« クルマ散策:今年のクルマって? | トップページ | クルマ散策:東京モーターショーはどこへ »

雑誌ナナメ読み:読者はそんなものか?

Ft86

 仮に、それほど読者の意識が高くないことを織り込み済みだとしても、どこまで安易な企画を作るかっていうのは考えところかもしれない。

 いま売りd誌の「祝・FT-86市販型登場! 次世代Fun to Driveを問う」。トヨタの回顧調TVCMをそのまま持ってきて、話題のハチロクを紹介する巻頭特集だ。B5判グループだけじゃなく、A4当誌もそんなにハチロクが好きだったのね。

 で、そういう安易な企画自体はもちろんOUTなんだけど、じゃあせめて中身は面白いのかと期待すると、それも何だかよく分からないところが今回の肝だ。

 たとえば、常連のF氏によるFR代表のBMW1シリーズと、FFベースのレクサスCT200hのインプレッションは、相変わらずの過剰な形容と不必要に堅苦しい文章で、何がいいたいのかがまずさっぱり分からない。

 しかも、特集テーマと一体どう結びつくのかと思いきや、これまたいまどき「やっぱり走りはFR」などと強引極まりない結論で、そこで”FT-86に期待!”というのがオチらしい。

 いやいや、CTってハチロクと同じトヨタなんだけど、なんて疑問や、他に「Fun to Drive」として引っ張り出されているCRーZもヴィッツG’sもやっぱりFFと、一体何を書きたいのか最後まで分からなかったりする。

 ま、自動車総合誌の多くがそうであるように、話題の新型車に合わせて特集内容を決めること自体はとくに珍しくない。BWMの3シリーズやポルシェ911の新型が発表されれば「ドイツ車のいま」みたいに。

 だから、市販型が決まったハチロクに胸躍らせて「Fun to Drive」を特集するのはいいとしても、しかしそれはそれでちゃんと「Fun to Drive」の何たるかを検証しないとまともな記事にはならないでしょ。

 いや、このd誌、少し前に「そんなにいいのか輸入車、そんなによくないのか国産車」というとても面白そうな特集があったんだけど、結局比較させる内外2台のインプレッションが淡々と載っているだけで、肝心の結論はどこにも見当たらなかったなんて例もある。

 それは冒頭のように、そもそも読者がそこまでの意識を持っていないという前提が編集部にあるのかもしれない。それらしい特集見出しに、それっぽいインプレッションが載っていれば誰も疑問は持たないだろうと。

 けれども、そういう次元での積み重ねは、きっといまの地上波TVがそうであるように、何ていうか、雑誌メディア全体の底辺をどんどん下げて行く感じだ。それこそ週刊誌が「テレビは死んだ」と書いているとおり、自動車雑誌もその後をしっかり追っているんじゃ?

 分かっているけどこれでいいと確信しているのか、もしかしてこれが編集の限界なのか。一方、読者はこれで十分納得する内容だと思っているのか、そもそもホントに何も考えてないのか、一体どうなっているんだろう。

 あ、ちなみに僕が思う「次世代Fun to Drive」とは、もはやクルマ単体で語るべきものじゃないと思う。たとえば道路インフラや交通行政、あるいはある種の運転マナーだって外せない要素かなと。

|

« クルマ散策:今年のクルマって? | トップページ | クルマ散策:東京モーターショーはどこへ »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

FUN TO DRIVE、Againってやってますよね。これ完全にFT-86のための隠れ?ティザー広告だと思われますが、めちゃくちゃですよね。キムタクに信長、ビートさんに秀吉やらせて初代クラウン乗らせたかと思えば、ジャンレノにドラえもんさせちゃうし…僕のブログに書きましたが、FT-86に社運と宣伝広告費なんてかけている場合か!って思う。これがトヨタの広報を改革したいと言っていた御曹司のことなのかと思うとぞっとする展開ですね。日産の「今こそモノづくり力を…」ってゴ―ンさんが自らやっている方が、企業メッセージとしても、産業界に与えるメッセージとしてもよっぽどまし。いや、トヨタのこのやり方は、CMの話題として笑えても、逆にトヨタってこれだけ円高で輸出産業が苦しい中、馬鹿じゃないの?って言われかねないし、ユーザーからもそっぽ向かれる。これでFT-86がこけたらホント目が当てられない。ティッシュペーパーの御曹司はカジノで背任したけど、トヨタの御曹司はスポーツカーでこけましたなんてなりかねない。
ps.Fセンセイ、先月箱根で会いました。あまり詳しくは言えませんが、その件はみんカラのセンセイのブログをお探しの上、ご覧ください。まぁセンセイゆえにこんなこともしていますよってことで。
センセイの文章、おっしゃるとおり。一度、面と向かって言ってみてはいかがでしょうか?

投稿: アクシオム | 2011年11月24日 (木) 16時34分

先日、金子浩久さんがNAVIの「10年10万キロストーリー」連載時、「鈴木編集長が文章を赤ペンで添削してきて、何度も書き直した」「今はとても感謝している、現在の編集者はそんなことしてくれない」とおっしゃってました。出版業全体に余裕がなくなって、ライターを育てることができなくなってるんでしょうか。(Fさんを育ててくれる人いなかったのかなぁ。意味が分からないのは論外ですが。)

投稿: クマ | 2011年11月24日 (木) 18時39分

アクシオムさん

「生まれ変わる」「もう一度あの頃を」とトヨタが謳うのは、まあクルマファンにとっては何となく理由が分かるのですが、フツーの人はあれをどう見ているんでしょうね? 単にキムタクとたけしという2大スターの競演で何だか面白い・・・程度でしょうか?
FT-86、ホントに社運を賭けているんでしょうか? メディアはもうそれ一色ですけど、いくらレース好きの社長だからといって、そこまで判断を間違えるものかな? もちろん、他の役員も含めて。
でも、BMWからエンジンもらおうってくらいだから、もう中は大変なことになっているのかな?

クマさん

まあ、普通そうでしょうね。でも「先生の記事」みたいなことで、赤を入れるなんてタブーなことになっているんじゃないでしょうか。お互いにそういう緊張感がないんでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年11月26日 (土) 20時26分

FT-86の正式名が「86」に決まったとのニュースを見て、色々ググっていてここに流れ着きました。

仰ってること、概ね同感です。

雑誌記事の中身もそんな感じですが、

自動車会社自体だって似たようなもんじゃないですか。


AE86って、
トヨタだって、決して「すんごい車作ってやる」と思って造ったんでは無かったはず。

カローラ全部をFF化するのはリスクと考えてクーペはFRのまま残し、
エンジンだけは新しい16バルブのものに変えた、というだけの事だった筈で。


いくらハチロクって響きに良いイメージが有るからと言っても、
それを何のひねりも無く本当にそのまんま車名にしてしまうとは。

車そのものの良さに絶対の自信が有るなら、そんなイメージ借りてきて売ろうとしなくても大丈夫な筈。

何だか考えが浅いなぁと。


乗ってみて良い車ならそれで全然構いませんが、


良かろうが悪かろうが、きっと「FRな事以外は全然‘ハチロク’じゃないよねこの車」って言われるだけに違いない、と個人的には思います。


いっその事、特に名前は付けずに、型式を正式名にしてしまえば良かったのに。
人気が出ればどのみち型式で呼ばれて語り継がれるので。

投稿: piropiro | 2011年11月27日 (日) 21時00分

piropiroさん

こんにちは。

ハチロク、どうやら輸出先でもこの名前を使うそうですね。「GT86」とか・・・。
仰るとおり、商品自体に自信があるなら過去の車名を借りてこなくてもいいと思う
のですが、それ以前に、ハチロク自体が一部のコアファン以外に知られていない
ということが問題です。

これが2000GTとかレビンとかならまだ理解できますが、走り屋御用達で一般の
ユーザーはほとんど知られていない形式名称を社長が張り切って紹介するのはか
なり恥ずかしいですね。もちろん、外国では何のことやらサッパリでしょうし。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年12月 3日 (土) 13時37分

新型になるたびボディが大きくなるのは何とかしてほしいです。我が家の車庫にはレガシィやアテンザは入りません。コンパクトカーでさえ5ナンバーギリギリ、車が売れないのはこういうところにも原因があるのではないでしょうか。

投稿: KS | 2011年12月21日 (水) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/43128289

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:読者はそんなものか?:

« クルマ散策:今年のクルマって? | トップページ | クルマ散策:東京モーターショーはどこへ »