« Drive My Car:奥飛騨ツーリング | トップページ | 雑誌記事:久々の取材 »

クルマ散策:NAVIはCARSに?

Navicars

 『NAVI CARS』は何でCARSなのかと思ったら、なるほど『MOTO NAVI』や『BICYCLE NAVI』のクルマ版、ということみたいだ。

 以前にも書いたけれど、大学時代、『NAVI』の創刊に出会ったことがクルマ好きへのきっかけとなった自分にとって、NAVI的雑誌の復活は実にうれしい話なんである。

 読者である自分でもそうなのだから、実際NAVIに携わってきたスタッフにとってはまさに悲願だったのかと思う。実際、iPad版でのチャレンジは早々の休刊となったし、この準備号が書店に並ぶのだって、もしかしたら奇跡的なことなのかもしれない。

 どうやら秋に正式創刊ということだけど、もちろん商機はあると思う。バブル隆盛期の編集長が創った『ENGINE』は基本いまでもそっち方向だし、姉妹誌だった『CG』はスポーティカーへの偏重が固まりつつあるし。

 そこに、クルマを幅広い視点から語るNAVIの入り込む余地はきっとあるんじゃないかな。当然、それはスタッフ達も十分理解し、直感しているだろうけれど。

 ただ、それでも準備号を読んで不安がなかったわけじゃない。

 たとえば小川義文氏の写真とか、ちょっと古いクルマとか、あるいは女子会的クルマ選びとか。NAVIファンとして懐かしく香しい記事たちは、同時にもはや使い古しの企画でもある。もう一度NAVIを創りたいという強い思いが、仮にそうした郷愁に浸ってしまうと、結構大きな落とし穴が待っているかもしれない。

 それと、「NAVI TALK」という看板記事がどうなるかもあるかな。

 休刊前は別メンバーでチャレンジしたけれど、残念ながら成功しているとは思えなかった。そりゃそうだ。この雑誌を築き上げた看板記事がそう簡単に代役で務まるわけがないもの。

 もし、これからもNAVI TALKをやるんだったら、オリジナルメンバーにお願いするしかないと僕は思う。ま、巨匠も「間違いだらけ」を復刊したことだし。それに、彼ら3人であれば、いま求められるTALKを模索することもできるだろうから。

 そうじゃなければ、根本的に看板企画を練り直すか、巻頭特集に集中した方がいいと思う。仮に新車を語るにしても、NAVI TALK流である必要はないわけだしね。

 ま、そんな不安はありつつも、ポカンとあいた空き地にNAVI(CARS)が戻ってきてくれるのは、ひとりのクルマファンとしてはやっぱり嬉しい。

 だから、ここまでこぎ着けたスタッフに、陰ながらエールを送りたいんである。

|

« Drive My Car:奥飛騨ツーリング | トップページ | 雑誌記事:久々の取材 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

iPad版NAVIバニョ―ルは電子書籍の利点を活かしそこそこ良かったんだけど、NAVI CARSはイマイチだったかな。復活は喜べたけど。編集長が塩見氏じゃないってのもありますが、復活号のまんま秋からやられてもこれでは単にクルマ好きが集まった同人誌ですよ。有名人の愛車を取材していたけど、あれじゃ有名人愛車紹介でしょう。そこからさらに表紙タイトルの「もういちどクルマと暮らそう」というものにつながる掘り下げたものがあるのかとおもったけど、そこが弱い。もっと取材した人間なり、編集部がタイトルに対して考察がないと駄目かな。たぶん、復活号のノリだったら、若者よクルマに乗ろうぜ!的なクルマ啓発雑誌になりそうな気がしますね。ある意味NAVIの復活のようでいて、別の道に行くかも知れません。
まぁ今度は派生した自転車雑誌の増刊号という、子供が親の面倒を見ているようなもんですからね。
それよりも、Mag-Xの総括が独立して月刊誌にしたら相当面白いことなりそうですが…(一度座談会に参加している人の顔が見てみたいもんですが)

投稿: アクシオム | 2012年6月18日 (月) 09時28分

ENGINEやCGに限らず、このNAVI CARSにしても、車に対する価値観がバブル期までの価値観の延長線上にあると思うんですよね。書店で一通り目を通しましたが、正直、車にお金をかける余裕があるか、お金をかけることに躊躇しないくらいのめりこんでる車好き、今の日本のような経済状況においてもそういったバブリーな価値観に憧れて切磋琢磨しているような層に対して、かろうじてアピールできるかな?って内容でした。正直、わざわざ購入してまで読もうとは・・・。それに、現在、クルマを所有していない人が、これを読んで、あらためてクルマと暮らそうと思う人がどれだけいるかとなると・・・極めてキビシイかと。 自動車業界にしても自動車メディアにしても、自動車の所有、維持ということに関して極めてドライな視点を持つ人が増えていることに対する危機意識が希薄だとつくづく感じます。魅力的な商品を出せば済むような状況でないところまで来ていると思いますけどね。

投稿: KATSU | 2012年6月18日 (月) 13時02分

クルマ雑誌はかなりご無沙汰でしたがビッグネームのカムバック、予約して買いました。
印象としては写真の美しさに比べコンテンツの陳腐さ、紙面レイアウトの古臭さが際立っていて正直残念な感じ。
まずはせっかくの創刊、(NAVI TALKが必要なのかどうなのかはさて置いといて)どんどんチャレンジしてほしいです。期待してます。

投稿: knock | 2012年6月18日 (月) 22時17分

NAVIが出ているのに気が付いていませんでしたwobbly

最近は、自動車雑誌では、「ベストカー」の水掛け論、マガジンX、F-ロードの「Mさんと、Sさんの対話」あたりにしか目を通していなかったもので、全く、見落としていたのかもしれません。 前は、AUTO CAR JAPANも見ていたのですが、最近、他の雑誌と内容がほとんど変わらなくなってしまったので、見なくなりました。

クルマが好きな私ですらこんな体たらくですので、あまり興味の無い方は、購入検討時くらいしか、もう、見ないのかもしれません。

おそらく今のプリウスを始めとするトヨタ車を購入される人は、テレビコマーシャルなど見てのほぼ「指名買い」でしょう。

近頃は、廃刊になる雑誌が多い一方で、本屋をぐるぐる回ってみるとどのジャンルも、狭いコアな部分にだけ当たれば良いといった感じで、逆に、どこにその差があるかわからないくらい細分化されているのと、プリウスみたいに「売れているからさらに売れる本」など両極端な気がしています。
NAVIはやはり細分化の道が良いと思われますが、今まで通りの作り方では結果は見えているかも?

広報車を貸してくれなくなるそうですが(笑)、BBCのテレビ番組「トップ・ギア」くらいに私たちはこれが好き・嫌いを明確にしてくれる方向に雑誌も向かうと面白いんですがね。

投稿: ぷじお | 2012年6月19日 (火) 22時21分

アクシオムさん

まあ、普通に考えれば準備号はあくまで雰囲気を伝えるためのもので、本号はそれなりの内容になると思いますよ。ただ、それが想定内か否かは重要なところかな、とは思います。マガジンXの「総括」は、もういい加減名前を出してやるべきですね。

KATSUさん

もともとNAVIはごくフツーのクルマ、たとえばいまなら新しいカローラとかについて、真剣に扱ったんですよね。カローラというクルマから何が見えてくるのかを語った。マニアックなクルマや、スーツと時計の広告に溢れるだけであれば成功はしないでしょうね。

knockさん

そうですね。これはあくまで予告号ですから、本編から色々なチャレンジをして欲しいです。少なくともそれなりの雑誌作りを経験したスタッフたちですから、そういったことも認識していると思いますが。

ぷじおさん

トップ・ギアとは面白いたとえですね。バカバカしいけどそれだけじゃないというのは、作り手の懐の深さを感じますね。方向性は同じじゃなくていいですけど、ああいうブレのない真剣さは欲しいところです。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年6月27日 (水) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/45694047

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:NAVIはCARSに?:

« Drive My Car:奥飛騨ツーリング | トップページ | 雑誌記事:久々の取材 »