« 雑誌ナナメ読み:緊急指令、編集長とメーカーの期待に応えよ! | トップページ | クルマ散策:フランクフルト・ショー雑感(ドイツ編) »

新車心象風景:トヨタ・カムリ

Photo_2

 新しいカムリ、「カッコいい」「燃費がいい」と、雑誌では結構な評判なんである。

 メインの北米など海外とは別に、セダン不況の日本でHV専用車とした気持ちは分かる。デミオやイースなど、いまや日本は気持ち悪いくらいの「低燃費」方向だ。その代表格であるHVを武器にしたいのが人情ってもんで。

 けれども、プリウスαのときにも書いたとおり、こうなって来るとHVと従来のエンジンとの差がよく分からない状況にはなってしまう。

 たとえば、サイズ的に肩を並べたクラウンにはHVとそれ以外のラインナップがあるけど、なぜかマークXにはHVがない。一方で、同じセダンでは他にもSAIという専用車があったりする。それらの意図が分からない。

 これってもしかして場当たり的? なんて思ったりする。プリウスシリーズは専用車の元祖として別格だし、他車でも後からHVを追加なんてことならまだ分かる。けれども、既存のセダンがいきなり専用車になったりすると、もうどうにもこうにも。

 冒頭のとおり、たしかにいまHVは大きな購入動機だけれど、じゃあ、それだけで売れればいいやってことなのか。自信があるというスタイリングや、念入りにまとめたインテリアなど、素のカムリの魅力は二の次ってこと?

 開発責任者は「豪華なHVを買うチャンスです」などと語っているそうだけど、FFによる広い室内を持ったこのカムリに興味を持ったとして、HVとそれ故の数十万円におよぶエクストラを払わなくてはならないという仕組みは、果たしてどんなもんなんだろう? 

 もちろん、これを「豪華なHV」なんて言っちゃうと、レクサスHSの立場はどうするのよ、っていうツッコミもあるけれど。

 ところで、雑誌でも「カッコいい」とされているそのスタイルだけど、これは端的に言って「盛り合わせ」だと思った。

 最近のトヨタ車そのものの、鋭角さを持った横長基調のライトとグリル。膨らませたホイールアーチとウェッジしたキャラクラーラインという、マツダ車風のボディサイドは現行クラウンと同じ。そして、空力を意識するかのように切り落とした四隅の処理は現行プリウス以降の手法だ。

 シャープで前傾姿勢を持ったエクステリアを「カッコいい」と言う気持ちは分かるけど、僕にはテーマのない寄せ集めにしか見えないし、だからいわゆる時間的な耐久性の低いスタイリングにも見える。

 まあ、テーマ性なんて言うと小難しいけれど、カムリというクルマの成り立ちを考えれば、なぜ「このサイズ」で、なぜ「このカッコ」なのかがよく分からないということなんである。

|

« 雑誌ナナメ読み:緊急指令、編集長とメーカーの期待に応えよ! | トップページ | クルマ散策:フランクフルト・ショー雑感(ドイツ編) »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

その場しのぎよりも、その時の都合なんでしょうね、トヨタの商品投入って…
トヨタは販社の意向が強するのと、国内チャンネルが依然として多い。ゆえにラインナップの隙間があるとすぐにそこへ商品投入の要望が来て、投入する商品をデリバリーしないといけいない。トヨタ本体もそれじゃいかんと思っているけど、結局日産や、ホンダのようにチャンネルを整理統合しないとそれはどうにもならないでしょう。
客は近くのトヨタはサービスがいいから買い続けるけど、いざ買おうとしたら数が多くてなんだかわからない。でもサービスマンが要望からこれはどうです、あれはいいかがと勧めるから成り立っているようなもの。
カムリは…アメリカ、中国、アジアでこのサイズがいいと判断する以上日本の要望は無理でしょう。それならきっちりSAIを作ればよかったのに、HSにしてもやっつけ仕事で出すから売れない。
新型カムリは正直な話、FF版マークX。デザイン手法は2年前のまま。これでベストセラーを狙うんだから、アメリカ向けの市場はかなり保守的とトヨタはとらえたようですが。

最後に、ただいまフランクフルト3:26amです。
日本車どのくらいがんばってるのか見てきます。では!

投稿: アクシオム | 2011年9月15日 (木) 10時30分

アクシオムさん

フランクフルトですか! うらやましいですね!
日本車もいいですが、是非VW up!とイタルデザイン
との関係を聞いて欲しいですねー。バリエーション版
はジウジアーロとの共作ということですが、ベースモ
デルはどうなんでしょう??

投稿: すぎもとたかよし | 2011年9月15日 (木) 23時41分

トヨタの名作はカムリに限らず初代のモデルに多くある気がします
セルシオ、スターレット、カリブ、セリカ、ヴィッツなど・・

デザインが良くても販売に結びつかないとダメとは言われますが
それにしても、さすがプロの仕事と感じるデザインが
日本車に少なくなったのは寂しいです

和田智さんがおっしゃっているように
水商売なのに自動車産業はめんどうくさいビジネスだと思います

投稿: すがわら | 2011年9月17日 (土) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/41700807

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・カムリ:

« 雑誌ナナメ読み:緊急指令、編集長とメーカーの期待に応えよ! | トップページ | クルマ散策:フランクフルト・ショー雑感(ドイツ編) »