« 新車心象風景:スズキ・スイフトスポーツ | トップページ | Drive My Car:車検終わりました »

雑誌ナナメ読み:雑誌記事にも外圧?

Brz

 ああ、ごく当たり前の話ことを当たり前に書いているなあと思ったんである。

 ピーター・ライオン氏が、H誌上で日本のクルマ事情に対する海外メディアの声を紹介するページ。昨年末の東京モーターショーを扱ったいま売りの記事だ。

 たとえば、ひとつは件のハチロク。海外有力誌やジャーナリストの評判はかなりいいみたいなんだけど、その理由は「スバル(STI)が作ったから」というあたり。

 まあ、企画やデザインはトヨタなんだけど、エンジニアリングはスバル主導だし、そもそも目玉だって水平対向エンジンだ。これまでレガシィやインプレッサなどの独自かつ良質なクルマ作りで信頼を得てきたスバルだから期待できると彼らは言う。

 そんなことは国内の方がよっぽど詳しいわけだけど、しかしどこもかしこもメディアは「トヨタのハチロク」で、スバル名での露出度はかなり低い。せいぜいが「ハチロクとBRZを比較する!」みたいな感じだ。

 なんて言うか、そういう妙な辺境のお約束的バイアスが掛かっていない、当たり前の感想が実に心地いいんである。

 また、同じくトヨタの「ドラえもんブース」についても。ドラえもんそれ自体が海外では?なのに、その実寸キャラクター人形なんてもっと?だろうし、ピンクのドアに至ってはもう思考不能という声だ。

 もう日本人の僕にとっても相当恥ずかしい演出だったけれど、それを雑誌メディアで指摘する声は意外に少ない。まあ、何となく言いたいことは分かるよなあと思ったとしても、これは国際ショーであるという視点で書かなくちゃダメだろう。

 一方、国内でえらく称えられている若き社長の「ガソリンのにおいが好き」の演説もまた、現場では海外ジャーナリストの失笑を買っていたんだけれどね。

 さらにホンダについて、出展車両はともかく、ブースが必要以上に暗かったという指摘。

 これは僕も取材時に感じていたことで、読者の方も同じ感想を持たれた方は多いんじゃないかな? ステージ上の白いコンセプトカーを目立たせたいという理由があったとしても、ブース内の雰囲気を悪くするようではイケナイ。まあ、先のドラえもんとはまた別次元だけど、見せ方ということでは同じ話だ。

 そうやって、妙にマニアックになることもなく、逆に必要以上にドライな傍観者になることもない。経験ある評論家やジャーナリスト、あるいは記者として、見聞きしたことからごく当たり前の意見や感想を発信し、書く。

 そのこと自体が文字通り「当たり前」なんだけど、こうして海外メディアの声を聞くと、改めて日本のメディア記事の偏り具合が浮き彫りになってくるから面白い。

 TTP絡みで、ついに外国から軽自動車規格にイチャモンがついたけれど、もしかしてメディアも外圧がないと正常化しないってことなのかな?

|

« 新車心象風景:スズキ・スイフトスポーツ | トップページ | Drive My Car:車検終わりました »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

海外の評価は、スバルのエンジニアに評価を上げているようですが、やっぱり国内の評価は企画立案したトヨタ賞賛ですよね。
このブログにもたま~に出てくる八重洲にあるD誌のメインライター某アニキ氏に言わせると、スバルはFRの楽しみをわかっていないとなる。
BZRはスタビリティ重視で、86のセッティングの方が面白いとなる。86がFRで楽しいクルマっていうコンセプトは十二分に承知はしているけれど、スバルのエンジニアリングがなければ、ハイブリッド一色のトヨタにおいて作れっこないのに…アニキ氏のFR礼賛はわかるけど、あれだけ長文で小難しく理論立てて書く割にそこが浅いような。
結局86を出しても、日本も含め世界の若者対して、クルマの市場を走りやデザインを含めFUNな部分で広げてくれるのかといえば、そうではない。
しかも購買層のメインはやっぱり40代のむかし若造、いまオジサンって言っている。
まぁ日本のジャーナリズム自体、外圧があっても変わらないものはないですね。記者クラブだってなくなってはいないし、本来批評の対象であるメーカーとタイアップという名の元に共謀して紙面を維持しているわけだし…まぁわれわれ一般の評価も、たべログのように口コミと称して業者が一般人を装い、情報操作される始末だし、ホントの評価はホントにどこにあるのか?わからなくなってますね。

投稿: アクシオム | 2012年1月25日 (水) 22時26分

東京モーターショーで思ったのですが、ご自慢のコンセプトカーをなんで壁際に並べるんでしょうね?人気確実のショーカーは周囲360度、来乗客が取り囲めるようにターンテーブルを配置させるべきだと思うんですけど。

トヨタの場合、「86」は大人気で、ショー終盤では観客を30分だかそれ以上の列に並んで見せるようにしてましたけど、ブースの真ん中に「どこでもドア」なんか鎮座させないで「86」を置いてりゃ、「ドラえもん」ではなく「クルマ」を見に来た客をあんなに並ばせたりする必要なかったと思うのですが。結局、車雑誌で祭り上げられてる、社長肝いりの「86」であっても、目玉にするに半信半疑な空気が社内にあったんでしょうかね?

またスマホをむりやり車にした「Fun-Vii」で印象的だったのが、自分の周囲の人たちの車感度の高低差がそのまま、車の評価に反比例していることですね。

実物大の車の形をしたスマホ(携帯タブレット?)もどきのドンガラでしかことに、周りの車好きは見抜いて見る価値もないといった感じだったのですが、さりとて車にこだわりのない知り合い程、みんなして「新しい」とか「未来を感じる」とかいうのを見聞きして背筋が凍りつくような思いでした。

意味不明な戦国武将のCMやドラえもんのCMにも感じることですが、「Fun to drive Reborn」とか言ってるわりに、車に無関心、無頓着な層に対し、相も変わらず、子供騙しのような即効性のインパクトしかない、本質が抜け落ちたようなアプローチを続けているのを見ていると本当に危機感があるのか?と思います。

個人的に、どんな業界でもトップメーカーは消費者を啓蒙する役割を担って欲しいと思っているのですが、トヨタはあまりに消費者の足元を見て迎合することばかりして、啓蒙するようなことをしてこなかったのではないでしょうか。それが日本の車文化が成熟できない、そして車離れが進んでしまった一つの原因と思っています。

数ある日本の自動車メーカーの中でもトヨタは、車感度の低い支持母体が多いでしょうから、なおのこと車の普遍的かつ本質的な魅力、自動車文化のすばらしさを啓蒙することに本腰をいれるべきかと思うのですが・・・、「86」はなんかズレてるし。

P.S.軽自動車規格に対する問題提起が、利害関係がいまいち?な北米からの外圧で起こされたっていうのが、日本らしいというか面白いと感じました。長文失礼いたしました。

投稿: KATSU | 2012年1月26日 (木) 13時36分

アクシオムさん

昨年の震災は、この国は国難と言われる状況になってすら、正常に
働かない大手メディアが支配しているというコトを露にしましたね。
自動車メディアはその子どもですが、アニキ氏はそのメディア云々の
前に、いち評論家として単に頓珍漢という寂しさです。
本当の評価あるは情報はどこにあるのか。これも今回の震災で気付
いた人と、そうでない人が分かれた気がします。

katsuさん

日本を救うのはアニメだ、なんてことを本当に信じ、そういう次元で考
えればドラえもんブースができちゃうんでしょうね。
Fun ViiはTVでも結構取り上げられていましたよね。新しいって。おも
にテレ東系の経済方面で好評でしたけど、その同じ線上に燃費至上
主義があるんでしょうね。単純で分かりやすい構図の商品。

仰るとおりトヨタはずっと啓蒙などという気持ちはなかった・・・というか、
それは他のメーカーにやらせて、その美味しいところをガッツリ持って
行くという歴史です。
ところが、今回みたいに何か本気で発信するんだとなると、86みたい
なことになっちゃう。初代のエスティマやMR2、セルシオなどのように、
キラリと光る商品を作れるわけですから、そこをつかまえてしっかりや
ればいいんでしょうけどね。それもまたできないのが不思議です。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年1月30日 (月) 09時53分

新しい「86」って? 水平対向エンジンのシルビアやフェアレディ?
誰が買うのか。雑誌には、誰が買ったのか、までフォローしてほしい。

メディアの「暴走」は震災前から。
かつて朝日新聞には「北朝鮮は楽園」説がはびこっていたし。
「ただちに健康に影響はない」鵜呑みも、反論や検証する手段を持っていなかったから。
何でもそうですが、鵜呑みにしちゃいけません。マスコミもリストラで、体力弱っています。
人手も、お金もない。貧すれば鈍する、の負のスパイラルをくるくる。
「こう記事書いているが、これは果たして本当か」よく考えましょう。
週刊ダイヤモンドなど見ると「ああソニーも終わり」、「ホンダは大丈夫か」などと思います。
トヨタとパナは始めから問題外なので気にしません、がこの2社もけっこう大変なのでは。
楽園はない。混沌とおかしな風潮が強風のように吹き付けてきている。
先月発売のMagXの中の「EVは原発稼働を前提」という文章が、頭に残っています。
節電奨励の中、EV用の電力をどこからひねり出すのか。ないよなあ。

投稿: 優 路 | 2012年2月 1日 (水) 13時33分

ニホンハ ミンナ ガイアツデ ウゴイテイマス。

デモ ガイアツカカラナイ・ミエナイトコロ ハ ニホンジン シヨウ デス。

サイキン パソコンノスピーカー ガ コワレタノデ ヘッドホンヒッパリダシマシタ。 ココ5~6ネンモノノ パッド ボロボロニクズレマシタ。 20スウネンマエニカッタ ソニー マッタクモンダイナシ。

アノコロハ イイモノモ ツクッテイマシタネ。

コンナ モノヅクリノクニニ ダレガシタ? ソダテテアゲレナカッタノ ザンネン。

投稿: ぷじお | 2012年2月 5日 (日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/43870543

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:雑誌記事にも外圧?:

« 新車心象風景:スズキ・スイフトスポーツ | トップページ | Drive My Car:車検終わりました »