« 雑誌記事:久々の取材 | トップページ | クルマ散策:坂口善英著 『日産ラシーンのデザイン開発』 »

クルマ散策:蔦屋書店・代官山に寄る

Photo

 NHK「日曜美術館」に刺激されて山種美術館へ福田平八郎を観に行ったついでに、ウワサの蔦屋書店・代官山に寄ってみた。

 代官山などという一等地にありながら、120台分の平地駐車場を備えたのがウリのひとつだと聞いていたけれど、この日も日曜の午後なのに「空車」だったのがまず驚き。

 もちろん、その駐車場は都心らしく外国車率が異様に高いのに加え、フェラーリ、ロータス、サーブといった”濃い”クルマも散見されるのが「らしさ」かと。さらに、業界人かモデルさん?と思わせるほど、誰も彼もが妙にお洒落な感じなのも、さすが注目のスポット。

 で、駐車場とは逆に「1時間待ち」というメイン・レストランは早々にあきらめて、書店へ。

 元リンドバーグのオーナーが監修したと聞く自動車コーナーは、想像以上に広いスペース。国別の洋書や雑誌、レース本、一般書籍に加え、国内雑誌の古本、そして市販車のカタログまで揃えたのは大したもの。

 ただ、ちょっと予想はしていたんだけど、個人的にはあまり肌が合わなかったかな。

 僕はよく「クルマ好きがすべてポルシェ好きじゃない」というようなことを書くけれど、ひとことで言えばそういう感じ。広い壁面には雑誌『CG』代表の加藤氏のおすすめ10ベストシーンのパネルが展示されてあったけれど、そういうのに共感するのが当然、あるいは前提というか。

 言い方は難しいんだけど、こうした場所はたしかにある種のクオリティ、あるいは品位を保つことが必要なんだと思う。ただ、その手法、雰囲気作りがどうも一定方向の「お約束」に縛られている気がして。

 いや、べつにイニシャルD方向を持ってこいってわけじゃんないんだけど、クルマ好きにはもっと幅広い嗜好がある筈で、その新たな市場を開拓するような提案があってもよかったんじゃないかと。

 日曜故にバタバタ混雑していたスタバは仕方ないとして、大人な雰囲気のラウンジもいまひとつ。落ち着いた調度品やiPadのメニューはいいけれど、珈琲1杯900円の店を演出したいなら、店員のサービスはもっと質を上げた方がいいと思う。あれなら、全館ブック・カフェスタイルにして、すべてスタバにプロデュースしてもらった方が納得できそうだ。

 今回は時間の都合で自動車以外のコーナーや、あるいは映画ソフトブースにも寄れなかった。恐らく、そういうトータルな視点で見れば、やっぱり十分楽しめる「大人のスポット」には違いないんだと思う。

 まあ、次回はもう少し時間に余裕を持って出掛けてみようかな。

|

« 雑誌記事:久々の取材 | トップページ | クルマ散策:坂口善英著 『日産ラシーンのデザイン開発』 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

やっぱり感じるところは同じですね。
リンドバーグが代官山に移転という話が、いつの間にか蔦屋に取り込まれていたんですが、クルマ専門の本屋から代官山というオサレな場所にちょっとクルマのコーナーもオサレに設けてみました的でボクも肌に合わなかったです。それよりも、ボクなんて人種が代官山に来ること自体恐れ多いと思わせる、あまりにもオサレな雰囲気がどうも好かんですね。
専門店だったリンドバーグの流れをくんでいる割に、そんなに専門的でもない。以前より明らかに浅くなっている。
リンドバーグってスーパーオートバックスの東雲にもあって、カタログも豊富だったんですが、その東雲店も撤退して蔦屋に合流した割にカタログも以前ほどないですね。
神田神保町みたいなヲタクすぎるのも嫌ですが、環八にあったリンドバーグこそ、マニアックでもほどほどのかっこよさがあってよかったのに。
代官山の蔦屋って、ラウンジでクルマ談義をするよりも、駐車場で珍しいクルマをじろじろ観察したり、たまに別棟のイベントルームで輸入車の展示会に参加する方がいいかもしれませんね。

投稿: アクシオム | 2012年6月27日 (水) 22時14分

久々に投稿させて頂きます。

自分も前身のリンドバーグに勤務していたことがあり、TSUTAYAに吸収されて代官山に移転の話を聞いた時は、
驚いたのと同時に如何にもあのスノッブを地で行くF社長らしいやなんて思いました。

そもそも、リンドバーグがメインターゲットとする客はスノッブな車好きなので、代官山への移転はまさに渡りに船
だったのかも解りません。

ただ、環八にあった時代は夜気軽にフラッと立ち寄れる雰囲気を有していたのですが、代官山では駐車料金が
高いし、場所的にもオサレ過ぎてそうはいかないんでしょう(´・ω・`)

以前はSAB東雲店にも店舗があり週末はそこの店頭に立っていたのでよく解るんですが、環八本店よりも多少
フランクな感じがして悪くなかったですね^^

アクシオムさんもおっしゃるように、東雲や京都にも支店があった時代はクルマのカタログを豊富に取り扱って
おりましたが、代官山移転後はその特色もかなり薄れている気がします。

いろんな車好きを取り込めていたのがリンドバーグの良さだったのに、代官山移転である程度の層を切り捨てた
感は否めないなと思いました。

投稿: ぽち | 2012年8月20日 (月) 06時52分

ぽちさま

まあ、なんたって代官山ですから。もちろん、店をリニューアルするのだったらこうしたかった、という考えが
あったかもしれませんしね。ある程度の層を切り捨てるのはターゲットを考えれば仕方のない行為ですけれ
ど、その想定ターゲットのステレオタイプ感が僕はイヤですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年8月25日 (土) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/45937662

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:蔦屋書店・代官山に寄る:

« 雑誌記事:久々の取材 | トップページ | クルマ散策:坂口善英著 『日産ラシーンのデザイン開発』 »