« Drive My Car:車検終わりました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・86(発表) »

新車心象風景:レクサス・GS

Photo

 結局、何だかんだ言って、GSって何?という話なのかと思う。

 高級車としての歴史が浅いとされるレクサスだけど、それでも初代アリストからカウントすば、GSだってもう4代目になる。これはライバルとされるBMWの5シリーズなら96年のE39に当たるわけで、そう考えると簡単に浅いと言っている場合じゃない。

 けれども、現実の新型GSを前にしてその手の歴史を感じるかと言えば、やっぱりそれはないんである。

 冷静にサイドから眺めれば、強いアーチを描くルーフによるビッグキャビンや、あるいはフロントホイールアーチから始まる豊かなショルダーラインはたしかにGSの文法で、スポーティセダンの要素を継承しているのがわかる。

 ただ、LSを思わせるトランクやマークXみたいなリア回りはその文法を曖昧にしているし、どこかクラシカルなインテリアは、善し悪しは別として、やはりGSのイメージを迷わせる。そして、決定的なのは今回のハイライトである「スピンドルグリル」だろう。

 まず、その造形自体が妙だ。確かに円錐を思わせる形ではあるけれど、もともとメーカーを問わずフロントグリルには逆台形が多いし、そこに最近主流の「ハの字」状のアンダーバンパーを組み合わせればほぼ自動的にこのカタチになる。

 たとえばメルセデスなんかもそうだけど、意図的かどうかはともかく、レクサス自体、CTがすでにスピンドルになっているんである。それをことさら誇張させて見せる発想が、いまひとつ僕には理解できない。

 そして、このグリルを「ウリ」にしてしまう広報戦略も疑問だ。

 TVCFではグリル枠を光らせて「どうだ!」って感じだけど、いくらクルマにとってグリル=顔が重要であるとしても、やっぱりそれはクルマの一部分に過ぎないんである。

 だから、こいつを推すあまり、先代を継承したボディが霞んでしまようならまさに本末転倒でしょう。しかも、このグリルが今後レクサス全車に採用されるなら、なおさらGSの特徴じゃなくなるわけだし。

 先のBMWなど、欧州勢のようにファミリーフェイスを持たせるという発想や、アウディが先行し、その欧州ですっかり定着したシングルフレームグリルをレクサス流に取り入れたい、といった企画はすんなり理解できる。

 けれども、それはあくまで基本となる魅力的で独自性のあるボディと一体として考え、語られるべきものであって、グリルがひとり歩きするような次元ではイケナイ。

 レクサス、あるいはGSって何? と聞かれて「スピンドルグリルだよ」じゃ、あまりにお寒い話じゃないか。

|

« Drive My Car:車検終わりました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・86(発表) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

福市さんがトヨタのデザイントップに招聘されて、このスピンドルグリルをねじ込んだそうです。GSはもともとこのグリルではなかったそうで。初代エスティマをデザインした方ですから、審美眼は確かだろうと思うのですが。。

投稿: ネコ | 2012年2月 4日 (土) 19時55分

コレハ では無く、ちゃんと書きます。o(_ _)o

皆さん、あの方に期待を持ちすぎではないかと…
デザイン的には、初代エスティマは好きですが、あれ、誰もが一度は描いてしまう「モノスペース」モノにすぎず、私は、当時、エンジニアリング込みで「初代エスティマ」が好きなんです。

デザインで言うと、あ~あるよね!っていう平凡なデザイン。私が、大好きで乗っている初代MR-ワゴンも、もろに実は、それなんです。
なので、変な線を加えたりしないで、理路整然とやると、あのデザインができちゃうんです。

アクアから、少し手が入っているようですが、いかんせん、基本が狂っているので装飾を無難に持ってくると「ちょっと、クルマっぽく」なるデザインにはなっていると思います。
ですので、今回の「GS」はアクアと同じく「評価なし」と思っています。

本格的に、「メカニズムから手の入ったデザイン」から評価はしないといけないかな~と。 GSのデザインは大嫌いですけどね…ドンガラがでかいのにちまちまちまちましたデザインセンスは流石です。

P.S. 以前、メールでお送りした、「ナトリウム」は「トリウム」の間違えです。ここで訂正させていただきます。 しかし、トリウム式も、量が少なくなるだけで「高濃度放射性物質」は「出ます」。その文章は変更ございません。 どちらにせよ、「処理」の方法を推進派の方にはご教授お願いしたいです。

投稿: ぷじお | 2012年2月 5日 (日) 01時22分

スピンドルシェイプグリルは、新しいレクサスの象徴的なデザインなんでしょうが、いままで大人し目でライバルのような一か所に特徴的なアイコンを持たせなかった路線から方向転換なんですかね。
それと新型GSでは、完全にファミリーラインにはめられて、GSならではのデザインがなくなった。すぎもとさんが書かれている「強いアーチを描くルーフによるビッグキャビンや、あるいはフロントホイールアーチから始まる豊かなショルダーライン」でさえ、特徴ではなくなった気がしますし、一番GSらしくなくなったのが、ヘッドランプ。スピンドルグリルが目立つから余計に思いますが、アリスト時代からの四灯独立のものから、LS?IS?CT?と埋没したものになったのはがっかりです。まぁライバルのEクラスに遠慮したのか?でもGSならではのデザインがないとボクは余計埋没するようで、危惧しています。
先代のスポーツハッチみたいなプロポーションは、一見するとあまり特徴がないようでいて、きれいなアーチだったし、グラフィック的にレクサスの中で一番好きなデザインでした。
ライバルたるBMW、ベンツ、アウディに対抗するべくディテールで特徴づけるのは結構ですが、それはライバルにはちゃんとした歴史的ブランディングやアイコンの構築があるからであって、今回のようなスピンドルシェイプグリルのようにそこだけ突出したものだけではダメな気がします。LSも今年マイナーチェンジでこのグリルを採用するみたいですが、このまま出されても消化できていない気がします。
GSをファミリーラインの枠にはめるのもいいですが、GSのアイデンティティをもっと残すべきだったと。クルマ自体はいいできで、Fスポーツの排気音の官能さがよかっただけに残念です。
それに高級車のスポーツ路線、どこもかしこもやるようになって、正直飽きてきましたね。風潮とはいえ、そろそろ新しい路線、価値観を持ったものが出てきてほしいものです。

投稿: アクシオム | 2012年2月 5日 (日) 20時42分

スピンドルグリルって、全く違うデザインで似てはいないんですが三菱のブーレイグリルを思い出されます。
他社とはハッキリと違うデザインのグリルを産み出したら変なデザインしか無かったとか、其を全ての車に着けたら皆カッコ悪く成っちゃったとか。

投稿: B.Y | 2012年2月 6日 (月) 13時16分

ネコ さん

初代エスティマを担当した福市氏の招聘という話は聞いていますが、実は
僕は氏の仕事をほとんど知らないんです。初代エスティマは好きですが、
あのクルマのキースケッチを氏がひとりで描いたのか? それも含めて。

ぷじお さん

なかなか厳しいですね。エスティマにしてもMRワゴンにしても、確かにそ
れっぽいスケッチが描けたとしても、ああやってまとまったスタイルに集約
するのはやっぱり力が要ると思いますが。
氏については、上記のとおりなので期待もできないのですが、もちろん
スピンドルグリルひとつで判断するのは次期尚早かもしれないですね。

アクシオム さん

まだL-フィネスとか言ってますけど、もういい加減こういう理屈付きのデザ
インは止めて欲しいですね。要はどこから見ても魅力的でオリジナリティの
あるスタイルができればいいわけで、そういう意味でグリルがどうのこうの
言っている時点でOUTです。GSも仮に4灯じゃなくなったとしても、それを
補う新しさなり美しさがあればいいんですが、ただ横長になっただけってい
うのがね・・・。

B.Y さん

ブーレイ顔も、スピンドルグリルも、あまりに唐突なんですよね。それまで
の歴史で築いてきたモチーフを発展させるとかじゃなくて。そりゃあ根付き
ませんよね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年2月10日 (金) 21時07分

はじめまして。
スピンドルの意味ってググれば分かりますが、回転軸を意味し、元来は紡績機の紡錘。
ああそういえば自動織機が会社のルーツだよねって思い出せば納得できませんか?
欧米メーカーのグリルは大抵ルーツに因んでいるわけですし。
でもなんで今更こんなデザインを思い付いたんだろうってなると、
やっぱりシングルフレームグリルブームの影響かな・・・と。

ブーレイ顔は批判ばっかりでしたけど、僕は全然カッコ悪いとは思いません。
あれってスリーダイヤの収まりが良いと思いません?
三菱・日産・ローバー・ポンティアック・MGのグリルって2分割の物が多かったじゃないですか。
で、ブランドを強調する為にエンブレムを大きくしようという風潮が来た。
2分割グリルでスリーダイヤの収まりが良いという事でああなったのでしょう。
ただし、ハイパワー過給車では吸気効率が悪くなるという欠点があるのですが。

デザインの採用が唐突という意味ならプジョー・ルノー・フォード辺りも
批判されて然るべきなのではないでしょうか。
この3社は世代交代の度にグリルデザインを変えますよね。
初代メガーヌ辺りから始めた2分割グリルは日産・三菱影響された様な感じがしませんか?
オーバルグリルを止めたフォードの最近のグリルはアストンにしか見えませんし。

初米なのに長文失礼致しました。

投稿: llll | 2012年2月12日 (日) 19時09分

llllさん

面白い発想ですが、ちょっと無理があるかも? 仮にそうだとしてもトヨタブランドの方でしょうしね。
ブーレイ顔についは僕も同感で、決して悪い提案だったとは思いません。
それから、デザインが唐突であること自体がいけないというのではありません。そもそも、何か新しいことを始めるのであれば、何であれ唐突とも言えます。今回は、そのデザインがあまりにも「取ってつけた」ような、まさに唐突なものであるのに加え、ことさらそのグリルのことばかりを訴えるところが、さらに唐突感を与えるということなんです。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年2月12日 (日) 21時45分

う~ん、「取ってつけた」の基準点は人それぞれかと。

投稿: llll | 2012年3月 4日 (日) 03時35分

かつてトヨタは4代目(?)クラウンのふっくらとした形をスピンドルシェイプとよび
こんどはキュッと絞りを入れてスピンドルグリルですか。いったい言葉の意味をどう考えているんでしょうね。勝手に意味を変えないでほしいね。
社会科の先生は人口ピラミッド図の紡錘(スピンドル)型(=つぼ型)をどう説明したらいいのでしょう。

投稿: オガワマサユキ | 2012年12月19日 (水) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/43982337

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:レクサス・GS:

« Drive My Car:車検終わりました | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・86(発表) »