« クルマ散策:トヨタデザインが変わる? | トップページ | Drive My Car:再入院とタイヤ交換 »

新車心象風景:レクサスRX(マイナーチェンジ)

Rx

 前回の続きになってしまうけれど、今度はレクサスの話。

 よほどのクルマ好き以外にその意図が伝わるか否かはともかく、GS同様、TVCFの冒頭にスポットが当たるのが例のスピンドル・グリルだ。

 この紡錘形のグリルがいいとか悪いとかについては、当然いろいろな意見があるかと思うけれど、たぶん問題はそういうことじゃない。

 たしかにクルマにとってフロントグリルは重要な部分ではあるけれど、それでもクルマの一部分に過ぎないことも事実なんである。それをことさら取り上げて騒ぐのはあまりに滑稽ってもんじゃないか。

 そんなことはない、アウディだってシングルフレームを大々的に打ち出したじゃないか、なんて意見もありそうだけど、あっちとは状況が違う。

 アウディの場合、それまで時間をかけて育ててきたグリルの、ひとつの到達点としての造形があれだったんである。シンプルな逆台形から上下分割での表現、そしてその両者の融合としてのシングルという。

 いや、唐突ということでは、たとえばインフィニティの凹形グリルも実は同じだったりする。ただ、あの掟破りなカタチの是非はともかく、レクサスと違うのは、そればかりを前面に出すようなことをしていない点だ。

 いまさら言うことでもないけれど、クルマのデザインはあくまでもクルマ全体で表現するものであって、だからこそプロポーションの重要性が説かれたりもするんである。

 ところが、前回にも書いたように、近年のトヨタは数理面だの精鋭だのと細部ばかりに興味を示し、ユーザーにその理解を強いるようなことをやって失敗を招いてしまった。本来は、RXというクルマ全体で何をどう示すか、なんだけど。

 もちろん、マイナーチェンジのRXはもとより、オールニューにもかかわらずグリルばかりをウリにする、いや、しなくてはいけないGSも含めれば、実は結構深刻な状況だと僕は思う。

 ちなみに、そのスピンドル・グリル自体の感想だけど、これも前から書いているとおりどうもしっくり来ない。逆台形の一般的なグリルに、流行のハの字形バンパーが組み合わさっただけのそれに特段新しさは感じないし、これがフロントフェイスにべったり張り付く様に美しさも感じない。

 RXについて言えば、もともと感じていた前後のいまひとつな不安定さを、取って付けたスピンドルが後押ししているとしか思えなかったりする。

 かつて、独自性と均整感を両立していた初代ハリアーを思い出すと、この15年は一体何だったんだろうと思う。もちろん、ハイブリッドを含めたハードの進化は少なくなかったんだろうけど、じゃあ日本車っていうのはいまだにそういうことだけなのか?

 隅々まで目を配り、美しさと繊細さにあふれる新しいTVCFは、まさに映像版のLーフィネスと言えるだろう出来映えなんだけれど。

|

« クルマ散策:トヨタデザインが変わる? | トップページ | Drive My Car:再入院とタイヤ交換 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

スピンドルグリルの採用も、トヨタに言わせるとL-フィネスの一環であり、その中でブランドのパフォーマンスを一気に高めるためにやることとなったのでしょう。
でもやっぱり説明がつくかと言えば、つかないでしょうね。ルーツは、トヨタ自動車の前身である豊田自動織機の機織りに由来するそうですが、それならトヨタ車につかえてしまうじゃないかと…テールランプのL型を意識したデザインはそれなりにレクサスのLにかけているんだと理解はできますが。
すぎもとさんがおっしゃる均整感ってやつは、新しいレクサスデザインには押し出しパフォーマンスの代わりに薄くなりましたね。それこそ、L-フィネスで訴求していた精妙、緻密なんてものを今後どうしていくのか?スピンドルグリルはある意味、L-フィネスの自己否定をしていますよね。
今の世の中、パフォーマンス命だってのはわかるけど、歴史だとか伝統といった継続性がモノを言うブランド物が、そこをちゃんと折り合いを付けないとスバルのスプリットスウィンググリルのように限りなく撤退に近い方向転換を余儀なくされることでしょう。
まぁボクには、このスピンドルグリル、押し出し感はそこそこあって刺激のないレクサスデザインにはちょっとしたカンフル剤にはなっても、全車に展開されてしまえば、見慣れるくらいそんなに強烈でもないと思います。大本命?LSのビッグマイナーを見ればわかることでしょう。

投稿: アクシオム | 2012年4月24日 (火) 23時28分

トヨタのデザインはどうしちゃったのでしょうね
なんか、若手デザイナーの未消化の作品みたいです
スピンドル・グリル・・・くわがた虫を連想してしまいます

本当にいいデザインはあれこれ説明しなくともわかるものでしょうに
いま日本ではマツダが一番いいデザインを出している感じです

さすがプロの仕事と思えるクルマを出して下さい
各社是非よろしくお願いします

投稿: 菅原 | 2012年4月25日 (水) 20時32分

サイドは寸胴、顔は、「三段腹」、お尻は貧弱。

レクサスは「鋭角」しか入れないはずが、鈍角、鈍角。

全く、作り手の意思が感じられないデザインにどう惚れ込めるのか?買う人の感性もレクサス車には理解不能の領域だ。

そして、アメリカでは、ベンツ、BMWの同車格車より100万円ほど安いのだが、購入者はどう感じているのだろう?

投稿: ぷじお | 2012年4月26日 (木) 22時17分

僕は大のレクサスファンですが、ブログ主を含む皆さんは根も葉もないことをかなり言っておられますね。レクサスに対する認識が全然違うと思いますが、それ以前に知識が足りません。こっちが読んでいて恥ずかしくなりました。スピンドルグリルが豊田自動織機の機織りに由来するなんてのは嘘っぱちもいいところですよ。ちゃんとトヨタさんに取材に行かれた評論家のレポートを読んでください。

投稿: rexchristbalite | 2012年4月27日 (金) 20時17分

初投稿です。
GSのスピンドルグリルよりまとまりはいいとは思いますが、全体的に洗練さがたりてないように見えます。なんというか車の全体の流れに乗れてないし、メッキで囲ってしまうと線より面が強調されて後付けした様に見えるのが個人的に嫌な所です。IS-Fのスピンドル風なグリルぐらいがちょうどいいです。
メッキパーツの縁取りやテールレンズの角のつけ方、Lを意識したラインとか少ないながらもレクサス車の中に共通するデザインがあるんだから、それを生かしつつ魅力的なデザインを生み出して欲しいですね。

投稿: RY | 2012年4月28日 (土) 01時38分

アクシオムさん

トヨタ本体のデザイン体制が刷新するのであれば、このデザイン言語がこのままかどうかは?ですね。もし、トヨタブランドがもっと自由に豊かなデザインを得てゆくなら、レクサスも並行する筈です。スピンドルグリルは一時しのぎ、と感じているのですが。

菅原さん

く、くわがたですか・・・。仰るとおり、いいものは能書きなんて不要ですね。ジュネーブショーではマツダのタケリが絶賛だったと聞いていますが、「塊動」なんて言葉が外国人に伝わらなくても、モノがよければよれでいいと。

ぷじおさん

レクサスは北米で支持されてきましたが、高品質なモノがそれなりに安ければ売れるという正直な市場ですよね。それでいまは韓国車が伸びているのでしょうし。日本や欧州とはやっぱり違いますよね。

rexchristpaliteさん

「レクサスに対する認識が違う」。是非具体的にお聞きしたいですね。興味があります。

RYさん

そうそう、後付け感があるんですよね。まあRXは本当に後付けですけど、GSにもそれがある。ISの時点でスピンドルの原型が出来ていたわけですから、僕もあれでよかったと思います。それよりもボディ全体に目を向けて欲しいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年4月28日 (土) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/45011597

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:レクサスRX(マイナーチェンジ):

« クルマ散策:トヨタデザインが変わる? | トップページ | Drive My Car:再入院とタイヤ交換 »