« 新車心象風景:トヨタ・86(発表) | トップページ | クルマ散策:マツダ・ミュージアム見学 »

クルマ散策:「間違いだらけ」は健在だけど

Photo

 昨年度に再開された「間違えだらけのクルマ選び」が、同じく島下氏との共著というかたちで発刊された。

 前回同様、ほとんどの内容には賛同なんだけど、ちょっとだけ違和感が残るところもあったんである。

 それは、ようやく日本車復活の兆しが見え始めたゾという話で、マツダのスカイアクティブやミライースなどの低燃費技術、86やLFAといったスポーツカーの登場、そしてEVによるスマートグリッド展開、といった話だ。

 低燃費技術について、本書では欧州で進むダウンサイジングに並ぶものとして書かれているのだけど、NAエンジンにアイドリングストップ、燃料タンクの小型化など一部の機能を省いてまでの軽量化、高圧の低燃費タイヤを組み合わせたそれは、いわゆるダウンサイジングと比べられるものじゃないと僕は思う。

 たとえばポロのTSIは、小排気量による燃費の向上と同時に、反面低下してしまう出力をターボで賄っている。しかもそのトルクバンドが広いので、3・4名乗車や長い登り坂、高速巡航など、日常での守備範囲もまたとても広い。

 スカイアクティブはクルマ作り全体ということだし、エンジンの高効率化自体は、たとえばその後のHV化などを考えれば歓迎すべき技術だけど、少なくとも現状では「何がなんでもリッター30キロ」という燃費至上主義で、本当の使い勝手や安全性がどうも後回しになっているんじゃないかと。

 これは、間もなく復活するミラージュも同様だし、スーパーチャージャーでダウンサイジングに同調しようというマーチについては、そもそもクルマ自体が安普請という残念さだ。

 そしてEVの話。一家に1台が基本の日本のクルマ環境にEVはまだそぐわないというのは、これまでここで書いてきたとおりだ。じゃあ、災害時や再生エネルギーを想定したスマートグリットならいいのかというと、やっぱりどうもピンと来ない。

 ブログがすでに古いメディアに思えたり、スマホやタブレットは当たり前というような新しモノ好きの日本人だけど、今回の東京モーターショーも含めて、スマートグリットもまたそんな勢いだ。

 たしかに、東北の震災では一部のEVが大容量バッテリーの役割を果たした場面があったと聞くし、自家発電とEVを循環させるという発想は面白いとは思う。

 けれども、だからEVで先行する日本のクルマ事情が明るいっていうのは、何か違うんじゃないか?

 それは、先のようにEVそのものがまだ実用に適していないという面もあるし、災害時の想定なんかについては、それこそ全戸で購入可能な「家電」として大型バッテリーを開発・販売した方がよっぽど普及するんじゃないかと。もちろん、それに加えてたまたまEVもあった、という話はアリなんだとは思うけれど。

 EVは、超小型車としてシティコミューターや高齢者用の車両などに大きな可能性があるとは思う。個人的には現行軽自動車規格の見直しと絡め、現在各自治体で行われているような実証実験は大いに支持したい。

 ただ、それは元気のない日本車が復活する予兆とは、また別の話だと思うんである。

 じゃあ、どうすりゃ日本車が元気になるんだっていうのは、何をもって「元気」とするのかによるので結構難しい。そもそも、年間400万台も売れているんだから、考えようによってはいまでもしっかり「元気」と言ってもいいわけでしょ。

 しかも、そのうち輸入車はわずか数%のシェアと相変わらず国産車天国だし、VWのUP!みたいなクルマが世界を席巻しようとする時期に、旧態依然の軽自動車にすがりついてガンガン売っているのであれば、まあそれはそれでいいんじゃない?とも。

 いや、一部のHVや軽、ミニバンばかり売れる日本は偏っていてやっぱり元気がない、というのであれば、これはもう端的に言って「ちゃんとした」商品をしっかり作ることしかないと思う。

 先のスカイアクティブはひとつのいい例で、いまは「HVじゃないのにリッター30キロ」みたいな話を前面に出してしまっているけど、全車のクルマ作りを基本から一新するというのであれば、これは遠回りのようで、実は元気回復への近道じゃないのかと。

 たとえば、セダンが北米で、コンパクトが欧州で絶好調の現代・起亜グループを見ればわかるけれど、特段最新技術だけをウリにするのではなく、的確な市場調査、しっかりとした品質管理、先進的なスタイリング、無駄のないラインナップ、巧妙な販売戦略とサービスと、ごく当たり前のことを行っているだけとも言える。

 そうして海外市場では着実に日本車を凌駕しつつあるわけで、それを危機とするなら、日本の高い技術力を使って愚直に「いいクルマ」を作るしかないでしょう。

 そんなことを考えていると、本書の”日本車復活の予感”にはどうしても違和感を持ってしまうんである。

 あ、そうそう。もうひとつのスポーツカーの登場については、86の話を前回にしたのでここでは割愛します。

|

« 新車心象風景:トヨタ・86(発表) | トップページ | クルマ散策:マツダ・ミュージアム見学 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

まぁ本書の日本車の復活は、あくまでも日本においての復活なんでしょうね。世界的な意味での復活は、トレンドに合わせつつ、それよりも進んだ意味での復活になるのかな?
エンジンはダウンサイジングして、重量的にも軽量化はすれど、ボディサイズのダウンサイジングってなかなかいかないですよね。BMW3もいよいよ4.6mに突入したし。
やっぱり衝突安全のためのマージンだとか、海外マーケットでの大型化志向があるのかわかりませんが、技術が進んで色々やれるはずなのに…
そういう点で、プジョーの新型208がサイズも含めクルマ全体をダウンサイジングしていることは注目しています。
日本市場での極端な軽自動車やコンパクトカー志向って、税制や、維持費、燃費の問題もあるけど、今までミドルサイズでも、なんでも最適だったサイズのクルマが、海外市場も視野に入れると、結局日本市場での最適なサイズと合わなくなってしまった結果なんでしょうね。
新・間違えだらけ~ですが、どうにも買う気になれませんね。徳大寺さんだけじゃだめなのはわかるけど、あの独特な切り口と表現は島下さんがサポートしても無理だし、島下さんも徳大寺さんには多少なりとも影響は受けれど、間違えだらけの評論とは相いれない気が…
あと、むかしの間違えだらけって、その年の新車だけでなく、すでに新車から経過したクルマも扱っていて、年が経過してそのクルマの評価が変わっていたり、変わらなかったりしているところもよかったんですがね。

投稿: アクシオム | 2012年2月16日 (木) 23時00分

韓国車に関しては現場の人からのこういう声もあります。

http://blogs.yahoo.co.jp/hiro_hosono15oct/archive/2011/07/15

『しっかりとした品質管理』というのは事実誤認で、
ちょっと過大評価が過ぎるのではないでしょうか?

わたしも日本車のトレンドが良い方向に向かってるとはちょっと思えません。
韓国車を侮るべきではない、家電同様「品質がどうあれ」売れてるのは事実。
(ただし日本車を装っている=CMを流している-いた-のも釈然としない事実です)

それでもなお今回のエントリの要旨と結論には同意です。

投稿: 250ライダー | 2012年2月17日 (金) 07時41分

街には、新しいプリウス・ヴェルファイアが溢れ、軽もピカピカの新車が多いのですから、日本車は売れているので「復活」したのでは(笑)

私は、日本車が好きでしたが、あまりにも内情が理解しがたい環境だったため、「転向」して、さらに、「古い車に戻った」と言う前科持ちですので、本当に現在売っている日本車にはちょっと絶望しています。

すぎもとさんが既に指摘していますのであまり言うことは、無いのですが、イメージしている世界が「絵空事」なんですよね~何年も。 光・風は、元々、「原発があっての、補助」的な話で、太陽光発電なんてエアコン一台動かせないんですよ!風力も同様、景観と、騒音でやってみて御覧なさいってなところです。
だから、私は、ガスコンバインドサイクル(火力の2回転・ターボ見たいなものですよね)が一押しです。 火力は、八割くらいは、LPGだし、その他に、重油・石炭を使います。 でも、重油をメインに使うと言う錯覚に踊らされてるんですよね… 燃える物が何でもいいなら、「藻」からのオイルでもいけると思うのですが、ほとんど、こういったことには大本営は言いたがらない。

火力の下には、「~開発協会」みたいなのが作りにくいんでしょうか? そして、光・風にはもう、とっくの昔から「補助金」が出ていますよね。だから、ダメなんです。

って、電気の話になっちゃいましたが、自動車は、もっと、いろんな可能性にリチャレンジして欲しい! 先に大分ヨーロッパ車にやられてしまっていますが、日本人は、こんなに健気に日本車を買ってくれてるではないですか。みんなが気が付いて、ゴルフを買い始めるまでまだ余裕をくれているのだから、ちゃんとした物を作ってください。  その辺からじゃないと、私には、「復活」とは到底思えません。

ついでに、こんなにバッテリー作っちゃって大丈夫なんでしょうか、一応、トヨタはリサイクルを考えているようですが、みんな、重金属ですよねぇ (ああ環境に良いクルマですことbleah

投稿: ぷじお | 2012年2月17日 (金) 23時42分

アクシオムさん

最近、新興国向けのコンパクトを逆輸入しては?という記事をよく見かけ
ますね。国内5ナンバーが肥大して、じゃあそのかわりにこういうの・・・な
なんて展開は恐ろしいですが。
「間違いだらけ」は仰るとおり、巨匠の独自な文体も含めてのものでした
から、島下氏が良心的であっても、代わりにはならないですね。

250ライダーさん

記事拝見しました。とても参考になりますが、いま「過大評価」と認識し
ている余裕はあるんでしょうか?

ぷじおさん

クルマに限らず、日本という市場は、その情報インフラや業界の「仕掛け人」
の存在などから、ある意味非常に進んだ特殊なものですよね。しかし、それ
が単に一時の流行を生むのは事実で、大きな可能性は持っていながら、
生かし切れていないもどかしさを感じます。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年2月20日 (月) 08時57分

光や風(忍法獅子変化みたい…)が、原発の補助で終わってはいけない世の中になりました。
地熱や小水力発電や様々なものを組み合わせて、電気を造っていかなければ。
その中でEVをどう「再定義」していくのか。
日産リーフのイメージCMはおかしいと思う。EVの動力源はどこで造るのか? 
EV普及させたいなら、動力源(つまり発電施設)にまで言及すべき。
この夏に来るであろう電力不足時に、EVは利用できるのか?

話変わりますが、農業用に「A重油」ってのがありますが
あれって実際は軽油なんですね。
安く買うためには「軽」を「重」と言いくるめるお役所論理。
軽自動車も外圧のがれに名称変更すれば。たとえば「Aタイプ車」とかに(笑)。

投稿: 優 路 | 2012年2月22日 (水) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/44145991

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:「間違いだらけ」は健在だけど:

« 新車心象風景:トヨタ・86(発表) | トップページ | クルマ散策:マツダ・ミュージアム見学 »