« クルマの他:年末恒例コンサート・三連発! | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アクア »

新車心象風景:スバル・インプレッサ

Photo

 べつに、モーターショー会場でBRZの陰に隠れていたからってわけじゃないけれど、しかし新しいインプレッサ、どうも印象が薄いんである。

 もちろん、買い換えを検討していたスバリストにとって、前進したAピラーや延長されたホイールベースによる室内長の拡大も、ようやく載ったCVTによる若干の燃費向上も朗報に違いないし、インテリアの質感向上だって満足度アップに十分貢献しているんだと思う。

 大型のヘキサゴングリルとホークアイを得た顔立ちが、兄貴分であるレガシィとの共通性をハッキリ打ち出し、その分車格感が上がったように見えることもきっとそうだろう。

 なんだ、いいことばっかりじゃないかって話なんだけど、問題は、そうやってできた新しいインプレッサというクルマはどういう存在なのか、どこに個性があるのかが、おそらく多くのユーザーにはよくわからないんじゃないか、ということなんである。

 僕はいまでも初代が好きなんだけど、それはカローラやサニーよりちょっとだけ大きいカジュアルなスタイリッシュカーという立ち位置が、極めてまとまりのいいスタイリングを筆頭にうまく具現化されていたからだ。素のスポーツワゴンの清々しさがそれをよく表していた。

 けれどもその後、STIを筆頭に高性能車のイメージが強くなって行き、雑誌メディアでは単にランサーの競合車として扱われるようになってしまう。

 一方で、スバルとしては欧州での販売も勘案してか、3代目に突如ハッチバックに仕立て直し、北米には分かりやすい3ボックスセダンを投入した。

 けれどもそのハッチバックスタイルは、ヌメッとしたフロントや丸いルーフラインと、シャープなショルダーラインやリアランプが混在するつかみどころがないものだったし、そこにトランクを付け足したセダンは、一見どの国のどのメーカーのものなのかもわからない没個性ぶりだった。

 そうやって、3代をかけいろいろな意味で性格が曖昧になっていったインプレッサが、基本そのままに、大きく豪華になった新しいレガシィの相似形になったとして、そりゃあやっぱりとらえどころがないだろう、と僕は思うんである。

 ターボのラインナップがないこと自体は、初代のイメージを思えばとくに違和感がないけれど、重く大きくなってしまった現行では話が違う。それこそ欧州を見据えて小排気量ターボやディーゼルでもあればと思うし、HVを設定するにしても動きが遅すぎるでしょ。

 スバルは、軽やコンパクトをOEMにすることによって、上級車に資本集中すると言っている。けれども、仮に基本の作りが相変わらず良心的だとしても、商品としてとらえどころがなければ意味がない。レガシィがスポーティなワゴンと高速セダンなのであれば、インプレッサとは一体何なのか。

 いや、スバルとしては、好調の北米や中国などで、単にレガシィの弟分として同じように売れてくれればそれでいい、ということなら何の疑問もないんだけど。

|

« クルマの他:年末恒例コンサート・三連発! | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アクア »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

あけまして、本年もよろしくお願いします。
新型インプレッサを見て、さらにBRZを見ていると、スバルはトヨタとの提携で相当なジレンマを抱えているな…と
先代インプレッサ、デザインのフィニッシュだけなら相当いいので、ボクはハッチバックに限れば歴代の中で相当な
ものだと思っているのですが、やはりこのクルマの宿命でしょうか?ユーザー、マーケット、そして社内の商品群、
とくにレガシィなど周りに翻弄されすぎた感がありますね。
それが新型でも出てしまったと…デザイン的にフロントマスク以外、ことごとくディテールの処理がぎこちなく、先代
と比べるとレベルが下がっていますね。
それにBRZのデザインを見ると、トヨタはスバルの開発力に期待した面はあっても、決してデザイン、商品企画には
あまりにも任せなかった。そのトヨタのコントロールがよければいいのですが、決してそうは思えない。86なんて安易な
ネーミングにしたところからして、いくら現代の86として敷居の低いスポーツカーを作っても、走行性以外中途半端な感
は否めませんね。
トヨタの提携、正直うまくないってことがこの2台で見えた気がしましたね。

投稿: アクシオム | 2012年1月 1日 (日) 23時46分

私はこのインプレッサ気に入りました。
レガシィに比べて、幅が40mm狭く、300mm短く(ワゴン・ハッチバック比)、日本で使うのには最適なサイズではないかと。デザインはレガシイの大雑把なものから、若干のクドさはありますけれど瑞々しいものになったと思っています。すぎもとさんもご指摘のとおり、ライバルのゴルフに比べて1500~2500回転時の低速トルクが決定的に不足していて「燃費は良くなったんだろうけど、走りは。。」と思ってしまいますね。アイ・サイト設定グレードでは8割以上、全体でも4割以上が装着しているそうで、スバルの安全に対する本気さがわかる気がします。

適切なサイズで、走りや燃費、安全性にも十分配慮している、価格も競争力あって、ちょっとしたインテリジェンスも感じさせてくれる、ありそうでなかなかないクルマじゃないでしょうか。リーマン・ショック以降、アメリカでスバルが売上を伸ばしているのも、こうした消費者の堅実志向があるのかもしれませんね。日本でも意外と息の長いヒットになるのではと思っています。

投稿: ネコ | 2012年1月 9日 (月) 23時59分

うーん、既に、昔のレガシィ並になってしまった図体で、インプレッサなのですかね?

ワゴンは国内他社のモノとあまり比較できるものが無いので、欲しい人は買うでしょう。でも、これがスバルの底上げにはならないでしょうし、そのあたりが中途半端なのかな…

スタイルは、前回の「東京モーターショー」のデザインスタディ車の要素が入ってきて、褒められる物ではないにしろ、なかなかカッコイイんじゃないですか!(基礎点がマイナスから始まっていますので)  ただ、インプレッサがこれだけ大きくなると、レガシィは超・巨大で日本での取り回しは悪くなりそうですね。

で、アイサイト! 以前から考えられていて、一番楽な方法だったのですが、PS法が怖くてなかなか実車に付けられ無かったの経緯を考えると、ちょっと、不安も感じます。
雪や極度の汚れがあるときは流石に効果が落ちるようで、私みたいな古い人間にはATと同じくらい怖いです。(と、言ってATに仕方なく乗っていますが!)

運転者を楽にするとそれに頼ってしまうのが人間です。
コンビニ突入がいい例ですが、私は、ボルボのように「ミリ波センサー」もパッケージで付けてくれないかな~と思います。
「楽」は人を自由にする代わりに「責任」も忘れさせる諸刃の剣だと思います。

これが、プリウスに搭載されていたらと考えるとゾッとします。(笑)coldsweats02

投稿: ぷじお | 2012年1月11日 (水) 14時35分

今回のすぎもとさんの記事、極めて共感できます。最近のスバルを見ていると、こと車の佇まいという点に関しては、レガシィ&インプレッサ登場以前の野暮ったさ&泥臭さに完全に戻ってしまったなと。今のインプレッサに初代のようなカジュアルな洗練は感じられませんし、でかくなったことだしレオーネ復活で良かったんじゃと思うほどです。 またアイサイト自体は評価するのですが、なんかスバルの支持母体であるマニアックな人達とは異なる素人客僧ホイホイみたいな宣伝されかたしてるのが複雑です。運転を楽しむとかより自動運転が究極と思っている人向けというか。ひょっとしてトヨタの影響?って思ったりもして。

投稿: KATSU | 2012年1月16日 (月) 00時42分

アクシオムさん

トヨタとの提携、たとえば生産性や技術交流など、目に見えないところでの
ものは少なからずあるんでしょうけど、商品としてユーザーが直に感じられ
なくては意味がないですね。
86はほとんど論外ですが、単純な話、ハイブリッドシステムをもらって、と
ても燃費のいいインプレッサやレガシィができるだけでもよかったのに・・・
と思いますけど。

ネコさん

このサイズが日本に合っているのかは僕には?ですが、小さなレガシィと
考えればよくできていると思います。ただ、インプレッサはそういうクルマな
のか?ということですね。それがよくわからない。もちろん、本文中にも書い
たとおり、海外市場での商品性をしっかり意識しているのは分かりますが。

ぷじおさん

僕はスバルのアイサイト、すごい違和感を感じています。もちろん安全機能
としては非常に優れたものですが、あのCMを筆頭に、なかなか一般ウケし
ないスバル車を、これ1本で売ってしまえ・・・という姿勢に見えるんです。
それは燃費さえよければ何でも売れるといういまの市場と基本的に同じ発
想に思えるんですよね。

KATSUさん

アイサイトについては、上記のとおりまったく同感なんです。話題性だけで
売るのは悪だとは言いませんが、決して好ましくはないですよね。じゃあ、
どんなクルマでもこれが付いてればいいのか、って話ですもん。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年1月17日 (火) 09時20分

私はBL5Bの20RのレガシィB4に乗ってます。

8年目です 

最近のスバル車は、前と違って何やら「これどうよ?」みたいなデザインに見えてしょうがない


正直、がっかりです

今までサッシュレスドアで来てたのに突然の変更。


何やらトヨタの影響をぷんぷんと感じるのは私だけか? 


今度のインプレッサ
エンジンラインナップは魅力無しです


重量は私の乗ってるレガシィとほぼ同じ


180馬力(AT)で要約素敵な走りが出来るのに

150馬力(2リッター)で引っ張るなんざ


レガシィの20iを知ってるだけに想像がつきます

もちろん馬力が全てでは有りませんが

もう少しパッとして欲しかった


内装もカーナビのみ(一部除く)で、バカ高い


なんだかなスバル

チョッと幻滅してます

投稿: 鈴木 宏明 | 2012年1月20日 (金) 14時00分

鈴木さん

こんにちは。
独自のエンジンや作りのいいボディなど、技術力の高さで評判のスバル
なのですが、CVTの投入がこれ程おそくなったことなど、とりわけ動力源
の効率方面ではその技術が遅れをとっていますね。
今後HVやディーゼルを投入というコトですけど、やっぱり遅い。小排気量
ターボなどもそう簡単には対応できないでしょうし。
そういう意味では、過渡期なのかもしれないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2012年1月30日 (月) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/43570377

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スバル・インプレッサ:

« クルマの他:年末恒例コンサート・三連発! | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アクア »