« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

新車心象風景:トヨタ・ポルテ&スペイド

Photo

 とくに変わった話じゃなく、エクステリア・デザインと車種展開なんである。

 パッソ、ヴィッツ、ラクティス、カローラ。多少の方向性の違いこそあれ、新型はどれも基本的にエクステリア・デザインの詰めが甘く、「前の方がよかった」が続いていて、残念ながらこのポルテもそうなってしまった。

 まず、「スクエアオーバル」という造形上のテーマは、可愛い過ぎずシャープ過ぎずの中間を狙ったそうだけど、だからといって、その角のとれた四角をボディのあちこちに散らせばいいってもんじゃなく、そこからしてすでにおかしい。

 また、従来のクルマ的価値観ではなく、「雑貨的」な存在を目指したというのも、たしか現行MRワゴンの発表の時に同じ話をデザイナー氏から聞いたけれど、まあ何だかなあと。

 いや、雑貨がいけないなどと言うつもりはない。ただ、生活雑貨、ファッション雑貨、キッチン雑貨等々、ひとくちに雑貨と言ってもさまざまで、しかもデザインだってピンキリだ。だったら、クルマという大きなプロダクトとして、最高の「雑貨」を目指すべきじゃないか。

 同じような話では、先代のキューブも「文具」「ステーショナリー」といった解釈やアプローチが語られていた。で、結果としてのまとまりはお見事で、それこそ従来のクルマらしさから離れながらも、結局は1台のクルマとして画期的な存在となったんである。

Photo_2

 そういう徹底した練り込みや新しい発想もなく、ただただ若いお母さんがお気楽に「カワイイ」なんて言いそうなレベルで満足したこのエクステリアは、どう考えても評価できない。

 僕は女性視点によるクルマ選びに大きな可能性を感じているけれど、それはつまらない伝統や「D」な走り、あるいはメカニック主義の狭い男性視点にはない、自由で快活なそれであって、次元の低い「カワイイ」発想なんかじゃない。そこをトヨタのマーケティング会社は勘違いしてるんじゃないのか?

 そして、エコを自ら語るこのご時世に、いまさらディーラーの都合による姉妹車を作るっていうのはどうなんだろう。ラウムとの統合で、やたらと多いコンパクトカーの車種整理が進むのかと思いきや、その認識はまったく甘かった。

 しかも、そのスペイドが単なるポルテの「カスタム」という発想がまたいちだんと安易じゃないか。そりゃあ、同じボディを使った展開はトヨタ的に美味しい商売なんだろうけど、そういうのをなぜ簡単にトップ企業がやっちゃうかなあ?

 86で盛り上がっている若社長は、BMWとの提携でまたもや高性能なスポーツカーを作りたいと言っているけれど、何かこう、安いコンパクトなんてまったく関心ない感じがヒシヒシと伝わってくるんである。まあ、マーケティング会社と勝手にやっといて、みたいな。じゃなければ、こう次々とつまらないコンパクトカーが生まれてくる理由がわからないもの。

 あ、そうそう。空からクルマを落とすなんて壮大な広報展開と、しかし落としている商品自体の絶望的なつまらなさとのギャップがあまりに悲しい。発表会会場のモニターを見ながら、そんなことを考えたんである。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー「トヨタ・ポルテ&スペイド」

Photo

 ニフティ自動車サイトでのデザイナーズ・インタビュー。今回は昨日発表されたトヨタ・ポルテ&スペイドです。

 発表会はお台場メガ・ウェブで行われたのですが、これがなかなか厳しいものでした。

 すべての会に行っているわけではないので、完全な決め付けはできないのですが、現行ヴィッツあたりから、どうもトヨタの発表会はおかしくなっている気がします。

 元気な女性社員が司会を務める会は、主査やデザイナーなど開発責任者を檀上に並べて行われるのですが、その演出がチョット。

 台本、動きともすべて決まっているようで、後のスクリーンの内容に沿いながら、各責任者は自分の番が来ると俳優のように中央に出てきて「セリフ」を語ります。もちろん、彼らは素人ですからそのセリフは拙いですし、そもそも決められた短い台本だけしか話さないので、詳細な開発内容はよくわかりません。

 極めつけは、今回のTVCMに登場する頭がハトのお父さんと子役が、派手な演出でサプライズな登場をしたことでしょうか。

 どうやらハトの鳴き声の「ポ」と、ポルテの「ポ」を引っ掛けるという宣伝企画らしいんですけど、スーツを着た大のオトナが席を埋める発表会場で、「ポ」だの「ポー」しか発しないお父さんと、幼い子どもの寸劇を見せつけるというその発想と神経はどんなものなんでしょう?

 僕はいたたまれなくなって早々に離席しましたが、個人的には今回仕切ったトヨタマーケティングジャパンという会社が前面に立つようになってから、「この手」の催しになった印象があります。彼ら彼女らは、この会を本当に真面目に企画し、さらに実際にこの会を開いてみて満足しているんでしょうか? だとしたら、相当マズイです。

 だいたい、マーケティング会社(部門)が会を運営し、ことさら宣伝企画だの広報展開だのばかりを紹介するのは、基本的なところで主旨を間違えているんじゃないでしょうか?

 もちろん、これが若者のクルマ離れ対策として、小学校か中学校の講堂で「上演」されるならまだ納得できますけど、何たって新車発表会ですからねー。

 さて、インタビュー記事ですが、いつものとおり下記サイトになります。

(ニフティ自動車サイト)

http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイン記事始めました

Photo

 本日発売の雑誌『Xa CAR』で、新しい記事を始めました。

 以前、別の雑誌で、デザイン評論家の前澤義雄氏を起用した「デザインイッキ斬り」のような連載をやっていましたが、残念ながら編集部の都合により約半年で終わりになりました。

 今回は、あの記事をどうしても再現したく、Xa CARに持ち込んだかたちになります。もちろん、冊子の性格上、スポーツカー・スポーティカーが対象となりますが、基本姿勢としてはまったく同じです。自分は企画・構成・文を担当ということですね。

 以前と同じ趣旨ということはかなりの「辛口」となるわけですけど、これを承諾してくれた同誌編集部には感謝したいと思います。実際、第1回目の「86&BRZ」もかなり辛口ですしね。

 前澤氏のデザイン対談は某誌で長く続いていますが、こちらはまた別の切り口で面白い記事にしたいと思っています。できればXa CARの名物記事にまでなればいいですね。

 それでは、お時間がありましたら書店にてお手に取りください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

クルマ散策:坂口善英著 『日産ラシーンのデザイン開発』

Photo

 ラシーン本は、以前シリーズもののひとつとしても出ていたけれど、これはチーフデザイナー自身による、昨年刊行の新しいものだ。

 日産による一連のパイクカーの締めくくりとされた同車は、パイクカーとしてはもちろん、量産車を含め、その5年間におよぶ開発手法がきわめて特殊であったことを強く訴える内容。

 著者の坂口氏によれば、その特殊性はクルマというプロダクトを企画・デザインするうえで、本来あるべきであろうプロセスを数多く含んだものであって、今後の日本車の企画に大いに反映させるべき内容であるとも語っている。

 その著者自ら、ラシーン開発の肝を「アナログ手法による感性品質強化」「アイデアの熟成時間」「異分野の知」とまとめている。

 「アナログ手法」はまったくもってそのとおりだと思う。というか、クルマに限らず、プロダクトデザイン全般について、近年の若手のデジタルツール依存傾向を耳にしたことがあるのだけど、やっぱり現場はそうなのかと。

 もちろん、それは若いスタッフや学生自身が怠けているのではなく、手描きによる表現を疎かにする技術的な環境を、どこかで肯定してしまういまの教育現場に問題があるのかもしれないとは思う。

 一方で「熟成時間」については、新しい発想のクルマはこれほど長期間による複雑な過程を経ないと完成しないのか、なんて素朴な疑問もある。

 まあ、このプロジェクトは途中プロデューサーが2回も変わるという不運もあったというけれど、しかし、それにしても企画の練り直しや試作モデルの数は結構なものだし、企画合宿などスタッフのコミュニケーション育成等々を含めた5年間という過程は並外れている。

 いや、そこにはプロジェクト後半、採用されたキースケッチが出されると、これが結構サクサクと進んだようにも見えて、果たしてそれまで多くを費やした膨大な企画検討は必要だったのか?と思わせるところがあったりするんである。

 優れたプロダクトについて、かかった時間や手間を考えることに意味があるのかは難しいところだけど、仮に最初のキーワードが決まった直後になぜこの採用案は出なかったのか? やっぱり相応の熟成期間を持たないと無理だったのか、と。

 たとえば、坂口氏が敬愛するというジウジアーロ氏による初代のパンダやゴルフはどうだったんだろう。きっと、このキースケッチを考えたデザイナーがそうであるように、要は才能のある人間による、明快でブレのない発想と閃きこそが肝心なのではないか。

 だとすれば、氏がもうひとつ謳う「異文化の知」は建築やファッションなど、文字通りの異分野でなく、もしかしたら「外部カロッツェリア」という単純な話でいいのかもしれない。

 僕はサラリーマンの仕事で頻繁に展示見本市に出掛けるんだけど、岐阜県が出資し、県内の木工や陶器、プロダクトなどを取りまとめる「オリベ・デザインセンター」なる財団がよく出展していて、毎回そのセンスの良さに目を引かれていた。

 何で岐阜県で?なんて思っていたら、実は同センターは坂口氏がプロデュースしていたことを、偶然にも本書の奥付で知ることになったんである。

 つまり、氏は間違いなくいいモノを見抜き、あるいは引き出す才能に長けたまさに名プロデューサーなんだと思う。その彼が率いるチームが、長年の試行錯誤によってラシーンという名車を生んだとするのが本書だと。

 それは決して間違いではないだろうと思いつつ、しかし同時に別の見方もできてしまうのが、恐らくはクルマというプロダクトの面白さであるのかもしれない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »