« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

クルマ散策:東京モーターショーはどこへ

A1

 お台場での東京モーターショーが開幕、取材に行ってきた。

 ドイツやフランス勢が戻ってきた今回は、もちろん子どものお絵描きコーナーで場所を埋めた前回よりは賑やかだったけれど、しかし国際ショーとしてはやっぱり厳しいというのが実感だ。

 ご存知の方も多いかと思うけれど、東京ビッグサイトは長い通路によって東西のホールに分かれていて、西ホールはかなり狭い。僕はサラリーマンの仕事でよく通っているけれど、あまり大きくないイベントは、だから東西いずれかで分けて行われる場合が多い。

A

 ところが、恐らく入場者の偏りをなくすためか、東西で主要メーカーを分けて配置してしまったため、それぞれが中途半端で小粒感を助長してしまった。しかも、分散させて空いてしまった空間を、多くのボディメーカーや部品メーカーが占めているので、モーターショーというよりも、そうしたメーカーによる一般的な見本市に見えてしまい、さらに国際ショーからイメージが遠ざかる。

 そして肝心の内容は、たしかスカスカの前回、主催の自工会などは、日本ならではの先進技術・環境技術を「東京ショー」の特徴にするんだ、なんてことを言っていた記憶があるんだけど、特段そうした統一感もないんである。

 もちろん、各メーカーともEVやPHVを打ち出してはいるけれど、それはいまや東京だけの話じゃないし、安くて低燃費な第3のエコカーっていうのもチョットね。仮に日本にしかできない技術を打ち出して行くなら、主催者による相応のコーディネートが必須の筈だけど、どうもそれがあったようには見えなかったと。

Photo

 強いて言えば、巨大トヨタの社長によるプレス・カンファレンスで流れる映像が、正式名となった「86」を中心に作られていたことが「東京らしい」ローカルな感じを醸し出していたかも。ま、外国プレスの苦笑というか、失笑も含めて・・・。

 あと、プレス向けにランチサービスがあるんだけど、ランチボックスを配付はするものの、何と食事スペースが用意されていないというのも驚きだったかな。若い報道関係者が廊下にベタ座りで昼食をとる姿は、やっぱり国際ショーとはかけ離れていたかなあ。

 まあそれでも、今回取材した3台のコンセプトカー以外では、アウディA1の5ドア版は個人的に興味深かったし、メルセデスのAクラス・コンセプトの過剰演出ぶりも面白かった。それと、すっかりハチロクの陰に隠れていたアクアも、ヴィッツなんかよりはしっかり作ってあるように見えたかな。

 さて、今後東京ショーはどこに向かって行くんだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑誌ナナメ読み:読者はそんなものか?

Ft86

 仮に、それほど読者の意識が高くないことを織り込み済みだとしても、どこまで安易な企画を作るかっていうのは考えところかもしれない。

 いま売りd誌の「祝・FT-86市販型登場! 次世代Fun to Driveを問う」。トヨタの回顧調TVCMをそのまま持ってきて、話題のハチロクを紹介する巻頭特集だ。B5判グループだけじゃなく、A4当誌もそんなにハチロクが好きだったのね。

 で、そういう安易な企画自体はもちろんOUTなんだけど、じゃあせめて中身は面白いのかと期待すると、それも何だかよく分からないところが今回の肝だ。

 たとえば、常連のF氏によるFR代表のBMW1シリーズと、FFベースのレクサスCT200hのインプレッションは、相変わらずの過剰な形容と不必要に堅苦しい文章で、何がいいたいのかがまずさっぱり分からない。

 しかも、特集テーマと一体どう結びつくのかと思いきや、これまたいまどき「やっぱり走りはFR」などと強引極まりない結論で、そこで”FT-86に期待!”というのがオチらしい。

 いやいや、CTってハチロクと同じトヨタなんだけど、なんて疑問や、他に「Fun to Drive」として引っ張り出されているCRーZもヴィッツG’sもやっぱりFFと、一体何を書きたいのか最後まで分からなかったりする。

 ま、自動車総合誌の多くがそうであるように、話題の新型車に合わせて特集内容を決めること自体はとくに珍しくない。BWMの3シリーズやポルシェ911の新型が発表されれば「ドイツ車のいま」みたいに。

 だから、市販型が決まったハチロクに胸躍らせて「Fun to Drive」を特集するのはいいとしても、しかしそれはそれでちゃんと「Fun to Drive」の何たるかを検証しないとまともな記事にはならないでしょ。

 いや、このd誌、少し前に「そんなにいいのか輸入車、そんなによくないのか国産車」というとても面白そうな特集があったんだけど、結局比較させる内外2台のインプレッションが淡々と載っているだけで、肝心の結論はどこにも見当たらなかったなんて例もある。

 それは冒頭のように、そもそも読者がそこまでの意識を持っていないという前提が編集部にあるのかもしれない。それらしい特集見出しに、それっぽいインプレッションが載っていれば誰も疑問は持たないだろうと。

 けれども、そういう次元での積み重ねは、きっといまの地上波TVがそうであるように、何ていうか、雑誌メディア全体の底辺をどんどん下げて行く感じだ。それこそ週刊誌が「テレビは死んだ」と書いているとおり、自動車雑誌もその後をしっかり追っているんじゃ?

 分かっているけどこれでいいと確信しているのか、もしかしてこれが編集の限界なのか。一方、読者はこれで十分納得する内容だと思っているのか、そもそもホントに何も考えてないのか、一体どうなっているんだろう。

 あ、ちなみに僕が思う「次世代Fun to Drive」とは、もはやクルマ単体で語るべきものじゃないと思う。たとえば道路インフラや交通行政、あるいはある種の運転マナーだって外せない要素かなと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

クルマ散策:今年のクルマって?

Photo

 RJCがひと足先に日産リーフを指名し、COTYも10ベストカーを発表している。

 いずれの賞も、いまや販売上はほとんど効果がないのは周知の事実とはいえ、RJCのベスト6を含め、ご丁寧に各メーカーから1車種なんてことをまだやってんのか、と驚くんである。

 まあ、国内市場が右肩上がりで、作れば何でも売れるような幸せな状況(時代)、つまりなーんにも考えなくていい時期であればまだ仕方ないとしても、そうじゃないことは誰もが感じているわけだし。

 それどころか、かつては接待攻勢に手間暇をかけていた(らしい)メーカー自身が、震災や洪水に加え、超円高に悲鳴を上げて自動車税の撤廃を求めるような異常な事態が起きているのに、この、ほとんど思考停止な感じは一体何なのだろう?

 RJCやCOTYがジャーナリスト・評論家や各種メディアによる意見集約と公表の場なのであれば、いろいろな意味で日本の転換期になるであろう平成23年は、自らの団体がいま何をするべきなのかを考える時じゃないのかな?

 それは、震災復興にあたってのクルマのあり方や街の作り方といった直接的な提言でもいいし、自工会やJAF同様に税体系への切り込みだって構わない。

 もちろん、日本のモーターショーが海外メーカーから見放されて行くような特殊な国内市場を、TPPと絡めて考えたっていい。

 当たり前だけど、彼らには、たとえば雑誌や放送といった大きな発信媒体が確保されているんである。そりゃあ、メーカーやユーザー団体だって記者会見みたいなことはできるわけだけど、それよりもずっとユーザーに近い媒体で多くの機会がある。

 まあ、逆に言えば、そもそも日常的にそういう立場にいながら、その貴重な機会をいかに軽く使っているかって話で、個人はもちろん、たとえばCOTYという団体としての存在意義をほとんど放棄しているんである。

 カー・オブ・ザ・イヤーはその年の注目車を選ぶイベントで、言ってみれば「お祭り」だけど、それがホントにお祭りで済んでいたのは平時だからだ。有事とも言えるこの年、1台のクルマを選ぶのはいいとしても、それだけじゃあどうなんだろう。

 いや、たとえばリーフという電気自動車を大賞に決めるとき、エネルギーのあり方まで提言するのが、世界最悪の事故を起こしてしまった国のジャーナリスト団体としては、ごく当たり前の発想だと思うんだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その4)

1

 先日のマツダ「雄」に引き続き、今回も東京モーターショーで初出展となる、三菱「ミラージュ」のデザイナーズ・インタビューです。

 グローバル・スモールカーとして、コンセプトカーはすでに発表されていましたが、そのほぼ市販版と言えるクルマです。日本ではコルトという話もありましたが、懐かしの「ミラージュ」名になるようですね。

 マツダのとき同様、こうしたメーカーでの取材は慣れてないこともあり、緊張というか落ち着かないというか、なかなかいい質問ができていないのがお恥ずかしいところですが、モーターショー前の「デザイナーの声」として楽しんでいただければと思います。

 あ、事前のインタビューはここまでで、他のメーカーはショー会場で話を聞きたいと思っています。では、下記サイトにて是非ご覧ください。

(ニフティ・サイト)

http://carnifty2.cocolog-nifty.com/sugimoto/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマ散策:20年目のアクセサリー販売

Photo

 ここで何度か書いたことがある「リフレッシュカー」という提案。ホンダ・ビート、20周年記念アクセサリーの販売は、結構それに近い発想で、素直に感心してしまった。

 リフレッシュカーというのは、実用性が現実的な80年代くらいまでの旧車を、メーカーの手によって「新車同様」にリフレッシュし、相応の価格の中古車として販売してはどうか、というもの。

 初代プリメーラやR32スカイライン、80~90系カローラや初代MR2、ワンダーシビックや同期のプレリュード、ピアッツァに一部のユーノスなど。いまでも人気の高い旧車がメーカーの技術で新車同様に蘇れば、仮に新車価格に近い金額でも一定数は売れるんじゃないかと。

 今回のビートは数点のアクセサリーのみの販売だけど、希望の多かったモノというだけあって、代替えのきかない専用サイズのオーディオや、消耗度の高いフロアマットなど、実にツボを押さえた選択なんである。

 それに、ホンダ・アクセスから販売というのも巧いところだ。メーカー自身という高いハードルもないし、子会社の商売としても新展開だし。もちろん、評判がよければさらなる展開へも動きやすいでしょう。

 リフレッシュカーについては、数年前にメーカーの中古車部へ取材もしたけれど、企画は面白いとしても、メーカーが動くのは難しいという予想とおりの回答だった。ベースになる車両の手配やら保証などを考えると、ということで。

 ただ、これも以前書いたとおり、たとえばメルセデス・ベンツは自国と北米でこのリフレッシュカーをすでに始めている。人気のW124はもとより、さらに遡ったモデルまで展開しているんである。

 それでもやっぱり国産車は難しいよな、ということなら、このビートのようなアクセサリー・パーツ販売は大いにアリかと。

 どの車種のどのアクセサリーまで展開するかは考えどころだけど、ダンパーや窓枠、ステアリング、シート生地、フロアマット、エンブレムなど、ひとつのパターンを作ってしまえば商売としてやりやすいかもね。

 車種については、ユーザーからの受注という方法もありかも。もちろん、数ヶ月単位の時間と、それ相応の価格設定が前提になるだろうけど。

 ハチロクのようなスポーティカーに限定せず、ふつうのセダンやコンパクトカーまで対象を広げれば、つまり顧客の層を広く考えれば、もしかしたら国内のクルマ熱復活の一助になるかもしれない、なんて思ったりもするんである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »