« 新車心象風景:マツダ・CX-5 | トップページ | クルマ散策:トヨタデザインが変わる? »

クルマ散策:コペンは何かを残せたか?

Photo

 この8月をもって生産終了となるコペン。雑誌では残念だとの話で取り上げられているけれど、僕もやっぱりそう思う。

 ただ、それはコペンそのものがなくなることより、「コペンのようなクルマ」がなくなることの寂しさなんである。

 バブル崩壊はとっくに過ぎていたとはいえ、いまみたいな慢性的不況とも違う10年前にコペンが発売されたのは、経済的に許された背景と同時に、責任者に明快な開発思想があったからなんだと思う。一説には180万円でも売るだけ損するなんて話があるけれど、そういう企画にゴーサインを出したのは、きっとタイミングのよさもあったんだろう。

 けれども、少なくとも商品レベルで見た場合、この10年間にそうした思想や資産が引き継がれ、しっかり生かされたかというと、それはかなり疑問であって、かつ残念なところだ。

 たしかに、ダイハツが先代ムーヴあたりから内外装の質感向上に目を向けたのは認めるし、それがライバルメーカーに影響を与えたのは評価されるところだろう。ただ、残念ながらその”向上”はコペンのそれとまったく次元が違ったんである。

 いや、何もエキスパートセンターの熟練工による手作業云々ということじゃなく、軽だのコンパクトだのという自らの”しばり”にとらわれず、クラスレスとも言えるもの作りにトライしたその発想の価値だ。

 もちろん、180万円は「軽」と考えれば高価だけれど、フツーに作ったいまどきのカスタムだって150万円もする。手作業と通常のラインの差がわずか30万円なのであれば、コペンによるノウハウとそのクオリティが、十分にフィードバックされたとは到底思えないじゃないか。

 それどころか、いまじゃ真逆とも言えるミラ・イースの作りが「まったく不足はない」なんて平気で評価されていたりする。そりゃあ、たしかにそこそこ安いけど。

 僕は最近VWのUP!のことをよく書くけれど、単純に言えば、ダイハツにはずっと前にUP!を作ることができた筈なんである。そういう技術もノウハウも、あるいは商売だって可能だったと。そんなことはほとんど継続されず、目先の安モノにあっけなく流れてしまうのは、さて一体どうしたことなんだろう?

 丸く愛らしい2シーターはクルマ好きのツボを・・・という話があるけれど、実のところ僕はコペンそれ自体にそれほど興味はない。スタイルだけで言えばビートの方がずっと好きだし。

 ただ、繰り返すけれどそのクラスレス感は本当に素晴らしい。軽は制約があるからこそ発展するというセリフをよく聞くけれど、こいつに限ってそれは当てはまらないと僕は思う。だからコペンと同時に「コペンのような」クルマがなくなるのは実に残念なんである。

 いや、もちろんこれが規格としても「軽しばり」じゃなく、1リッター・ターボなんかだったりしたらさらによかったのに、というような話が別にあったとしても、だ。

|

« 新車心象風景:マツダ・CX-5 | トップページ | クルマ散策:トヨタデザインが変わる? »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

ある意味、プレミアムなクルマでいすゞでいうところビークロスみたいなクルマでしたね。
熟練工による手作業のところなんかもそうだし…
こういうクルマの生産終了する際にメーカーがいうことは、必ず決まって「役割を果たした」とか「使命を終えた」とか言って、有終の美を飾りますね。
最後に限定車を出してもらえるだけ、メーカーにとっても、ユーザーやファンにとっても特別で、支持されたクルマなんでしょうね。
ダイハツは、軽だけじゃなくコンパクトカーだってそれなり開発はできるポテンシャルはあるけど、トヨタはいうに及ばず、ダイハツからOEMすることで軽を撤退したスバルとの兼ね合いもあるので、ダイハツ独自で軽以外のクルマを開発して販売することはままならないでしょうね。
コペンはある意味、小さいスポーツカーの伝統とか文化を継承していたし、それを支持した経営者の理解や采配もあってほんと恵まれたクルマでしたね。
トヨタスバルの86/BRZもいいですが、コペンくらいの大きさでスポーツカーを作った方がコストはかかれど、ホントの意味で若者向けのスポーツカーとして若いもんに振り向刈れると思いますが…
D-X?出ますかね?2気筒エンジンは意欲的だし…もう貧弱なエコカーじゃなく、いくら走っても、飛ばしても燃費が良くておもろいクルマ出してくれませんかね?

投稿: アクシオム | 2012年4月11日 (水) 00時29分

感傷はさておき、ダイハツには前の前のモーターショーあたりからやっていたスポーツカープロジェクトがあったのでは? ○ヨタがOKしないのか? まあいいけど。
新型ビートが出れば(Mag-Xには書いてあったけど本当に出るのか?)、また状況も変わるでしょう。
俺は、50代以上の人間がビートを買うと思う。俺も含めて。
そうすれば、またぞろトヨタとその仲間たちが対抗してくるはず。
そしてダイハツのプロジェクトが、あるいはコペンが復活、するだろう。

これから、トレンドが80年代へ回帰すると思う。
「夢よもう一度」「あの頃は良かった」…「もう一度元気になろう」かも。
引っ張るのは40代以上かな。
バイクはKATANAやNinjya、クルマはセリカXXやプレリュード…。
もちろん同じ形では出ないだろうが、換骨奪胎、21世紀テイストを加味して出現するかも。
今のクルマに人気がないのは、クルマに魅力がないから。
魅力ない→人気低下→さらに魅力低下→さらに…の負のスパイラルを断ち切るには
中高年をターゲットにした新型車を堂々と出すこと。
じいさんばあさんが楽しそうなら、若者も「もしかしたら面白いかも」って思う。

「自家用車」に、もはや「クラス」は存在しないと思う。
ダウンサイジング時代でもある。高いクルマに乗っているか、安いクルマに乗っているかの違い。ベンツとエッセは対極にあるが、「なんだか信用できない」度は同じような気がするなあ。
(個人の感想です)

投稿: 優 路 | 2012年4月17日 (火) 01時57分

アクシオムさん

そうですね。ビークロスに近いかも。
ハチロクも恵まれたクルマだと言われますけど、なんて言うかコペンとは対局にあるような気がします。D-Xはどうでしょう? 基本的なスタイルは僕も好きですが、やっぱりメタルトップくらいは持っていないと日本ではキツイでしょうね。オープンの市場は基本的にないですし。

優路さん

絶対「軽」である必要はないと思いますが、とにかく軽規格に近いサイズでビートが出れば結構売れると思います。上記同様、メタルトップ、あるいはハードトップは欲しいですけど。それに、エンジン排気量に余裕を持たせれば欧州なんかでも人気が出るでしょうね。
たとえば、いま70、80年代の歌謡曲に人気があるのは、ある種プロの仕事が再認識されているからだと思います。当時は当時で「何だこれ」とは思っていましたが、いまよりはずっとよかったと。クルマはどうなんでしょう?

投稿: すぎもとたかよし | 2012年4月21日 (土) 17時01分

コペンは、何も残せなかったと思います。

同じダイハツの「ミゼット2」に二~三本ほどの毛の生えたほどにしか。

それが、この20年の日本車の状況だと思います。既に、ユーノス・ロードスター、ビート、カプチーノを知っている世代なら、やはり、ノスタルジー商品としてしか意味が無く、コペンが新しい顧客層を広げたとは思えません。 これは、トヨタのMR-Sにも言える事です。

幸い、ロードスターは正常に進化しています(初代の1.6を知っていると車の運転の楽しさがわかるのですが、今は、コペンのように躾が行き届きすぎなのが残念です!)ので、そちらでガマンしていただくしかないのかな?

とにかく、車の運転をhappy01楽しい とさせる方向には行かなかった20年間の日本車。 おっしゃるようにコペンが何かを残せる国民性になっていたらなぁ、と、思うわけです。

投稿: ぷじお | 2012年4月26日 (木) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/44831324

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:コペンは何かを残せたか?:

« 新車心象風景:マツダ・CX-5 | トップページ | クルマ散策:トヨタデザインが変わる? »