってる物のなかで、なかなかぐっとくるもの、無いと感じますから。
メーカーやデザイナーはこのあたりを汲み取って欲しいものです。
特徴付けようとおもって、整形美人とおりこして皆同じ顔、だったり、特徴付けすぎて不細工(それがかわいいー、とか言う人も当然いるんでしょうが)になったり、なんだか残念だなあ。

で、まず無いでしょうが復刻望みます。
限られてはいるでしょうが好きな人は好きなデザイン、且つ生産終了後も生き延びている訳ですから、何か無理に新しい形を生み出そうとせずってのも手だと思うんですけどね。無駄な経費削るためにも。
まあ、万が一にもそうなったとしても、余計な手が加わって台無しにしちゃうんでしょうが。。

と、休憩中に何気なく検索したらこちら出てきて、うれしくなりついつい失礼しました。

投稿: とおりすがり | 2012年8月30日 (木) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/46236473

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:坂口善英著 『日産ラシーンのデザイン開発』:

« クルマ散策:蔦屋書店・代官山に寄る | トップページ | 雑誌記事:デザイン記事始めました »