« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

クルマ散策:蔦屋書店・代官山に寄る

Photo

 NHK「日曜美術館」に刺激されて山種美術館へ福田平八郎を観に行ったついでに、ウワサの蔦屋書店・代官山に寄ってみた。

 代官山などという一等地にありながら、120台分の平地駐車場を備えたのがウリのひとつだと聞いていたけれど、この日も日曜の午後なのに「空車」だったのがまず驚き。

 もちろん、その駐車場は都心らしく外国車率が異様に高いのに加え、フェラーリ、ロータス、サーブといった”濃い”クルマも散見されるのが「らしさ」かと。さらに、業界人かモデルさん?と思わせるほど、誰も彼もが妙にお洒落な感じなのも、さすが注目のスポット。

 で、駐車場とは逆に「1時間待ち」というメイン・レストランは早々にあきらめて、書店へ。

 元リンドバーグのオーナーが監修したと聞く自動車コーナーは、想像以上に広いスペース。国別の洋書や雑誌、レース本、一般書籍に加え、国内雑誌の古本、そして市販車のカタログまで揃えたのは大したもの。

 ただ、ちょっと予想はしていたんだけど、個人的にはあまり肌が合わなかったかな。

 僕はよく「クルマ好きがすべてポルシェ好きじゃない」というようなことを書くけれど、ひとことで言えばそういう感じ。広い壁面には雑誌『CG』代表の加藤氏のおすすめ10ベストシーンのパネルが展示されてあったけれど、そういうのに共感するのが当然、あるいは前提というか。

 言い方は難しいんだけど、こうした場所はたしかにある種のクオリティ、あるいは品位を保つことが必要なんだと思う。ただ、その手法、雰囲気作りがどうも一定方向の「お約束」に縛られている気がして。

 いや、べつにイニシャルD方向を持ってこいってわけじゃんないんだけど、クルマ好きにはもっと幅広い嗜好がある筈で、その新たな市場を開拓するような提案があってもよかったんじゃないかと。

 日曜故にバタバタ混雑していたスタバは仕方ないとして、大人な雰囲気のラウンジもいまひとつ。落ち着いた調度品やiPadのメニューはいいけれど、珈琲1杯900円の店を演出したいなら、店員のサービスはもっと質を上げた方がいいと思う。あれなら、全館ブック・カフェスタイルにして、すべてスタバにプロデュースしてもらった方が納得できそうだ。

 今回は時間の都合で自動車以外のコーナーや、あるいは映画ソフトブースにも寄れなかった。恐らく、そういうトータルな視点で見れば、やっぱり十分楽しめる「大人のスポット」には違いないんだと思う。

 まあ、次回はもう少し時間に余裕を持って出掛けてみようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:久々の取材

 昨日、取材をしてきました。

 最近すっかり遠ざかっていた雑誌の取材で、本当に久々ですね。内容は以前の社会ネタではなく、ニフティに書いているようなデザイン関係です。

 社会ネタといえば、以前継続して書いていた軽規格より小さなモビリティが、いよいよ本格的に商品化されそうです。

 もちろんそれ自体はいいのですが、記事に書いていたように、この超小型モビリティの正式導入によって、もしかしたら現行の軽優遇税制の見直しが仕掛けられるんじゃないかという話も、一部新聞などに出てきているようです。

 それは軽絶好調のいま、メーカーにとっては困った話でしょうけど、でも、いまのいままで時代に合わせた規格の見直しを先送りにしてきたツケとも言えるわけで、仮にそうなっても同情できない面はあります。

 まあ、軽には業界団体もあるし、地方自治体の重要な収入源でもあるので、そう簡単に改訂できるとは思えないですけど、一方でアメリカの圧力もあると聞きますしね。

 あ、話がそれましたが、雑誌の記事は来月にはかたちになる予定です。めでたく世に出ましたら、またここでお知らせをさせていただきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クルマ散策:NAVIはCARSに?

Navicars

 『NAVI CARS』は何でCARSなのかと思ったら、なるほど『MOTO NAVI』や『BICYCLE NAVI』のクルマ版、ということみたいだ。

 以前にも書いたけれど、大学時代、『NAVI』の創刊に出会ったことがクルマ好きへのきっかけとなった自分にとって、NAVI的雑誌の復活は実にうれしい話なんである。

 読者である自分でもそうなのだから、実際NAVIに携わってきたスタッフにとってはまさに悲願だったのかと思う。実際、iPad版でのチャレンジは早々の休刊となったし、この準備号が書店に並ぶのだって、もしかしたら奇跡的なことなのかもしれない。

 どうやら秋に正式創刊ということだけど、もちろん商機はあると思う。バブル隆盛期の編集長が創った『ENGINE』は基本いまでもそっち方向だし、姉妹誌だった『CG』はスポーティカーへの偏重が固まりつつあるし。

 そこに、クルマを幅広い視点から語るNAVIの入り込む余地はきっとあるんじゃないかな。当然、それはスタッフ達も十分理解し、直感しているだろうけれど。

 ただ、それでも準備号を読んで不安がなかったわけじゃない。

 たとえば小川義文氏の写真とか、ちょっと古いクルマとか、あるいは女子会的クルマ選びとか。NAVIファンとして懐かしく香しい記事たちは、同時にもはや使い古しの企画でもある。もう一度NAVIを創りたいという強い思いが、仮にそうした郷愁に浸ってしまうと、結構大きな落とし穴が待っているかもしれない。

 それと、「NAVI TALK」という看板記事がどうなるかもあるかな。

 休刊前は別メンバーでチャレンジしたけれど、残念ながら成功しているとは思えなかった。そりゃそうだ。この雑誌を築き上げた看板記事がそう簡単に代役で務まるわけがないもの。

 もし、これからもNAVI TALKをやるんだったら、オリジナルメンバーにお願いするしかないと僕は思う。ま、巨匠も「間違いだらけ」を復刊したことだし。それに、彼ら3人であれば、いま求められるTALKを模索することもできるだろうから。

 そうじゃなければ、根本的に看板企画を練り直すか、巻頭特集に集中した方がいいと思う。仮に新車を語るにしても、NAVI TALK流である必要はないわけだしね。

 ま、そんな不安はありつつも、ポカンとあいた空き地にNAVI(CARS)が戻ってきてくれるのは、ひとりのクルマファンとしてはやっぱり嬉しい。

 だから、ここまでこぎ着けたスタッフに、陰ながらエールを送りたいんである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Drive My Car:奥飛騨ツーリング

Photo

 先週末、奥飛騨まで温泉ツーリングをしてきました。

 今回は、先日履き替えた、いわゆる低燃費タイヤの効果も確認してみようかなと。

 で、初日は中央道を松本まで一気に。最近すっかりパターンなのですが、昼食を地元で評判の蕎麦店「浅田」で、食後のお茶は同じく有名な「まるも」で珈琲を。どちらもホントに美味しいので飽きることはないですね。

 奥飛騨温泉郷までは安房トンネルを使って1時間弱。今回はネットで評価の高かった初めての宿を利用してみました。最近は1万円台でも食事や設備など、かなり満足度の高い宿が増えていますけど、ここもそういった宿のひとつです。

Photo_3

 翌日は朝から高山市街へ。

 午前中は、先日NHKの「プロフェッショナル」で紹介されていた地元のパン工房「トラン・ブルー」に寄ってみました。

 さすがNHKの効果は絶大で、午前中から列ができるほどの盛況ぶりに驚きです。それでも放送直後よりはだいぶ落ち着いてきたそうで、店としては商品が間に合わないなど、評判も痛し痒しのようでした。

 定番の景観保存地区では「真工芸」で動物のクラフトや、土産物などを物色した後に珈琲店「茶楽」へ。ここは以前たまたま入って味のよさに驚いた店で、珈琲好きの女性オーナーが偶然名古屋で評判の豆に出会い、その味に惚れ込んで開店したそうです。

Photo_6

 午後は少し時間があったので、郡上八幡まで「せせらぎ街道」を走ってみました。美しい景色と信号のない県道はドライブにピッタリで、実に楽しいコースです。

 郡上八幡からは東海北陸道、中央道を使って東京へ。たったの一泊でしたが、なかなか充実した温泉ツーリングでした。

 さて、今回は全行程約800キロ。郡上八幡までの400キロは高速と一般道が半分ずつでしたが、リッター16キロに届きそうな好燃費に驚きです。

 東京までの400キロは高速走行のみでしたが、結構なガソリン量を残していたので、そのまま高速走行を続けたらジェミニ初の17キロオーバーを記録したかもしれません。

Photo_7

 新しく履いたグッドイヤー・イーグルEXEは転がり抵抗「A」、ウェット「b」とバランス重視のタイヤですが、これが「AAA」ランクだったらどれほど燃費が伸びるんでしょう? いまさらながら低燃費タイヤの効果に驚かされました。

 そうそう、今回は少し前に発覚したオイル漏れも起こらず、ジェミニはとても快調に走ってくれました。長距離ツーリングはそれなりの負担になっている筈ですが、自分としては決定的な故障があるまで普通に走り込みたいと思っています。

 ガンガン走って、しっかり直す。そういう使い方でいいんじゃないかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:ホンダ・フィット(仕様追加)

Photo

 フィットの仕様追加は、なかなかいいんじゃないかと思う。

 以前のマイナーチェンジの際、いまフィットがRSグレードに力を入れるなら、パワー方面に調整したHVにするべきだと書いたら、何と今回はそのとおりとなったんである。自分で書いたんだから、まずこれは評価しないといけない。

 ただ、ガソリン車版を残すのはいいとしても、これまでと同じ1.5リッターエンジンというのはちょっと中途半端だったかも。HVじゃないけど他とは違うエンジン、たとえば1.6リッターなど、プラスαな要素を与えないと、RS自体の性格が曖昧になってしまうので。

 She'sの設定ではふたつの評価点があると思う。まず、専用のインテリアをしっかり作ったことで、単にシートをピンク色にするとか、見えみえの手抜きじゃなく、これまでのブラックあるいはベージュ内装と並ぶようなところまでちゃんと作り込んだのがいい。

 それと、こういう”企画グレード”にHVを設定したのもいい。従来の日本車を考えれば、このShe'sは間違いなくベーシックグレードに毛の生えた程度の”お買い得車”になっていた筈だけど、そうではなく、上級グレードとして設定した発想には、それなりの見識があると思う。その結果としてHV版があるのは面白いなと。

 先の大々的なマイナーチェンジに加え、こうして手の込んだ追加を行えるのは、爆発的ヒット車の余裕なのかもしれない。少し前に出た10周年記念車が、いかにも日本車的な酷い内容だったのに比べると、同じメーカーとは思えないない企画だ。

 場当たり的にグレードを増やすのではなく、シリーズ全体を再構成するような取り組みが、これまでの仕様追加には見られないところなんである。

 まあ、それでも注文がないワケじゃない。

 今回、豪華仕様としてHXを設定したけれど、She'sもまた上級と考えるのなら、これをわざわざ分ける必要はなかったと僕は思う。たとえば同じHXとして、その中に雰囲気の違う内装と、それに見合うボディカラーを用意すればよかったんじゃないかと。

 だって、She'sなどと、その名前だけで男性の購入意欲を削ぐような女性仕様という考え方は、やっぱり酷く旧態依然としているじゃないか。しっかり作り込んだのであればおかしな制限は必要なくて、結果的にそうした内外装が選択できるようになっていればいいんである。仮に、これが当の女性チームの企画だとしてもね。

 さて、3代目がどういう方向に行くのかはわからないけれど、とにかく2代目の商品企画としては、今回とても巧くやったと思う。モデルチェンジそのものもよかったけれど、育て方も悪くない。ただ、こうなると、ホンダのほかの車種は一体何をやっているんだという疑問が湧いてきてしまうのが、少々残念なところだ。

 もちろん、仕切直しのNBOXが当たっているし、歴代の名車を見せるようなTVCFを作るなど、ホンダはこれから大きく変わるんだと訴えている真っ最中なのかもしれないけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »