« 雑誌記事:デザイナーインタビュー・トヨタカローラ | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・カローラ »

新車心象風景:メルセデスベンツ・Bクラス

Photo

 何かこう、いかに自分は勝手な思い込みをしていたかということを、改めて認識させられるんである。

 たとえば、欧州車に比較的トンチンカンなクルマが少ないのは、各メーカーの歴史はもとより、それなりにたっぷっりとした時間をかけて開発することで、妙な部分は淘汰されるのではないか、というのもそのひとつかもしれない。

 サンドイッチ構造を捨てることでレイアウト上の制約が減ったAクラスは、BMWの1シリーズとガッツリ張り合うかのように、低くスポーティなハッチバックスタイルに舵を切った。

 同様に制約の減ったBクラスも似たような方向を向いたわけだけど、Aクラスの兄貴分としてひと回り大きいボディは、いまいちスポーティな雰囲気が足りない。じゃあ、そのボリューム感のあるボディをどうシャープに見せようかと考えたのが、たぶんサイドを走り回るキャラクターラインなのかと思う。

 ホンダ・フリードの悪夢を連想させるアンダーラインは、仮にルーフラインと相対する軌跡を描いているとしても、やっぱり思いつき感は拭えない。これだけでも十分残念な感じだけど、さらにAピラーから斜め下に向かうもう1本のラインがトドメを刺す。

 いわゆるイメージスケッチの段階はともかく、生産型へと作業を進めてゆく過程で、こうした妙な発想は整理されるんだろうな、と思っていたんである。そうやって、一発芸的な過ちは見事に回避されるんだろうと。

 たしかに、05年あたりからメルセデスデザインは迷走を始めたなあとは思ってはいた。彫りの深い唐突なサイドラインばかりに頼って、ボディ全体でやりたいことが見えにくくなっているような。けれども、現行のEやCで、ようやくほどよい着地点を見つけたものと思っていたんである。そのキャラクターラインの使い方を含めて。

 いや、最近の欧州実用車はアウディなど一部を除いてどうもピンと来ないというのはあった。ルノーはどれもボヤンとしてとらえどころがないし、大当たりした500の弊害か、フィアットは新しいパンダをはじめどれもこれも締まりがなく、ブラーヴォまでもが500化するって話だし。

 ただ、これらのメーカーのクルマが、クオリティの高低はともかく、一定のまとまり感を持っているのに対し、メルセデス・ベンツの場合はそこが相当に弱い。このBクラスに至っては破綻すらしている。ボディサイドの暴れ具合とリアの退屈さの対比などは、ちょっとスゴいものがある。

 1.6リッターターボへダウンサイジングし、リッター20キロを越えた燃費性能などは実に現代的で、ちょっと前までの欧州車では考えられないものだ。

 それはまるで日本車のような性能向上ぶりだけど、だからといって短絡的で未消化なスタイリングまで日本車を見習わなくてもいいのにと思う。まあ、ミニミニバンな日本車的パッケージングはいいとしても。

|

« 雑誌記事:デザイナーインタビュー・トヨタカローラ | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・カローラ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

新型Bクラス、さっそく試乗しましたが先代とは打って変わって出来はよかったですよ。
アウディのA1とかBMW1とそんなに変わらない仕上がり。唯一?と思ったのはデュアルクラッチを採用している割に国産車のCVTっぽい変速がちょっとルーズでしたね。これがベンツのデュアルクラッチなのか?というダイレクト感のない、妙な日本車っぽさ。
新型Bクラスって車体構造を変えて、確かに車高は下がりましたが、車高が下がっただけスポーティに見えるだけで、デザインは意外とキープコンセプトなんじゃないかとボクは感じるのですが…特にテールランプの構成なんかを見ると先代と同じだし、フロントマスクも最新のベンツのトレンドで処理はされているけど基本的な構成は変わらない。だから余計サイドのキャラクターラインが目立つんでしょうね。新型Aクラスならスポーティでいけるけど、ハイトワゴンのBだとちょっと浮き過ぎている。
ベンツとトヨタ(レクサス)ってお互いデザインのキャラクターが似通っていたし、それを避けようとして共にBMWやアウディのトレンドに追従している点で、日独の高級トップメーカーとしてお互い迷走していますね。どちらも確固たるキャラが定まらないから、すぎもとさんのおっやるとおりデザイン面で余計未消化な部分が出ているんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2012年5月19日 (土) 10時24分

次期AクラスがA3とどうやってキャラ被りを避けるか興味深いです。
ショーカーを見る限りではSLSからのお下がりインテリア位しか特徴が見当たらないんですが。

日本車以外の記事をもっとお願いします。
というか日本車でも取り上げられていない車が何台か。

投稿: llll | 2012年5月19日 (土) 21時42分

プアマンズ・ベンツ?(表現が古いか)
AやBが「ベンツ」だと思っているのは、売ってる人と一部の買っている人だけでは。
荒っぽく例えるなら、C以上は「トヨタ」で、ABは「ダイハツ」という感じか。
ヘラジカ回避テストで転倒するまでは、A買うつもりでいたが、そこで興味を失った。
ヤナセとも疎遠になり(保険だけは置いてるが)、ABは選択肢の外に消えていった。
デザインにもアイム・ノット・インタレスティッド・イン。
どこで、誰に、売りたいのだろう、ヤナセ。聞いてみたいのだが、最近「遠い」ので。
案内一つ呉れないし(苦笑)。

投稿: 優 路 | 2012年5月20日 (日) 13時58分

ベンツのデザインも迷走中ですね! ただ、BMWがまともかと言うとこれも、小型クラスはX3みたいになっちゃうし…

いまだに、明確なキャラクターを身に付けられず、ベンツ、BMWの入門車としての縛りがこの雑なデザインに出ちゃってる気がします。このあたりを考えると、「初代RAV4」が20年くらい先を行っていましたね。 今でも、全く嫌なデザインじゃないですから。

Aクラスは見た感じ結構かっこよさげですが、どうでしょう?小型車クラスは既に値段も日本車とそう変わらないレベルですので、どんどん、安いプライスタグを付けて、日本車を刺激して欲しいです。
208(これが実は、コンセプトカーのSR1をチョロQにしたままで、かなり残念なデザインです)、Up!とこれからは、コンパクトが楽しみですね。

投稿: ぷじお | 2012年5月23日 (水) 21時58分

新型Aクラス、かっこいいですね!!
内装もBクラスに近い感じで、販売が待ち遠しいです。

ちょっと狙っています。できればA45がいいんですがどのくらいの値段設定になるんでしょうかね。

投稿: やーまだ | 2012年7月22日 (日) 17時20分

ヤナセのシールが貼ってある ベンツの新車を 4年前に メルセデスベンツ○○○○販売店から 現金で購入いたしました。

今では フロントグリルのメッキが 剥げております。

左側のフェンダーの塗装が ザラザラしております。

ホイルキャップが 2個も腐食しております。

リアバンパーの右側のメッキモールが 腐食しております。

右側のサイドミラー内の ウインカーに水が溜まるようになりました。

ナンバー灯が 突然脱落して ぶらぶらしております。

一千万円の お車さんが 4年でこんな状態になるなんて 驚いております。

お車さんは 走行距離約1.5万Kmで 事故など 起こしておりません。

販売店の サービス責任者は 全て有料修理になると 高飛車な態度で のたまわっております。

メルセデスベンツ本社(東京)に お電話でお問い合わせをしましたら 男性社員が 全ての責任は販売店にあると 冷徹な態度で のたまわっておりました。

わたし ただただ驚いておりますの。

皆様は 如何対処して おられますでしょうか?。

お知恵を 拝借させて下さいませ。

ベンツ販売店やベンツ本社の 男性社員に 木で鼻をくくったような小馬鹿にした態度をとられてからは ショックで 毎日 泣き濡れておりますのょ。

投稿: ミセス梁 | 2012年9月 1日 (土) 16時06分

やっぱり日本にあるデザインブランチからの提案を採用するからでしょうか。
新しいBとAは最初のプレサージュ小型版みたいだし、Cマイナーはフーガのライトみたい。日産出身の人がデザインブランチにいるのでしょうか。
日産とエンジンと車体共有するからいいのでしょうか。
日本からドイツにイタルジャーマンテーストしか作るなと伝えるといいかもしれません。日本テイストは必要ない気がします。どこかで無礼ブーレーが変なふうにしているのでしょうね。

投稿: ナノ | 2012年9月21日 (金) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/45318372

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:メルセデスベンツ・Bクラス:

« 雑誌記事:デザイナーインタビュー・トヨタカローラ | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・カローラ »