« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー「トヨタ・ポルテ&スペイド」 | トップページ | 雑誌記事:「XaCAR」9月号発売です »

新車心象風景:トヨタ・ポルテ&スペイド

Photo

 とくに変わった話じゃなく、エクステリア・デザインと車種展開なんである。

 パッソ、ヴィッツ、ラクティス、カローラ。多少の方向性の違いこそあれ、新型はどれも基本的にエクステリア・デザインの詰めが甘く、「前の方がよかった」が続いていて、残念ながらこのポルテもそうなってしまった。

 まず、「スクエアオーバル」という造形上のテーマは、可愛い過ぎずシャープ過ぎずの中間を狙ったそうだけど、だからといって、その角のとれた四角をボディのあちこちに散らせばいいってもんじゃなく、そこからしてすでにおかしい。

 また、従来のクルマ的価値観ではなく、「雑貨的」な存在を目指したというのも、たしか現行MRワゴンの発表の時に同じ話をデザイナー氏から聞いたけれど、まあ何だかなあと。

 いや、雑貨がいけないなどと言うつもりはない。ただ、生活雑貨、ファッション雑貨、キッチン雑貨等々、ひとくちに雑貨と言ってもさまざまで、しかもデザインだってピンキリだ。だったら、クルマという大きなプロダクトとして、最高の「雑貨」を目指すべきじゃないか。

 同じような話では、先代のキューブも「文具」「ステーショナリー」といった解釈やアプローチが語られていた。で、結果としてのまとまりはお見事で、それこそ従来のクルマらしさから離れながらも、結局は1台のクルマとして画期的な存在となったんである。

Photo_2

 そういう徹底した練り込みや新しい発想もなく、ただただ若いお母さんがお気楽に「カワイイ」なんて言いそうなレベルで満足したこのエクステリアは、どう考えても評価できない。

 僕は女性視点によるクルマ選びに大きな可能性を感じているけれど、それはつまらない伝統や「D」な走り、あるいはメカニック主義の狭い男性視点にはない、自由で快活なそれであって、次元の低い「カワイイ」発想なんかじゃない。そこをトヨタのマーケティング会社は勘違いしてるんじゃないのか?

 そして、エコを自ら語るこのご時世に、いまさらディーラーの都合による姉妹車を作るっていうのはどうなんだろう。ラウムとの統合で、やたらと多いコンパクトカーの車種整理が進むのかと思いきや、その認識はまったく甘かった。

 しかも、そのスペイドが単なるポルテの「カスタム」という発想がまたいちだんと安易じゃないか。そりゃあ、同じボディを使った展開はトヨタ的に美味しい商売なんだろうけど、そういうのをなぜ簡単にトップ企業がやっちゃうかなあ?

 86で盛り上がっている若社長は、BMWとの提携でまたもや高性能なスポーツカーを作りたいと言っているけれど、何かこう、安いコンパクトなんてまったく関心ない感じがヒシヒシと伝わってくるんである。まあ、マーケティング会社と勝手にやっといて、みたいな。じゃなければ、こう次々とつまらないコンパクトカーが生まれてくる理由がわからないもの。

 あ、そうそう。空からクルマを落とすなんて壮大な広報展開と、しかし落としている商品自体の絶望的なつまらなさとのギャップがあまりに悲しい。発表会会場のモニターを見ながら、そんなことを考えたんである。

|

« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー「トヨタ・ポルテ&スペイド」 | トップページ | 雑誌記事:「XaCAR」9月号発売です »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

前回既に「スペイド」の事は書いてしまったのですが、こういった類の車は実に心を侘しくさせてくれます。また、ハイウェイスター・スパイク・カスタム等このようなクルマがある程度売れてしまうということにも、お手軽改造車を発売してしまうメーカーにも絶望してしまいます。

売れているヴェルファイアも、アルファードの改造車ですし、ダイハツは販売台数のかなりの数が「カスタム」な感じですので、日本人はメーカーの都合で作られた車を無批判で受け入れる素地がある、お仕着せ大歓迎なお国柄なんですよねpout

政治においても、文句だけ言う割に選挙の投票率が伸びていないところなど勘案すると、嫌な言葉ですが、社畜や、B層という言葉が本当に似合う気がします。与えられる物だけを享受するだけではなく、もっと、自分の頭で考えることをしないと絶対にクルマだけではなく食事や服や町並みやスポーツや音楽ですら文化にならないのではないでしょうか?
そんな国民に対する絶望すら考えてしまうほど、「またか~」と絶望感を味あわせてくれるクルマです。 ところで、カローラから「変わる」ということでしたが何かトヨタって変わりました?(笑)

投稿: ぷじお | 2012年7月31日 (火) 03時55分

> 空からクルマを落とすなんて壮大な広報展開
あれは酷いの一言につきますね。
商品も酷いけど、CMの質は輪掛けて酷い。
最初に見たときは、10数年前の初代プレマシーのCMの完全なパクリだはないかと思いましたよ。
オリジナルのプレマシーの方が数段洗練されているのは言うまでもないです。


トヨタらしいといえばそれまででしょう。
86が特例で、トヨタの本質はこうったつまらない商品のほうだと思いますよ。

投稿: dezimac | 2012年7月31日 (火) 08時46分

このモデルチェンジは、フィアット・パンダのモデルチェンジに似てますね。キープコンセプトでありながら、妙な変化の付け方をしてしまったと…
女性視点の可能性には興味ありますが、いまの女性のファッションってカジュアルであることは変わりないけど、結構ユニセックスでスポーティーで、そんなに男性と変わんないし、逆に女性の方が男性的で強かったりするし。
案外、健康とかスポーツブームを利用して、クルマの運転にもその方向性を打ち出し、女性でもMTで運転した方が面白いとか健康だとかになると面白いかも。この手の小さいクルマで、普通のクルマでやるといいのかもしれませんね。

投稿: アクシオム | 2012年7月31日 (火) 22時13分

>無批判で受け入れる素地がある

無批判で受け入れているというより、
美的感覚が全体的に狂い始めているのではないでしょうか。悲しい事に。

>お仕着せ大歓迎なお国柄

いや、寧ろこういうのを好む人達は自ら更に改造をやりたがりますよね?

投稿: llll | 2012年8月 5日 (日) 19時18分

>無批判で受け入れているというより、美的感覚が全体的に狂い始めているのではないでしょうか。

そこまではっきりとは恐ろしくて言えません(笑)。 私は、単なる「ちょっと商法」だと思っています。
日本人の根底にある怖いまでの同調圧力が「ちょっと商法」の成功に一役かっていると考えます。
同じ商品でも、「ちょっと形が違う」・「ちょっと高い」に、すごく関心を示す層があり、その方々にちょうど合うクルマがこれらの、「顔違い」やエアロで飾った「カスタム系」なのだと。 人と違う事に興味はあるけどはみ出しすぎるのは怖い層です。 同調系の方々はメーカーが用意した「ちょっと変わった雰囲気の物」を嬉々として買ってくれるので、メーカーにもおいしいのです。そこには、思考停止で極めて受動的な世界が広がっているのです。
高額な商品を買うのでさえ、雰囲気で買ってしまう事には、お金持ちだなぁと思う反面、怖いなぁとも感じます。 そんな人たちがスペイドみたいなクルマの購入層なのではないでしょうか?
すぎもとさんはどう思われますか?

投稿: ぷじお | 2012年8月 8日 (水) 02時21分

>>お仕着せ大歓迎なお国柄
>いや、寧ろこういうのを好む人達は自ら更に改造をやりたがりますよね?

センスの良し悪しはともかく、自らオリジナルのカスタムを志向する人が、メーカーのお仕着せを好んでいるとは思えませんね。オリジナルを楽しみ、物足りなくなったら自分なりにアレンジするというのがカスタムの醍醐味のようですから。

お仕着せをオリジナルのベース車として割り切っている人はいるかもしれませんが、メーカーがお膳立てしたカスタムはオーナーの個性が反映されるわけでもなく、本流のカスタムをする人からすれば似て非なるモノのようです。

投稿: KATSU | 2012年8月 9日 (木) 11時42分

「ちょっと形が違う」・・・アメ車もずっとそれやってますよね。リーマンショックで一応車種は減りましたが。
「ちょっと高い」・・・典型的なのがマジェスタ・シーマ辺りでしょうか。
80年代まではドイツでもありがちだった様な気がしますが、今では日本特有のようで。

投稿: llll | 2012年8月 9日 (木) 22時51分

使い勝手はいいでしょうね。小物入れが増えたりドアも右側は2ドアになったり、そんでもって内装もいろいろ選べるんでユーザー受けはよさそう。普通に使う分には何の問題ない車。ただデザインが残念。先代はおもしろいコンセプトだったし、デザインもそんなに悪くなかったから少し期待してたんですけどやっぱりトヨタだった。スクエアオーバルのテーマは達成されてるけど特に印象に残らないデザインは呆れてしまう。もっとこうカングーみたいなフランス車っぽいちょっとお洒落な雰囲気が欲しいんだけど日本メーカーでは無理な話なのかな。スペイドはひどくてもう何も言うことがないです。

投稿: RY | 2012年8月 9日 (木) 23時04分

こんにちは。
「商品自体の絶望的なつまらなさ」
デザインはともかくパッケージングやアイデアは他のコンパクトカーにはない画期的なものなんですけどね。そこを理解できないと、このクルマの存在意義がわからないのだろうな……と感じました。

投稿: TK | 2012年8月13日 (月) 10時33分

ぷじおさん

TVで流されるイベントに一色に染まる国民性ですね。ただ、カスタムに関しては、お仕着せの・・・というより、ヤンキー系を「格好いい」としてしまう美意識の欠如の方が問題なような気がします。

dezimacさん

トヨタのTVCMは本当にイメージばかりになりましたね。イメージしか売らないのならイメージ先行のクルマ作りになっても仕方ないがない?ような気がします。

アクシオムさん

たしかにパンダっぽいですね。女性視点は直接的なファッションというよりも、もっと情緒的あるいは直感的なセンスということでしょうか? ただ、トヨタマーケンティングはその点で少なからず視野が狭いところがある気がします。

llllさん

そうそう。ちょいワル・・・というともっとセンスがいいので、やっぱりヤンキー志向というか。

RYさん

そうですねー。カングーみたいになれば面白いんでしょうけど。先代のピシッとしたデザインはよかったんですけどね。まあ何しろ雑貨だそうなんで・・・。

TKさん

片側スライド、片側2枚ヒンジという発想は面白いのですが、やっぱり1台のクルマとしてトータルな良さを期待しますよね。


投稿: すぎもとたかよし | 2012年8月16日 (木) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/46505585

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・ポルテ&スペイド:

« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー「トヨタ・ポルテ&スペイド」 | トップページ | 雑誌記事:「XaCAR」9月号発売です »