« 新車心象風景:トヨタ・アクア | トップページ | 雑誌ナナメ読み:雑誌記事にも外圧? »

新車心象風景:スズキ・スイフトスポーツ

Photo

 スイフト・スポーツは各方面の評価同様、僕もいいなと思う。

 ただそれは、単にクルマ好きのツボをおさえたホットハッチだから、というわけじゃなくて。

 ご存じのとおり、自動車メディアではスイフト=スポーツというほとんどお約束状態で、ようやく真打ちの出番という扱いになっている。立場も車格も違うけれど、それは件のハチロクとそっくりで、実際「これはFFのハチロクだ!」と書いている雑誌まであったりする。

 けれども、そうじゃなくて、そもそもそういう特別なクルマを育て上げたこと自体を評価したいと思うんである。

 コンパクトカー仲間でも、ノーマルに対するスポーティヴァージョンであれば、ヴィッツやデミオ、フィットにだって設定されているけれど、それら各車とスイフト・スポーツとの違いがミソ、とでも言えばいいのかな。

 たとえば、スイフトと違いヴィッツやフィットはエンジンが基本的にノーマルと同じだ。それは結構な印象の違いとなるけれど、じゃあ、だからヴィッツやフィットはダメなんだっていう話じゃない。

 なんだけど、じゃあ最終的にどういうクルマにまとめ上げるのかという「商品企画」は、それこそエンジンをはじめとしたハードの開発から、もちろん販売方法まで諸々の検討事項をどう判断して行くかの積み重ねなんだと思う。

 しかも、その積み重ねを成功させるには明快な方向性が必須で、そこがブレると商品自体の存在感が薄くなってしまう。エンジンが1.6だとか、ダンパーがテネコ社製だとか、そういう各々の特別装備や意匠の違いは、あくまでもそういう明快なコンセプトの結果ということだ。

 スイフト・スポーツは、それこそ初代の存在感は薄かったけれど、先代からシリーズ中でも特殊なモデルであるということを明確に企画・開発し、広報・販売してきた。実質1代でその特別感を持たせたことは、その進め方が的確だったことを証明しているんだと思う。

 まあ、分かりやすく考えて、欧州のモーターショーに「スポーツコンセプト」として単体出品し、何の違和感もないばかりか、そのデビューを心待ちにさせるという事実がそれだ。

 これだってヴィッツにもフィットにも資格はあるわけだけど、実際にはそんなことになっていない。ところが、”一応”な感じで「RS」なんてグレードはあったりする。この中途半端さとの違いなんである。

 残念ながらSX4は日本市場に根付かなかったけれど、非常に数少ない小型車ラインナップの中で、こうした商品を実現することはやっぱり評価されるべきだと思う。これでサイドエアバッグなんかが標準装備されていれば完璧なのにね。

 ちなみに、僕はNAエンジンのスポーツもいいと思うけれど、ベースの1.2リッターに加給器を付けたようなモデルもあればいいと思う。もちろん、ポロのようにそうしたエンジンがベースモデルであればなおいい。

 一家に1台という日本の標準的な環境を考えれば、より高いトルク特性や燃費効率のいいエンジンの方が、日常の使い勝手にも高速走行にも向いていると思うので。

|

« 新車心象風景:トヨタ・アクア | トップページ | 雑誌ナナメ読み:雑誌記事にも外圧? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

次期営業車にアクアとスイフトがあがって、上はハイブリッド超低燃費のアクアにしろ!と…
対する乗る方の自分は、スイフトでお願い!って抵抗していますが。
スイフトを推す理由は、やっぱりきっちり走れて、燃費も価格もいい。それでいてスポーティじゃないですか。
ようはベースとなるクルマ自体、きっちりしたスポーツ性があるから、スイフトスポーツって成り立っているんですよね。
ヴィッツのRSも仕立てようによっては、スポーツモデルの資格はあるけど、根本的にヨーロッパで売るベースモデルと、日本で売るベースモデルでは違う。ゆえに日本のRSって中途半端なんでしょうね。しかもG’sやGRMNまで行っちゃうとこれまた変に
偏ったスポーツ性で、スイフトスポーツのようにさらっとしていないし、ヲタクっぽいんですよね。
スイフトはスイフトでも、スポーツにすると仕事にならなくなるので、なんとか頑張って普通のスイフトにしてもらえるよう説得してみます。

投稿: アクシオム | 2012年1月13日 (金) 22時36分

ファミリーカーのミニバンとオヤジ専用車なセカンドカーにロードスターに乗ってますが加齢で乗り降り辛く足に使い難く成って来てMTのスイスポが次期愛車候補の際右翼です。
でもKPスターレットで運転を覚えてEPターボやワンダーシビックを良く知ってるオヤジとしてはセカンドカーには3ドアが欲しいですね、デミオでも1500MTの3ドアが有れば欲しいです。

投稿: B.Y | 2012年1月15日 (日) 16時42分

フロントグリルの意匠は、もう一がんばりだと思いますが、日本車の最低限のレベルがこれくらいだったらどんなに「自動車先進国」になっていたか、つくづく考えさせらるのがスイフト(スポーツ含む)です。

先代よりちょっと、大きくなったのは、目をつぶるとして、このレベルでトヨタ・ホンダ・日産がクルマ作りできないのはどうして?

いや、作る気が無いんですけれどねpout日本人がクルマオンチなのをいいことに。
わかりやすいのは、プラットフォームが同じなのにあれこれ手を入れてくるルノーとその上にドンガラ乗っけちゃう日産が非常にわかりやすい!これ、「骨」は同じだよね、なのに、何この違いみたいな。

やれば、スズキだってできるのに他の大メーカーができないのは、やりたくないから。それなら、クルマ屋の看板を降ろせ!! 

そして、鉱山からニッケル採って、製錬し、バッテリーに加工した(彼ら流に言えば地球に優しくないのに)物を積んで、わざわざ車重を重くして燃費がいくらか向上したからエコカーって言うのは止めてもらいたいですね。

電気の場合もそうですが、「目の前の物しか見え無いんかい!?pout 」日本人は、そこまで頭が劣化してしまったのですかね?

スイフトのような車を見るとほっとします。

投稿: ぷじお | 2012年1月17日 (火) 15時15分

アクシオムさん

そうですね、毎日乗るとなったらスイフトにしたいところですね。仰るとおり
トヨタのG’sや日産のニスモとかは暑苦しいというか、マニアっぽいという
か。BMWのMやメルセデスのAMGをやりたのは分かるけど、何でスイフト
みたいにサラッとできないんでしょう?

BYさん

以前はスポーティ=3ドアでしたが、いまのコンパクトは5ドア主流ですね。
やっぱりセカンドカー環境が少ないですしね、日本は。しかし次期候補とは
羨ましいですね。自分が買うなら、もう少しボディカラーを増やして欲しいと
ころです。

ぷじおさん

そうそう。本格的小型車は後発組のスズキがここまでやるのに、何でトヨタ
や日産にできないのか? マツダだってデミオで頑張っているのに。
かつてのマーチやヴィッツが欧州でイヤーカーをとったのがウソのようです。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年1月17日 (火) 18時42分

初めて投稿します
スイフトスポーツ昨年買いました
スイフトが誕生して今の型に落ち着いて数年
車を選択する立場としてはぁまり悩みませんでした
パドルシフト付も面白いかと思いましたが
国沢氏のコメントにも
6速ミッションお勧めと
ありましたので安心してます

投稿: まっくす | 2014年6月 1日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/43733111

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・スイフトスポーツ:

« 新車心象風景:トヨタ・アクア | トップページ | 雑誌ナナメ読み:雑誌記事にも外圧? »