« クルマ散策:長野1泊ツーリング | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・カムリ »

雑誌ナナメ読み:緊急指令、編集長とメーカーの期待に応えよ!

Photo

 最近クルマ雑誌を読んだ方なら、スカイアクティブ版デミオの、メディア対抗燃費競争の記事を目にしたんじゃないかと思う。

 メーカーであるマツダが各雑誌編集を招待し、東京~仙台間での省燃費競争を行うというものなんだけど、これが何ともおもしろくて。

 なんて書くとだいたい想像がつくかと思うんだけど、編集長から「トップを取って来い!」と言われたか否か、この盛夏に多くののメディア(とりわけB5判)が当然のようにエアコンオフで、かつ時速70~80キロなんていう「らしくない」低速運転で望んだらしいんである。

 まあ、御用記事ここに極まるって感じだ。真夏にエアコンを切り、しかも流れからおいて行かれる速度はどんなにか辛かったろうと思うけれど、そこまでやって叩き出した燃費自体に何の意味もないのは、実に悲しいというか残念じゃないか。

 だって、そんな数字はユーザーと無縁であるばかりか、逆に間違った印象すら与えてしまう代物だ。その特別な印象をマツダが期待してたとしても、メディアが一致協力してそれを叶える姿が何ともねえ。

 もちろん、どんなに汗ダクで頑張っても、無意味な数字による1番、2番には同じように意味がない。優勝したH誌はエアコンどころか、空気抵抗を考え内気循環にし、ラジオすら切っていたっていうから泣けてくるけれど。

 それにしても、そういう残念な競争の一部始終を、まんま活字にするその勇気はすごいと思う。しかも、ほとんど同じ記事が数誌で同時に掲載されているんだから、これは実におもしろいと言えるでしょ。

 そりゃあお前、メーカーがわざわざセッティングしてくれたイベントなんだから当然だろ、という意見もあるかと思う。けれども、実は”群を抜いて”成績の悪かったメディアが1誌あって、ここは当たり前のこととしてエアコンを使い、走りもほぼ通常とおりに行ったそうだ。その結果、2番手チームより常に1時間近く先行したっていうから驚きだ。

 こういうA誌のようなメディアがある以上、僕らユーザーが「仕方ないじゃん」なんて言葉を口にするのは止めるべきだと思う。甘い10.15モードで30キロのクルマが実走行ではどうなんだという、本来あるべき情報を与えてくれる状況は僕らが積極的にすくい上げなくちゃいけない。

 もし、すべてのメディアが同様に現実的な状況で競争に臨んだとしたら、そこでのわずかな数値の違いは意味を持った筈でしょ。だって、その違いそのものがいわゆる「エコラン」の現実的な技術なんだろうし、そもそもスカイアクティブ・デミオの大方の燃費性能がハッキリする。どれもユーザーにはありがたいことばかりだもの。

 けれども、実際には大半の雑誌がいちばん短絡的な思考に走って、まるで子供の運動会か修学旅行的なノリで汗ダクになるという冗談みたいな展開だ。

 ほら、最近制作費不足に悩むTV局が、コンビニやらファミレスとのあからさまなコラボ番組を連発しているけれど、言ってみれば、あの手の番組に芸人じゃなくて評論家がズラッと出演しているような異常さ、かな。

 こんな異常な条件でドライブしてもなお、10.15モードを達成したのはわずか1誌という事実を見れば、メディアとして突っ込むところはいっぱいあるのにね。

 そうそう、水分をガブ飲みし、涼感グッズを体に貼るような高温車内での運転って、それ自体がとても危険な行為でもあるよね。下手をすれば熱中症もあり得るし。それをメディアが自らやっちゃう問題もあるかな。

 ただでさえも出版不況なのに、こうやってますます雑誌としての独自性と情報能力を失ってゆく。いやあ、汗ダクになるのはもっと別の方向じゃないのかなあ、と思うんだけど。

|

« クルマ散策:長野1泊ツーリング | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・カムリ »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

逆に、「フツーに走る」ことが記事として成立するかも? 
カタログにだまされない、本当の燃費はこれだ諸君、と紹介する。
「業界初の実用自動車雑誌」「脱・メーカー都合」的な雑誌があればね。
メーカーから車借りたり、メーカーから広告もらっていては無理ですね。
それらしき雑誌がないとはいえないけど、このごろは毒気がぬけちゃって(笑)、
忙しくて最新号まだ見てません、買ったけど。ということはきっと、
自分の中ではこの雑誌を読むことの優先順位が下がってしまっている=魅力を感じなくなった、
ということかもしれません、心理的に。
サーブもだめになっちゃった。ああいう車の良さが分からない人が増えてるのか。
本当に車を使う人のための雑誌、どこか出しませんかねえ。

投稿: 優 路 | 2011年9月 9日 (金) 01時23分

最近のクルマはエアコンを付けてもそんなに燃費が悪化しないって言われているし、逆にエアコン消したからってめちゃくちゃ良くなるとも思えませんが…
デミオスカイアクティブを20分試乗したけど、気温30℃以上になるとアイドリングストップってまったく作動しませんでしたね。アルファロメオのミトの方がまともに作動しますよ。
しかも、いくら短距離試乗とはいえ平均燃費が9.8km/lって、宣伝の30km/lって誤大広告としかいいようがない。件の記事を読むと、エアコンを切らないと低燃費にならないなんて、くそ暑いのに「ご苦労!」と冷やかしたくなるな…
ホントは編集長命令だけじゃなく、マツダからも好燃費を出した雑誌社には広告を多く打ちますなんてやってんじゃないかと勘繰りたくなる。
走りのマツダをうたうなら、どんな走り方をしても30km/lとは言わないから、15~20km/lの燃費で痛快に走れるクルマを出してもらいたいものです。
意味のなさすぎる燃費競争であり、メディアとメーカーがグルになったある意味共謀とも思える販売戦略じゃないでしょうか…
あとは、これらの記事で紹介された走りが一般道において無駄のない模範的な走りとして啓蒙されることを願う!と半ば冗談で思うしかありません。
絶対高速で追い越し車線でやらないことを前提に…

投稿: アクシオム | 2011年9月 9日 (金) 15時58分

私は趣味でプロダクションレースを齧ってるので、某モータースポーツジャーナリストの方とお話させて頂く機会がありました。
氏に一般車の記事は書かないのですか?と聞いた事があります。
氏の回答は、自動車誌の記者はメーカーに対してとんでもなく高圧で傲慢な態度をとるのであんな奴らと一緒に仕事なんかしていられないと仰っていました。

とある理由でサーキットで一緒になった新進気鋭(と言われているらしい)某エンス―系自動車誌出身の若手ジャーナリストの方は某メーカーのフラッグシップとなる車を無償無期限借りていると言っていました。
某エンス―系自動車誌の編集長の方は、某英車ワンメイクレース出場に当たり、主催者からのご招待(ご接待?)なのでヘルメットとスーツを持参するどこぞのプロみたいな体制なんだそうです。
その方に耐久レースのお誘いをしたところ、持ち出しでのレースはしない!と言い切られました。

メディアはどこでも、多かれ少なかれこんなもんだと思えるようになってしまえば、雑誌を見る気もしないし、見たとしても提灯持ちの記事に呆れたり腹も立ったりする事もなくなってしまいます。

投稿: gilles | 2011年9月 9日 (金) 23時07分

クルマの本当の価値なんて、自腹切って乗ってる人が満足するかどうかだと思うのですけどね。
カタログ数値が(実用として)無意味な事ぐらいもうほとんどの人が理解している筈なんだけど。
リッター一桁の燃費でも、ユーザーが満足すれば買うでしょうし、リッター100kmでも買わない人は買わないでしょう。
今回のスカイアクティブに関しては、エンジンよりその先に期待しています。例えばシャシーとかサスペンションとかのね。
ただ、こう言う部分は金をかけても従来は評価されにくかった。メーカーもそのあたりでついつい話題性を追いかける形に成るのでしょうね。
現在私の乗っているクルマなど、軽のくせに高価だと言うだけで消えてしまった。(スバルR2です)
もう7年以上に成りますが、今頃に成ってようやく「コストを掛けただけあるよいクルマだなぁ」と思えるようになりましたけど。
そう言うクルマって評価されにくいですよね。(スバルの軽自動車生産撤退は本当に残念)
「安くて売れるならエンブレムだけ自社で貼付けて」なんて、メーカーの自動車作りは結局ユーザーの購買行動に左右されるのです。

投稿: nobol | 2011年9月10日 (土) 22時08分

雑誌なんかよりも、ディーラーの新聞広告の方が数千倍いい仕事していますよ。
北海道の新聞広告で函館ー札幌間の往復で、一般道、峠や高速利用、エアコンも状況に合わせて使って区間ごとの実燃費を掲載しているのだから。
平均で26km/Lだったかな。
都市部と違って平均60km/h以上で走れて信号も少ないから、少し気を付けて運転すればJOC08モード並の燃費は余裕だけどね。
雑誌のようなバカやれば10・15モードを超えるかもね。

投稿: dezimac | 2011年9月10日 (土) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/41582906

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:緊急指令、編集長とメーカーの期待に応えよ!:

« クルマ散策:長野1泊ツーリング | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・カムリ »