« 新車心象風景:メルセデスベンツ・Bクラス | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・フィット(仕様追加) »

新車心象風景:トヨタ・カローラ

Photo

 「原点回帰」という、ある種の謙虚さを持って開発すれば、果たしていいクルマはできるものだろうか?

 全長を50ミリも削ったり、1.3リッターを復活させたのはコンパクトカーの原点なんだろうし、水平基調のボディはいまどきのエモーショナル方向に対するベーシックセダンへの回帰かもしれない。また、フロントウインドウを大きくラウンドさせ、細いAピラーで視界を確保したのも実用車の原点と言えるだろうし。

 新しいカローラで語られる原点回帰や「ユニバーサルデザイン」、あるいは「安全・安心」という言葉が、そうした諸々の設計に表れているのは比較的分かりやすい。

 けれども、そうやって「あるべき姿」をつぎ込んだ新しいカローラが、なんでこんなに印象が薄くなってしまったのかは、結構重要な検証点だろう。

 さしあたり、そもそもカローラの原点って何だというころがまず引っかかる。

 文字通りの原点である初代のキャッチフレーズは”プラス100cc”、”隣のクルマが小さく”という有名なアレで、とにかくライバルより大きく立派にという方向だ。べつに揚げ足をとろうってわけじゃないけど、今回のダウンサイジングとは真逆の発想なんである。

 そんなこんなをあれこれ考えると、新型の原点は何となく80年代の80、90系あたりを想定してるんじゃないかと思えてくる。水平基調の端正なスタイルや、ファブリックを豪華方面に多用したインテリアなど、新型のイメージにかなり近いということで。

 けれども、それは言い方を変えると「新型は80、90系とどこが違うの?」とも言えたりする。もちろん、義務化を睨んだVDS、あるいはサイド+カーテンエアバッグの標準装備といった、現代なりの技術的進化は顕著だ。アイドリングストップによる燃費向上もまた同様に。

 ただ、そういう技術のアップデート以外の基本的なクルマのあり方としては、実はほとんど変化していないんじゃないかと感じる。それが、どうしようもない印象の薄さを招いているんじゃないのか?

 それは、もしかしたら単純にHVを設定すればよかったのかもしれないし、あるいはエンジンのダウンシジングでよかったのかもしれない。あるいは、究極的な軽量化や、超モダンなスタイリングでも。

 実際、先日のデザイナーインタビューでは「このクルマからトヨタが変わる」という発言があった。そこでどう変わるかはメーカーの考え方次第だけど、その変化が見えるようで実はよく見えないのが新型なんである。

 いや、思い返せば、カローラは近年でもそれなりに変化を経験している。バブル期の「大きく愛のような」カローラでは高級コンパクトカーへ変貌したし、その後の「ニュー・セチュリー・コンセプト」では欧州的パッケージングで合理化を推し進めた。

 新型は、大きく変わったと自称しながら、実のところその変化の具合や勢いは、それらかつての試行には遠く及ばない気がする。80、90系ほどの明快でまとまりがいいわけじゃないスタイリング、とくに先進的な設計でもないエンジン、グレードによって装備やクオリティに差を付けるという旧態依然な発想のインテリア。

 メインユーザーがリタイア世代で、実際内外装にはそういう味付けをしながら、イメージキャラクターは小栗旬という苦しい選択もそれを後押ししている。トヨタの代名詞でありながら、クラウンのような一貫性を打ち出せないのは一体どうしてなんだろう?

 TVや新聞で紹介されたように、新型の発表会では「東北発」が強調された。もちろん、この厳しい時代に国内生産をブチ上げるのは、トヨタほどの企業にしたって相当な決意が必要だったろう。今回の「トヨタの変化」とは、何て言うかその辺を込みの話に聞こえて仕方がない。

 ただ、そういう決意や勢いによる社長の言葉、あるいは現場の工場マンの熱い言葉と、商品としてのカローラの魅力は、当然だけれどまったくの別物なんである。

|

« 新車心象風景:メルセデスベンツ・Bクラス | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・フィット(仕様追加) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。新型カローラ見てきました。事前に見聞きしてた情報もありましたが現行ヴィッツと代わり映えしない内装、細かい部分でのコストダウンが見え見えでユーザーは満足するんだろうか?と疑問に思いました。クラウンを頂点にしたヒエラルキーが崩れて久しいですが積極的にあえてカローラを買いたいとは残念ながら思いませんでした。他のメーカーからライバル車種が消え、「いつかはクラウン」に憧れる購買層はプリウスに流れ、残ったのはカローラにこだわる人、あるいは営業車としての役割でしかないような感想を持ちました。

投稿: 暴れん棒 | 2012年5月28日 (月) 20時43分

今度のカローラは、先代以上にヴィッツのプラットフォームを使用していることがよくわかるデザインだし、パッケージですね。
いっそ、究極の営業車、レンタカーを目指すのはどうでしょうね。なんなら小型タクシーも、次期コンフォートなんて作らず
カローラが担えば、それなりに新しいカローラの生きる道ってのが開けるのかも?
その手本は、カテゴリーは乗用車じゃないけど、ハイエースなり、プロボックス。シンプルと機能性を突き詰めて、道具に徹する。
それくらい振ると、逆に何もない分、ユーザーが勝手になんでもカスタマイズできるし、いいんじゃないでしょうか?
ハイブリッドはいくら販売店が要求しても、開発が首を縦に振らなかったようですね。これはプリウスなり、アクアが売れすぎていることもあるけど、トヨタのハイブリッドシステム自体高くてカローラには向かないんでしょうね。ホンダみたいなアシストタイプでエンジンを徹底して効率化すれば採用できたんでしょうが。ある意味トヨタのハイブリッドシステムはここにきてガラパゴスって言われているし、自縄自縛になってますね。
あと東北で生産するのなら、震災復興支援のことも考えれば、東北地方限定で安く売るとかしてもよかったかもしれませんね。

投稿: アクシオム | 2012年5月28日 (月) 21時48分

「このクルマから、トヨタは変わる」いう言葉を何度耳にしてきたことか。

ですので、全く期待はしない方が良いと思われます。
と、なると、やっぱり私は「カローラは‘ごはん’」と、考えちゃうんです。ですから、「走る」「曲がる」「止まる」の能力が非常に大切になってしまうのです。

新型カローラを見て思うことは、末期のサニーです。アレみたいだったらもうカローラのブランドをプリウスに譲ってプリウスをカローラにしてしまえば良かったのに。

プリウス購入者は流行ってるからプリウスに乗るのでしょう?だったら、みなさん、「走る」「曲がる」「止まる」をあの程度で満足しているのですから末期のサニー購入者と同じ感性と思われても仕方ない。 わざわざカローラを作ることなんて無いんです!全方位ハイブリッド化に血道をあげていただきたい。

一時代を作ったクルマが、最後は営業車になってなんとなーく存在感が無くなっていくクルマとして辱めを受けるより、無くなるか、「カローラ・プリウス」になるか期待していたのに中途半端になってしまい残念です。

まぁ、変わって良くなること(って言うより先に現物が出てしまいましたが…)に期待しましょう、現在のベンチマークは「ゴルフ」と比べてどうなのよ、ですが、他社のC・D・クラスなんか、目じゃないほどイイモノなんですよね~gawk

投稿: ぷじお | 2012年5月31日 (木) 00時20分

他社に負けないための考え抜いたデザインという記事がありましたが、シビックフェリオっぽい窓のデザインにフロントフェンダー周辺はスイフトに似ているし目新しさがないというか攻めのデザインではないと思います。性能も平凡、アイサイトのような先進装備もなければCX-5のようにディーゼルを設定するわけでもなくいつも通りのカローラという印象。さらにプリウスに大衆車の座を奪われたせいで余計に魅力がなくなってしまいこれからどうなっていくのか。

投稿: RY | 2012年6月 4日 (月) 23時16分

暴れん坊さん

いまのところ50代以上の方の受注が半数以上とのことですね。5ナンバーということだけではなく、どこか懐かしいスタイルがハマるんでしょうか? 積極的に選ぶ気がしないというのは、新提案がない証なんでしょうね。

アクシオムさん

どうせ日本専用ボディを作るんだったら、もっとベタなやり方もあったような気がします。それもなく、しかしHVもなく、と中途半端なクルマになってしまいました。あ、HVは「順番」が回ってこなかったようですね。だったらそれまで待てばいいとは思いますけど。

ぷじおさん

実際、ゴルフと比較検討している雑誌があったりするので驚きですね。いや、カローラにだってゴルフ、あるいはポロになることはできたと思いますけど、そうは考えなかったんですね。どうでもいいや、ということなら取りあえずHVにしておけばよかったのに。

RYさん

ホントにそうですね。何でもできるだろうに、何もしなかった。まあ、海外版が売れればいいやってことなんでしょうか?

投稿: すぎもとたかよし | 2012年6月15日 (金) 20時12分

誰からも訂正が入ってないけど”隣のクルマが小さく”はサニーです。
http://www.youtube.com/watch?v=_F07XMAwFGw

投稿: 流れ者 | 2012年6月30日 (土) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/45436474

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・カローラ:

« 新車心象風景:メルセデスベンツ・Bクラス | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・フィット(仕様追加) »