« Drive My Car:北陸ロング・ツーリング | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その3) »

クルマ散策:トヨタの軽はアリか?

Photo_2

 当面はムーヴ・コンテみたに、いまひとつ元気のない車種を救って行くような感じだけど、イースをOEM販売なんて不穏なウワサもあったりする。

 まあ、年間6万台なんて計画も、「売ってくれ」と頼まれれば「もうありません」とは言えないので、どっちにしても本格販売は目前なんである。

 いまや新車販売の3台に1台が軽自動車、その美味しい市場を放っておくわけには行かないという理由は、新聞の経済面を読む消費者にとっては十分納得できるものだし。

 けれども、何で放っておけないの? とクルマ好きとしては思う。

 いや、すでにパッソなど一部小型車の生産委託もしくはOEMの関係はあるけれど、どうして軽だけはダイハツに任せるってことができないのかと。

 だって、傘下のメーカーが軽ナンバーワンのスズキを追い抜くような活躍をしてくれれば、親会社としては普通嬉しい限りなんじゃないの? グループも安泰っていうか。

 そうじゃなく、軽が売れるとなれば子会社だってライバルだ!っていうのは、そりゃあ気持ちは分かるとしても、やっぱり世界一にならんとするメーカーとしてはいかがなものかと。

 だいたい、トヨタはダイハツの軽をすでにスバルにも供給させているわけで、その小さな市場すら自分で奪ってどうするって話だ。まさか、車種が違うから大丈夫なんて思ってないでしょう。

 こういう発想は、単に節操がないなんて話で終わるんじゃなくて、結局はクルマ作りとつながっているところが僕には残念なんである。

 いや、トヨタがダイハツの軽を売るっていうのは、たとえばBMWがミニを売るっていうのと基本的には同じ話でしょ。グループ内、あるいは子会社にとても好評の商品がある。じゃあ、そのクルマを自分のところでも売ってしまえっていう意味で。ま、ポルシェがアウディA1を売るのでもいいけど。

 バカな、BMWやミニとトヨタ・ダイハツを一緒にするなよ、という声が聞こえて来そうだけど、まさにそこが問題なところだ。

 たしかに、BMWはミニを「0.5シリーズ」で売ったりはしない。それは何のためにそのメーカー(ブランド)を傘下にしたのかを正しく理解し、中長期的視点に立った経営をしているからだ。まあ、当たり前のことを当たり前に進めているだけ、とも言えるけど。

 ところが、トヨタはいきなりFT-86を作っちゃう。親会社として、水平対向という独自技術をウリに、スバルが世界的に繁栄するのを全面支援する前に、まずは自分とこのバッチでその”虎の子”を使ってしまえという抑制のなさ。

 この姿勢の違いがメーカーとして「一緒にするな」と言われる理由になるのだし、もちろん商品企画、そしてプロダクトとしての商品にも大きな差を生んでしまう。ついでに言えば、同じ軽のOEM販売を始めるにしても、だから日産のそれとは話が違うんである。

 まあ、”ハチロク”はそもそもどこの誰に売るのかもわからないんだけれど、子会社の軽にまで手を付けるトヨタ、一体どこに向かっているんだろうか?

|

« Drive My Car:北陸ロング・ツーリング | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その3) »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

トヨタのディーラーが売るとダイハツのディーラーの売上は減りそう、でもダイハツ本社の売上は増えそうですね。
ダイハツディーラーを潰しで、ダイハツ販売網無くしてトヨタの販売網に一本化を考えてたりして。

投稿: B.Y | 2011年10月25日 (火) 11時12分

東京モーターショー、あと40日後くらいでしたか?久しぶりの東京への里帰り開催ですね。トヨタのブースでこのピクシスですか、どんな扱いになるのでしょうね。継子扱いで端っこの方にポツンとおかれるのでしょうか?

またダイハツからトヨタへのOEM供給が3車種とのこと。モーターショーでは残りの2モデルも明らかになるのでしょうね。

そのモーターショー絡みのニュースで、マツダが出展車2モデルを今日ですかプレス発表(ペーパーで?)したようで、CX5はクリーン・ディーゼル2.2Lエンジンで、また次期アテンザなのでしょうか『雄』というコンセプトモデルが案内されたようですが、数年前(もっと前からでしたかね)から、メディア関係への配慮からなのでしょうか、各社のモーターショー出展車両の画像などをショー前に目にすることが出来るようになりましたが、これも良し悪しでショー会場でのワクワク感が薄れてしまうような弊害?もあるようにも思います。

何だかずいぶん前から見たなあ~的な、錯覚?すらも_。

またトヨタは『アルテッツア』や『IQ』などは、それこそ市場投入の半年、ひょっとしたらそれよりももっと前からキャンペーンをやり、雑誌&今ですとネットですかしら、それらの媒体をつかって事前周知を計りますでしょう。

何かしらそれがネガに作用してるように思えなくもないのですね。『FT86』然りです。来春発売時にはユーザーサイドでは、何かしら『ずいぶん前から知ってるクルマみたい。新鮮味ないね!!』てなことにはならないのでしょうか。

ちょっと脱線しすぎましたけれど、モーターショーが近づいてきて、マツダのそんな発表もあったようなので_。

トンチンカンなこと書いてしまいました。ゴメンナサイ!?

投稿: イニシャルN子. | 2011年10月25日 (火) 20時58分

まぁ、結局販社を整理しないとどうにもならない。でもトヨタはそれにちゃんと整理をつけない。
だからグループ内で生産、開発までは棲み分けができても、トヨタの販社の思惑があって販売での棲み分けはどうにもならない。
結局、プリウスを全店扱いにしてからめちゃくちゃでしょう。納期が長すぎるハイブリッド車ばかりになって、すぐ売れる商品がない。そこへ来て、各メーカーで軽自動車が売れるからトヨタでも売らざるを得ないという悪循環。
FT-86が売れないと、スバルはトヨタとの提携をどうするのか。でも、軽自動車からは撤退させられたし…
いまのトヨタに戦略なんてないのかも。

投稿: アクシオム | 2011年10月26日 (水) 23時50分

日産もホンダも、どこの販売店に行ってもぜーんぶの車種を売っている。
もはやチャンネルの棲み分けをしているのはトヨタのみ。
アルファードとヴェルファイアの区別なんて、いらんとちゃうのん?
アコードとトルネオ…シビックとドマーニ…懐かしく、愚かな過去(笑)。

閑話休題。
で、ドル箱(当時。今も?)プリウス売らせてくれなかった販売店が「プリウス寄越せ」、というのは必定だったわけで(俺が非トヨタ店非トヨペット店のトヨタディーラーだったらやっぱりそう言う)、外から見ると「販社の垣根崩壊」だけれども、多くのトヨタディーラーが生きて行くための唯一真っ当な成り行きだったと思う。…まだ閑話かな。

本当に閑話休題。
ダウンサイジングの中でカローラやヴィッツのユーザーが「軽が欲しい」と言い出すのも必定。奥様の買い物の足はこの不況下、「軽でイイ」とおっしゃることもあるだろう。いちいちダイハツを紹介していると、軽を足がかりに「本丸」まで取られかねない。だったら自分たちで完結して売ろう、と思うのも必定。というか自然な流れ。ここだけの話だが、非公式にトヨタディーラーは今まで軽を売っていた。(某販売会社のブログにも書いてあった)。それを車種を用意して「公式にした」だけでしょ、今回は。
ま、競争なき場所に切磋琢磨なし。ガンバレ、大爆発(就職活動中に読んだダイハツのパンフレットには「ダイハツは大爆発の略です」と書いてあった…記憶)。大爆発で大発展だ! でも車庫飛ばしや顧客の名前を勝手に使って自社登録するのはもうやめなよ。(顧客に税金の支払い督促が来て、顧客の名を使った自社登録がバレたディーラーが、四国の太平洋側にあった)

投稿: 優 路 | 2011年10月27日 (木) 03時50分

BYさん

実際、このままトヨタの販売車種と台数が増えて行ったらどうなることやら、ですよね。トヨタとダイハツ、スバルが3者で周到な計画を・・・立ててないんだろうな。

イニシャルN子さん

事前広告は、まあ結局はそのクルマの商品価値によるんだと思います。いくらやっても売れないものは売れないと。「アクア」は結構前からスクープ合戦やってますが、これは実際売れるでしょうし。ハチロクは、あんまり事前に騒いでいるうち、その市場のなさが露呈してしまった不幸な例かも?

アクシオムさん

あの大企業に戦略がないなんてことが・・・・・と思いますが、ハチロクだG'sだなどとやっているのを見ると、結構疑問です。御曹司の登場で役員の足並みが乱れているのかな?

優路さん

切磋琢磨かあ・・・。トヨタが自分で作ったら発展もあるんでしょうね。日産がEVで戦略掛けるとか、スズキが小型車にシフトするとか、そういう次元じゃないんですよねー、トヨタ。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年10月30日 (日) 10時32分

いかにトヨタの軽自動車戦略がお気に召さないと言っても、BMWの「ブランド戦略」が正しかったかの様な妄言は広めて欲しくありません。
BMWがローバーを買収した際のドタバタは、とてもキレイ事では済まされない。
「車好き」を称するあなたが、それをご存じないとも思えませんし、その辺を全く言わないのは公平性に欠けるでしょう。

当時資本参加していたホンダに内緒で買収工作を進め、経営権を取得したもののうまくいかず、結局「ミニ」だけ残して全部売り払ってしまったのは衆知の事で、そこに冷静な戦略が存在しなかったのは明らかです。

現在のミニは、デザインも素晴らしいと思いますし、私も大好きです(特にクロスオーバー)。
ですが当時の気分の悪さは、まだ当分忘れられないと思います。これによってイギリスから民族資本の自動車メーカーが事実上消滅し、その後ローバー自体も中国に売られてしまいました。
ロールスロイスをVWと取り合った時も見苦しかった・・・・・
その後、当時の経営陣はBMW影の支配者(クヴァント家?)に粛清されたそうですけど。

ヨーロッパの大メーカーは、当時狂った様に買収に明け暮れ規模の拡大を図っていましたが、当のトヨタは全く動かずグループ内部の強化に努めていました。
独自の道を行くトヨタを見て、当時は素晴らしいと思いましたけど・・・・・

投稿: TS | 2011年10月30日 (日) 17時44分

逆に「トヨタ、そこまでするほど危ないのか」って、思ってしまいますね。

業績は良好でしょうに。プリウスのcorolla化には成功したんだし。
corolla「に乗っておけば、近所の目を気にしなくて済むし、会社で上司にも気を使わずに済む」って時代ありましたね。
今はその座はプリウスが、しっかり引き継いでますから安心のはずですが。

結局は、「トヨタ以外みんな消えちゃえ!」ってことを考えるようになったんでしょうか。
目標は「世界一」ではなく「世界征服」って事に変わったのかも知れませんね。
ちょっと怖いです、「殿、ご乱心」です。
やはり、世界一には世界一の「風格」というのを持って欲しい。それ以前に「わきまえ」と言う日本特有の「他に対する配慮」が有ってもいいのじゃないかな。
このままなりふり構わず儲けだけに走るのは、「下品」です。
大人になってよ世界のトヨタ。応援してますよ。っていう感じですね。

投稿: nobol | 2011年11月 3日 (木) 01時04分

トヨタは、いわば、「イナゴの大群」ですねぇ。

「頭」は決まっていなくても、「エサ」があるところに次々と移動して、エサを食べ尽くしたらあと知らね~

みんな、イナゴ(しかも、茶色くて、無個性なヤツ)に乗ってるぞー 自覚あるのかな?

佃煮にもできない、哀れなモノです。

投稿: ぷじお | 2011年11月 6日 (日) 20時32分

TSさん

買収劇とその後の商品展開の話は、公平性も含めて必ずしも同一
に語る必要があると思えません・・・というか、却っておかしな話にな
ってしまうと思いますよ。

nobolさん

まあ、VWだって世界一か征服を狙っているし、それ自体はいいんで
すけど、その内容、質が問題になってくると思うんですよね。トヨタの
場合はそれが低いというか、場当たり的というか、両方というか・・・。

ぷじおさん

なるほど、イナゴですか。たしかにそうですね。当たり前ですけど、巨
大になるにしても、自動車という商品のこと、業界の発展のことを同時
に考えて欲しいんですけどね。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年11月 7日 (月) 10時04分

>>nobolさん
今のトヨタは売上の割に利益率良くないんですよ。プリウスのカローラ化もトヨタが望んでいたものかどうか。インサイトの低価格戦略というホンダからの喧嘩を買って、もっと利益をとれるプリウスの値下げをしちゃったのは大誤算だったかと。SAIとかと比較してもプリウスのHVのパイオニアとしてのブランドは確たるものだったのに、安売りしちゃったわけで。プリウスクラスどころかもっと儲かるクラウンやマークXクラスの顧客までプリウスに乗り換えが少なくなかったようだし。今度のマイチェンで値上げして、安いHVが欲しい人にはアクアを勧めるんだろうけど、トヨタにしては遅きに失した感が。って最近、トヨタって日産より動き遅いような。

投稿: AK23 | 2011年11月 7日 (月) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/42662456

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:トヨタの軽はアリか?:

« Drive My Car:北陸ロング・ツーリング | トップページ | 雑誌記事:デザイナーズ・インタビュー(その3) »