« クルマ散策:コペンは何かを残せたか? | トップページ | 新車心象風景:レクサスRX(マイナーチェンジ) »

クルマ散策:トヨタデザインが変わる?

Photo

 「トヨタは今後デザインを最優先する」という内容のニュースが少し前にあった。

 そう聞くと、まるでいままでデザインのことなんていちばんの後回しになっていたように聞こえるけれど、まあそうは思えないんである。

 だとしたら、このニュースは一体何だろう?

 かつて80点主義と言われていたトヨタだけど、たとえば比較的近年の80~90年代だけを見てみても、シェア2位の日産を大きく引き離した理由の中には、多くのユーザーに「適度な先進感」を与える巧みなデザイン攻勢があったと僕は思っている。

 たとえば当時のターセル・コルサやカローラ、マークⅡ、クラウン、アリストといった王道セダン・ハッチはもとより、初代エスティマやイプサム、セラ、MR2といった変化球まで、実にまとまりのいいスタイリングを得て、内外装とも残念な企画を連発する当時のライバルを蹴落としたと。

 ただし、そのデザインに関してことさら特別なアピールはしていなかったし、「あれこれ」理屈をこね回すこともなかった。もしかしたら、それが80点主義と言われてしまう理由のひとつになっていたかもしれない、と思えるくらいに。

 おかしくなったのは、その理屈を正面切って口にするようになってからだ。ここでも何度か書いているとおり、トヨタ・ブランドなら「バイ・ブラント・クラリティ」、レクサスなら「Lーフィネス」などと、なんだか高尚なネーミングを掲げてからは、とくに迷宮の世界が深まった。

 つまり、これからトヨタはデザインに力を入れます、と宣言してからおかしくなったんである。それは単に力を入れる方向を間違えただけとも言えるんだけど、とにかく理屈先行の造形を総動員したら、トヨタ車がみな妙チクリンな格好になってしまったと。

 ま、それはきっとトヨタ自身がいちばんわかっていたんだと思う。けれども「新しいデザイン言語は失敗でした」とは言えないので、いまさらながら「デザインを最優先します」なんてことを改めて言い出した感じだろう。ここ数年のことはなかったことにしたいなんて。

 一部雑誌で書かれているとおり、トヨタは先述の初代エスティマをまとめたデザイナーを子会社からトップに迎えたそうで、ほぼ同時に組織も変えることになったらしい。僕はその方がひとりであの初代を描き上げたかどうかを知らないので、その実力も知り得ないんだけど、わざわざ別会社から呼び戻したんだから、きっと相応の力はあるんだと思う。その本来の実力が商品として結実するのには数年かかるのだろうけど、とりあえず日本のトップメーカーとして是非頑張ってほしいとも。

 ただし、それにはまず妙に構えたおかしなデザイン言語を掲げるのは止めた方がいい。マツダ程のラインナップなら「塊動」もいいだろうけど、トヨタ規模では足かせになるだけだ。

 それともうひとつ。先述の車種を含め、ある時期までのトヨタ車の中には、少なからず外部のカロッツェリアに委託をした例があると言われているけれど、そういう柔軟さは今後も持つべきじゃないかと思う。

 そうじゃないと、仮に優秀なチーフを迎えたとしても、遠からず息切れしてしまうのは目に見えているからだ。

|

« クルマ散策:コペンは何かを残せたか? | トップページ | 新車心象風景:レクサスRX(マイナーチェンジ) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

トヨタのデザインを変える。それにはシンプルに次のことをやるしかないでしょう。
1.商品体系の見直し→車種が多すぎてわからくなっているの、削減しながら立て直す。
2.ブランドを明確にする。
3.デザイントップは、デザイナーとして優秀かどうかより、目利きができて、トヨタデザインをPRできる人を充てる。
4.社長とデザイントップが最終的な責任を取る。
すくなくとも、ディテールでトヨタとレクサスの違いをつけるのはやめた方がいい。もっと骨格から見直さないと。LSはいまだにデカいカムリでしかないし、スピンドルグリルを採用した新型GSのフォルムは、これまた少し大きいマークXでしかない。
カロッツェリアへの委託、昔のように金太郎飴と揶揄された時分ならそれなりに刺激があったけど、今のようにデザインが乱れ、カロッツェリア自体の体力が弱くなった現代ではあまり効果を発揮しないような…先行開発や特別企画ならいいでしょうが。
デザイン改革のお手本は、意外と日産やマツダにあると思いますが。でも御曹司社長のやろうとしていることは、デザイン単体のことであって、木を見て森を見ていない気がしてなりません。ホントに改革するのなら、販売チャンネルの整理と合わせて商品戦略も変えてその一環としてデザイン改革をしないとお客さんにはわかりにくいかと…
プリウスとアクアを全店で扱うようじゃ、トヨタ内でチャンネルを分ける必要なんてないし、それこそトヨタとレクサスだけでいいような。あと86なんてどこの店で扱っているのか正直わからない。デザイン改革には、販社と商品戦略の見直しもセットでやらないとホントの効果は発揮できないでしょう。

投稿: アクシオム | 2012年4月20日 (金) 23時19分

トヨタは何故名古屋でデザインする事に拘るのか
マツダは移転して変わったのに
とずっと気になっていて以前地元の業界の方に
訊いた事が有るのですが
最大消費地でデザインするのが正しいんだよ!
と仰っていました
その辺の感覚が都心に住んでいる人とは
根本的違うのですよね…
まあ個人的には欧州車の様に一目でトヨタ車だと
判る顔に統一しつつスタイリッシュになれば
良いと思います

投稿: muku | 2012年4月21日 (土) 05時01分

はじめまして。トヨタのデザイン部門のニュース、自分はポジティブに捉えています。ただトヨタのデザインを議論する以前にコストの関係なんでしょうが他の車との共有部品が多過ぎてデザインを妥協せざるを得ないんじゃないかと思います。信号で複数トヨタ車が並ぶと共有部品がバレバレですし。デザインも大事ですがライバル潰しの為にコロコロと車のコンセプトを変えてるほうが問題な気がします。

投稿: 暴れん棒 | 2012年4月21日 (土) 21時49分

すぎもとさんには、何年か前に書いたので覚えていらっしゃるかもしれませんが、基本的に、クルマは、90年代以降「デザイン」勝負だと思っています。

流石に80年代の後半まではいろいろ制約がありできなかったデザインが、89~現代に至るまではかなりのプレスができるようになり、フェラーリのオールアルミでもエッジを付けられる時代。すばらしい。

そんな時代に、お金持ちのトヨタにできないことは何も無いハズ!!
きっと、今までが嘘のようなすばらしい「デザイン」期待しています。講釈は必要ありません~いいものは見ればわかります~

投稿: ぷじお | 2012年4月26日 (木) 21時44分

アクシオムさん

社販はともかく、商品企画と同時に進行するべきというのはおっしゃるとおりですね。若い社長はクルマが大好きということですが、その「好き」がどういう中身なのかによって、新しい組織も最終判断も決まってくるのでしょうね。

mukuさん

最大消費地はああいうデザインを望んでいるんでしょうか? それともデザインなんかどうでもいいという意味を含めているのかな。トヨタらしい優れたデザインは、たった20、30年前には出来ていたのですから十分再生する力はあると思います。

暴れん坊さん

ライバル潰しのためにコロコロと商品を出すのは以前からですが、その商品が明らかにライバルよりよかったのでトヨタはここまで盤石になったんでしょうね。
その分、1代限りの絶版車が多いんですけど、そういうのはべつに恥ずかしいと思ってないんでしょうね。そこは自動車会社として決定的に×だと思います。

ぷじおさん

新しい部長さんが目利きなら、そう時間がかからず結果が見えてくるかもしれませんね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年4月28日 (土) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/44958286

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:トヨタデザインが変わる?:

« クルマ散策:コペンは何かを残せたか? | トップページ | 新車心象風景:レクサスRX(マイナーチェンジ) »