« クルマ散策:マツダ・ミュージアム見学 | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー雑感 »

クルマ散策:ニュースな撤退

Photo

 先日、TVのニュースでスバルの軽自動車撤退が大きく報じられていた。

 クルマファンなら周知の事実だけど、全国ネットの横並びな同時報道があると、ああ、そういう大変なことになっていたんだ、それは残念だ、なんて日本中のトピックになるところが面白いなあと思う。

 これって、最近評判のよろしくない「記者クラブ」による画一的なソースなのか、どこもかしこもプレスリリースそのままに、スバル360を持ち出して解説しているあたりがまた面白いところだったりする。

 さらに、ニュースソースのひとつとして、一斉報道が終われば翌日からはもうなかったことのよう・・・なのも、いまっぽい。まあ、iPadもいまそんな感じだけど。

 で、市場全体としては新車販売の3割以上といっても、開発費のわりに利益が小さいとされる軽を作り続けることは、たしかにスバルにとって難儀だったんだろうと思う。もちろん、Rシリーズが不振に終わったという大きな原因があったにせよ、このところの異様な燃費競争的商品展開について行けたとも思えないし。

 スバルが大切な資本を上級車種に集中するという展開は、北米や中国市場の一部を考えれば納得するところだ。けれども、一方で日欧やその他新興国を考えると、オリジナルのコンパクトカーを商品に持たないのはやっぱり不利なんじゃないかとも思う。

 もちろん、トヨタからラクティスをもらったのは、単に経営効果だけの話じゃなく、新しいインプレッサでようやく本格的にCVTの搭載が始まるなんて、いますぐ市場のニーズに対応できるコンパクトを作れる状況にないこともあるんだろうし。

 だから、仮にオリジナルを目指すとしても、実際には今後上級車で展開しようという水平対向HVやディーゼルを活用するなど、いまどきのコンパクトカーらしい低燃費技術も投入できるタイミングが現実的じゃないかと思う。当然、既存車のプラットホームを最大限活用するなどして。

 軽のように、2大メーカーをはじめとしたライバルで占められている市場はいけないとしても、そうして海外のコンパクトカー市場に目を移せば、独自の高い技術力で認知されているスバルには、それなりの資本を投下しても十分採算がとれるニーズがあるんじゃないかなと。

 つまり、いま、必ずしもインプレッサより大きなクルマしかスバルらしい商品になり得ないかというと、決してそうとは言い切れない。ポロやダウンサイシングするプジョー208などのように、しっかり作り込んだコンパクトは、消耗戦に陥りそうな安物コンパクトとはまた違ったところで勝負できると思うんである。

 もちろん、すでに外圧のかかっている軽の規格がいよいよ大幅変更、なんてことになった場合にも、すぐに対応できる準備をしておくという意味も含めてだけど。

|

« クルマ散策:マツダ・ミュージアム見学 | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー雑感 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

ボクは敬愛する「相棒」杉下右京のセリフが忘れられません。
「人は忘れます。確かに今は この事件のことが心に焼き付いています。ですが また別の事件が明日起き次の週にまた別の事件が起きてまた再び忘れてしまう。官房長の仰るようにこれが人間という生き物です」 事件もニュースも、新しい出来事が起きれば風化させられるのです。しょせん本質や事実なんてそっちのけで、ニュースでさえ演出過剰なフィクションとなってしまったんでしょうね。そして用がなくなれば捨てられるんですよ。

インプレッサが国内でも売れていることはいいとしても、トヨタはスバルに資本を注入するかわりに、自社の売れない領域にしか道を残さなかった。ホントは、スバルほど技術的に独自のキャラのあるメーカーであれば、軽でも、コンパクトカーでも、作らせても被らないはずなんだけど…
最近農業をやるようになって、営農サンバーってホントいいなぁってつくづく思います。あのトラクションのかかり具合が荷台に重たい農機具やら積むと実感させられます。
こういう実際に使用する現場に着目した技術こそ、大事なのに。

投稿: アクシオム | 2012年3月10日 (土) 00時38分

震災後(まだ、中かな?)、改めて、「マスコミ」なるものの傲慢さが、目に付くようになりましたが、これも、その一つですね。

マスコミは、報道する事が「ニュースであり」、どんなにそのメディアの目の前で殺人が行われようと報道しないことは、「ニュースではない」のです。選ぶ側はマスコミです。

視聴者も「見ため」「わかりやすさ」ばかりを本当に求めているのでしょうか?新聞・雑誌・地上波のテレビは、ちょっと、ついて行けないです。幸い、テレビ側から見れないようにしてくれたので、BSでほとんど事足りています。(副産物として、F1が嬉しいことに五月蝿くなくなりましたgood
BSだって、十分マスコミですが、最低限必要なものにはあまり芸能人!?は出てきませんので。happy01

数ある情報を見極める、また、自分の考えを他人に伝えることすら難しいのだなぁと、「86」の件でつくづく感じました。 「20年でこれだと言うクルマが~」のくだりも、文脈から、20年経て、現在に反映されているということですし、アウディ・ミニとラパン・キューブでは、乗っている土俵がハナから違います。しかし、ああいう意味合いで捉えられてしまうと…  なかなか「86」の回は面白かったです。 しかし、自分より年上の方と全く意見が異なるのを見ても「日本車」の病巣は深いな~なんて感じております。

サンバーお疲れ様でした。スバルのこの経営判断が良い方向にユクトイイデスネ!

投稿: ぷじお | 2012年3月26日 (月) 17時51分

ぷじお様、不躾ですが、
>頭の中が1960年代で止まっている
>私が生まれる前からあるものの延長でつくづく嫌になります。

>セルシオやGT-R、プリメーラを作っていたのに全くそれを生かさず
>チャレンジもするが、今ある技術をどこまで極めるかをゆっくり、同時に20年かけてやってきました。
は意味が真逆だと読めますが。50年間と20年間の違いを仰られているのでしょうか?

欧州車もここ10年位な妙な方向に向かっている様な気がしますがね。
スタイリッシュさと朝令暮改なシンボル作りしか頭にないエクステリア。
ボディはデカくなったのに逆に閉塞感が増したパッケージング。
煮詰め不足のステアリングと足廻り。失われたメーカー特有の走行フィール。
これは妙な方向というか劣化でしょうか。故障は少なくなりましたけど。

何でも自動車界の悪い部分は何でも日本車に原因があると仰るのでしょうか?
日本の場合は外面だけ変わっている様に見えて実態本質はあまり進歩していない例が多く感じます。

エイプリルフールじゃないですよ。

投稿: llll | 2012年4月 1日 (日) 01時49分

「頭の中が、1960年代で止まっている」のは、現在日本にあるあらゆる企業の指揮を取っている方々の事です。 豊田社長などが良い例かと思います。その方々が、全く新しい価値観を持ち合わせていないと感じます。
よって、「未来」というと「ドラえもん」を出しちゃうんではないですか?

89~90年代初頭のバブル期は、30代だったと思いますので、Japan as No.1の商品を作った方々は団塊かその上の世代の方々です。
そこで得られたノウハウをその後の20年間で食いつぶした世代ともいえます。

また、勘違いなさっているようですが、この20年で進歩したのは「ヨーロッパ車」です。
日本車が世界と肩を並べた時期に、ベンツなどは、焦ってセルシオを全部分解してみたなんて話があったほどですし、マツダのデザインに、巨匠と呼ばれる方々でさえ影響を受けた(クセドスショックという言葉があったほどです)のですが、一朝一夕にハイブリッド車ができるわけも無く、技術・デザインもそれとなく咀嚼され20年後の現代に「ヨーロッパ車」が逆に、日本車に二周回くらい差をつけたと言う意味です。 ヨーロッパが、「ディーゼル」「小排気量+加給器」、アメリカは、まだまだですが、「LNG車」(「バイオディーゼル」なんてバカをやったりもしますが)も出てきています。

確かに、最初の乗り味が気持ちの悪い「ヨーロッパ車」もいっぱいありますが、ほぼ、確実に、手を入れて良くして来ます。  日本車は、見えない部分のいらない部品は逆に「抜き」ます。半年経つとかなり部品点数は変わります。
要するに、日本(アメリカも)のようにエキセントリックに変化できない事が、熟成期間になったとでも言いましょうか。 今、面白い機械は、ヨーロッパにあると思います。 
翻って、日本は、現在売っている車は技術面では20年前からそんなに変わらず、価格競争しかできない商品になっています。
ハイブリッドカーが「進歩」と言う方もいるでしょうが、私には、今の日本の市場が世界からズレていると感じます。 進歩したのはコンピュータでクルマ本体は20年前の物の方がデザインが良い物があっただけでも良かったと思います。
連綿と、進歩してきた日本の自動車が、ここへ来て急速に存在感があやふやになり怖いなぁと思うのは私だけでしょうか?
そして、本当に、バッテリーの後始末ができるのか?トヨタ、ホンダには、しっかり責任を取ってもらいましょう。

投稿: ぷじお | 2012年4月26日 (木) 23時28分

>現在日本にあるあらゆる企業の指揮を取っている方々の事です。
>Japan as No.1の商品を作った方々は団塊かその上の世代の方々です。

なるほど。私は現在のあらゆる日本のトップの頭脳が1960年代で止まっているのは
第二次産業(アパレル・食品・医薬品・化粧品・ゲーム関係等除く) 、公務員に多い感じがします。

欧州車が日本車に二周回くらい差をつけた所というのは具体的にどこですか?

「進化」「変化」をどういう基準で判定していらっしゃるのでしょうか?

>確実に、手を入れて良くして来ます。

元が悪い車が改良で良くなった事は殆どありません。

>乗り味が気持ちの悪い「ヨーロッパ車」もいっぱいありますが

上にも書きましたが、欧州車が劣化している所はそこだけではありません。

>見えない部分のいらない部品は逆に「抜き」ます。半年経つとかなり部品点数は変わります。

何の事を仰っているのでしょう?コストダウンの事ですか?
本当に必要ない部品ならそもそも最初からついてない筈ですが。

私もHV・EVのバッテリーリサイクルには疑問を持っています。
メーカーが事後処理をやってくれるそうですが、本当に捌けるのか?
リサイクル技術が進んでいない発展途上国に中古車が輸出されたら更にマズイですね。

投稿: llll | 2012年5月 3日 (木) 21時08分

「すぎもとさんのブログ」ですので、このあたりにしたいのですが、現在、ヨーロッパだけでなくデザインはアメ車にも劣っている(デザインなので客観的には見られないのですが)これで、1周。

エンジンの「FSI」や「ツインエア」、ギアの「DSG」、ディーゼルの「ハイブリッド」などなど各社の面白いエンジニアリングで2周。と、いうところでしょうか。

昨年は、ついに、アメリカの各技術部門ごとにその年の良かった技術を実際のエンジニアたちの投票によるベスト10のエンジン部門に初めて日本車のエンジンは1つも選ばれませんでした。

本当は、内装のデザインと質を入れれば、もう1周。

>元が悪い車が改良で良くなった事は殆どありません。

とてもお詳しそうですが、何か評論家の方でしょうか?ヨーロッパのクルマは、私が知る限りで恐縮ですが、安いクルマでも結構良いモノにしてきてニヤニヤすることが多いのですが… ダメですか…

>見えない部分のいらない部品は逆に「抜き」ます。半年経つとかなり部品点数は変わります。

これは、もちろんコストダウンでもありますが、「当初予定していたほどの強度がいらない、あるいは、「部品点数を少なくする」場合は、リコールにならない程度の物でしたら国土交通省に書類を提出(何年か前の話ですので、今は違うかもしれません)だけで済むためガンガン目に見えない部分は変えます。
ですので、発売したてのクルマは買わないという、ましてや、乗らずに予約なんてとんでもないと言うのが「暗黙知」でありました。

今は、マイナーで内外装のコストダウンも特に日産などはしているので、クルマにお詳しい方でしたら、ディーラーで比べていただけるのではないでしょうか?

逆に、>元が悪い車が改良で良くなった事は殆どありません。

最近は、「電動ステアリング」に最初気持ちが悪い感覚が出やすいのですが、かなり、対応してそれなりの物にしてくるなぁ なんて、感想を持ったりするのですが、それも、最初から出来が悪ければずっと悪いままでしょうか?

そうなると、私の感覚がおかしいのだなと感じます。

私は、輸入車かぶれのように思われているかもしれませんが、元・バリバリのJapan as No.1野郎です。 だからこそ、この程度で満足している自動車大国の日本に気持ち悪さを感じているのです。 売れれば正義ではない次元に入っていても良いのではないでしょうか? 今、これだけのメーカー・車種があっても、「全く欲しいクルマ」「愛着がわくクルマ」がないのです。

他人に聞かれれば、スズキのスプラッシュか、スイフトをお勧めします。「商品はいっぱいあるけど、欲しい物はない」 まさに、現在のデパート状態で大丈夫なのかなぁ?日本のメーカーがずいぶん本国を蔑ろにしてしまって、補助金が無くなったら買う人いるの?私は、そう危惧しています。 日本サイコーって思うクルマを出してくださいと言うのが本音です。 あと、評論家の方々も輸入車ばかり乗っているのに日本車を褒めるというダブルスタンダードもおかしいですね。angry

最後に、これからワーゲンのup!が出てきますが、これが出来の良いクルマだとしたら… 日本車の優位性はなくなってしまうかもしれませんね。 だからこそ、パッとわかりやすい「デザイン」の良さが大切になるのではないでしょうか。

と、すぎもとさんブログをお借りし、またまたの長文お許しください。

投稿: ぷじお | 2012年5月 8日 (火) 23時22分

最近の日本車のエンジンはハイブリッド化する事しか考えていない様に感じるのが何とも・・・。
技術力というより思想概念が狭いなあ。
そういう意味で最近のマツダをちょっと応援します。
ホンダよりもマツダの方がよっぽどエンジン屋っぽいなと。

ツインエアは振動を見切ったフィアットにある意味感心致します。
燃費一辺倒の今の日本ならむしろ受け入れられるかも(笑)

>何か評論家の方でしょうか?
>安いクルマでも結構良いモノにしてきてニヤニヤすることが多いのですが

いろいろ試乗をするだけのただの素人です。安い車を良い悪いと言った覚えはありません。。。

>これは、もちろんコストダウンでもありますが、「当初予定していたほどの強度がいらない、あるいは、「部品点数を少なくする」場合は

信じられない話ではありますが、業界に詳しい方と伺っておりますので、
とりあえず貴重な情報という事で脳に入れておきます。

>今、これだけのメーカー・車種があっても、「全く欲しいクルマ」「愛着がわくクルマ」がないのです。

私だってそれほどではないにせよ、今の車は何処か引っかかってしまいます。
ここがこうだったらいいんだけど・・・というのが幾つも。

満足致しましたので、レスはここで打ち止めで結構です。長々と御付き合い頂き有難う御座いました。

投稿: llll | 2012年5月13日 (日) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/44430047

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:ニュースな撤退:

« クルマ散策:マツダ・ミュージアム見学 | トップページ | クルマ散策:ジュネーブショー雑感 »