« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

新車心象風景:スバル・インプレッサ

Photo

 べつに、モーターショー会場でBRZの陰に隠れていたからってわけじゃないけれど、しかし新しいインプレッサ、どうも印象が薄いんである。

 もちろん、買い換えを検討していたスバリストにとって、前進したAピラーや延長されたホイールベースによる室内長の拡大も、ようやく載ったCVTによる若干の燃費向上も朗報に違いないし、インテリアの質感向上だって満足度アップに十分貢献しているんだと思う。

 大型のヘキサゴングリルとホークアイを得た顔立ちが、兄貴分であるレガシィとの共通性をハッキリ打ち出し、その分車格感が上がったように見えることもきっとそうだろう。

 なんだ、いいことばっかりじゃないかって話なんだけど、問題は、そうやってできた新しいインプレッサというクルマはどういう存在なのか、どこに個性があるのかが、おそらく多くのユーザーにはよくわからないんじゃないか、ということなんである。

 僕はいまでも初代が好きなんだけど、それはカローラやサニーよりちょっとだけ大きいカジュアルなスタイリッシュカーという立ち位置が、極めてまとまりのいいスタイリングを筆頭にうまく具現化されていたからだ。素のスポーツワゴンの清々しさがそれをよく表していた。

 けれどもその後、STIを筆頭に高性能車のイメージが強くなって行き、雑誌メディアでは単にランサーの競合車として扱われるようになってしまう。

 一方で、スバルとしては欧州での販売も勘案してか、3代目に突如ハッチバックに仕立て直し、北米には分かりやすい3ボックスセダンを投入した。

 けれどもそのハッチバックスタイルは、ヌメッとしたフロントや丸いルーフラインと、シャープなショルダーラインやリアランプが混在するつかみどころがないものだったし、そこにトランクを付け足したセダンは、一見どの国のどのメーカーのものなのかもわからない没個性ぶりだった。

 そうやって、3代をかけいろいろな意味で性格が曖昧になっていったインプレッサが、基本そのままに、大きく豪華になった新しいレガシィの相似形になったとして、そりゃあやっぱりとらえどころがないだろう、と僕は思うんである。

 ターボのラインナップがないこと自体は、初代のイメージを思えばとくに違和感がないけれど、重く大きくなってしまった現行では話が違う。それこそ欧州を見据えて小排気量ターボやディーゼルでもあればと思うし、HVを設定するにしても動きが遅すぎるでしょ。

 スバルは、軽やコンパクトをOEMにすることによって、上級車に資本集中すると言っている。けれども、仮に基本の作りが相変わらず良心的だとしても、商品としてとらえどころがなければ意味がない。レガシィがスポーティなワゴンと高速セダンなのであれば、インプレッサとは一体何なのか。

 いや、スバルとしては、好調の北米や中国などで、単にレガシィの弟分として同じように売れてくれればそれでいい、ということなら何の疑問もないんだけど。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

クルマの他:年末恒例コンサート・三連発!

2011

 久々の「クルマの他」です。
 何クルマのブログにクルマ以外の話を・・・というお声をいただきますが、クルマのことばっかり考えていると、そのクルマを見る目も曇ってしまいますので・・・。でも、興味のない方は飛ばしてください。
 毎年コンサートが集中する12月、今回も恒例JAZZモノが3連発。

 はじめは「渡辺貞夫クリスマス・ギフト」。例年はオーチャードホールだけれど、工事の都合で今回はNHKホールで。
 ベースとドラムは近作2作のアルバムメンバーをニューヨークから呼び、都合のつかなかったピアノのみ日本人メンバーからという構成。 がドラムをやっているからというのもあって、とにかくジョナサン・ブレイクのプレイがスゴいの何の。
 あの巨体からどうしてこんな細かくて繊細なスティックさばきができるのか、ホント不思議。鉄壁のリズムユニットに影響されてか、ピアノの小野塚氏も、いつも以上に素晴らしいソロが聴けました。やっぱり刺激が大切なのかと。

2011_2

 ふたつめは
「矢野顕子・さとがえるコンサート」。今回は11月レコーディングコンサートを行った、いまや日本ナンバーワン・ピアニストの上原ひろみとのピアノデュオツアー。
 実は上原ひろみを生で聴いたのは初めてだったけれど、イヤもう大変なことになっていましたね。天才肌の矢野顕子による文字通り天才的なフレーズと、上原ひろみの超絶技巧が融合して、もう止まるとこを知らない世界で、1曲ごとの拍手がふつうのコンサートの最終曲分くらいな感じ。
 しかも、ホントのアンコールは2回におよび、2回目はコンサート終了のアナウンスとBGMがかかっても拍手が鳴り止まない中でのもので、自分もこういう経験は初めてでした。こりゃ、早いところ新しいCD買わなくちゃ。

 最後はスイートベイジル139での「国府弘子・ひろこ倶楽部」。もう14回目ということだけれど、実はこのシリーズを聴きに行ったのは初めて。

2011_3 今

回はクラシック界からバイオリニストの早稲田桜子、JAZZをメインに幅広い活躍をしているギタリストの三好サンキチを迎えてのセッション。同じピアノでも、先のふたりとはまったく違うのがジャズの面白いところで、骨太かつ力のある音と、独特の乗りのいいリズムが彼女の魅力。
 この快なリズムによって、実に彼女らしい楽しいステージになっていて、圧巻は全員参加の「スペイン」。ここでもドラムの話でアレですが、トリオメンバーの岩瀬立飛のプレーが素晴らしい。技巧方向でも、ポンタ秀一とも神保彰とも異なる、独特の間合いと圧倒的な音数で魅了されっぱなし。これは来年以降も行かなくちゃ。

 さて、JAZZじゃないけど、年内は自分もオヤジバンドライブが控えてます。頑張ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新車心象風景:ホンダ・N BOX

N

 Nボックスは「試験紙」みたいだと思う。

 まあ、これは誰でもわかるとおり、タントやパレットの二番、三番煎じだ。けれども、この完全な後出しジャンケンを肯定したい理屈が用意されていて、それがこのクルマの特徴にもなっている。

 まず、より長いホイールベースや自慢のセンタータンクレイアウトを採用し、室内の長さも高さも、クラスでいちばんの室内空間を実現した、というもの。これがMM思想のホンダとして「日本のベストな乗り物を作った」ところらしい。

 とはいっても、いきなりライバルの1.5倍も2倍も広いわけじゃないし、両側ピラーレスなんて飛び道具があるわけでもない。比べてみればこっちの方が広いですヨ、といった程度だ。

 ストロークを延ばして実用域を重視したという新開発のエンジンや、あるいはアイドリングストップも、ライバルはもちろん、現行軽規格すらひっくり返すような新提案じゃない。

 さらに、ノーマルだカスタムだという設定はもはや使い古されたやり方で、たとえばターボはカスタムだけなんてあたりも、実に硬直した発想のままなんである。

 加えて言えば、そのスタイリングはビッグチェンジしたライフと変わらないもので、ノーマルでさえ威圧的で品がないし、カスタムに至っては醜悪としか表現のしようがない。

 けれども、当のホンダとしては、さらなる”理屈”として、かつての名車から「N」の名前を拝借し、このクルマをスタートに「ホンダの軽が変わる」とも宣言した。そこには、最近の販売不振という背景がハッキリ見えるわけだけど、Nexだ、Newだと鼻息が荒い。

 そして、この後は文字通りN360のリバイバル版や、ビートの後継も・・・なんていうシリーズの期待感をモーターショーで抱かせ、自らその特別感を盛り立てる。

 で、Nボックスの何が「試験紙」かと言えば、実はほとんどライバルの後追いであるこの商品が、メーカーのこうした言い分によって、一躍ヒット作になり得るのか?ってところだ。

 つまり、試験紙として試されるのは僕らユーザーということで、仮にこれがドンと一発大当たりとなると、コピー商品であれ何であれ、少々目先を変えれば、ユーザーを引き込むなんてメーカーにとっては結構チョロいもんだよなあ、ということなんである。

 もちろん、Nボックス自体がそれなりに便利なクルマであるとしても、ね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その7)

2_2

 東京モーターショー。デザイナーズ・インタビューの最後は、ダイハツのD-X(ディー・クロス)です。

 ここ毎回「コペンの後継は?」と騒がれるダイハツブースですが、さすがに今回はそうでもなかったですね。

 個人的には、ミラ・イースはともかく、現実的で魅力的なコンパクトカーの提案があってもよかったかな、と思います。とくにEVとかじゃなくてもね。

 ところで、今回のインタビューは、プレス・カンファレンス直前で、あまり多くを聞けなかったことをご報告しておきます。

 それでは、お時間がありましたら下記サイトから是非。

 (ニフティサイト)

 http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その6)

2

 東京モーターショー会場での、デザイナー・インタビュー。2台目はスバル「アドバンスド・ツアラー・コンセプト」です。

 前回の「ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」の好評を受けてか、基本的なデザインの方向は同じようですね。意外なのは、大きく見えるこのボディでも、狙いはCセグメントということでしょうか。

 それにしても、スバルはずっと以前から意欲的なワゴンタイプのコンセプトカーを出品するものの、ほとんど市販車に結実することがありません。この伝統には一体どういう意味があるんでしょう?

 前回は先のハイブリッド・ツアラーが新しいレガシィとほぼ同時。今回はやっぱり新しいインプレッサと同じ時期。Cセグメント狙いなら、これを新型インプレッサに落とし込めばいいのに・・・と単純に思うんですけどね。

 それではお時間がありましたら、下記サイトから是非。

 (ニフティサイト)

 http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その5)

2

 前回の記事で書きましたが、今回の東京モーターショーでは、気になるコンセプトカー3台についてデザイナー氏に話を聞いて来ました。

 最初はホンダブースで一番人気?の「EV-STER」。あのビート後継車か?ということで話題のコンパクト・スポーツです。

 これまでホンダブースでのインタビューは、広報を経由し、時間だの順番だの結構な制約を受けました。が、今回はなぜか「ご自由に」モードだったので、フリーライターとしてはとても助かりましたね。

 それではお時間がありましたら、下記サイトからお願いします。

 (ニフティサイト)

 http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »