« 雑誌ナナメ読み:読者はそんなものか? | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その5) »

クルマ散策:東京モーターショーはどこへ

A1

 お台場での東京モーターショーが開幕、取材に行ってきた。

 ドイツやフランス勢が戻ってきた今回は、もちろん子どものお絵描きコーナーで場所を埋めた前回よりは賑やかだったけれど、しかし国際ショーとしてはやっぱり厳しいというのが実感だ。

 ご存知の方も多いかと思うけれど、東京ビッグサイトは長い通路によって東西のホールに分かれていて、西ホールはかなり狭い。僕はサラリーマンの仕事でよく通っているけれど、あまり大きくないイベントは、だから東西いずれかで分けて行われる場合が多い。

A

 ところが、恐らく入場者の偏りをなくすためか、東西で主要メーカーを分けて配置してしまったため、それぞれが中途半端で小粒感を助長してしまった。しかも、分散させて空いてしまった空間を、多くのボディメーカーや部品メーカーが占めているので、モーターショーというよりも、そうしたメーカーによる一般的な見本市に見えてしまい、さらに国際ショーからイメージが遠ざかる。

 そして肝心の内容は、たしかスカスカの前回、主催の自工会などは、日本ならではの先進技術・環境技術を「東京ショー」の特徴にするんだ、なんてことを言っていた記憶があるんだけど、特段そうした統一感もないんである。

 もちろん、各メーカーともEVやPHVを打ち出してはいるけれど、それはいまや東京だけの話じゃないし、安くて低燃費な第3のエコカーっていうのもチョットね。仮に日本にしかできない技術を打ち出して行くなら、主催者による相応のコーディネートが必須の筈だけど、どうもそれがあったようには見えなかったと。

Photo

 強いて言えば、巨大トヨタの社長によるプレス・カンファレンスで流れる映像が、正式名となった「86」を中心に作られていたことが「東京らしい」ローカルな感じを醸し出していたかも。ま、外国プレスの苦笑というか、失笑も含めて・・・。

 あと、プレス向けにランチサービスがあるんだけど、ランチボックスを配付はするものの、何と食事スペースが用意されていないというのも驚きだったかな。若い報道関係者が廊下にベタ座りで昼食をとる姿は、やっぱり国際ショーとはかけ離れていたかなあ。

 まあそれでも、今回取材した3台のコンセプトカー以外では、アウディA1の5ドア版は個人的に興味深かったし、メルセデスのAクラス・コンセプトの過剰演出ぶりも面白かった。それと、すっかりハチロクの陰に隠れていたアクアも、ヴィッツなんかよりはしっかり作ってあるように見えたかな。

 さて、今後東京ショーはどこに向かって行くんだろうか?

|

« 雑誌ナナメ読み:読者はそんなものか? | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その5) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

名実ともに東京回帰のショウですが、ビッグサイトって規模が小さいですからね。うちらの業界だと環境展やる場所でもありますが、その感覚からすると国際モーターショウというより、ローカルモーターショウなんですよね。
間違ってもフランクフルトと比べちゃいけませんね。でもフランクフルトは規模、演出こそ見事だけど、防犯の観点からロッカーはないし、規模がデカ過ぎて移動が大変で、あれはあれで困りものですが…
VWがup!を持ってこないのが残念ですね。あれホントよく作ってあったし…
それよりも週末ことごとく仕事で埋まり、下手すりゃイケないかも?それが一番困ってます。

投稿: アクシオム | 2011年11月30日 (水) 23時15分

個人的にはスズキの「レジーナ」が気になっています。アクアが目立つように、ヴィッツの造りをしょぼくしたのかなぁ~とうがった見方をしてしまいます(笑)アクアはハイブリッド云々の前に「クルマ」としてまっとうなデザインを持ってると思います。写真の青色いいですね。願わくば、サイド、カーテンエアバッグをオプションにするような恥ずかしい行いをしてくれませぬように。。(新しいスイフト・スポーツに前記エアバッグが装着できないことを知って驚愕したばかりなので。。)

前々回のモーターショーのように軽サイズのSUVや、もっとスタイリッシュなミニバンの提案があってもよかったし、スーパースポーツも見てみたかった。日本にいると全世界の人たちがエコカーを望んでいるように思いますけど、実際そうじゃないですしね。(ハイブリッドについては否定的な意見も多いですね)少しでもお金に余裕があったら「でっかい、かっこいい、スポーツカーに乗りたい」と考えている人がたくさんいるんだ、ということがわかるショーだと良かったかな。実際、動画サイトなんか見るとスープラの人気が異常に高かったりしてびっくりすることありますもんね。一つの方向に偏りすぎるのはやっぱり危険ですよ。

投稿: ネコ | 2011年12月 1日 (木) 02時23分

アクシオムさん

ホントに業界向け見本市に見えますよ。
up!は見たかったですね。VWは他にワールドプレミアがあったのに、何で持ってこなかったんでしょう?
5ドアが出るまで見せない方がいいと思ったのかな? 週末行けるといいですね。

ネコさん

当面のイース対策をアルト・エコで対策しておいて、少し先の技術をコンセプトカーで見せたスズキは
なかなか上手いなあと思います。プレスデイ初日にTV各局で会場風景がでましたが、どこもエコカー
ばかりリポートしてましたから、日本はそういうことになっているんですね。まあ、スポーツカー作っても
ハチロクになっちゃったりするので難しいところですが・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年12月 3日 (土) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/43206813

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:東京モーターショーはどこへ:

« 雑誌ナナメ読み:読者はそんなものか? | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その5) »