« クルマの他:ゴールデンウィーク・邦画2連発 | トップページ | 雑誌記事:デザイナーインタビュー・トヨタカローラ »

新車心象風景:日産・シーマ

Photo

 おもしろいと思うのは、世の中的にシーマというのは、”あの”シーマだということなんである。

 クルマ好きにしてみれば、新しいシーマが現行フーガのストレッチ版であり、HVシステムまでもを流用していることは周知のところだ。逆に、もう少し差別化することはできなかったの?くらいな感じだろう。

 けれども、スバルの軽撤退が「360」を持ち出してニュースになったのと同様、世の中一般として、新型シーマは「シーマ現象」と直接結びつけるべきクルマとして取り上げられ、TVや新聞の経済コーナーを飾った。

 なんだか短絡的だよなあ、と一瞬思うわけだけど、果たしてそうなのかといま一度思い直したりするんである。

 つまり、新しいシーマが初代とあらゆる意味で違うんだという事情に、わりと簡単に納得しいる僕ら、あるいは日本車のあり方が実はおかしんじゃないかと。

 カローラⅡ兄弟、チェイサー・クレスタ、プログレ、スープラ、サニー、プリメーラ、セフィーロ、プレリュード、インテグラ、S-MX、ユーノス連合、ディアマンテ、FTO、MAX、等々。

 比較的最近のクルマだけでも、絶版、つまり消えていった名前はいくつでもあげることができる。もちろん、中にはサニーがティーダになったような”発展的解消”もあるけれど、それにしても数は多い。

 しかも、こういうのは過去の話じゃなくて、ベルタ、ブレイド、インスパイアみたいに、いま現在も続いている話だ。

 僕らクルマファンは、消えゆくクルマのそれぞれの事情をたいていは知っている。だから「当たり前だ」とか「仕方がない」なんて理由で納得や理解もする。けれども、それはある種の”麻痺”とも言えるんじゃないかと。

 もちろん、メーカーにとっては売れないものは残せないし、商品企画や戦略もある。それでも日本のメーカーが安易に車種を増やすことは間違いないし、その結果絶版になるクルマが多いのもおそらく事実だろう。

 それを経済上の新陳代謝と肯定するひともいるけれど、僕は日本車の発展にとってやっぱりマイナスになっていると思う。消えてゆくクルマを見て何も感じないような麻痺状態には、できることならなりたくない。

 TVや新聞が新しいシーマを「シーマ現象」に結びつけるのは、だからとても正常な感覚なのかもしれない。逆に、近年の日本車、自動車メディア、あるいは僕らクルマファンにこそ、ニュートラルな感覚が欠落しているのではないかという意味で。

 あ、新型がフーガそのものっていう残念な事実はまた別の話だけれど。

|

« クルマの他:ゴールデンウィーク・邦画2連発 | トップページ | 雑誌記事:デザイナーインタビュー・トヨタカローラ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

全く違うコンセプトの車に名を使いまわすよりはマシなんじゃないですか。

時代の潮流で消えざるを得なかった車もありますし。

そもそも日本車は派生車が多過ぎたんですよね。

「フーガハイブリッドL」じゃだめなのか。
無理やりシーマの名を復活させて誰が喜ぶのでしょうか。

投稿: llll | 2012年5月 3日 (木) 21時24分

初代から20うん年、オーナーさんたちの郷愁よりも、どうみても日産の事情と都合が錯綜した復活ですね。インフィニティとしてフーガ=Mより上のQシリーズ後継モデルなんて、レクサスLSのように専用設計はできないし、それを必要とする海外市場にもないでしょう。偶然にも中国市場でストレッチボディの需要があって、インフィニティMのロングボディの発売も併せてうまい具合に復活を果たせてめでたし、めでたし。
あくまでシーマ現象っていうのは、販促のための広告宣伝になっていますね。
しかし、今まで各車種ごとにブランドがあったのに、スカイラインやフェアレディもそうですが、どんどんメーカーのブランドに侵され、昔のオーナーにとってはいくら名前は継続なり復活はすれど、思い入れる余地って少ないですよね。新型にはアカンサスのオーナーメントをつけることは法的にも、メーカーのブランド的にも許されないのに、それでもシーマなのかと思うと萎えますね。ヘッドランプやLEDの点灯がかっこ悪いテールランプくらい直したって悪くないのに。そんなに金をかけたくないのか、それともLSより格安なハイブリッドショーファーとして出したかったのか…インテリアなんて後席に乗らないとどう見たってフーガの何物でもないですよね。でもあのロングホイールベースでないと、フーガの後席じゃ足元は確かに狭い。
とにかく法人需要をいかにしてお金をかけず確保するか?今の日産らしい手法を新たに見せつけられた気がします。

投稿: アクシオム | 2012年5月 3日 (木) 21時35分

ハチロクだ、シーマだ。
名前が懐かしいだけなんだが、一般紙はそうは思わない。
あのシーマが復活! と書いてくる。アホかって思うが
本当にアホ相手なんだから仕方がない。
ほらね。80年代回帰。名前だけだけど。
1988年、学生だった頃に法医学の先生が証人に出る公判が横浜地裁であって、
帰りに横浜駅まで、先生に送ってもらったクルマが初代シーマだった。
そんな思い出しかないけど、シーマ。
名前だけでもリバイバル、吉なんだか凶なんだか。ダメモトだと思うけど、それはそれで。

投稿: 優 路 | 2012年5月 3日 (木) 23時16分

トヨタのクラウンは1955年発売の初代から途切れることなく57年間売り続けてるんですよね。57年間車名を変えずに売り続けてるトヨタの心意気はたいしたものだと思います。車好きにとってクラウンは、「フニャフニャな足回り、神社仏閣デザインの象徴」として忌み嫌われてきましたけど、世界中のメーカーでこんな長期間筋を通したメーカーがあったでしょうか。メルセデスであろうと、BMWであろうとこれだけの間名前を変えず作り続けてきた車あるの?と。車の良し悪しはあるんでしょうけれど、伝統は「形(つまり名前)」から始まるとも言えるわけで、シーマの継続好意的に思っています。

投稿: ネコ | 2012年5月 4日 (金) 10時28分

おそらく、シーマの名前からイメージするシーマらしさにこだわりを持つような我々のような人はターゲットではないのでしょう。シーマ誕生以来、シーマらしさ云々より、セドグロより上というポジションの日産車であるということに価値を見いだしていたお客様を守るための車かと。シーマからフーガへの乗換が格落ち打とこだわるお客さまのための車。元はといえば、初代シーマもセドグロを3ナンバー専用ボディに着せ替え、レパード用に開発していた強心臓を移殖した車。2代目プレジは初代Q45をストレッチしてフォーマルにお化粧直しした車。要は、新型シーマのような手法は、日産が以前からやっていたことなんである。ただ、もうちょい金かけてアレンジする箇所を増やした方がよかったのでは?と思ってしまう出来だはありますね。

投稿: KATSU | 2012年5月 4日 (金) 14時23分

llll さん

シーマの名前を待っていた一部の購買層、そして記事にしやすいメディアが嬉しいんでしょうか? ある雑誌では記事の半分がシーマ現象の説明でしたから。

アクシオムさん

スカイラインはまだ「方向転換」ですけど、こっちはそのまんま他のクルマですからね。法人需要には、デザインが他のクルマと同じかどうかより名前と大きさが重要なケースが少なくないのでしょうね。まあ、それだけ爆発的なヒットも想定していないんでしょうけど。

優路さん

TVや大手新聞の報道をそのまま受け入れるのは何も経済ニュースだけじゃないですからね、この国は。

ネコさん

クラウンはそのオーナーの期待を裏切らないクルマであり続け、だから顧客も離れない良循環になっていますよね。そう考えると、流行りものに飛びついたシーマユーザーをちゃんと育てられなかった日産が、ここで復活させたシーマがフーガロングっていうのは妙に納得しますね。

KATSUさん

フーガより大きなクルマが必要だけど、お金を掛けるつもりはない。大きなボディと昔の名前でそこそこ売れてくれれば、つまり商売になればいい。軽どころか、Lクラスセダンを三菱と交換しちゃうんだから、まあこれもありなんでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年5月 6日 (日) 16時29分

そもそも、「初代シーマ」って何であんなに売れたのか、当時、まだ、高校生な自分には全く縁が無いクルマだったので、実感がわかないんですよね~

当時日産には、「フェアレディZ」と「スカイラインGT-R」と、「プリメーラ」にしか興味が無く、無駄に大きく背の低いセダンて、「ジャガー」のパクリとか、買えない人用sadなのかな?なんて思ってました。

あの頃は、よく、「プアマンズ~」(ポルシェとかフェラーリとか)いう言葉も流行っていて、何かしらシーマにはその感じが昭和的で好きではなかったなーなんて思い出します。

どうせなら、「Q45」!?bleah名義で、復活してみて欲しかったですね。今、ネーミングに関しては日産は全然こだわりがないようですので、あはは。 と言うくらいに実は興味がわかない素晴らしいクルマです。

投稿: ぷじお | 2012年5月 7日 (月) 22時12分

楽しく見させていただいてます
“クルマ日本”、“サラリーマンのクルマ通知表”を読みました、切り口が新鮮でとても良かったです
元気もらいました
車名は人の名前のように、こういう風になって欲しいという作り手の思いがあると思うのです
時々、名前負けしたり、らしくないとのギャップがあるのも同じですね
マツダルーチェがベンツSELに似て出てきたときが思い出されます
西風さんの漫画にも初代ルーチェロータリーCoupeとのギャップを描いた話は、印象的です
クルマは人と違いは、生まれるまでに人間が手を加えられることでしょう
言葉もクルマも文化であり、時代とともに変わるものです
現代は、最低限大切にすべきは“らしさ”ってことでしょう
反響があることだけでもクルマ好きとしては嬉しいことですね
“僕のクルマ批評”も探して読む日を楽しみにしています
応援しています

投稿: 細野辰夫 | 2012年6月 2日 (土) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/45120166

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・シーマ:

« クルマの他:ゴールデンウィーク・邦画2連発 | トップページ | 雑誌記事:デザイナーインタビュー・トヨタカローラ »