« Drive My Car:松本温泉ツーリング、ふたたび。 | トップページ | クルマ散策:コペンは何かを残せたか? »

新車心象風景:マツダ・CX-5

Cx5

 スカイアクティブってなんだろう? CX-5はそういうシンプルな疑問を感じさせるんである。

 個人的に「塊動」のエッセンスをそれほど感じないボディスタイルは、新しいモチーフを取り込んだフロントフェイスをはじめ、それでもライバルに比べれば相当アグレッシブだ。

 デミオやアクセラ同様、これならマツダブランドが浸透している欧州市場でも埋没しないだろうと思えるCX-5のウリは、しかし「フル・スカイアクティブ」初搭載ということになっている。

 エンジンやミッションに止まらず、シャシー設計まで含めるというその技術思想は、メカ音痴の僕でさえ、理屈としてなら一応は理解できるものだ。

 けれども、じゃあ製品、いや商品としてCX-5を見たときに、先のアグレッシブなボディ以外でユーザーへ的確に届くのは、少なくとも僕の感覚では、複雑な後処理装置を持たず、ガソリン車と大きな価格差を持たないクリーンディーゼルそれ自体の魅力だ。

 実際、目標の3倍近くという受注は、広島市のクリーンディーゼル補助金制度なんて分かりやすい支援もあってか、8割近くがディーゼルという、ちょっと信じ難い状況になっているみたいだし。もちろん、そもそもコンパクトSUVが好調の欧州でも、この画期的エンジンがヒット作の理由になることはほとんど間違いないとも思える。

 そもそも、デミオは”フル”じゃなかったけれど、リッター30キロといういまどきな燃費性能で売れたわけで、これも要は同じ話なんである。

 さらに、次期アテンザが待望されているのは、同じクリーンディーゼル搭載の可能性もさることながら、「塊動」を大きく反映したスタイリッシュなボディがその大きな理由であって、回生装置を搭載した第2ステップのスカイアクティブだから、とは思えなかったりする。

 そうであるなら、スカイアクティブというのは、ユーザーにとっては”燃費のいいエンジン”とほとんど同義となっているんじゃないかと。動的要素も盛り込んだシャシーや、ロックアップ機能を強化したミッションは取りあえず横に置いといて。

 いや、それがいけないとかおかしいとか、そうは思わない。わかりやすい部分だけでも理解されるのなら、それはそれでいいんじゃないかと思う。

 思い返せば、マツダというメーカーは結構な頻度で”刷新”をブチ上げてきた。ファミリアの頃の「剛性」や、ユーノスの「ときめき」など、ボディ設計や塗装技術、デザイン改革など、現在進行形の「ズーム・ズーム」に限らずに。

 効率追求のエンジンにしたって、ミラーサイクルやプレッシャーウェーブディーゼルなんて提案もあった。問題というか課題は、そういう刷新宣言がどうも継続しないことと、すべてがユーザーへ真っ直ぐ届かないことかもしれない。

 そういうわけで”フル”になったCX-5は、ユーザーにとってスカイアクティブとは?ということを、改めて考えさせてくれる貴重なクルマなんである。

|

« Drive My Car:松本温泉ツーリング、ふたたび。 | トップページ | クルマ散策:コペンは何かを残せたか? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

スカイアクティブは、マツダなりの環境商品なんでしょうね。
トヨタで言うなら、ハイブリッドシナジードライブであり、日産で言うならピュアドライブ、ホンダだったらアースドリームテクノロジー。
で、その実態はおっしゃるとおり他メーカーに比べてシンプルな技術思想なんでしょうね。
結局、こういう名称がないと売れないというのは、やっぱりクルマって実物、実態を売りながらイメージである意味偶像を売る商品だってことに行きつくんじゃないんでしょうか?
マツダはハイブリッドを出せる状況じゃないから、ミラーサイクルエンジンなり、低圧縮の直噴ディーゼルで勝負せざるを得ないわけですが、そのためにはマツダとして環境性能に対してマツダらしい走りの楽しさを打ち出したそれこそアクティブなイメージが連想できるようにってことなんでしょうね。
ディーゼルなんか、ホント距離載らなければ経済メリットなんて出ないんですから、地方の長距離移動が一般的で寒冷地でしか需要がなさそうなものをイメージで売ろうとするところは、普段まったくクルマなんか乗らず車庫に置きっぱなしのプリウスと本質は変わらないかもしれませんよ。

ちなみに会社でCX-5買いました。XDの4WD。長距離移動と泥だらけの現場がメインなものなので…ホントは、山道の狭いとこなんかも走るから1840㎜なんて全幅だと却下なんですが、社長の一存で。年間3万キロで果たしてどれだけのメリットをたたき出すのか?しかし、7月までCX-5は来ません。

投稿: アクシオム | 2012年4月 5日 (木) 23時02分

アクシオムさん

イメージでクルマなんていう高額商品を・・・と思いますけど、実際はそうですね。トヨタのTVCMなんてほとんどイメージだけだし。もともとクルマに本質的なものを求めない市場ですから、スカイアクティブの意図も全体像は伝わらないわけで。
かつていすゞのディーゼルに乗っていた者からすると、やはりターボディーゼルは動力源としての魅力が大きいです。もちろん現代のクリーンディーゼルは尚更ですが。なので、燃料代抜きで「いいエンジン」を買った、ということでもいいんじゃないかと思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年4月 9日 (月) 10時10分

お金が無いんです。 お金が・・・
だから、既存の物のブラッシュアップと言う方向性しかない。と言うと、身もフタもありませんが、それが本当のところでしょう。

ただ、何故か、日本でのみ「エコカー」=「ハイブリッド」「低燃費車」「EV」というおかしな事になっているので、苦し紛れの新しい感じのするネーミングが必要なんです。

でも、日本人の「自動車偏差値」って何でこんなに低くなったのでしょう?

デザインは、サイドに伸びやかな線が入っているのに、顔とお尻がチマチマしたまるで、トヨタ車みたいで好きではありません。こちらは、CX-7の方が好みだなぁ。 ヨーロッパは、ディーゼルが「環境に配慮したクルマ」、アメリカは天然ガスなんて言い始めてもいます。 日本も、そろそろ、CO2詐欺から目を覚ましてもいいと思うのですが、難しいですね。

投稿: ぷじお | 2012年4月26日 (木) 20時58分

>顔とお尻がチマチマした
仰っている意味が分かりません。

投稿: llll | 2012年5月 3日 (木) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/44767303

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・CX-5:

« Drive My Car:松本温泉ツーリング、ふたたび。 | トップページ | クルマ散策:コペンは何かを残せたか? »