« 新車心象風景:トヨタ・カローラ | トップページ | Drive My Car:奥飛騨ツーリング »

新車心象風景:ホンダ・フィット(仕様追加)

Photo

 フィットの仕様追加は、なかなかいいんじゃないかと思う。

 以前のマイナーチェンジの際、いまフィットがRSグレードに力を入れるなら、パワー方面に調整したHVにするべきだと書いたら、何と今回はそのとおりとなったんである。自分で書いたんだから、まずこれは評価しないといけない。

 ただ、ガソリン車版を残すのはいいとしても、これまでと同じ1.5リッターエンジンというのはちょっと中途半端だったかも。HVじゃないけど他とは違うエンジン、たとえば1.6リッターなど、プラスαな要素を与えないと、RS自体の性格が曖昧になってしまうので。

 She'sの設定ではふたつの評価点があると思う。まず、専用のインテリアをしっかり作ったことで、単にシートをピンク色にするとか、見えみえの手抜きじゃなく、これまでのブラックあるいはベージュ内装と並ぶようなところまでちゃんと作り込んだのがいい。

 それと、こういう”企画グレード”にHVを設定したのもいい。従来の日本車を考えれば、このShe'sは間違いなくベーシックグレードに毛の生えた程度の”お買い得車”になっていた筈だけど、そうではなく、上級グレードとして設定した発想には、それなりの見識があると思う。その結果としてHV版があるのは面白いなと。

 先の大々的なマイナーチェンジに加え、こうして手の込んだ追加を行えるのは、爆発的ヒット車の余裕なのかもしれない。少し前に出た10周年記念車が、いかにも日本車的な酷い内容だったのに比べると、同じメーカーとは思えないない企画だ。

 場当たり的にグレードを増やすのではなく、シリーズ全体を再構成するような取り組みが、これまでの仕様追加には見られないところなんである。

 まあ、それでも注文がないワケじゃない。

 今回、豪華仕様としてHXを設定したけれど、She'sもまた上級と考えるのなら、これをわざわざ分ける必要はなかったと僕は思う。たとえば同じHXとして、その中に雰囲気の違う内装と、それに見合うボディカラーを用意すればよかったんじゃないかと。

 だって、She'sなどと、その名前だけで男性の購入意欲を削ぐような女性仕様という考え方は、やっぱり酷く旧態依然としているじゃないか。しっかり作り込んだのであればおかしな制限は必要なくて、結果的にそうした内外装が選択できるようになっていればいいんである。仮に、これが当の女性チームの企画だとしてもね。

 さて、3代目がどういう方向に行くのかはわからないけれど、とにかく2代目の商品企画としては、今回とても巧くやったと思う。モデルチェンジそのものもよかったけれど、育て方も悪くない。ただ、こうなると、ホンダのほかの車種は一体何をやっているんだという疑問が湧いてきてしまうのが、少々残念なところだ。

 もちろん、仕切直しのNBOXが当たっているし、歴代の名車を見せるようなTVCFを作るなど、ホンダはこれから大きく変わるんだと訴えている真っ最中なのかもしれないけれど。

|

« 新車心象風景:トヨタ・カローラ | トップページ | Drive My Car:奥飛騨ツーリング »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

コマーシャルをしているので、「減税!減税!急げ!ワッショイ!」かと思っていたら、フィットは仕様追加でしたか。

燃費を大幅に改善できない今のホンダハイブリッドとしては、パワーアシスト的な使い方の方が確かに現実的ですね。 フィットはハイブリッド化で重くなって良くなったなんて記事を見るとやはりプラスかも。 顔は、あまりいじって欲しくなかったですね。フィットは、ヴィッツと同じで空気のような存在感で似合っているのに。

内装は、どうしても、日本はくくりを作ってしまってちょっと、ですね。ユニセックス的なモノが出てこないのが不思議。これが、クルマが「文化」にならなかった原因の一つかもしれませんね。 部屋の延長にクルマの内装があるっておかしな感じです。

ホンダは、アメリカのシビックがかなり評価が現地で低く、他社に比べて現在マツダくらいのピンチなのを少し意識し始めましたかね? でも、ソニーと同じで、昔の好きだったホンダではないのですよ。悲しいですが。

投稿: ぷじお | 2012年6月 8日 (金) 22時27分

フィットのShe’sの企画性は、ある意味手堅いですね。名前からして、女性向けでふじおさんがご指摘の通り、ユニセックスじゃないですが…
でもこのインテリアを見ると、日産がキューブでやっていたコンラン仕様や、その流れを現行モデルに持ち込んだクラッシュベロアを生地にしたシートのパーティーレッドとかこもれびセレクションの方が数段センスがいいですね。
RSのハイブリッド化は、CR-Zあってこそ企画でしょうが、そうなるとCR-Zはますます売れなくなるし、そろそろCR-Zも次の手を講じないと。いや、そのままフェードアウトなのか?
いまの日本市場は、国産メーカーにとって自国な割に、ちょいちょい。特に売れ筋以外手を付けない。ある意味売れ筋モデルへの寡占がひどい気がしますね。
ホンダはまだフィットやフリードを、なんとか手を入れて商品を維持させているけど、日産の放置状態は目に余りますね。
そこへ行くと、スバルとか、マツダの展開が目を引きますね。
売れにくい商品をいかにして売ろうとするか。こういう努力ができるメーカーが残るべきですが、どうも今の国産メーカーにはそういう気概がないし、補助金、減税に甘える構造は、合併特例債、補助金で衰退する地方都市に重ねて見えますね。
まぁ民間企業だからそれなりに頑張るのでしょうが、そのうち国内市場撤退ってのもあながちないとも言えませんね。

投稿: もんちっち♂ | 2012年6月 9日 (土) 15時40分

ぷじおさん

そうですね。カラフルなボディや黒以外の内装は「女性向け」っていう、なんとも狭くて古い考え方がクルマには残っています。先代マーチのような展開が男女の分けなく行われていいと思いますが。

もんちっちさん

そもそも、大きく手を入れなくちゃいけないモデルが少なくないこと自体がおかしいんです。マツダなんかはモデル数を絞っているのがいいんでしょうね。取りあえずパッと作って、ダメなら廃盤・・・はもうそろそろ止めて欲しいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年6月15日 (金) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/45577470

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・フィット(仕様追加):

« 新車心象風景:トヨタ・カローラ | トップページ | Drive My Car:奥飛騨ツーリング »