« 新車心象風景:スバル・インプレッサ | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフトスポーツ »

新車心象風景:トヨタ・アクア

Photo

 あけましておめでとうございます。

相変わらず弱小ライターですが、今年もよろしくお願いいたします。

 ということで、今年のはじめは話題のアクアから。

 小さなプリウスとしてストレートにまとめられたアクアは、自らトヨタのクルマ作りを映し出しているのが面白いところなんである。

 先代プリウスEXベースのHVシステムが、バッテリーの小型化や効率化を図りつつも「思ったほど」燃費数値が伸びなかったのは、本家プリウスとの価格差や、コンパクトなボディを考えれば妥当だろうし、実燃費での違いを期待する声もある。

 スタイルも、外国市場ではプリウスを名乗るだけあって、まあどこから見てもその縮小版だし、特段退屈さも破綻もない。コンパクトカーらしく、オレンジやイエローといった明るいボディカラーが用意されているのも加点部分だ。

 さらに、インテリアはやっぱりミニ・プリウスとしての統一感が持たされ、素材自体はともかく、作り込みに決定的な手抜きは見られない。

 そんなこんなをひっくるめ、燃費に特化したコンパクトHVとして、アクアはその目的が明快だし、そこにボヤけたところはほとんど見あたらないんである。

 けれども、そうやって考えると、じゃあほかのトヨタのコンパクトカーってどうなんだろう? というのが今回の話の肝だ。そう、ヴィッツ、ラクティスはもちろん、パッソ、そしてイストやbBとか。

 どの車種もニューフェイスじゃないので幾度かのモデルチェンジを経ているわけだけど、じゃあ、それぞれアクアのような明快で独自性のあるコンセプトを持っているか、そしてそのコンセプトを実現させるために可能な限りの努力が行われているのか、となるとかなり疑問なんである。

 たとえば、初代ヴィッツの登場は、もしかしたらその後のトヨタをまったく変えるんじゃないかと思えるほどのものだった。それはアクアの明快さと変わらない次元だと僕は思うけれど、残念ながら妙に安普請の現行ヴィッツにはその価値はほとんど見いだせない。

 アクアが全車160万円を超えるのはHVシステムを持つからだけど、じゃあ現行ヴィッツが110万円から示している独自の価値って一体何なのか? 

 これはいまだ同クラスにいくつものクルマを作り続けるトヨタならではの疑問でもある。日産もマーチとキューブ以外にノートというのは結構微妙だけど、まあそんなもんだ。

 いまや各メーカーは、かつてのバカバカしい兄弟・姉妹車構成から、比較的目的の明確な車種への整理が進んでいる。悲しいかな、いまその異常な状況は軽の世界がしっかり引き継いでいるんだけれど。

 ところが、そうは言ってもそのヴィッツやパッソなどは登録台数ベスト10の常連だ。人気俳優や芸人の面白おかしいCMとお手頃価格、そして圧倒的な販売力がユーザーの財布の紐を緩くする。一方、アクアは明快なアピールで数十万円のエクストラを納得させ、すでに4、5ヶ月待ちのオーダーが入っているそうだ。

 きっと、1、2月以降の登録台数ランキングはヴィッツやパッソの上にアクアが登場するんだろうと思う。もちろん、アクアがヴィッツなどを相当数「喰う」のは間違いないだろうけど、それにしたってここはトヨタマーケティングの圧勝ってところだ。

 けれども、その全方位戦略が日本のクルマ業界にとって、あるいはトヨタのクルマ作りにとっていい方向なのか否かは、だからまったく別の話なんである。

|

« 新車心象風景:スバル・インプレッサ | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフトスポーツ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

実は、会社で営業車としてアクアを買え!?とお達しが出たので実車を見てきました。
真ん中のSグレードですが、エクステリアはテールランプの丸型妙に恥ずかしい点を除けばOk!
しかし、インテリアはプリウスのコンパクト版を標榜する割にヴィッツ、いや軽自動車のそれといい勝負っぽい質感かな…
色々工夫はされていて収納をはじめ使い勝手はよいのですが、アクセントとして用いられているグリーンやブルーのラインや
ダッシュボードの型押しデザインはちょっと浮いちゃっているかな。
それといざオプションを考えると、結構値が張ってきてプリウスの領域に入ってくるんですよね。素で買う分にはいいけど、
色々と装備を見るとやっぱりパッケージのオプションは必要になってくる。このクルマのバリューパフォーマンスは、オプション
の選択が重要になってきますね。自分にとっては、オプションを考えちゃうと意外と高い買い物になるかと…
トヨタの恐ろしいところは、どんなカテゴリーでも隙なく商品を用意できること。それにプラスして、商品の維持をきっちりしていること。
日産が主力であったはずのティーダを8年もFMCをせず放置をして、他社からOEMしているのを見ていると販売と商品開発の体力差を実感させられますね。

投稿: アクシオム | 2012年1月 5日 (木) 22時45分

今年もどうかよろしく。

アクアも全チャンネル販売。チャンネルの境目が崩れて、
一部の「旗艦」車種以外は整理されて、どこでも買えるようになるのでは、と思います。その過程でコンパクトの「重複」は解消されて行くでしょう。ラウムとシエンタのように。
アクア、もし何も考えずに燃費追求だったら、私も買っているかも。
まあフィットHVとの比較をした上ですが。
いま買い替えるなら「本命」はフリードHV。
ガソリンエンジンだけの車でも、災害対策でエンジンを「発電機」にして煮炊きとかに使えれば、スカイアクティブなんかいいかな、とも思いますが。
とにかく車を災害時の発電インフラにするシステムをはやく確立してほしい。
東海、東南海、南海地震だって夢物語ではないのだから。

投稿: 優 路 | 2012年1月13日 (金) 14時03分

アクアってそんなにいいですかね。外装にも内装にもガッカリなんですが。現行プリウスのインパネは造形の構成要素の流れが気持ちよくて、かなりお気に入りなんですが、アクアは最近よくある、いろんな要素がガチャガチャうるさく纏まりのないインテリアでがっかりです。それと、トヨタとしてはアクア投入でプリウスを値上げできるのも、かなり美味しいかと思います。しかし、日本市場を過度に意識したクルマがつまらないものばかりでクルマ離れも至極当然と私は思ってしまうのですが、変わり者なのかなぁ? グローバル市場も見ずに、日本市場の展開だけ見てメーカーについてどうこう言ってる自動車評論家とかクルマ好きもどうかと思うのですが。

投稿: KATSU | 2012年1月16日 (月) 00時24分

~もはや、クルマなんて、補助金があれば新しいの買いますよ~

的なモノになってきましたね、エクステリアも他のヨタ車よりまし、だけど、積極的にヴィッツじゃなくてこれじゃなきゃって言う要素は、「ハイブリッド」だけですよね~

相変わらずショルダーラインからの先端をフロントランプの中央に何故か持ってくる「ざわざわ」させるラインはトヨタと日産くらいで恥ずかしい! あれがデザインの新しい解釈だと思っていると、日本のデザイナーはアホなのかと思われますよ。 

話は変わりますが、BBCの番組「トップギア」はジェレミーが「大のプリウス嫌い」で痛快です。 「心から嫌悪している」なんて…日本人からしたら、イギリスなんてほとんど海外資本のメーカーばかりで、作れもしないくせに!angryと、言われそうですが、意外と、日本の雑誌・メディアとのクルマの接し方に差があることがわかって面白いですよね。 性能評価の所も、普通のが一番いいとか、値段で言えば、これが、ベストって言いますから。

中でも、日産GT-Rはポルシェの半額か、1/3の値段で素晴らしいって言われてましたがsmile あれが、日本でできないのが、今日の、車雑誌離れを招いていますよね。 そしてクルマは、いい歳したオッサンが、若いときに中古のぼろいクルマから、段々、自分に合ったクルマを(ステイタスではなく)探して、車好きになるのだなと思わされます。 日本は、大きいクルマ=ステイタスだったので、ステイタス感覚がすでに無くお金を失った若者にすぐにそれをクルマ離れで片付けるのは違う気がします。
今の若者は、「達観」の域に到達しているので、おそらく、アクアも、ヴィッツもプリウスもこだわりが無いんでしょう。

そして、最近、トヨタがやっているCMも…なんだかね~ そんなことよりも、乗っていて疲れないシートでも作ったり、ステアリング切った時のクイッて曲がる感じや直線でのビッタリ感なんていう基本を何とかしてくださいよ。(お尻でわかるあの感覚です!)

デザインとかハイブリッドの前に、「ちゃんとしたクルマ作って」 お願い。
それが、「離れ」を無くすための大変で、地道な方法です。

おかげで、クルマ好きのオッサンは、「輸入車」に行ってますよー

投稿: ぷじお | 2012年1月16日 (月) 23時51分

アクシオムさん

たしかに内装の質感は「高い」とは言えないですね。ただ、ミニプリウスを
再現するために結構細かいところまで気を使っているのは分かります。そ
れがヴィッツやパッソと違うかなと。まあ、あの緑や青のラインは浮いてま
すけど。
日産については、単にラインナップ数の違いだけではなく、日本市場での
商品性を考えると、次期ティーダやノートは危険な感じがしますね。

優路さん

フリードは友人も乗っていますが、使いやすそうですね。僕はスタイルで
NGですが・・・。クルマを災害時の発電インフラにするのは今回の震災で
図らずも見えてきた使用方法ですが、それをウリにするのは僕の中では
何かが違うような気がするんですよね。たぶん、それはクルマ単体の話
ではないので・・・。

KATSUさん

日本市場についてどうこういう評論家についてはまったく同感です。って
いうか、かつての日本車は、それこそあまりに日本市場ばかりにとらわれ
て滅茶苦茶なクルマばかりになってしまったのですから。それがいまでは
燃費至上主義なんで、そういう妙な市場の方も考えないといけないと思い
ます。

ぷじおさん

100均やユニクロ、牛丼と、超低価格がいまの日本の一部の生活を支え
ているのは事実として、じゃあクルマもそうあるべきだよね、でいいのか?
スイフトやデミオだって、その内容から考えれば十分安いのに、それじゃあ
ダメなのか? やっぱり日本市場については、メーカーのマーケティングだ
けじゃなく、消費者の意識も考えないといけないと感じています。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年1月17日 (火) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/43633664

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・アクア:

« 新車心象風景:スバル・インプレッサ | トップページ | 新車心象風景:スズキ・スイフトスポーツ »