« 雑誌記事:マガジンX・10月号発売 | トップページ | クルマ散策:長野1泊ツーリング »

クルマ散策:特別仕様車の特別度

Photo

 今回は気楽な感じで、サクッと。

 フィットに10周年のアニバーサリー限定車が出たんである。これ、TVで宣伝までしているんだけど、結構残念な感じだ。

 いや、日本車の「特別仕様車」が基本的にかなり残念なのはいまに始まったことじゃない。え、これのどこが特別なの? とツッコミを入れたくなるようなものがほとんどなんである。

 このフィットもその流れ、というか、特別装備とされているLEDドアミラーや、スマートキー、ETC、ハーフシェイド・フロントウインドウなどは、実はエントリーグレードにもともと設定されているスマートパッケージとほぼ同じ追加装備なので、実際の専用品は黒いグリルとホイールキャップ、内装の一部パネルのメタリック塗装くらいなんである(専用ブラックインテリアもあるけど、ベース車は似たようなブラックとベージュが選択できるので、お得感は減少?)。

 まあ、これがストリームあたりならスルーするところなんだけど、なんたってあのカローラを登録台数ベストワンから引きずり下ろし、いまはプリウスと拮抗する超ド級の大ヒット車なんである。そんなクルマの10周年記念がほぼ既存グレードの流用なの?と。

 あ、いや、流用自体がどうのということじゃなく、いわゆる特別仕様車はことほど左様に残念な感じで、このフィット10周年記念車はその代表例という話だ。

 たとえば、仮に追加装備で特別だって言うなら、せめて専用ボディ色を追加するとか、ドアミラーを別色にするなんて差別化があってもいいし、オリジナルのアルミホイールくらい用意してもいい。インパネをオリジナル素材や色にするとか、シート生地も2、3種から選択できるなど、そういう特別感だ。

 そもそも、ベースがエントリーグレードっていう発想からして貧弱で、現行フィットならやっぱりHVがベースだろうし、価格面を考えるならメイングレードのガソリン車との2本立てでもいい。グレード差は安全・走行装備の差であることも忘れちゃいけない。

 それと、こういう追加装備方向じゃなくたって、たとえば先代キューブがコンランとやったような本格的なコラボ方向だってある。要は1台のクルマとして明快な特別感を持たせ、長い時間愛着を持ち得るような発想が欲しいんである。

 そんなことやったらお高くなっちゃうと言われそうだけど、今回のフィットほどじゃないにしろ、「それなり」の価格に抑えるのが特別仕様たる所以だろうし、中身がホントにスペシャルなら必ず一定数は売れる筈だ。

 まあ、今回もいつもの感じで、あまりあれこれ考えずにチャチャッとやっただけなんだと思う。フィットの10周年記念車でプリウスを喰うぞ。じゃあ、お得な既存パッケージを使ってパッと・・・みたいな。

 もちろん、そこそこの追加装備で販売台数を稼ぐという方法をすべて否定はしない。けれども、それとは違った文字通りの特別仕様車があるべきでしょう。このフィットなんか「10年分の感謝をあなたに・・・」なんてコピーを出しているくらいなんだし。

 こんなフィットならそこそこのお金を出しても絶対欲しい、という企画だ。

|

« 雑誌記事:マガジンX・10月号発売 | トップページ | クルマ散策:長野1泊ツーリング »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
おっしゃることはもっともだと思います。
ただ、割安な特別仕様を買ったことで幸せになれるユーザーがいるのなら、それはそれで悪いことではないような気がするのも正直な印象です。

ところで、コンランバージョンがあったのは、初代キューブではなくて先代キューブですね。
重箱の隅的なツッコミはしたくないのですが、読んで誤解する方がいらっしゃらないように指摘しておきます。

投稿: TK | 2011年9月 5日 (月) 21時01分

特別仕様車ってある意味、メーカーにとって効率のいい販売方法なんでしょうね。特別仕様だけを売れば、そんなに仕様を用意せず、お買い得ってことでお客さんに納得してもらえばいい。チャらい販売方法のひとつでしょうか?メーカーとしては、販促費としてお金は出せないし、販売店もそんなにマージンだってないだろうし。数売って稼ぐには、いいタマなんでしょう。
クルマ作りも効率一辺倒なら、クルマ売りも低コスト、低リスク、ほどほどリターンで行くしかない。
だから、フィットじゃなくて、フィアット500のようなコラボ限定車乱発なんてやれない。まぁ500は500自体強力なブランド力があるから、それ以上にディーゼルやグッチという名だたるブランドを持ってきて限定車を出しても値引きせずきちんと買ってもらえる。やっぱりブランド力がないと、ダメだと。
それよりも、フィットはじめ最近ホンダが流しているCMのおっさん、あれ野村万斎だったんですよね。非常にセンスがない。なんであんな人使ってお買い得を宣伝するのか。おしゃれでもないし、お買い得とも感じない。
80~90年代のセンスのあったホンダは、すっかりですね。
日産のちゃっかりマーチのCMの方がクルマはさておき、おしゃれで、お買い得感を感じますね。

投稿: アクシオム | 2011年9月 5日 (月) 21時13分

TKさん

なので、追加装備で台数を稼ぐことを否定はしない、と書いています。
それだけじゃね・・・というお話なので。TKさんはどんな特別仕様車を
期待するのでしょうか? キューブのご指摘、助かります。早速訂正
させていただきます。

アクシオムさん

そういう意味では、フィアット500ほどじゃないにしろ、先代キューブっ
てある種のブランド力があったのかもしれませんね。あとはコペンあた
りかなあ?
ホンダのセンスのなさ、というか方向転換は厳しいですね。以前は何
で外国人ばっかり起用するんだと思ってましたけど、しかし、商品との
マッチングは良かった。結局、いまは商品自体も難しい感じになって
しまったということでしょうか。

投稿: すぎもとたかよし | 2011年9月 5日 (月) 23時37分

すぎもとさん

そうですね、すぎもとさんも「否定しない」と書いていますよね。失礼しました。
ボクが望む特別仕様車は、どこかのブランドとタイアップして特別なコーディネートを施したクルマ。
……って、それはまさに「コンランバージョン」や「by GUCCI」ですね。
一時期トヨタが盛んにやっていた「アルカンターラセレクション」もいいと思います。
あとは、好みの装備を選んで自分好みに仕立てられるクルマなんてどうでしょう。あ、少し前にマツダがやっていましたね。

結局新しい提案はなしですね。ははは…。

投稿: TK | 2011年9月 7日 (水) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/41488052

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:特別仕様車の特別度:

« 雑誌記事:マガジンX・10月号発売 | トップページ | クルマ散策:長野1泊ツーリング »