« クルマ散策:ニュースな撤退 | トップページ | Drive My Car:松本温泉ツーリング、ふたたび。 »

クルマ散策:ジュネーブショー雑感

Photo

 いちばん印象に残ったのは、名門カロッツェリアの仕事なんである。

 イタル、ピニンファリーナ、ベルトーネと、今回は申し合わせたように3社ともがスポーツカーの提案だったけれど、どれも”工房”ならではの完成度だったと思う。

 しかも、端正で居住性も踏まえたイタル「ブリヴィド」、伸びやかな美しさのピニンファリーナ「カンビアーノ」、ひとつヒネリを入れたベルトーネ「ヌッチオ」と、それぞれの工房の個性がしっかり出ている点もよかったかと。

 ここではそれぞれの細かい点には触れないけれど、このカロッツェリアの完成度の高さを知るには、試しにメーカーの出展車と比較するとよくわかったりする。

Photo_3

 たとえば、ホンダのNSXコンセプトとは、表現の引き出しの数が違うことを感じさせる。

 NSXコンセプトは、それ自体が復活するという期待感と、量産版をイメージしたいという欲求の次元なら「なるほど」と思うけれど、しかしこのコンセプトカー自体に飛び抜けたオリジナリティは感じられないし、イメージという点でもまだまだ作り込みが甘いでしょう。

 一方、地元でも好評のインフィニティ・エマージは僕もいいナと思うけれど、「練り込み」のレベルに大きな差を感じざるを得ないんである。

 つまり、エマージは最近のインフィニティらしいエモーショナルなラインを存分に使うことである種の「香り」を出しているれど、逆に言えばそこまで「盛らないと」いけなかった理由もあると。

Photo_4

 けれども、今回の前記3車は基本的にシンプルなまとめ方で、プロポーション自体や大胆な面構成でしっかり表情を作り出しているのがよくわかる。それは、古典的ながらも、まったく新しい引き出し=発想がなければできない仕事だ。

 最近のクルマのデザイン力低下は、もしかしてインハウスデザイナーの台頭にあるんじゃないか? と僕はここで何度か書いてきたけれど、こういうのを見ちゃうと、その思いはますます強くなるんである。

 それにしても、今回は「VW」じゃなくて「G」バッチで出展したイタルのブリヴィドは、グループの中で一体何を示唆しているんだろう?

|

« クルマ散策:ニュースな撤退 | トップページ | Drive My Car:松本温泉ツーリング、ふたたび。 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

カロッツエリアのコンセプトカーは、やっぱり餅は餅屋なんでしょうが、完成度こそ高いけどメーカーやブランドを背負っていない分デザインに歴史だとか、ブランドの個性がない分、物足りないものを感じるんですが…
イタルのブリヴィドはフェラーリに提案したいのかと思うデザインで、これどうみてもVWグループの傘下にいる割に、アウディや、ランボルギーニには採用できそうにないものを感じますね。意外とグループ外への提案をしてくれたら、面白いかもしれませんね。
インフィニティのエマージEについては、いまのインフィニティから少し進化したインフィニティなんでしょうが、昨年発表したおなじEVスポーツの日産エスフロー同様、これがEVスポーツという新しさとか、EVならではのパッケージを具現化したデザインだとは思えないんですが…いまのインフィニティデザインはどうもブランドの個性とか、エモーショナルな路線を強く打ち出したいんでしょうが、ちょっとくどいかな。
イタルのVWグループ入りが、ホントにVWグループだけのある意味インハウス化になるのか、それともグループにいながら外部の仕事も手掛けられるかによって、カロッツエリアの存亡も決まるような気がしますね。

投稿: アクシオム | 2012年3月23日 (金) 23時48分

残念ながら、イタル、ピニン、ベルトーネのいずれの作品にもこちらで指摘されているような魅力を感じませんでした。
いずれもこれらのカロッツェリアが送り出してきた数多くの名作と比肩しうるまでの魅力を感じないのです。私が感じたのは既視感漂うレトロさにいまいちしっくりこない新しさの演出。これらの車種から名門カロッツェリアの名前を外した時、どれだけの評価が得られるのだろうか。NSXは数あるMRスポーツの中、スタイリングで指名買いさせる強烈な個性を体現できていない気がします。エマージは、エセレアとも共通しますがVW配下のブランドのように確固たる歴史的バックボーンを持つとは言えないインフィニティが、自前技術なしの企画およびデザインのみの商品を増強したところで、プレミアムブランドとしてのプレゼンスの増強がはかれるか興味があります。

投稿: KATSU | 2012年3月24日 (土) 18時37分

お言葉ながら、カロッツェリア3社の作品にそこまで特別な魅力を感じませんでした。
イタルのブリヴィドはジョルジェット御代ではなくて、息子ファブリツィオの作風(個人的には荒削りだったり子供っぽい印象を持つものが多い)のように思える。正直ぱっとしない。
ピニンのカンビアーノも、インテリアやエクステリアのディテールには惹かれる部分があるのですが、全体で見るとなんか物足りない。アクシオムさんが指摘されるように、何かしらのブランドが絡むとぐんと魅力的になる色がつく素材なのかもしれません。
ベルトーネのヌッチオは、エンツォ・フェラーリの名前負けに通ずる残念さを感じました。前後の長いオーバーハングが目立ち、鈍重な感じでスケッチのイメージとは程遠い。

いずれも各社がかつて送り出した数多くの名作と比肩するだけの魅力を備えているとは残念ながら思えないのです。

NSXはホンダ(アキュラ)としての特別な魅力をデザインで体現できていないのが問題かと。一方、インフィニティ・エマージはインフィニティのデザインアイコンをうまくMRスポーツに落とし込めてはいるものの、エンジニアリングが自前でないというところがひっかかる。メルセデスベースになるエセレアもそうですが、VW傘下の確固たる歴史を持つブランドならいざしらず、インフィニティのようなできて20年、明快なブランディングをはじめてからも10年足らずのようなブランドが、自前エンジニアリングなしに、企画力とデザイン力だけで、プレミアムブランドとしての存在感を高められるのか疑問ですね。

投稿: KATSU | 2012年3月26日 (月) 00時36分

デザインを生業とする各々の「工房」として、「フリーハンドでやればこんなんできますよ~」な感じで良いのでは、って言うと、舶来品至上主義みたいに言われそうでbleahすが、実際、社内コンペを通ってきた車にBMWや、メルセデスでもヘンな線の入った車が世の中に出てきてしまうのが現在です。

また、日本のデザインのように幼稚ではないので、お茶を飲みつつ、デザインのたたき台としてお話ができるクルマぐらいの位置づけで良いのでは?

確かに、ピニンファリーナは、マセラティの記念で作った「バードケージ」なんてあった位なので、メーカーとその筋に沿って作った方が市販前提の物ではなくても「伝えたいことの純度」は増しますね!

イタルは違いますが、やっぱり、社内の懐具合と、日本車の場合は、「幼稚さ」が出てきてしまっているのが、残念です。
上司が、「i‐ pad買ってきたぞー!」とか、「日本のアニメはcoolなんだよ!」とか言い始めたら末期的ですけどね。 そんな方には、他に言っていただいて、日本の歴史あたりから勉強しなおして欲しいですね。 あと、メカニズムに詳しくなってください。「骨」と「内臓」知らない人がデザインすると、今の日本車になりますので…

投稿: ぷじお | 2012年3月26日 (月) 22時35分

すぎもとさん、すいません。クリックミスしたかと思って、似通った投稿を重ねてしてしまいました。読まれてる方も申し訳ございません。

投稿: KATSU | 2012年3月27日 (火) 22時57分

アクシオムさん

そうなんです。今回のイタルは何を想定しているのか? 今後はグループ内の仕事のみ・・・と聞いていたので。VWとしては傘下会社が儲かってくれればいいわけで、外部デザインも手掛けて欲しいですね。
インフィニティは仰るとおり少々クドいですね。方向性はいいとしても、もっと整理して欲しいです。

KATSUさん

なかなか厳しいですね。これら3車がそれぞれの工房における”傑作”とは僕も思いませんけれど、しかし他のインハウスと比べるとひと目で違いが分かるとは感じています。方向性はどうあれ、造形としてそういう力があります。
ホンダは仰るとおりですね。インフィニティがロータスの技術を使っているのは、それがプラスになると判断したので「公表」しているんでしょうね。豪華な?コラボとして。

ぷじおさん

変なラインが入っていたり、フォードや現代のコンパクトなどのように”いまどき”っぽく、似たようなフォルムやディテールに陥るのを見ていると、それを案外と支持するユーザーと共に、デザイン全体の低下を感じてしまいます。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年3月28日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/44597616

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ジュネーブショー雑感:

« クルマ散策:ニュースな撤退 | トップページ | Drive My Car:松本温泉ツーリング、ふたたび。 »