« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その3) | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その4) »

クルマ散策:20年目のアクセサリー販売

Photo

 ここで何度か書いたことがある「リフレッシュカー」という提案。ホンダ・ビート、20周年記念アクセサリーの販売は、結構それに近い発想で、素直に感心してしまった。

 リフレッシュカーというのは、実用性が現実的な80年代くらいまでの旧車を、メーカーの手によって「新車同様」にリフレッシュし、相応の価格の中古車として販売してはどうか、というもの。

 初代プリメーラやR32スカイライン、80~90系カローラや初代MR2、ワンダーシビックや同期のプレリュード、ピアッツァに一部のユーノスなど。いまでも人気の高い旧車がメーカーの技術で新車同様に蘇れば、仮に新車価格に近い金額でも一定数は売れるんじゃないかと。

 今回のビートは数点のアクセサリーのみの販売だけど、希望の多かったモノというだけあって、代替えのきかない専用サイズのオーディオや、消耗度の高いフロアマットなど、実にツボを押さえた選択なんである。

 それに、ホンダ・アクセスから販売というのも巧いところだ。メーカー自身という高いハードルもないし、子会社の商売としても新展開だし。もちろん、評判がよければさらなる展開へも動きやすいでしょう。

 リフレッシュカーについては、数年前にメーカーの中古車部へ取材もしたけれど、企画は面白いとしても、メーカーが動くのは難しいという予想とおりの回答だった。ベースになる車両の手配やら保証などを考えると、ということで。

 ただ、これも以前書いたとおり、たとえばメルセデス・ベンツは自国と北米でこのリフレッシュカーをすでに始めている。人気のW124はもとより、さらに遡ったモデルまで展開しているんである。

 それでもやっぱり国産車は難しいよな、ということなら、このビートのようなアクセサリー・パーツ販売は大いにアリかと。

 どの車種のどのアクセサリーまで展開するかは考えどころだけど、ダンパーや窓枠、ステアリング、シート生地、フロアマット、エンブレムなど、ひとつのパターンを作ってしまえば商売としてやりやすいかもね。

 車種については、ユーザーからの受注という方法もありかも。もちろん、数ヶ月単位の時間と、それ相応の価格設定が前提になるだろうけど。

 ハチロクのようなスポーティカーに限定せず、ふつうのセダンやコンパクトカーまで対象を広げれば、つまり顧客の層を広く考えれば、もしかしたら国内のクルマ熱復活の一助になるかもしれない、なんて思ったりもするんである。

|

« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その3) | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その4) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

最近のヘッポコな車よりも、メーカーが本気出してたこの頃の車の方が魅力的ですよね

投稿: 玄葉 | 2011年11月 8日 (火) 12時54分

どうなんでしょう?リフレッシュカー。ベンツの場合、ヤナセでもやっているみたいだし、本国行けばシュッツトゥガルトにミュージアムを構えてリフレッシュカーの運営も手掛けているけど、日本のメーカーはまず自社のミュージアムの運営でさえ苦労し、ショウやイベント、保存向けにレストアするの精一杯の感がありますね。
やる手としては、関連子会社、トヨタであればモデリスタ、日産だったらオーテックで運営する手はありますね。それと退職した熟練工さん中心に若手への技術継承を名目に手掛けるか。あと、特定の車種専門の中古車屋が市場的にうまくいけば、メーカー以上にうまくやれるかもしれませんね。
かく言うボクは、車検を切ったビークロスのレストアを来年からやろうかと…
どこまでできるか?
ちなみに、今度ココログでブログはじめました。よろしければお覗き下さい。コメントも歓迎しております。

投稿: アクシオム | 2011年11月 8日 (火) 21時43分

専用とはいえ、アクセサリー。本体を出す訳ではないので。
たとえば要望が多かったので、ホンダが子会社に「やってみろ」と言っただけ?
「車を出せなくてゴメンナサイ」なのか、ビートの人気を測ろうとしているのか?

ビートには文句のつけようがない。
よく走り、よく曲がり、よく止まる。ただ20年前の安全装備でいま大丈夫か、という心配はある。
私は当時でも、運転席エアバッグはつけた。

タイ工場の被害で、日本の自動車産業も曲がり角か。
大震災とタイの洪水を教訓に、「分散生産」をしなければヤバイ、ってことが分かったと思う。
平時はいいが、「有事」に対応できないと生き残れない。
生産設備の国内回帰もあっていいいと思う。
コストでは測れない何物かが存在するかも。気候だけでなく、政治体制とかもね。

投稿: 優 路 | 2011年11月11日 (金) 04時22分

玄葉さん

いまのホンダ車で、20年後でも人気が衰えないクルマって・・・?

アクシオムさん

まあ、メルセデス・ベンツは中古車それ自体に一定の価値があるので、こういう
企画が成立しやすいというのは確かですね。
僕のリフレッシュカーという企画は、メーカーの中古車部門が手掛ける場合は
これで儲けを出すという発想ではないんですよね。あくまでもメーカーが自身の
過去の商品を大切に考えているという「広告」のひとつという考え方です。

ただ、仮にオーテックなどの子会社が請け負うのであれば、それなりに商売と
して成立する必要がありますよね。

優路さん

その政治体制が、まあいまは大変な感じですね。生産拠点の国内回帰は、同
時にクオリティも含めた商品企画の見直しも必要かと。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年11月12日 (土) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/42919284

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:20年目のアクセサリー販売:

« 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その3) | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その4) »